ある音楽人的日乗

「音楽はまさに人生そのもの」・・・ベーシスト皆木秀樹のあれこれ

テレビで見た千住真理子氏

2006年05月16日 | Weblog~雑記
 
 昨夜、もう寝ようかなと思いながら、何気なく新聞をあちこち見ていました。すると、テレビ欄を見た瞬間、「千住真理子」という文字が目に飛び込んできたんです。
 23時20分からの日本テレビ系の番組「さしのみ」。みのもんた氏がホストを務める対談番組です。
 時計を見ると、なんと23時22分。まさに番組が始まったばかり。
 これは、「この番組を見なさい」という神様の命令(^^)だと思って、すぐにテレビの電源を入れました。


     


 以前、「千住家にストラディヴァリウスが来た日」と「千住家の教育白書」(いずれも千住文子・著)を読んで感銘を受けたので、いつか真理子氏自身からヴァイオリンに対する思いを聞くことができればなあ、と思っていたんです。
 

「デュランティー1716」300年の目覚め


     


 不思議な運命を辿って真理子氏自身のところへやってきた「ストラディヴァリウス・デュランティー」については、「いったん履くと踊りをやめられない赤い靴と同じで、弾くのをやめられない」と語っていました。「楽器に支配されている感じ」とも。でも、「恐れている」というより、幸せそうな言葉でした。
 みの氏が「結婚は・・・?」と水を向けると、「結婚なんて考えたら、この楽器、どこかへ行っちゃう」と笑って答えていたのが印象的でした。
 ストラディヴァリに支配されているというより、ストラディヴァリを「人格のある」自分の人生の大切なパートナーだと思っているのでしょうね。


     


 天才少女ともてはやされていた真理子氏は、20歳頃から2年間、まったく楽器を弾くのをやめていました。その時は、もう一生ヴァイオリンを弾かないつもりになっていたんだそうです。
 「天才少女」のスタンスを保つためにどんなことがあろうとも1日14時間の練習を欠かさなかったのですが、そんな生活を続けていては「生きてゆけない」と思ったのがその理由です。


 ある日真理子氏は、ボランティアでホスピスに呼ばれました。末期患者の「最後に千住さんの演奏を聴きたい。それが叶わないならせめて本人に会いたい」という願いを耳にして、ひさしぶりに楽器を手にしたのです。
 演奏後、その患者は「最後に千住さんの音を聴くことができて良かった。生きていて良かった」と喜んだそうですが、真理子氏は、自身の演奏のできのひどさにとても喜ぶことはできなかったそうです。
 「その人の人生は残り少ないのに、自分は最悪の演奏を聴かせてしまった」・・・。
 この後悔が彼女を変えたんだそうです。
 「聴きたいと思ってくれる人のために演奏しよう」
 それからの彼女は弾き方も変わり、幸せを感じることができるようになったそうです。


 ほんとうは、このへんの人間くさい葛藤をもっと突っ込んで聞きたかったんですけどね。


     


 番組中、バッハの「2つのメヌエット」とエルガーの「愛のあいさつ」の2曲をピアノの伴奏で聴かせてくれました。
 テレビを通じてなので、とても本来の音質で聴くことはできなかったのですが、実際に聴くとどんなに素晴らしく聴こえるのだろう、と思わずにはいられなかったです。


 心身ともに絶不調が続いてるぼくなんですが、見ているうちにいくつかのヒントを頂いたような気がしました。
 この番組に気づいたのは、何かの巡り合せだったんでしょうか。
 もしかして神様のお導きか!?(^^)


人気blogランキングへ←クリックして下さいね
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« マザー (Mother) | トップ | 奈良時代の寅さん!? »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ジェイ)
2006-05-16 23:01:06
私も割りと最近トーク番組に出ている千住さんを見ました。あのストラディヴァリウスを持って。。(勿論後で1曲弾いてくださいました)もっとお高い方かと思っていましたが、そても素直な方で驚きました。天才と呼ばれ本当に色々葛藤もあったのでしょうか、スコンと突き抜けた印象がありました。私ももっとお話が聞きたかったです。

MINAGIさん、お身体及びココロ、大丈夫ですか?疲れたらお休みして下さいね。私も大分疲れがたまっているので、今日はノンビリしました。
Unknown (ジェイ)
2006-05-16 23:02:45
ちょっと間違えました。そても→とても。。です。それから私の疲れは「遊び疲れ」ですので、MINAGIさんとは違いますね。。ごめん。
ジェイさん (MINAGI)
2006-05-17 14:56:30
 いろんな葛藤があって、悩み苦しんだうえでそれを自分なりに乗り越えることができたから「突き抜けた印象」があるのかもしれないですね。

 成功した話より、失敗談を聞くことの方がいろんなヒントを頂けるような気がします。



>疲れたら~

 ありがとうございます~。

 ぼくのも半分日頃の不摂生が原因なので。。。(;^ω^)

 どこかにブラリと行ってこようか、と思案中です。(^^)

 
Unknown (ジェイ)
2006-05-17 21:14:48
MINAGIさん、しつこく登場してごめんなさい。26日の京都、行かないんですか?今回私、伸ちゃんがあるので行けないんですが、実は行こうとしてました。(飛行機までチェックしてしまった。。)もし何処かへ。。とお考えでしたらいかがですか?
ジェイさん (MINAGI)
2006-05-18 07:45:11
26日、京都RAGですね。

そこも候補に含めてちょっくら出かけてこようかなあ。

しかしジェイさんの、そちらから京都へ行こうとするバイタリティ、すごいです。(^^)

心配して下さってありがとう!(*´▽`*)
はじめまして (3っち)
2006-05-27 17:31:45
こちらには写真つきで詳細に書かれているので

とてもありがたいTBになりました。



千住さん、とても素敵でしたよね^^。
3っちさん (MINAGI)
2006-05-28 12:52:28
 こんにちは。いらっしゃいませ(^^)

 どういたしまして。わざわざコメントありがとうございます。

 素敵な方でしたよね。予想していたより気さくな雰囲気が伺えて、親近感が湧いてきました。



コメントを投稿

Weblog~雑記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

素敵な女性 (JUJUBA\'s memorandum)
先日、「さしのみ」という番組を初めて見ました。 たまたま点けたらやっていたのですが、その日のゲストはヴァイオリニストの千住真理子氏。 何度か彼女の演奏は聴きに行ったことはあるが、私が好きな演奏をするタイプではないので、「ヴァイオリニスト・千住真理 ...