銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-(2011)★☆THE DEVIL'S DOUBLE

2012-01-13 | 映画:シネコン

 この真実に、ついてこれるか。

評価:+5点=75点

東宝シネマズ二条にて鑑賞。フリ―パスポートも後2日となりました。明日もう1作品観たら終了となりそうです。明日鑑賞したら締めて8作品でした。時期が悪かったなあ。もう少し早い時期にパスポートゲットすれば良かった。

さて今日観た本作は実話だそうで、これびっくり!あのサダム・フセインの息子、ウダイが題材。それにしてもこの息子、無茶苦茶です。本作を書いたラティフ・ヤヒア氏は本当にウダイとそっくりだそうで、そのおかげでえらい目に遭われたんだそうです。

何とこの作品の7割が本当のことらしい。父親の権力を傘に、欲望のままに生き、"悪魔のプリンス"と恐れられた。殺人、強姦などあらゆる犯罪に手を染め、自分に従わない人間には容赦なく拷問を加えた。

 ドミニク・クーパーがウダイを演じるとこんな風だ。
本当にやらしい表情です。一人二役を演じているけど、まさにジキルとハイドのように違います。

それにしてもえげつない男ですね。まさしく悪魔とはこのことです。


目を付けたら中学生の女の子にまで手を出す。

そんな極悪非道なウダイにそっくりなラティフは高校時代の同級生であり、顔がよく似ていたことから影武者になることを命じられた。ラティフ氏が拒むと、1週間にわたる拷問が続き、さらには家族に危害を加えると脅され、屈服させられた。


殴り続けられるラティフはたまらないです。びしばし酷い。狂気の沙汰です。

 お前は俺のものだ!なんて・・・・。怖いわ。

あらすじ

20世紀末、世界中の国家を敵にまわしたイラクの独裁者サダム・フセインには、タブー視されていた息子がいた。“狂気の申し子”と悪名高く〈ブラック・プリンス〉と呼ばれた長男・ウダイ・フセイン(1964.6.18-2003.7.22)。そのウダイ(ドミニク・クーパー)に顔が似ているという理由で選ばれ、家族の命と引き換えにウダイの影武者を引き受けることとなった男がいた。

 同じドミニクでもやっぱり違うよね。どちらがウダイかというのも一目瞭然だ。

男の名はラティフ・ヤヒア(ドミニク・クーパー)。整形手術と付け歯、徹底した所作訓練でウダイに酷似させられたラティフは、ウダイを生きることを強いられ「サダムの息子が前線にいる」というパフォーマンスのためにと、戦火の地にさえも送られた。

 ウダイの愛人で娼婦のサラブには、リュディヴィーヌ・サニエ
ジャック・メスリーヌに出演したあのフランスの女優さんでした。

 いつしかラティフに恋心を持つサラブ

莫大な資産と、全てを思うがままにすることを許される権力、毎夜抱き替える女たち、そして理由なき血への欲求。

ついには新婚の花嫁を凌辱し、父の友人ですら平気で殺すウダイ。

ウダイの飽くなき狂気に寄り添い、影武者として傍らで応え続ける日々に、自身を許容できなくなったラティフだが、彼には生死を選ぶ自由さえ許されてはいなかった。そんなある日、逃げても執拗に追いかけてくるウダイと、ついに戦うことを決意するラティフ。悪魔と対峙することを決意した彼はどう立ち向かい、何を得、何を失うのか……。

実際にラティフ氏は4年間、このような屈辱な日々をウダイと過ごしたそうだ。 生き地獄だったに違いない。ドミニク・クーパーがそんな狂気で未熟な精神状態のウダイと冷静沈着なラティフを上手く演じわけているのがとても印象的だった。
今まではそんなにインパクトなかったドミニクですが、本作でちょっとイメージがk

解説(allcinemaより)

イラクの元大統領サダム・フセインの長男にして権力を笠に数々の蛮行を繰り返し、国内外に悪名をとどろかせた男ウダイ・フセイン。本作は、彼に似ていたばかりに影武者をさせらることになった青年ラティフ・ヤヒアが体験した衝撃の実話を映画化した実録ドラマ。「マンマ・ミーア!」「17歳の肖像」のドミニク・クーパーが対照的な内面を持つ2人の男をみごとにに演じ分けて高い評価を受けた。監督は「007/ダイ・アナザー・デイ」「NEXT -ネクスト-」のリー・タマホリ。

メディア 映画
上映時間 109分
製作国 ベルギー
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2012/01/13
ジャンル ドラマ
映倫 R18+

 リー・タマホリ監督

ウダイの元影武者が「デビルズ・ダブル」を語る→ここをクリック

 

 

 

Comments (8)   Trackbacks (11)   この記事についてブログを書く
« 哀しき獣(2010)◎●黄海 | TOP | マイウェイ 12,000キロの真... »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
興味あり~ (マリー)
2012-01-14 23:02:29
こんばんは~~♪
これ観たい・・っていうか観たかった・・・
さすがにこないんですよね。

ドミニク・クーパーって「マンマ・ミーア」でアマンダちゃんの婚約者だったけど、目立たない感じだったよね。
こんなに強烈なイメージが全くなかった。

いつか観たいと思う~
マリ―さん☆★ (mezzotint)
2012-01-17 00:55:29
今晩は☆彡

そうなんです!ドミニクの印象が、これ観たら
かなり変わりますよ。

きっとDVDになるんじゃあないかな。
必見です。絶対お薦めです。
演技が凄い! (ノルウェーまだ~む)
2012-01-17 17:53:17
こちらにも☆
ドミニク・クーパーがとにかく素晴らしかったですよね。
ウダイのすることは酷いですが、実際はさらに酷かったらしいですね。
事実は本当にビックリすることが多いです。
ドミニク・クーパー! (mezzotint)
2012-01-18 15:11:12
まだ~むさん

今まで印象の薄い俳優さんでしたが、
これほどまでに2役を上手く演じるとは。
びっくりしました。
実際のウダイは権力を傘にやりたい放題
だったようです。父サダムも我子ながら
生まれてこなかった方が良かったと言ったとか。
Unknown (mig)
2012-01-18 15:57:39
こんにちは☆

このポスターはどうなの?だったけど
中身は面白い作品でしたよね。
実在の人物をいかに二役演じ分けるかにかかってるからほんとにドミニクありき!
しかしあのフセインの子、この親にこの子あり。でしたね~
怖!
migさん☆★ (mezzotint)
2012-01-18 22:26:05
今晩は☆彡
派手なポスターですよね。
一体どんな作品なのかと引いちゃいます。

面白かったです。ドミニク上手かった!
声まで違うし、、、。本当に凄い。
父サダムが劇中でも言ってますが、
「生まれたとき殺しておけば良かった」という
には事実だそうです。生まれつきの悪らしい
です。それにしても恐ろしい人物ですわ。
ドミニク (sakurai)
2012-03-19 22:41:26
最高でしたね!
こんなにすごい役者だったんだあ!って気づかされましたよ。
上のやーーらしい写真なんか、すさまじいです。
ほんとにとんでもない男もいたもんですね。
サダムがいい奴に見えましたもん。
フリーパス、いいなあ。
この辺にはそのシステム無いもんで、ぜひとも恩恵をこうむりたいです。
驚き! (mezzotint)
2012-03-24 17:08:25
ドミニクってそんなにインパクトのある
俳優さんじゃなかっただけにビックリもんです。こんなに上手いとは驚きでした。
これを機にもっと色々な作品に出て頂き
たいもんです!

父サダムも呆れるほどらしいので、
どんだけ酷い奴なのかが良く分かります。

フリ―パス、良いですよ!
でも時期を上手く合わせないと難しいです。
今回はあまり観れなかったです。

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

Similar Entries

11 Trackbacks

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (あーうぃ だにぇっと)
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-@東商ホール
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-/THE DEVIL'S DOUBLE (LOVE Cinemas 調布)
イラクの独裁者サダム・フセイン。あの独裁者をも呆れさせる息子ウダイの影武者をだった男、ラティフ・ヤヒアの自伝を映画化。ラティフとウダイの一人二役を見事に演じ分けるのは『マンマ・ミーア!』のドミニク・クーパー。共演に『引き裂かれた女』のフランス人女優リ...
「デビルズ・ダブルーある影武者の物語ー」映画以上の真実 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
正直観終った時は、『これは誇張した物語だろう、この映画を公開してイラクの人怒らなかったのかな?』と思っていた。 しかし帰って公式サイトを調べてビックリ! 「(脚本化を)渋々諦めなざるをえなかった、映画に適さない部分もあった」と、モデルとなった本人の手記...
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (to Heart)
この真実に、ついてこれるか。 原題 THE DEVIL'S DOUBLE 製作年度 2011年 製作国・地域 ベルギー 上映時間 109分 映倫 R18+ 原作 ラティフ・ヤヒア 脚本 マイケル・トーマス 監督 リー・タマホリ 出演 ドミニク・クーパー/リュディヴィーヌ・サニエ/ラード・ラ...
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」□監督 リー・タマホリ □脚本 マイケル・トーマス□原作 ラティフ・ヤヒア□キャスト ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ、フィリップ・クァスト、ラード・ラウィ、     ...
「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」 なぜウダイはラティフを殺さなかったのか? (はらやんの映画徒然草)
サダム・フセインの息子、ウダイ・サダム・フセインとその影武者とされたラティフとい
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (だらだら無気力ブログ!)
二役の演じ分けが素晴らしい!!
デビルス・ダブル~ある影武者の物語~ (食はすべての源なり。)
デビルス・ダブル~ある影武者の物語~ ★★★★☆(★4つ) 狂気のプリンス フセインの息子の影武者が語る衝撃の真実 今年、楽しみにしていた作品です 話はもっと狂気のプリンスを想像してましたが、ま~想像の範疇でした。 やっていることは確かにひど...
映画『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-5.デビルズ・ダブルズ■原題:The Devil's Double■製作年・国:2011年、ベルギー■上映時間:109分■字幕:林完治■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)□監督:リー・タマホリ□脚本:マイケル・トーマス□原作:ラティフ・ヤヒア□...
デビルズ・ダブル ある影武者の物語 (迷宮映画館)
ドミニク・クーパーが光る、光る。この人凄いわ。
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE DEVIL'S DOUBLE】 2012/01/13公開 ベルギー R18+ 109分監督:リー・タマホリ出演:ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ、ラード・ラウィ、フィリップ・クァスト この真実に、ついてこれるか。 家族を愛し、明るい未来が約束されていたはずの青年...