銅版画制作の日々

ぼちぼち更新致します。宜しくお願いします!

リトル・チルドレン“大人になれない大人たち”

2007-10-07 | 映画:ミニシアター

 

ケイト・ウィンスレットが脱いだ!なんていうのはちょっと大げさなのかも・・・・・。

彼女がこういう役を演じるのは「えぇ~~!」って感じだった。私個人の印象は上品なイメージだったし・・・・。かなり濡れ場も多いです。結構かな?でも体当たりに演じているケイトに、役者魂を感じました。イメージで見てはいけませんね

あるライターさんのお話、ケイト・ウィスレット“物言う肉体”

目の前にいる実物のケイト・ウィスレットはほっそりしているのに、カメラを通すとどうしてあんなに存在感のある雄弁なボディになるのだろうか?見かけとは随分違うケイト、インタビューやレセプションなどで出会う度、お行儀が悪いとは知りつつも、思わず彼女に見とれてしまうそうだ。相変らずスレンダーがで女優さんたちもスリムに競い合っているけれど・・・・・。ケイトや彼女より少し若いサマンサ・モートンのように、若くしてオスカー・レースの常連の女優は、この“物言う肉体”の持ち主なのだ。知らなかったけど、ケイトは結構きわどいシーンの映画にも出演しているようで・・・・。監督から、かなり強烈な要求にも答えているらしい。その作品は「カーリー・スモーク」、女性監督ジェーン・カンピオン。「監督の言うとおり、ちゃんと思い出して演じたわよ」というケイト。やはりタダ者ではないようだ。

 

そんなケイトが主役の“リトル・チルドレン”はサラ(ケイト・ウィスレット)とブラッド(パトリック・ウィルソン)の不・倫のお話郊外の住宅地に暮すサラとブラッド。それぞれの家庭を持ちながら、満たされない思いを抱いていたふたりは愛し合うようになるが・・・・・・

 

3歳の娘ルーシーと公園デビューでしたサラ、しかし主婦の集まりに溶け込めない。離婚歴がある会社員の夫リチャードとともに、母が遺してくれた大きなに暮している。にこもりきるのも耐えられないが、主婦同士のS・E・Xや育児の話題にも関わりたくない。

 

ある日、運命的な出会いが主婦たちがひそかに「プロム・キング」と呼ぶハンサムな主夫、彼も息子を連れて公園へ・・・・。皆にけしかけられ、サラは話しかける。彼の名はブラッド、司法試験に2回失敗したと話してくれた。そんな彼に新鮮な魅力を感じるサラわざと主婦に見せつけたキスはいつのまにか忘れられなくなる・・・・。

 

 初めて会って突然キスやるじゃん

 

 キャシー

 

ブラッドの妻キャシー(ジェニファー・コネリー)は映像作家。息子アーロンを産んだ後も体形を維持している才色兼備のキャリアウーマン、カッコイイ毎晩、ブラッドを図書館に送り出すでもブラッドは勉強をする気になれずスケートボードをする若者達を眺めて時間を潰す。

 

サラとのキスが頭の中をよぎる~~~そんなある日、長らくご無沙汰だった友人ラリー(ノア・エメリッヒ)と再会。学生時代、アメフトの選手だったブラッドはラリーの誘われ、地元のナイターチームに加わる。

 

 

ラリーは以前警官だった。重大な事件を起こしてやめたラリーは自ら立ち上げた「子どもを守る会」の活動に熱を入れていた

未成年への性・犯・罪で服役していたロニー(ジャッキー・アール・へイリー)が最近出所して、家に戻った。住民たちは不安を感じる。そんなロニーを異常なまで敵意を燃やすラリー。嫌がらせ同然の行為にまで及ぶ。

サラは夫がアダルト・サイトにはまって、○○○ーをしている現場を目撃通販で赤い水着を購入して、ブラッドの通うプールに通い始める。子どもを遊ばせながら、ブラッドと過ごす。

 

 

親しくなるつれて、彼に触れたい、触れて欲しいと願うが、一緒にいる幸福を失わないためには、毎日16:00に握手をして別れるのだった。

ある日、ふたりは一線を越えるロニーがプールに現れ、皆がパニック陥った日だ。に遭ったふたりはサラので・・・・・。ブラッドはいけない事だと思う。サラはそう思わない。次第にふたりは昼下がりの情事を繰り返す。

 

一方、ロニーの年老いた母メイ(フィリス・サマーヴィル)は息子のために、デートのお膳立てをしていた。恋人が出来れば、性心理障害は治るのでは?という考えだった。しかし子どもにしか興味のないロニーは相手の女性を傷つけてしまう。

 

サラとブラッドは、キャシーと彼女の母親の監視を上手くすり抜けるも、秘密の関係に疲れてきたアメフトの試合に勝った「一緒に逃げよう」と真剣に言うブラッド、喜んで応じるサラ。しかしふたりの関係は思わぬところで、悲劇を起こすきっかけに

 ロニーの悲しみ

ラリーとの約束を守らなかったブラッドに、激怒するラリーは怒りの矛先をロニーへ向ける。

 

果たしてサラとブラッドは???そしてロニーやラリーは???人生の新たな段階への一歩を踏み出せるのか・・・・・

 

今とは違う幸せがきっとあるはずーーー。大人になりきれない現代人の渇望を鋭くも温かく描き出した、「リトル・チルドレン」

 

いくら年を重ねても、人は心の奥底に子どもぽっさを秘めている。ほとんどの大人が社会性を身につけて生きていても、ふとした拍子に「子ども」の顔になる・・・・。

何不自由なく暮している人たちだけど、満たされているのか?といえばそうではないわけで・・・・・。何かしらもっと他にハッピーな人生があるのではと思うことってある。そんな時、ふと訪れた出会いや出来事で、人は子どもに変わるのかもしれない。

さて貴方はどうでしょうか?満たされていますか?現実から逃たい?自分はどうだろうか?とこの映画を観て、自分の生活や環境を見直すきっかけになるような気がしました。いけないことだと分かっていても、突き進みそうなサラとブラッドは、心の思うままに行くのか・・・・・。ラストに分かります。

 

 ルーシーを抱くサラはやっぱりお母さん。

 

 

リトル・チルドレン公式サイト

 

追記:◎ジャッキー・アール・ヘイリー、奇跡の復活、元性・犯・罪・者ロニー役を挑んだジャッキー・アール・ヘイリーは13年ぶりにカムバックするまでの間、リムジンの運転手から警備員まで、あらゆる仕事をして生計を立てていた。自分の出演作の編集者にピザの配達もしていたという。2004年10月、スティーブン・ザイリアン監督が「オール・ザ・キングスメン」のシュガー・ボーイ役のために彼を探し始めた。最初は不可能と思われたが、ザイリアン監督はついにフランスで、ハネムーン中のヘイリーを見つけ出した「信じられなかったよ」とヘイリー。「まるで夢みたいだった。今も自分をつねっているよ」「オール・ザ・キングスメン」撮影後、俳優活動を再び続ける決心をした。トッド・フィールド監督がロニー役を探しているということで、オーディション用の20分のビデオテープを作って送った。このテープはフィールド監督に衝撃を与えたそうだ。ジャッキーの役作りはまったく独自のもので、予想外だったと・・・・。ケイトも「オール・ザ・キングスメン」に続いてまた会えたことに喜んで声をかけたそうだ。撮影が始まると、その迫力に打ちのめされたと。あまりにもパワフルなのでしてしまったと話すケイト。

 

※9月18日、京都シネマにて鑑賞。記事を書くのがかなり遅くなりました

 

 

 

Comment (1)   Trackbacks (48)   この記事についてブログを書く
« キングダムー見えざる敵ー (... | TOP | SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ! »
最新の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪ (とんちゃん)
2008-01-17 19:22:34
mezzotintさんTB有難うございましたぁ★
正月にレンタルで観ましたよ^^

何かね、心に残る物がありました!
不倫話は珍しくもなんともないですが、子供を素直に受け入れない母VS変態息子でも可愛がる老母、専業主婦の太り気味の女(ケイト)VSキャリア・ウーマンの
痩せひからびた女(コネリー)などなど結構面白かったですね

変態男の落とし前のつけ方が余りにも、突飛で
(普通はできないもんね!)
そこも私は良かったです。
不倫のお話よりも、この変態男と母親の話の方に
涙が出ましたぁ~~^^

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

48 Trackbacks

リトル・チルドレン/ケイト・ウィンスレット (カノンな日々)
こんなに暑いのにまだ梅雨明け宣言してくれないなんて気象庁も融通が利かないなぁと八つ当たりしてみる(笑)。今日はル・シネマに「リトルチルドレン」を観に行きました。二日続けての渋谷、しかもほとんど同じ場所というのは変な感じだけど今週は予定が詰まってないので梯...
リトル・チルドレン (映画のメモ帳+α)
リトル・チルドレン(2006 アメリカ) 原題   LITTLE CHILDREN   監督   トッド・フィールド    原作   トム・ペロッタ 『Little Children』  脚色   トッド・フィールド トム・ペロッタ      撮影   アントニオ・カルヴァッシュ   ...
感想/リトル・チルドレン(試写) (EDIT a min.)
大人になれない大人たち。は愚かですか? 『リトル・チルドレン』7月28日公開。夫と娘と、不自由のない暮しをするサラ。美人妻と愛息を持つブラッド。子供を連れて公園で出逢った2人は、やがて惹かれあう。成熟した大人でありながらも、子供のように何かを求めてしまう彼...
『リトル・チルドレン』 (ラムの大通り)
(原題:Little Children) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----この映画、ジャッキー・アール・ヘイリーがカムバックを遂げた作品だよね。 確か、各映画賞で助演男優賞...
大人になりきれない大人 (CINECHANの映画感想)
205「リトル・チルドレン」(アメリカ)  かつて情熱的なフェミニストだったサラは夫リチャードとの結婚生活に息詰まりを感じていた。そんな頃ハンサムで主夫をしているブラッドと出会う。ブラッドの妻ジェシーは良きパパであるよりも仕事に熱中する夫を求めており、...
愛を求める大人たち、情に気付く子供たち●リトル・チルドレン (Prism Viewpoints)
ビールと恋愛は、最初が一番美味しい。 ただし、飲み干した旨さと、一緒に過ごした味わいは、何物にも変え難い。 『Little Children』 アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街ウッドワード・コート。 成功したビジネ
「リトルチルドレン」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
誰もが心に持つほころびは、次第に大きくなって・・・。人間の不完全さを群像劇で描いたのは、アカデミー賞作品賞を受賞した「クラッシュ」でした。本作の登場人物は、それに輪をかけて相当崩れかけている人ばかりです。ロニーは性犯罪の前科を持っており、出所したものの...
「リトル・チルドレン」 (或る日の出来事)
ボストン郊外の町。3歳の娘を連れて公園に来ているサラ(ケイト・ウィンスレット)だが、そこにいる主婦たちとは、なじめずにいる。 そこへ息子とともに公園にやってきたブラッド(パトリック・ウィルソン)。彼は司法試験
熱いやかんに触れた子供たち。『リトル・チルドレン』 (水曜日のシネマ日記)
アメリカのボストン郊外にある閑静な住宅街ウッドワード・コートに住む人々の物語です。
Little Children 「リトル・チルドレン」 (表参道 high&low)
昨年の話題作で最も親近感の湧くドラマがLittle Children(リトル・チルドレン)でした。 この映画は子供が産まれてから観てよかった。 独身時代だとまた違った印象をもったであろう家族をベースにした作品でした。以前から言っているように「タイタニック」はキャリア...
リトル・チルドレン (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
♪あのころの未来に僕らは立っているのかなぁ♪ (by SMAP )
映画~リトル・チルドレン (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆トム・ペロッタ原作のベストセラー小説を映画化した、ひねりの効いたヒューマンドラマ。経済的に何不自由のない生活を送りながらも、どこか満たされない空虚さを抱えた大人たちの姿を映し出す。郊外の街に住む主婦サラ(ケイト・ウィンスレット)は、い...
リトル・チルドレン (心のままに映画の風景)
アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街ウッドワード・コート。 夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウィンスレット)は、典型的な主婦の集団と気が合わず違和感を拭えない。 彼女たちが“プロム・キング”と名付けたブラッド
リトル・チルドレン Little children (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
Please be good boy■ストーリー郊外に住む主婦のサラは、幸せながらも退屈な日常を送っていた。そんなある日、近所の公園で子連れの主夫ブラッドと知り合いになる。やがて二人は惹かれあい、気持ちを抑えられなくなっていく。同じ頃、元性犯罪者のロニーが釈放され、街で...
「リトル・チルドレン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Little Children」2006 USA 「イン・ザ・ベッドルーム/2001」の脚本家であり監督のトッド・フィールドが、同じく監督、脚本を担当した“大人になれない大人”のメロ・ドラマ。 主演の3人は「ネバーランド/2004」「ホリデイ/2006」のケイト・ウインスレットと「オ...
リトル・チルドレン (♯Credo)
映画「リトル・チルドレン」これはキャスティングが非常に魅力的な作品ですね。主演のケイト・ウィンスレットは言わずもがな、ジェニファー・コネリーの寂しげな目線もいいし、なんたって変態男を演じたジャッキー・アール・ヘイリーの演技が光る。こ...
リトル・チルドレン (Diarydiary!)
《リトル・チルドレン》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - LITTLE
リトル・チルドレン (描きたいアレコレ・やや甘口)
夏の終わりにオトナの映画を観た...。オトナになれない大人達の物語。 ちょっと前に観たけど”塩漬け”になっていて、やっとupです。 ツタヤで『がんばれベアーズ!』が空くのを待っていたら、9月になってしまいました...
リトル・チルドレン (映画三昧、活字中毒)
■ シャンテシネにて鑑賞リトル・チルドレン/LITTLE CHILDREN 2006年/アメリカ/137分 監督: トッド・フィールド 出演: ケイト・ウィンスレット/パトリック・ウィルソン/ジェニファ...
リトル・チルドレン (シャーロットの涙)
満たされない想いを抱えたまま、さ迷う大人たち。 本当の自分の居場所を探し当てた時、そこでやっと蝶の如く空へ羽ばたける・・・
#118.リトル・チルドレン (レザボアCATs)
痛々しいほどリアルな人物描写が、ズキズキ来る。人物描写をどこまでも的確に、等身大に、ずるいところも、成長できていない部分も、欠けている部分も・・・。あからさま、とすら言えるほどのこの写実的な描き方は、ひたすら胸をエグる。 ネタバレの感想です。
リトル・チルドレン (5125年映画の旅)
郊外に暮らすサラは、夫との生活にも育児にも疲れ、退屈な毎日を送っていた。ある日サラは娘を公園で遊ばせている時、場違いな雰囲気を持った子連れの男ブラッドと出会う。彼との出会いに今まで感じたことの無い刺激を覚えたサラは、子守のついでを装って彼と毎日のよ...
映画「リトル・チルドレン」 (日々のつぶやき)
監督:トッド・フィールド 出演:ケイト・ウィンスレット、ジェニファー・コネリー、パトリック・ウィルソン、ジャッキー・アール・ヘイリー 「大きな家に住み、経済的に余裕があり、可愛い三歳の娘ルーシーがいて、一見申し分のない幸せな主婦サラ。しかし公園での主
リトル・チルドレン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『今の自分を愛せたら、 未来はきっと変えられる 心の中で、大人と子供が揺れている。幸せ探しの物語』  コチラの「リトル・チルドレン」は、トム・ペロッタのベストセラー小説を自ら脚色した脚本を「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督が映画化し...
「 リトル・チルドレン/ LITTLE CHILDREN (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【リトル・チルドレン 】 7月28日(土) 公開 監督・脚本・制作 : トッド・フィールド 出演 : ケイト・ウィンス
リトル・チルドレン 34点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
少年の心を持った大人たちへ… 公式サイト トム・ペロッタの同名小説を映画化。大人になりきれない大人達、親と子、家族、を、様々に追った群像劇、なのだが、原作の時点からのヌルさ、甘さによって、どうにも中途半端な出来に。タイトルは作者の自己紹介だろうか。 ...
リトル・チルドレン (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
決して好きな類の映画じゃないのに、あまりに上質の人間ドラマに釘付けになってしまった。物語は幸せに気付かず、大人になれない男女を描く。不倫話が軸だが、性犯罪者や元警官などの歪んだ人生をも巧みに描き、偏見や許しへとダイナミックに展開する。必見だ。【80点】...
『リトル・チルドレン』 (映像と音は言葉にできないけれど)
予告編をさんざん劇場で観せられたので、「観とかなきゃ...」の一本になりました。今年はケイト・ウィンスレットよく登場しますねぇ。
幼年期の終わり (宇宙のめいぐると)
「リトル・チルドレン」
『リトル・チルドレン』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2006年:アメリカ映画、トッド・フィールド監督&脚本、ケイト・ウィンスレット&ジェニファー・コネリー共演。
映画[ リトル・チルドレン ]オトナになりきれない大人たち (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ リトル・チルドレン ]を日比谷で鑑賞。 大人になりきれない大人たちの物語。 こうやって書くと、特別な存在に思えるかも知れないが、意外と多くのアダルトたちが同じような悩みを抱えていることなのでは・・・・・ 本作を観れば、そんなことを痛感するはずだ...
リトル・チルドレン (夫婦でシネマ)
郊外生活者の平穏な生活の中に起こる事件をサスペンスたっぷりに描いています。
『リトル・チルドレン』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
シェアブログminiに投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  自分に似ているキャラクターはひとりもいないはずなのに、どの人物にも近しい感覚をいだいた。...
『リトル・チルドレン』:Myムービーに掲載しました。 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
『イン・ザ・ベッドルーム』のトッド・フィールド出演、 ケイト・ウィンスレット主演『リトル・チルドレン』のレビューを「群像劇の難しさを痛感」と題して、紹介欄及び以下に示すURLに掲載しました。
”リトル・チルドレン” (映画趣味)
”リトル・チルドレン”を観た。 よかった。 周りの主婦のくだらない会話にとけ込めず、人間観察と割り切る主婦サラ。妻はバリバリのキャリアウーマンで、司法試験を目指すもなかなか合格しないブラッド。性犯罪を犯し刑務所から出所してきたロニー、ロニーを執拗に追い...
リトル・チルドレン (ぷち てんてん)
この映画は7月から公開している映画。もう今は10月だもんね、ちょっとこちらでの公開が遅いんだけどせっかくだから見てきました。☆リトル・チルドレン☆(2006)トッド・フィールド監督ケイト・ウィンスレッドパトリック・ウィルソンジェニファー・コネリージャッキー・ア...
リトル・チルドレン (knockin' on heaven's door)
Little Children 子供にも大人にも、夏休みは訪れる。心の休息を求めてもがく大人たちの、ほろ苦くて風変わりな人間ドラマ。 典型的な郊外の平和な住宅街に潜む、裏側の日常。チルドレンな大人たちは、絶望と希望、どちらへ向かって生きていく?
「リトル・チルドレン」 文学的秀作 (ハピネス道)
今年のアカデミー賞で3部門にノミネートされていたこの作品。 (主演女優賞:ケイト・ウィンスレット) (助演男優賞:ジャッキー・アール・ヘイリー) (脚色賞) 惜しくもどの部門も受賞は逃しましたが、どれも受賞してもおかしくないくらい高いクオリティだっ...
真・映画日記『リトル・チルドレン』 (          )
8月27日(月)◆545日目◆ 午後6時10分に終業。 『トランスフォーマー』を見ようとしたが、 8月いっぱいまで「シャンテシネ」で使える株主優待券があるので、 そちらを使うことに。 『リトル・チルドレン』7時5分の回をチョイス。 地下一階の劇場で見る。 なん...
リトル・チルドレン■アメリカ映画伝統のジャンルか? (映画と出会う・世界が変わる)
主人公たちの不倫がばれるきっかけの演出や元警官と小児性愛犯罪者との結末の甘さなどドラマ自体にはかなり緩いものがあるが、全体的には郊外に住む中流階層の俗物ぶりをかなり冷徹に暴き立てた内容は、それなりに力があると思う。「クラッシュ」や「バベル」をもっと狭い...
映画 【リトル・チルドレン】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「リトル・チルドレン」 トム・ペロッタ原作のベストセラー小説の映画化。 おはなし:郊外の住宅地で夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウインスレット)は、その生活にうんざりしていた。ある日、サラは主婦たちの憧れの的であるブラッド(パトリック・ウイルソン...
リトル・チルドレン (とんとん亭)
「リトル・チルドレン」 2007年 米 ★★★★☆ 大人になりきれない大人達・・・。 平凡な人生に刺激を求めたり、何かが変わる事を渇望している人間は多いと思う。 理性で留まるか、一度きりの人生を納得いくように殻を打ち破るかは、その人次第 なんだろう...
『リトル・チルドレン』『輝ける女たち』 (たーくん'sシネマカフェ)
またまたメンバーになっている飯田橋ギンレイホールへ。2本上映。まず「リトルチルドレン」監督・製作・脚本:トッド・フィールド 原作・脚本:トム・ペロッタ 出演:ケイト・ウィンスレット、パトリック・ウィルソン、ジェニファー・コネリー、ノア・エメリッヒ ....
『リトル・チルドレン』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ郊外の住宅地で夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウィンスレット)は、その生活にうんざりしていた。ある日、彼女は主婦たちの憧れの的であるトッド(パトリック・ウィルソン)と話をする機会を得る。主夫である彼とサラは意気投合し、お互いの子どもを連れて会うよう...
『リトル・チルドレン』 (Sweet*Days**)
リトル・チルドレン(2007/12/21)ケイト・ウィンスレット.パトリック・ウィルソン商品詳細を見る 監督:トッド・フィールド  CAST:ケイト・...
リトル・チルドレン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】郊外の住宅地で夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウィンスレット)は、その生活にうんざりしていた。ある日、彼女は主婦たちの憧れの的であるブラッド(パトリック・ウィルソン)と話す機会を得る。主夫である彼とサラは意気投合し、お互いの子ども...
「リトル・チルドレン」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
リトル・チルドレンNIKKATSU CORPORATION(NK)(D)このアイテムの詳細を見る ボストン郊外の住宅街。成功したビジネスマンの夫リチャード(グレッグ・エデルマン)と3歳の娘と 共に引っ越してきた主婦のサラ(ケイト・ウィンスレット)。娘を連れて公園デビューに挑むが、...
リトル・チルドレン (悠雅的生活)
 大人の顔をした、小さな子供たち