銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

『イカとクジラ』 何でこんなタイトル・・・・?

2007-01-30 | 映画:ミニシアター


この不思議なタイトルの意味が明かされるのはラストの3分えぇ~それだけ

京都シネマにて観てまいりました。不完全家族の悲喜劇物語。時は1986年、ブルックリン・バークスローブが舞台バークスローブは作家やアーティストが住むことで有名なNYの高級住宅街そこに住むことにスティタスとする夫婦はかって有名作家だったが、長年スランプ状態の父バーナードと華々しい作家デビューを控えた母ジョーン。そして16歳の息子ヴォルトと弟12歳のフランクの4人家族だ。ところがある日この二人の兄弟は人生の大問題に直面それは父と母が突然の離婚宣言その日から兄弟は父のと母のをピンポンのように行ったり来たり家族はバラバラ。平静を装う兄弟だが・・・・。二人はそれぞれ学校でとんでもない問題を起こしてしまうそんな二人に親たちも迷ってこんな不完全な家族の日常をあの有名なピンク・フロイド、ルー・リードのをバックに描かれている。

父親・・・・・教え子と同棲中で、しがない大学講師
母親・・・・今や人気作家でも自分の遍歴を平気で語る。恋人をに連れ込む

12歳の弟フランク・・・両親の離婚からくるストレスをで解消。学校でも性的な奇怪な行動を

16歳の兄ウォルト・・・ピンク・フロイドのをパクリ、なんとコンテストで優勝
             後でばれて恋人にも振られる

監督・脚本はノア・バームバック、自身の少年時代の体験をもとに書き上げた。カフカというドイツ文学者のことや、フィッツジェラルド(作家で、華麗なるギャッビーの著者)といった固有名詞も飛び交うセリフの台詞にはちょっと・・・タジタジな私ウディ・アレンの再来と全米で絶賛らしい。なるほど、ウディ・アレンね・・・・。頭がいい人にはお薦めです

キャスト
父親・・・・ジェフ・ダニエルズ 「めぐりあう時間たち」・「カイロの紫のバラ」等に出演しているベテラン俳優
母親・・・・ローラ・リニー 「愛についてのキンゼイ・レポート」でキンゼイ博士の妻役を演じていた。
兄ウォルト・・・・ジェス・アイゼンバーグ 自意識過剰で不安定な役を見事に

弟フランク・・・・オーウェン・クライン なんと俳優ケヴィン・クラインとフィービー・ケイツの息子

若手俳優はともにブレイク間違いなし

ちょっとひねくった感じで、何ともいえない映画だけど、こんな家庭ありそうな

 イカとクジラオフィシャルサイト 詳細はこちらから

 いつもの家族会議のテーマは、フィッツジェラルドにマッケンロー。なのに今日の議題は、両親の離婚待ってよ、「猫はどうするの?」

それぞれが、生き方が下手でダメなんだけど・・・・。でもこんなのもあり?って許せるようなそんな物語かも

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (6)   Trackbacks (33)   この記事についてブログを書く
« Work1  | TOP | 「それでもボクはやっていな... »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
イカとタコ (シャーロット)
2007-01-31 14:12:14
こんにちは~。
何も知らなかった私は、タコじゃなくてなんでクジラ?って思いましたが。笑
結構この作品は好きです。とっても等身大で現実的。
親も子もそれぞれが何かに悩む姿に共感ポイントを見出してしまって、うなずきながらの鑑賞でした。
Unknown (sameko)
2007-02-01 13:28:34
あれ!?パックが返信しています。インパクトある画面になりましたね(^^)なんだか、引き付けられます。
「イカとクジラ」…「イカとタコ」でも「イカとスルメ」でも…
げっ・・・ (sameko)
2007-02-01 13:30:38
また、やっちゃった…「変身」が「「返信」に…
あ~注意散漫は、まだ治っていないようです
こんばんは! (アイマック)
2007-02-25 18:15:14
タイトルにひかれてみちゃいました。
離婚に直面した家族は、よくある話かもしれないけど、人物像がリアルに描かれていてそれがおかしいような、苦いような^^;
カフカとかの話は私もついていけなかった・・・
ウッディ・アレンぽいは、なるほどですよね。

>オーウェン・クライン なんと俳優ケヴィン・クラインとフィービー・ケイツの息子

ママ似ですかね。かわいかったです!
こんにちは♪ (ミチ)
2007-04-05 12:36:18
タイトルの秘密、なかなか面白かったです。
あれをじっくり見てみたいな~と思いました。
ちょっと怖い展示物なので、子供にはトラウマになりそうですよね~。
家族 (kimion20002000)
2007-09-23 21:20:14
TBありがとう。
結構、ありそうな現代家族かな、と思いました。
脚本がとってもうまいです。

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

Similar Entries

33 Trackbacks

イカとクジラ (映画のメモ帳+α)
イカとクジラ (2005 アメリカ) 原題   THE SQUID AND THE WHALE       監督   ノア・バームバック 脚本   ノア・バームバック       撮影   ロバート・イェーマン          音楽   ブリッタ・フィリップス ディーン・ウェア...
「イカとクジラ」 (或る日の出来事)
この映画は昨年度の映画賞レースで、脚本賞などをよく受賞していた。 “THE SQUID AND THE WHALE”というタイトルが「イカとクジラ」という意味だと知って、変な題名だなあと思ったものだ。 「イカとクジラ」は、ニュ
The Squid and the Whale イカとクジラ (表参道 high&low)
1986年のブルックリンが舞台。 作家兼教師の父と作家志望の母、2人の兄弟のストーリーですが、親が離婚するところから話は始まります。 頑固でスノッブな父親はJeff Daniels(ジェフ・ダニエルズ)、活発な母親は個人的に大好きなLaura Linney(ローラ・リニー)が演じ...
「イカとクジラ」:勝島バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}船がいっぱい繋留されてるけど、汚い東京湾でも魚なんて採れるのかしら? {/kaeru_en4/}結構採れるぜ。アナゴにシャコにアオヤギ、アサリ、メゴチ、スズキ・・・。 {/hiyo_en2/}でも、さすがにイカとかクジラとかは採れないわよね。 {/kaeru_en4/}それは、魚...
イカとクジラ/ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー (カノンな日々)
このタイトルを見て美味しいそうと思った私は罰当たりでしょうか?(笑) 予告編ではこのタイトルが意味するものは本編を観ればわかりますみたいな宣伝をしてたので気になって仕方ありませんでした。まんまと策略にハマッてます。 出演はその他に、ジェシー・アイゼンバ...
『イカとクジラ』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
わかるわかる。大人は判ってくれないけど。 あのイカとクジラのように心の海にユーモアとせつなさがせめぎ合うのだ。 1986年、ブルックリンのパークスロープ。16歳のウォルトと12歳のフランクの作家である両親が離婚することになった。監督のノア・バームバックは『ラ...
イカとクジラ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
突然、離婚した夫婦、そして、そのことによる環境の変化に戸惑う二人の息子。それぞれの独身生活を謳歌する両親は、息子たちに現れてくる異常行動に気付く余裕もありません。 親の離婚が、その子どもの心にどんな変化をもたらすか...。「両親の離婚」という出来事を...
『イカとクジラ』 (Gingham Notes)
いつもギリギリで観る事が多い映画。『イカとクジラ』は公開した週に観に行きました。予告では飄々とした印象を持ったけど、もっと淡々と現実的でした。公開したばかりという事もあり、小さい映画館とはいえほぼ満員。あちこちから笑い声が聞こえてきました。だけど自分...
『イカとクジラ』 (Rabiovsky計画)
『イカとクジラ』公式サイト 監督・脚本:ノア・バームバック 出演:ジェフ・ダニエルズ 、ローラ・リニー 、ジェシー・アイゼンバーグ 、    オーウェン・クライン 、ウィリアム・ボールドウィン 、アンナ・パキン 2005年/アメリカ/81分 おはなし Y...
「イカとクジラ」 (It's a wonderful cinema)
 2005年/アメリカ  監督/ノア・バームバック  出演/ジェフ・ダニエルズ      ローラ・リニー      ジェス・アイゼンバーグ      オーウェン・クライン  「ライフ・アクアティック」のウェス・アンダーソンがプロデュースを務めた作品。確か...
感想/イカとクジラ(試写) (APRIL FOOLS)
両親離婚で気持ちバラバラ、大人になれない親と子供の文系家族ムービー『イカとクジラ』12月2日公開。子供たちだけじゃなく、大人もフクザツにひねくれてく気持ちと、そんな一筋縄じゃいかない家族の愛情を、婉曲的に描くのだ~。 ソニー・ピクチャーズ - イカとクジラ ...
■〔映画鑑賞メモVol.15〕『イカとクジラ』(2005/ノア・バームバック) (太陽がくれた季節)
―& デヴィッド・リンチ監督最新作“Inland Empire”(2006)の予告編登場≪→直接飛ぶ≫ ◆◆エントリー内参照(Rock関連)・・・ピンク・フロイド「ヘイ・ユー」、ルー・リード「ストリート・ハッスル」≪→こちら≫、ピンク・フロイド≪→こちら≫ こんばんは、...
イカとクジラ (八ちゃんの日常空間)
本年度劇場観賞160本目は、初の新宿武蔵野館。 滑稽な日常の中に家族の崩壊によって困惑する兄弟の姿が切なすぎるほどリアルに描写されています。悲しい場面などないのに、切なさに思わず涙する人もいるでしょう。兄はストレートに愛情を表現できず、ガールフレンドとも...
イカとクジラ (シャーロットの涙)
世界最大といわれるダイオウイカと、それを餌にするマッコウクジラ。ニューヨークのアメリカ自然博物館に巨大ジオラマが展示してあるようだけど…映画や文学、そして音楽等のオマージュがたくさん登場し、粋でリアリティに満ちている台詞たち。 詳しくは知らないまでも何...
【イカとクジラ】 (NAO-C☆シネマ日記)
<<あらすじ>> 1986年 ブルックリン かつて人気作家で今はスランプ中の父 人気雑誌に作家として華々しいデビューをかざった母 16歳と12歳の息子 そんな家族に大きな転機が・・・ 父と母が突然の離婚宣言 兄弟は、今日はパパの日・・明日はママの日と 父と...
映画* イカとクジラ (有閑マダムは何を観ているのか?)
世に夫婦の不和や別離をテーマにした映画や小説は数々あるけれど、いやあ~、この映画はポイント高し!! ポスターを見てお分かりの通り、十代の息子二人を持つこの夫婦の危機。 でも、 「離婚はいかん」 「子供がかわいそうだ!」 なんていう教訓めいた話でもなけ...
イカとクジラ (working title -annex-)
イカとクジラ (2005)  ノア・バームバック監督  アメリカのインディース作品は、本当にアタリが多い!  新鋭ノア・バームバック監督のスマッシュヒット作。  とにかく面白くて、素晴らしくて、心に残る大好きな作品!  まずは、色々なところで言われているけ...
イカとクジラ (とにかく、映画好きなもので。)
 離婚した両親に振り回される兄弟の姿、ダメなオヤジと浮気を繰り返す母親、思わずコミカルで風刺の効いた演出に本当に笑って良いのか困ってしまう。  家族を描いた作品は、映画の永遠のテーマとも言えるだろう。それは1986年のブルックリンにある...
『イカとクジラ』 (マガジンひとり)
新宿武蔵野館にて、ノア・バームバック監督。 1986年のニューヨーク、16歳の兄・ウォルト(ジェス・アイゼンバーグ)と12歳の弟・フランク(オーウェン・クライン)は、人生の大問題に直面していた。 かつては有名作家だったが長年スランプの父・バーナード(ジェフ・ダ...
イカとクジラ (小部屋日記)
The Squid and the Whale(2005/アメリカ) 【劇場公開】 監督・脚本: ノア・バームバック 出演: ジェフ・ダニエルズ/ローラ・リニー/ジェス・アイゼンバーグ/オーウェン・クライン/ウィリアム・ボールドウィン/ アンナ・パキン 離婚した両親に振り回される...
ノア・バームバック監督「イカとクジラ」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 ノア・バームバック 出演 ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー、ジェス・アイゼンバーグ、オーウェン・クライン  スノッブな味が満載。  映像としては、夫が別居した妻を訪ね、玄関口で会話するシーンにスノッブの特徴がよくあらわれている。夫、妻の顔が会話...
映画「イカとクジラ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「イカとクジラ」 アカデミー賞脚本賞にノミネートされた作品。監督は『ライフ・アクアティック』の脚本家ノア・バームバック。 人気作家だったが今は落ち目の父(ジェフ・ダニエルズ)と新進気鋭の作家の母(ローラ・リニー)は離婚を決意した。そのため、2...
「イカとクジラ」 The Squid and the Whale (俺の明日はどっちだ)
舞台となるのは1986年のブルックリン。16歳の兄ウォルトと12歳の弟フランクの両親は共に作家。しかし父バーナードはかつては脚光を浴びたものの、現在は長くスランプが続いていた。一方の母ジョーンは『ニューヨーカー』誌での華々しいデビューを控えた新進作家。そんなあ...
イカとクジラ (とんとん亭)
「イカとクジラ」 2007年 米 ★★★★☆ 何にも期待しちゃ駄目だ。人生なんてこんなものだ。 家族が崩壊していく様、その直前直後をユーモアを交えながら描く人間ドラマ。 ブルックリン、パークスロープに住むバークマン家。作家やアーティストが多く 住む...
「イカとクジラ」(アメリカ 2005年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
1986年、作家同士の両親の離婚に直面した16歳と12歳。 兄弟の悩める生活が始まった・・・「イカとクジラ」。
イカとクジラ@我流映画評論 (ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG)
今回紹介するのは、ジェフ・ダニエルズ主演の映画、『イカとクジラ』です。 まずは映画のストーリーから・・・ ブルックリン、パークスロープに住むバークマン家。 父は元売れっ子作家だが、今は大学講師、母は「ニューヨーカー」誌でのデビューを控えた有望な...
mini review 07073「イカとクジラ」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
解説: アカデミー賞で脚本賞にノミネートされたほか、各映画賞を席巻したヒューマンドラマ。作家同士の両親の離婚を機に、父と母の家を往復する生活を余儀なくされる兄弟の心情をつづる。監督は『ライフ・アクアティック』の脚本家ノア・バームバック。出演は『グッド...
『イカとクジラ』 (Sweet* Days**)
イカとクジラ(2007/06/20)ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー 他商品詳細を見る監督:ノア・ボーンバッハ CAST:ジェフ・ダニエルス、ローラ・リニー他 アカデミー賞脚本賞他ノミ...
イカとクジラ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「イカとクジラ」は、ノア・バームバックが監督&脚本を務めたPG-12指定のヒューマン・コメディです。監督のご両親もこの映画同様2人とも作家で、自伝的な映画と言えるんだそうですね。  タイトルの「イカとクジラ」は、「ナイトミュージアム」の舞台でもあ...
『イカとクジラ』'05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじかつては人気作家だったが今は落ち目のバーナード(ジェフ・ダニエルズ)と新進気鋭の作家ジョアン(ローラ・リニー)の夫婦、は離婚を決意した。そのため、2人の子どもで、16歳のウォルト(ジェス・アイゼンバーグ)と12歳のフランク(オーウェン・クライン...
イカとクジラ(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
観るつもりだったのにうっかり見逃しちゃった「イカとクジラ」を観たよ。 ( → 公式HP  ) 出演:ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー、ジェス・アイゼンバーグ、オーウェン・クライン 上映時間:81分  かつては人気作家だった落ち目のバーナード(...
イカとクジラ (悠雅的生活)
この、困った家族たち。
イカとクジラ (新宿武蔵野館) (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
かつては人気作家だったが、今は落ち目のバーナード(ジェフ・ダニエルズ)と、新進気鋭の作家ジョアン(ローラ・リニー)の夫婦。 二人は、離婚を決意した。 そのため、二人の息子である、16歳のウォルト(ジェス・アイゼンバーグ)と、12歳のフランク(オーウェン...