銅版画制作の日々

ぼちぼち更新致します。宜しくお願いします!

I AM LEGEND  WILL SMITH  

2008-02-23 | 映画:シネコン

 アイ アム レジェンド

 

66億人の絶滅と、たったひとりの生存者ーーーーー

 

12月18日、MOVX京都にて鑑賞、まだ現在上映続行中という長ロングランの作品です。今月末まで、上映されるようです。

 

登場するのは、ウィル・スミス演じるロバート・ネビル(ウィル・スミス)、そして彼の愛犬サムだけ??・・・。広いニューヨークは廃墟化、生きている人間はすべて消えてしまい、静まり返る街に犬とロバートだけなのだ。時は2012年。3年前、地球全土を覆いつくした災厄をくぐり抜け、この街で、そしておそらくは全世界で、ただひとり生き残った男かもしれない。

 

今や唯一の話し相手となった愛犬サムとともに、誰もいない店で買い物をし、DVDを借り、セントラルパークで畑を作って、彼はひとり生きる。店員代わりに並べたマネキン、空母の戦闘機の翼から摩天楼に向かって打ち放つゴルフのショット何をするのもひとり、どこへ行ってもひとり、いつ終わるともしれない究極ののなかで人類滅亡の原因をさかのぼり、再生のための研究を続けることだけが、有能な科学者だった彼のたったひとつの生きる支えだ。

 

自分以外の生存者を探し求めて3年間、毎日無線を流し続けているメッセージにはいまだ誰からも連絡はない。本当にもうこの世には生存者はいないのかその一方、日が沈み太陽のが消えるといっせいに動き出す不気味な影それは人類滅亡後に出現した“ダーク・シーカーズ”その凶暴な群れに襲われれば、ネビルの最後の望みも絶たれてしまうしかし人類再生のための鍵を握っているのも、彼らかもしれない・・・・・・。

果てしない孤独と、迫り来る恐怖。夜毎にダーク・シーカーズの脅威と戦いながら、途切れそうな希望をたぐり続ける日々。やがてネビルは、ある驚くべき事実に気づく

 

ダーク・シーカーズってゾンビ?なのでしょうか。先日鑑賞した「28週後」も似たようなお話???人間がシッコ(感染者)に襲われることによって、凶暴なシッコとなっていくという話。このダーク・シーカーズも同じなのか?

最近このような作品が多いですね。ただこの作品は生存者がたったひとりというところが、重要なポイントなのかもしれないですね。ウィル・スミスも「もし、地球上でたったひとりになったら、貴方はどうしますか?」と質問を投げかけていました。本当に自分だけが地球上で生き残るという極限状態になったとしたら、どんな精神状態になるのでしょうか。孤独がいいとか、一人きりがいいなんて思ったりするけど、それは多くの人間がいてこそ、勝手気ままに生きたいという考える思考感覚だろうし。

 

3年間という長い月日を孤独な状況の中で生きていくロバート・ネビルの心の葛藤はどれほど辛いものなのかを、スクリーンを通して何処まで伝えられただろうか?まさしく絶望に直面しているわけだから、喪失感もただ事じゃないくらいだ。そんな状況の中でどのような生き方ができるのか?

 

ロバートは再生の道を見つけるために、研究を続ける。ほんの少しの希望をもち続けながら・・・・・。

 

作品を鑑賞後、この作品の伝えたいことを考えてみると、単にアクション・アドベンチャーだけではなく、地球上でたったひとりになった男の心理ドラマなのだ。そしてダーク・シーカーズは決してゾンビでもなく、シッコでもないような気がした。彼の孤独の中に潜む、闇の悪魔なのではと・・・・・。そしてその闇の悪魔は、彼が求める希望のヒントの鍵を握る糸口のようだ??

 

 

ウィル・スミス以外のキャストはいるものの、スミスは大半をほとんどひとりで演じるということに、真っ向から取り組んだそしてその経験は最終的に報われたと感じる。とスミスは話す。もちろん不安だったと認めるスミスひとりきりだと、ぶつける対象を見つけるのが難しい。しかし俳優として、そんなチャレンジこそ必要なものなんだ作品の中での孤独と同じく、ひとりで臨むというひと味違った試みはさぞかし大変だったに違いない。

 

撮影風景です・・・・・。 

 

 

前作「幸せのちから」では息子のジェイデン君との共演、今回は娘のウィロウちゃんとの共演でした。

 

原作: リチャード・マシスン 『地球最後の男(別題:アイ・アム・レジェンド)』(ハヤカワ文庫刊)

 

 

goo映画では「アイ・アム・レジェンド」特集をやっています。監督フランシス・ローレンスの単独インタビューも載っていますので、ぜひ覗いて下さい。公式HPにもリンク出来ますよ

 

 

 

Comments (5)   Trackbacks (65)   この記事についてブログを書く
« 「干支でシネマ☆バトン」に挑... | TOP | ヒトラーの贋札 ☆第80回ア... »
最新の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハズレが無い (メビウス)
2008-02-26 00:43:44
mezzotintさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

個人的にウィルの作品にはハズレがないように思え、この作品も同様でしたね。ウィルの1人演技も然る事ながら、愛犬のサムも凄い演技wそのサムとの別れのシーンでも人目はばからずどばっと泣いてしまった自分です・・。

ダークシーカーズも肩が跳ね上がるほどビックリさせるシーンが多くて、自分にはひどく心臓が悪かったです。集団で猛スピードで迫ってくる恐怖も、ゾンビとは一味違った怖さがありましたね。
TBありがとうございました (sakurai)
2008-02-26 11:16:30
原作を読んだ人の文章を読んで、これは読まないと思って読んだのですが、あまりのテーマの違いに、ぶっ飛んでしまいました。
中身は、細かいディティールの違いは作った人の考え方ですが、テーマが完全に違ってたら、それは違うんじゃないの!と思ってしまいましたです。
でも、ウィル・スミスは、かっこええです。
TBありがとうございました! (AnneMarie)
2008-03-04 22:31:10
残念ながらこちらからTBできませんでした。
ごめんなさい。でもなんでだろ?

私もまさかゾンビが出てくる映画だなんて思ってもいなかったのでビックリしました。
しかもゾロゾロノソノソとしか動けないゾンビじゃなくて機敏だし、知恵もあったしね。

現代風ゾンビ映画の始祖? (KGR)
2008-03-09 18:36:51
>ダーク・シーカーズってゾンビ?なの
>最近このような作品が多いですね。

現代のゾンビ映画はロメロ監督の
「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」(1968)が
始まりと言われていますが、
この作品「地球最後の男」(小説:1954、初映画化1964)に
影響を受けたとも言われています。
(脚本家がそう言っているらしい)
その意味では、元祖より古い始祖かもしれません。

現代風と書いたのは、それ以前に
ブードゥー教のゾンビを描いた映画があったらしいから。
こんにちは~★ (とんちゃん)
2008-05-18 08:40:02
mezzotintさん、TB有難うございました(^.^)

「28週後」という作品は未見ですが、比べていらっしゃる方が多いですね。そっちの方が面白いというようなレビューを目にしたので、DVDになったら観たいと思います^^

>ある驚くべき事実に気づく

これ、何だったのでしょうか?
急いで観て返したので(延滞しちゃって・・・あは。)イマイチ判らない点もありました。
良かったら教えて下さい ぺこ <(_ _)>

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

65 Trackbacks

アイ・アム・レジェンド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『地球最後の男に希望はあるのか。』  コチラの「アイ・アム・レジェンド」は、リチャード・マシスンの「地球最後の男」を映画化した3本目となるSFアクションで、12/14に公開されたのですが、初日に早速観て来ちゃいましたぁ~♪  久し振りにレイトショーでの鑑賞...
劇場鑑賞「アイ・アム・レジェンド」 (日々“是”精進!)
「アイ・アム・レジェンド」を鑑賞してきましたリチャード・マシスンの小説「地球最後の男」の3度目の映画化となるSFアクション。「コンスタンティン」のフランシス・ローレンスが監督。人類を救う役どころを多く演じてきたウィル・スミスが、絶望的な状況を生き抜く主...
アイ・アム・レジェンド /I AM LEGEND (我想一個人映画美的女人blog)
『ナショナルトレジャー~』は続編だしこれがこの冬の一番の大作なじゃないかな? でもリメイク。 14日から日米同時公開{/ee_1/} あちらでの評判も聞かないまま、前知識全くなく試写にて観てきました~。  {/kaminari/}ちょっとだけネタバレありでいきます!{/kam...
アイ・アム・レジェンド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
SF小説『地球最後の男』の3度目の映画化―といっても原作・前作は知りませ~ん【story】2012年。人類がほぼ死滅してしまった地球で生き残った、科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)。彼は孤独と闘いながら、愛犬サムとともに3年もの間他の生存者の存在を信じて無...
アイ・アム・レジェンド(2007年) (勝手に映画評)
リチャード・マシスンの『I Am Legend(地球最後の男)』が原作。これまでに二度映画化されており、今回が三回目の映画化。 物語の性質上、ほとんどの時間、スクリーンにはロバート・ネヴィル(ウィル・スミス)しか出ていません。ほとんど、彼の一人芝居です。それだけ...
「アイ・アム・レジェンド」 (てんびんthe LIFE)
「アイ・アム・レジェンド」試写会 よみうりホールで鑑賞   TVのCFでがんがん流れているので気になっている作品。 スケールも大きいし、CGもそれなりにキレイ。 特に廃墟となったニューヨークの街、看板にはウィキッドとかやっているままの様子で生々しいほど...
アイ・アム・レジェンド/ウィル・スミス (カノンな日々)
勝手にSFスリラー三部作と呼んでる第二弾です。原作小説「「I Am Legend」」の映画化はこれで三度目という作品。旧作は「地球最後の男」という作品らしいですけど、私は全く知らなかったのでなにげに楽しみな作品でした。ウィル・スミスも好きなんですけど、予告編にも登...
映画レビュー「アイ・アム・レジェンド」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆古典SFの3度目のリメーク。無人の大都市NYのビジュアルが素晴らしいが、終盤の展開は物足りない。 【60点】 西暦2012年。ウィルス感染で人類が滅び、唯一人生き残った科学者ネビルは、廃墟と化したNYから生存者に向けて無線でメッセージを送り...
アイ・アム・レジェンド (ネタバレ映画館)
ボブ・マーリーを知らない世代がいるのか・・・
★「アイ・アム・レジェンド」 (ひらりん的映画ブログ)
2007.12.14の金曜日公開初日の本作。 TOHOシネマズ川崎ではナイトショウタイムもやってたので、見てきちゃいました。 主演はウィル・スミス。
「アイ・アム・レジェンド」 I Am Legend (俺の明日はどっちだ)
~ Don't worry about a thing,   Cause every little thing gonna be all right.♪ 未見ながら過去に2度映画化されたというリチャード・マシスンの『地球最後の男』をウィル・スミス主演で映画化したSFアクション作。 まず何と言っても荒廃したパーク・アヴェニュ...
アイ・アム・レジェンド (そーれりぽーと)
ウィル・スミスが、ついに「俺様伝説www」と、浮世離れしすぎたセレブにありがちな勘違い宣言をしたのかと思って『アイ・アム・レジェンド』を観てきました。 ★★★★ うーん、まさかホラーだとは予想外、しかも苦手なゾンビ系。 むちゃくちゃ怖かったんですけど!w...
「アイ・アム・レジェンド」 そのタイトルが意味するところ (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 予告編からは単純なパニック&サスペンス&ややアクション映画、というイメージを受けていました。 ところが、ドラマの部分が以外に強く、しかも感動的で良い意味で驚かされました。 特にクライマックス。 そのタイトルの意味するところがわか...
アイ・アム・レジェンド~忠犬ハチ公物語 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
副題の邦題「地球最後の男に希望はあるか。」だけれども、英語の副題は←でかなり違う。「not alone」だから「最後の男」じゃないのだ。しかも、本当は「ニューヨーク最後の男」だろう。看板に偽りあり。茫漠たる寂寥を極める映画と思いきや、それは序盤だけで、騒々しく...
アイ・アム・レジェンド/I AM LEGEND (描きたいアレコレ・やや甘口)
身体能力が凄いゾンビなんて、反則だ~! ウィル・スミスは好きなのに、描くのは苦手な管理人です。坊主頭とブラックメンは、描き難い......
映画 【アイ・アム・レジェンド】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「アイ・アム・レジェンド」 リチャード・マシスンのSF小説「地球最後の男」の3度目の映画化。原作は未読。 おはなし:2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残る。ネビルは愛犬サムとと...
アイアムレジェンド (シネマ日記)
ネタバレ注意これはあんまり大したことないんかなぁと思いつつ試写会へ。人類が自分一人になったらどうするか?にゃおとこの映画のコマーシャルを見ながら話してました。一緒にいる犬が死んでしまったら、もう自分も死ぬわ~というのが二人ともの見解でした。愛する者をみ...
アイ・アム・レジェンド (Akira's VOICE)
面白くない,ことは無い。 が,しかし・・・。
アイ・アム・レジェンド・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
もしも、この世界に一人ぼっちだったら・・・・ フランシス・ローレンス監督の「アイ・アム・レジェンド」は、そんな子供じみた空想が現実に...
アイ・アム・レジェンド (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ウィル・スミスも..ァレだな、ずいぶん白髪混じってたなぁ..(床屋談)
アイ・アム・レジェンド(映画館) (ひるめし。)
地球 最後の男に 希望は あるのか。
アイ・アム・レジェンド (夫婦でシネマ)
ウィル・スミス主演のSFディザスター超大作。だけど出来ばえもディザスター?
[映画『アイ・アム・レジェンド』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
▼昨日、いつものMOVIX昭島に行き、公開されたばかりのウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』を姪っ子と観た。 MOVIXポイントも70Pを超えて、これにて次の映画鑑賞は一回無料で見れるぞい^^ 自らを「私は伝説だ」などとのたまうタイトルなので、...
アイ・アム・レジェンド ~劇場にて~ (三日月のしっぽ。)
  アイ・アム・レジェンド・・・評価  4   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イ...
I AM LEGEND (B級パラダイス)
平日の公開ということでまわりは仕事帰りの会社員の方が多かったです。一番最後の回ながらわりといっぱいだったかも。
★アイ・アム・レジェンド<プレミア試写会>★ (CinemaCollection)
世界で最初のプレミアが日本で行われました!11日がニューヨークでの米国プレミアですので5日が最速の公式上映となりました。3時半から座席指定とりかえとのことで4時に指定券に変えてもらったのですが、席は残念ながら1階の後ろのほうでした。ですが、時間がおして...
『アイ・アム・レジェンド』 (めでぃあみっくす)
古典的傑作『地球最後の男』の2度目のリメイクということであまり期待はせずに見ましたが、正直な感想を述べると映像以外に新鮮味はないものの、古き良き映画を見たという感じでした。 でこの映画を未見の方に忠告です。ほとんど情報がないあの予告編以外できるだけ事前...
映画~アイ・アム・レジェンド (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆人類が絶滅した近未来を舞台に、たった1人生き残った男の奔走を描くSFドラマ巨編。『幸せのちから』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたウィル・スミスを主演に、自分以外の生存者を探す科学者が人類再生の道を模索する姿を描く。2012年。人類...
アイ・アム・レジェンド - I AM LEGEND - (個人的評価:★★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
14日がTOHOシネマズの10th Aniversaryで「1000円」だったので、公開初日のアイ・アム・レジェンドを観てきました。 まず観終わった感想はいい意...
『アイ・アム・レジェンド』 (ラムの大通り)
(原題:I am Legend) 「いやあ、これほど予想を覆された映画は最近なかったね」 ----えっ、どういうこと? これってチャールトン・ヘストン主演の 『地球最後の男オメガマン』のリメイクと聞いていたけど…。 「う~ん。というよりも リチャード・マシスンの原作『吸血...
アイ・アム・レジェンド (映画のメモ帳+α)
アイ・アム・レジェンド(2007 アメリカ) 原題    I AM LEGEND   監督   フランシス・ローレンス    原作   リチャード・マシスン 脚色   マーク・プロトセヴィッチ アキヴァ・ゴールズマン       撮影   アンドリュー・レスニー   ...
「アイ・アム・レジェンド」 (かいコ。の気ままに生活)
不朽のSF小説 「地球最後の男」 3度目のリメイク。「アイ・アム・レジェンド」公式サイトコワがりの私には 少々キツかった・・ちょっとのことで ビクビクしっぱなし。暗がりに入っていった愛犬サムを追っかけてったシーンはコワすぎて 視線スクリーンからはずして...
アイ・アム・レジェンド(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】リチャード・マシスン 【出演】ウィル・スミス/サリー・リチャードソン/アリス・ブラガ 【公開日】2007/12.14 【製作】ア...
『アイ・アム・レジェンド』 (映像と音は言葉にできないけれど)
アメリカでは上々の評判があるようですが、僕には「またか?」...という感じの映画。
『アイ・アム・レジェンド』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アイ・アム・レジェンド」□監督 フランシス・フローレンス □脚本 マーク・プロトセヴィッチ、アキヴァ・ゴールズマン □原作 リチャード・マシスン 「地球最後の男」(ハヤカワ文庫刊)」 □キャスト ウィル・スミス、アリーシー・...
映画 「アイ・アム・レジェンド」 (日々のつぶやき)
『地球最後の男に希望はあるのか』 監督:フランシス・ローレンス 主演:ウィル・スミス    ネタバレしてます 「癌治療の特効薬が原因で人類の9割が死滅してしまった2012年に、NYでたった一人生き残った科学者のロバート・ネビル。彼はワク...
I AM LEGEND (迷宮映画館)
全編、ウィル・スミス満載。たっぷり堪能できます。
『アイ・アム・レジェンド』2007・12・16に観ました (映画と秋葉原と日記)
『アイ・アム・レジェンド』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 2012年、ニューヨーク。おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男・軍籍の科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)は3年前に起こった地球規模の災厄をくぐり抜け、愛犬サムと無人の
2007-87『アイ・アム・レジェンド』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
『アイ・アム・レジェンド』のMOVIE &#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 87『アイ・アム・レジェンド』(更新:2007/12/19) 評価:★★★☆☆ 原題「I AM LEGEND」です。 原作:リチャード・マシスン(小説「I Am Legend」(邦題:吸血鬼[...
アイ・アム・レジェンド (映画鑑賞★日記・・・)
【I AM LEGEND】2007/12/14公開(12/14鑑賞)製作国:アメリカ 監督:フランシス・ローレンス原作:リチャード・マシスン『地球最後の男(別題:アイ・アム・レジェンド)』(ハヤカワ文庫刊)出演:ウィル・スミス、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク、チャーリー・タ...
アイ・アム・レジェンド (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”I am Legend”原作=リチャード・マシスン「I am Legend」(地球最後の男)。過去に2度映画化された、1964年『地球最後の男 The Last Man of Earth』(日本未公開)と、1971年『地球最後の男/オメガマン』ともに未見。☆☆★★
映画「アイ・アム・レジェンド」を鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 25日、109シネマズ川崎シアター6にて「アイ・アム・レジェンド」を鑑賞した。 当日は平日のクリスマスと言う事で若い観客を中心に4~5割くらいの客入り。 映画の話 2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・...
I AM LEGEND (PLANET OF THE BLUE)
年末の大作。 の割には結構硬くて派手さが無いかな。 ウィル・スミスが人類最後の一人として、奮闘する物語。 朝、起きたらペットと共に運動。 昼、食糧確保のために狩に出る。 夜、生き延びる。 これ、ちゃんと原作があるんですね。 かなり昔のものだそうで、...
動くカニ看板は、かに道楽が先?かに将軍が先?●アイ・アム・レジェンド (Prism Viewpoints)
閑散としたNYは、魅せる魅力十分! 『I Am Legend』 アイ・アム・レジェンド - goo 映画 2012年、人類が死滅してしまった地球でたった1人、 有...
アイ・アム・レジェンド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
私の名はロバート・ネビル。ニューヨークで生き残っている。もし誰かこれを聞いているなら、もし誰か他にいるなら……誰でもいい、応えてほしい。66億人の絶滅と、たった1人の生存者―。 2012年、人間の姿が消え、死んだように静まり返るニューヨークの街。この街がか...
[映画]アイ・アム・レジェンド (落とし穴には気をつけろ!)
ちょぴっとだけネタバレありです。 面白かったけど、怖かった。。。ビルの中に入り込んでしまったサムを追って、化物に遭遇したときには、びくっとして膝の上の鞄を落としてしまったです 人類が死滅して、地球で最後の人間になってしまった科学者のネビル(ウィル・スミ...
アイ・アム・レジェンド (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画   地球最後の男-それは・・・      1人しかいないという絶望なのか・・・              それとも1人だけはいるという希望なのか。 怖くて悲しい。 映画の前半ほとんどをロバート・ネビル役のウィル・スミス...
【アイ・アム・レジェンド】 (+++ Candy Cinema +++)
【 I AM LEGEND 】 監督/フランシス・ローレンス  脚本/マーク・プロトセヴィッチ、アキヴァ・ゴールズマン 原作/リチャード・マシスン 『...
アイ・アム・レジェンド (心のままに映画の風景)
画期的なワクチンが発見されたニュースが流れる。 開発した医学者は「癌患者すべてに効果があった」という。 3年後の2012年。 廃墟となった...
アイ・アム・レジェンド (まぁず、なにやってんだか)
年の暮れになって公開する映画の中で、かなり期待度の大きかった「アイ・アム・レジェンド」。 映画館もいつもより混んでいて、手ごたえを感じたんですが・・・ こういう展開かよ! ・・・・・ ウィル・スミスかっこよかったわぁ。足は長いし、鍛えられたマッチョ...
「アイ・アム・レジェンド」★★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
'07年製作 監督 フランシス・ローレンス  主演ウィル・スミス  共演アリス・ブラガ、サリー・リチャードソン=ホイットフィールド、ウィロー・スミス、チャーリー・タハン他。本日14日より公開! 2012年、NY。街は廃れ、荒れ果てていた。悪夢の始まりは、...
アイ・アム・レジェンド (メルブロ)
アイ・アム・レジェンド 191本目  上映時間 1時間40分 監督 フランシス・ローレンス 出演 ウィル・スミス 犬 評価 7点(10点満点) 会場 新宿ミラノ(試写会 156回目)    久し振りの試写会。開映時間19:45と遅い時間なので見にいけました。入場時に...
「アイ・アム・レジェンド」一粒の麦 (再出発日記)
ここんところ、あまりいい作品に恵まれなかったせいもあって、一時間四十分できっちりたった一人残ったニュウヨークの景色を存分に見せるこの映画には、退屈しなかった。監督:フランシス・ローレンス出演:ウィル・スミス、アリーシー・ブラガ、ダッシュ・ミホックけれど...
アイ・アム・レジェンド (I Am Legend) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 フランシス・ローレンス 主演 ウィル・スミス 2007年 アメリカ映画 100分 SF 採点★ “映画は映画、原作は原作”と割り切って楽しむ性質とはいえ、やっぱり好きな小説の映画化は色んな意味で期待と不安が入り混じるもので。それでもまぁ、映画として面白く出来て...
アイ・アム・レジェンド (映画を観たよ)
独りぼっち。
真・映画日記(3)『アイ・アム・レジェンド』 (          )
JUGEMテーマ:映画 (2から) 午後6時半に映画館を出る。 雑誌「ぴあ」を見てみると「渋谷TOEI」がまだやっているようだ。 年内最後の映画。 ・・・『茶々』では締めたくないので、『アイ・アム・レジェンド』をチョイスする。 その前にガード下にある蕎麦...
「アイアムレジェンド」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
明と静が生み出す緊張感という初めての体験。公開からだいぶ遅れて観に行きました。半月情報をシャットアウトするのは楽ではなかったですが、努力した甲斐があったというものです。ニュース映像の後、いきなりひとりぽっちのNYから始まったのは予想外でした。タイムズスク...
アイアムレジェンド (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
日米同時公開、第一週に日米とも第1位にランクインした、 ウィル・スミスの最新作。 来日したウィル・スミスが結末をしゃべったことでも話題になった。 原作は、1952年のSFホラー小説で、3回目の映画化。 時代を現代のNYに置き換えてある。 *** 2009...
「 アイ・アム・レジェンド / I AM LEGEND (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【アイ・アム・レジェンド 】2007年12月14日(金)公開 監督 ...
●アイ・アム・レジェンド(198) (映画とワンピースのこでまり日記)
薬の発明者はどこへ行った?アンタがやれ!
闇を光りで照らすんだ・・・   「アイ・アム・レジェンド」 (取手物語~取手より愛をこめて)
荒廃したNYの街を疾走する赤い車。
「アイ・アム・レジェンド」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組)ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る 2012年、ニューヨーク。科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)は3年前に起こった地球規模の 災厄をくぐり抜け、この街で、おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男。彼...
アイ・アム・レジェンド (とんとん亭)
「アイ・アム・レジェンド」 2008年 米 ★★★★ 予告を観た時、めっちゃ面白そうだったので、絶対に観よう!と思っていたのに何で、 劇場に行かなかったんだっけなぁ?最近の話なのに、忘れちゃったなぁ(笑) やばくね? 近未来SFアクションもの、と...
【映画】アイ・アム・レジェンド…前半のダークシーカー怖すぎ((+_+)) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}去年ぐらいの健康診断で肝臓の瞬間的異常値が出た私。 再診の結果、診断エラーの可能性大だったのですが、この機会にと冬ぐらいから2日に1日ぐらいの率で(ペースはバラバラですが{/face_ase2/})休肝日を設けてきました。…まぁ真面目に続けていたのですが...
『アイ・アム・レジェンド』 (『映画な日々』 cinema-days)
アイ・アム・レジェンド リチャード・マシスンのSF小説 『吸血鬼(地球最後の男)』3度目の映画化 「闇を光で照らそう」 個人評価 ★★★☆...