銅版画制作の日々

ブログ、再開致しました!また宜しくお願いします。

アウェイ・フロム・ハー◎君を想う 

2008-10-07 | 映画:ミニシアター

「死ぬまでにしたい10のこと」の作品で注目された若手女優、サラ・ポーリー、短編で監督としての手腕を発揮してきた彼女が長編映画デビュー作となる、「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」を9月30日に鑑賞しました。

原作は、アリス・マンローという作家の短編、「クマが山を越えてきた」だそうで、サラ・ポーリー自ら脚本し、メガホンをとった大人のラブストーリーです。29歳のサラがこのような複雑な人間の心理を巧みに演出と映像表現することに驚きです。

人間は老いとともに、様々な病気を抱えることになります。この作品では認知症というテーマが取り上げられています。決して珍しくないけれど、その状況に遭遇したことによって、人間の心はどうのように変化、そしてそのことをどのように受け止めることが出来るものなのか?ということを夫婦の愛を通じて教えてくれている素晴らしい作品です。

お話

結婚生活44年目となる、グランド(ゴードン・ピンセント)とフィオーナ(ジュリー・クリスティ)は互いを深く愛し、身体的にも精神的にも満ち足りた生活を送っていた。グランドは大学で教鞭を取っていた。フィオーナーは彼の教え子のひとりで、18歳という若さで結婚する。20年前に退職したグランドはフィオーナーと現在住むアイスランドに移住し、彼女の祖父が建てたオンタリオ湖沿いの家で暮らしている。自然保護地区を散歩し、雪の季節はクロスカントリーを楽しむというのが常だった。

キッチンで二人仲良く立ち、夕食後はグランドがフィオーナに小説を朗読する。互いを思いやる温かさと笑いに満ちた生活だった。

ところが・・・・・。二人の生活に不調和が生じ始めるフィオーナにアルツハイマー型認知症の影が忍び寄っていた。

洗ったフライパンを冷蔵庫にしまったり、友人夫妻を招いた夕食の席でワインが何かを忘れてしまったり・・・・・。

ボトルを持ったまま、何をするのか忘れてしまう

そんなフィオーナを辛抱強く見守るグランド、彼女の失敗を訂正し続けていた。

ある日ひとりでフィオーナはクロスカントリーに行くが、帰る道が分からなくなる

 アウェイ・フロム・ハー 君を想う

夜になり、妻がいなくなったことに気づいたグランドは必死に捜索し惚けた表情で道端にたたずむフィオーナを発見する。

大事に至らなかったが、病気を無視してはいけないと気づいたフィオーナは老人介護施設に入所すること自ら決断する。

事前に見学するグランドだが、施設の主任、モンペリエ(ウェンディ・クルーソン)から「施設に馴染むため、入所後30日間は面会に電話連絡も禁止だ」というルールを聞かされ、妻の入所を躊躇する。しかし彼女の意思は変らなかった。

いよいよ施設入所の日を迎える。施設に向かう途中、自然保護区に咲いている黄色の水芭蕉のことを思い出す。と同時にグランドが大学の若い学生と浮気したときのことも思い出した。そのときのことが生々しく思い出されるのだ。

さて1ヵ月後、グランドは面会することに・・・・。フィオーナはグランドのことをまったく覚えておらず何と車椅子に乗ったオーブリー(マイケル・マーフィ)のことを非常に気にかけていることを知る

 フィオーナはグランドの気持ちなど知ることもなく。オーブリーは祖父が買い物をしていた金物店でバイトしていた青年で、フィオーナの初恋の相手だと、グランドに伝える。

記憶の混濁か?それとも真実?

愛妻に何とか自分を思い出してもらうと、施設に毎日のように訪ねるグランドだが、フィオーナとオーブリーの間に芽生えた愛情は日増しに深まっていく。そんな姿を見るグランドはいたたまれなくなるフィオーナのベッドの横にはオーブリーの描いた彼女の肖像画が貼られている。やるせない気持ちが増すばかりであったグランドの献身ぶりに心を打たれた看護師クリスティ(クリステン・トムソン)は彼を励ます率直で明るいクリスティに相談しているうちに、フィオーナのオーブリーに対する愛情は自分に対する罰なのではないか?と語る。夫婦円満に見える夫婦だったが、フィオーナに対する負い目があると考える理由があったのだ。(若き日のグランドの浮気だ)

そんなある日、オーブリーの妻、マリアン(オリンピア・デュカキス)が休暇から戻ると同時にオーブリーを自宅に連れて帰ってしまうそのことでフィオーナは深く落ち込むその後ベッドで寝たきりとなる。このままでは彼女の要介護度が上り、命すらも危うくなると心配したグランドは、マリアンを訪ねる。グランドが夫オーブリーを責めに来たと身構えるマリアンだったが・・・・・。グランドは意外な提案を口にする。

それは、オーブリーを施設に戻して欲しいという提案だった。フィオーナを元気にするためには、彼が必要だということだと思ったのです。いやあ~グランドの心の広さに驚きました。多分最初は自分の勝手な感情だけだったのでしょう。客観的なのかどうかは分かりませんが、きっとフィオーナの気持ちをメインに考えたのだろうと思います。

一方のオーブリー夫婦、重症な夫を抱えるマリアン、心も体もあせていたようですね。まさか?グランドにあのような要求をするとは驚きました。その条件をのむグランドも複雑だったと思います。すべてはフィオーナのためにというグランドの想いなんだと・・・・・・。愛は一途なものなんですね

 

オーブリーを車に乗せて、施設へと向かうグランド。

 

登場人物

 マリアン(オーブリーの妻)

 

 オーブリー(フィオーナの初恋相手)

 

 クリスティ(看護師)

 

 モンペリエ(施設主任)

 

 グランド・アンダーソン

 

 フィオーナ・アンダーソン

 

  

監督・脚本: サラ・ポーリー
若干29歳のサラ・ポーリー、人間の心理描写を見事に描いています

製作総指揮: アトム・エゴヤン
 

原作: アリス・マンロー
『クマが山を越えてきた』(新潮社刊『イラクサ』所収)

君を幸せにできるなら、
この孤独を受け入れようこんな大きい気持ちになれるかな

 

http://www.memory-catcher.net/ (英語) オフィシャル・サイト

 

 

 

 

Comment (1)   Trackbacks (28)   この記事についてブログを書く
« イントゥ・ザ・ワイルド☆ショ... | TOP | 今夜、列車は走る 原題:Pro... »
最近の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (sakurai)
2008-10-08 08:23:33
ジュリー・クリスティが最高でしたね。
「ドクトル・ジバゴ」以来、あまり印象がないのですが、このジュリーは素晴らしかったです。
その役者の演技は素晴らしいと思ったのですが、物語は、ちょっとこちらの臨み方と違ってたもんで、肩すかしをくらってしまいました。
あの旦那は生理的にダメかも。
ちなみに「ドクトル・ジバゴ」、高校の時に京都に遊びに行った時、京都の映画館で観たのが初見です。

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

28 Trackbacks

アウェイ・フロム・ハー 君を想う (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『君を幸せにできるなら、 この孤独を受け入れよう』  コチラの「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」は、5/31公開となった全米批評家が絶賛した、美しくも切ない愛の物語。なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  主演のジュディ・クリスティが、ゴールデン・グ...
アウェイ・フロム・ハー 君を想う (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。アリス・マンロー原作、サラ・ポーリー監督、ジュリー・クリスティ、ゴードン・ビンセント、オリンピア・デュカキス、マイケル・マーフィー。「華氏451」「ドクトル・ジバゴ」のジュリー・クリスティー主演。もう60歳代後半なのに、あのターコワイズブルーの...
映画レビュー「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
Away from Her (Vintage)◆プチレビュー◆老夫婦の愛情と罪悪感を静かにみつめる目がシビアだ。女優サラ・ポーリーの初長編監督作。 【65点】  結婚して44年になるフィオーナとグラントは、互いに深い愛情で結ばれ、静かな生活を送っていた。だがある日、フィオーナに...
『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』 2008-No37 (映画館で観ましょ♪)
『死ぬまでにしたい10のこと』 『あなたになら言える秘密のこと』の 女優サラ・ポーリーの初長編監督作品。 「当て書き」ということで...
アウェイ・フロム・ハー 君を想う (Memoirs_of_dai)
良い人生だったと言えるのは本当に男だけなのか? 【Story】 結婚して44年になるグラント(ゴードン・ピンセント)とフィオーナ(ジュリー...
『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Away from Her) 「映画ってときどき、思ってもいない出会いがあるものだけど、 この作品もその一つだね」 ----えっ、そうニャ...
アウェイ・フロム・ハー 君を想う (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
フィオーナとグラントは結婚して44年の熟年夫婦。大学教授だったグラントは、かつて、教え子との不倫フィオーナを苦しめたこともありましたが、結局は、妻との生活を選び、今は、仲睦まじく生活しています。ところが、フィオーナにアルツハイマーの症状が現れ始め、自ら、...
アウェイ・フロム・ハー 君を想う (迷宮映画館)
45年の重さをどう見るか・・。
サラ・ポーリー監督の「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」を観た! (とんとん・にっき)
監督・脚本がサラ・ポーリー、「死ぬまでにしたい10のこと」や「あなたになら言える秘密のこと」などに出ていた若い女優だという。僕は見ていないので知りませんでしたが。出演者は、ヒロインのフィオーナを演じているのは、「ダーリング」でアカデミー主演女優賞を受賞し
アウェイ・フロム・ハー  君を想う (シャーロットの涙)
夫婦の絆・・・
『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』@シネマート心斎橋 (たーくん'sシネマカフェ)
大阪遠征での映画鑑賞。東京・六本木で登録したシネマートの会員証を大阪・心斎橋で使用。映画はシークレット・サンシャインも候補でしたが「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」にしました。同じシネマートでも違う趣向があります。六本木は座席指定ができ新宿。心斎橋は...
『アウェイ・フロム・ハー君を想う』 (2006) / カナダ (NiceOne!!)
原題:AWAYFROMHER監督・脚本:サラ・ポーリー原作:アリス・マンロー出演:ジュリー・クリスティ、ゴードン・ビンセント、オリンピア・デュカキス、マイケル・マーフィー鑑賞劇場 : 銀座テアトルシネマ公式サイトはこちら。<Story>フィオーナ(ジュリー・クリ....
「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Away from Her」2006 カナダ アルツハイマー型認知症と診断された妻を温かく見守る夫の深い愛情を描いた感動のヒューマン・ドラマ。 フィオーナに「ドクトル・ジバゴ/1965」「ダーリング/1965」のジュリー・クリスティー。 フィオーナの夫グラントに「リトル・ラ...
「アウェイフロムハー 君を想う」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
クロスカントリーのつもりが地面に傾斜がついていた。本編前の予告でも流れていたが、結婚前の運命的出会いが忘れられず40余年を死んだように過ごしてきたなんていう話が感動作として作られ、世の中のウケが結構いいようである。冗談じゃない。知らずに長年連れ添った配偶...
私を捨ててもよかったのに (CINECHANの映画感想)
173「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」(カナダ)  オンタリオ湖畔に住み、結婚して44年になるグラントとフィオーナ。決して良き夫とは言えない過去もあるグラントだったが、今はお互いを思いやり、穏やかな日々を送っていた。  しかしやがてフィオーナの物忘...
『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
本年度のゴールデン・グローブ主演女優賞を受賞し、アカデミー賞の主演女優賞、脚色賞の2部門にノミネートされた、美しくち切攻い愛の物語。  『スウィートヒアアフター』や『死ぬまでにしたい10のこと』などで注目され、“過去10年間でカナダが生んだもっとも偉大な役...
アウェイ・フロム・ハー君を想う (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
忘れてしまうことの悲しさ、忘れられないことの苦しさ、忘れ去られてしまうことの辛さ 君を幸せにできるなら、この孤独を受け入れよう! 『きみに読む物語』、『明日の記憶』、『私の頭の中の消しゴム』など、老壮青と世代こそ違うものの、自分の夫や妻であることす...
『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
雪は悲しみを覆い隠してくれるのだろうか。 結婚して44年になるグラントとフィオーナは平穏に暮らしていたが・・・。1979年生まれの女優サラ・ポーリーが、長編第一作目の監督作品に、結婚して44年になる夫婦のドラマを選んだというから驚いた。そして、他の作品で先に...
『Away From Her』アウェイ・フロム・ハー 君を想う (キマグレなヒトリゴト)
公開前なので控え目に~。 雪道を行くスキーの音が静かに聞こえる世界でした。 ぽちっとプリーズ。 Away from Her テクノラティプロフィール
映画* アウェイ・フロム・ハー (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
老いは、誰にでもいずれは訪れる。 そして、どんな老い方をするのかは、あらかじめ予測がつかない・・・! 結婚して40数年、共に暮らしてきた夫婦、グラント(ゴードン・ビンセント)とフィオナ(ジュリー・クリスティ)。 穏やかな毎日に訪れた、「老い...
映画『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』を観て (KINTYRE’SDIARY)
58.アウェイ・フロム・ハー 君を想う■原題:AwayFromHer■製作年・国:2006年、カナダ■上映時間:110分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:6月21日、銀座テアトルシネマ(京橋)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:サラ・ポーリー□原作:アリス・...
アウェイ・フロム・ハー 君を想う (映画鑑賞★日記・・・)
原題:AWAY FROM HER公開:2008/05/31製作国・年度:カナダ、2004年上映時間:110分レンタル開始日:2009-02-04監督:サラ・ポーリー出演:ジュリー・クリスティ、ゴードン・ピンセント、オリンピア・デュカキス、マイケル・マーフィ、クリステン・トムソン、ウェンディ・...
DVD:アウェイ・フロム・ハー君を想う Away from Her 突き刺さる「眼差し」 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
個人的にはベスト・ムービーのひとつである、「スウィート ヒアアフター」 The Sweet Hereafterの監督アトム・エゴヤンが製作総指揮、かつ主演だったサラ・ポーリーが、監督・脚本したこの映画は見逃すわけにはいかない。 監督そして脚本とは、サラ・ポーリーさん、かな...
アウェイ・フロム・ハー 君を想う (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2006年 製作国:カナダ 監 督:サラ・ポーリー
罪の意識、妻の復讐?!~「アウェイフロムハー・君を想う」~ (ペパーミントの魔術師)
アウェイ・フロム・ハー 君を想う <デラックス版>ジュリー・クリスティ, ゴードン・ピンセント, オリンピア・デュカキス, マイケル・マーフィー, サラ・ポーリーCCRE 2009-01-23売り上げランキング : 24665おすすめ平均 考えさせられます静かに胸を打つド...
アウェイ・フロム・ハー 君を想う (こんな映画見ました~)
『アウェイ・フロム・ハー 君を想う 』 ---AWAY FROM HER--- 2006年(カナダ) 監督:サラ・ポーリー 出演: ジュリー・クリスティ、ゴードン・ピンセント、オリンピア・デュカキス、マイケル・マーフィ 結婚して44年になるグラント(ゴードン・ピンセント)とフィ...
mini review 09369「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『死ぬまでにしたい10のこと』の実力派女優サラ・ポーリーが、長編監督デビューを果たした感動作。アリス・マンローの短編小説を基に、認知症の悲劇に直面した夫婦の美しくも切ない愛の物語を描く。製作総指揮は『秘密のかけら』のアトム・エゴヤン。ヒロインを演じるジュ...
『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』'06・加 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ結婚して44年になるグラント(ゴードン・ピンセント)とフィオーナ(ジュリー・クリスティ)の夫婦はお互いを深く愛し、満ち足りた生活を送っていた。しかしある日、アルツハイマー型認知症の影がフィオーナの身に忍び寄る・・・。感想『あなたになら言える秘密の...