銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

4ヶ月、3週と2日 独裁政権下のルーマニアの現状を描いた作品

2008-06-02 | 映画:ミニシアター

 これは二人だけの秘密・・・・・。貴方ならどうしますか?

6月に入りました。梅雨ですね。この映画は5月2日に鑑賞したのですが・・・。レビューせず、ほったらかしにしていました。もう1ヶ月経ってしまったのですが。かなり印象深い作品でしたね。

ルーマニアの映画です。ルーマニアというと、東欧ですね。共産主義国というイメージくらいしか思いつかないのですが。そして地味な感じもします。

 

舞台は1987年のチャウシェスクによる独裁政権下のルーマニア。この時代、労働力を確保する目的で、4人子供を産んでいない女性は、中絶することが法律で禁止されていた。そんな状況下、望まない妊娠をしてしまった若い女性ガビツァ、彼女を必死に助けようとする友人のオティリア、そしてガビツァの中絶を極秘に引き受ける医者の男ベベ…この3人を中心に、映画が展開していく。

主人公のオティリアは大学生、彼女は大学の寮のルームメイト、ガビツァが妊娠したため、自分のことのように、助けようとする。ある意味人が良すぎるのでは?なんて思うくらいである。対してその助けを請うガビツァは甘ったれでいい加減ときている。観ている私もなんてやつと腹立たしい。人がいいのか?オティリアはそんな彼女のために、あらゆるミスの尻拭いをさせられるわけで・・・・どんどんどつぼにはまっていくことに

堕胎手術のためにと、ガビツァがホテルを予約したのはいいが、オティリアが行くと予約されているはずのホテルはされていないことがわかる代わりのホテルを予約するオティリア、そして手術を受けるヤミの医者と面会することに。男は予約ミスに信頼できないと憤慨その上お金も足りず、結局オティリアが後始末させられることに。本来何もかもガビツァ本人がやらなきゃならないのに・・・・・。ホテルでの3人のやり取りの末、男が提示した条件は、後始末=オティリアが体を提供するという凄い話だタダでさえ、中絶ということが非合法になっているこの国で、細心の注意が必要なのに、男の提示する条件を受けるオティリアの心情は一体どうなのか?理解できない。堕胎手術を目の前に見て、明日はわが身だとは思わないのだろうか?

 

手術は成功する。しかしその胎児の遺体をどう処理するのかも、オティリアまかせ。彼女は夜の街を徘徊しながら、遺体を何処に始末しょうかそんな彼女の焦りや恐怖がじわじわと伝わってくる。

何とか始末を終え、ホテルに戻ったオティリア。そんな彼女の心労をよそに、何の危機感も感じないガビツァは、のん気にレストランでを取っていた。この光景をみて恐らくオティリアはしていたに違いない。でも言葉を呑み込む。

 

さてこの「4ヶ月、3週と2日」はガビツァの妊娠期間を意味している。多分この期間での中絶というのは、恐らく危険なのではないだろうか?そのことを恐れてなのか、ガビツァはオティリアに2ヶ月と告白していた。

 

 

重複しますが、もう少し詳しくあらすじ紹介。 

困難に立ち向かう女性の苦悩を描き、2007年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したルーマニア映画

1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオティリアは寮のルームメイトのガビツァとせわしくなく動き回っていた。寮を出たオティリアはホテルへ行くが、予約が入っていない事を知り、仕方なく別のホテルを取る。またガビツァの代わりにある男に会う事に。実はガビツァは妊娠しており、オティリアはその違法中絶の手助けをしていたのだ。しかし思うように事は進まず、オティリアの苛立ちはつのっていく。

チャウシェスク独裁政権末期のルーマニアでは中絶は非合法で、それを犯すと重罪が待っていた。しかし経済が破綻した状況下では、密かに中絶をするものが多かったという。タイトルの『4ヶ月、3週と2日』とは、カビツァが中絶する日までの妊娠期間の事。ただし作品のテーマは「中絶の是非」ではなく、ある状況に追い込まれた女性二人が、その時にどう行動するかだ。ほぼワンシーンワンショットで撮影された本作は、俳優の表情や行動を執拗に追う事で、セリフに表れない感情を見事に引き出している。性格も対照的な二人の女性が、助け合って生きていく厳しい現状がそこから見えてくる。2007年のカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞。(@映画生活より)

 『4ヶ月、3週と2日』

                   

監督・脚本・製作:クリスティアン・ムンジウ
オティリア(女子大学生)/アナマリア・マリンカ
ガビツァ(女子大学生、オティリアのルームメイト)/ローラ・ヴァシリウ
ベベ(中絶を請け負う医師)/ヴラド・イヴァノフ
アディ(オティリアの恋人)/アレクサンドル・ポトチェアン
アディの母/ルミニツァ・ゲオルジウ
アディの父/アディ・カラウレアヌ
2007年・ルーマニア映画・113分
配給/コムストック・グループ 配給協力/ツイン、マジックアワー

 

4ヶ月、3週と2日 オフィシャルサイト

 

何故?オティリアは、ガビツァのためにここまで、身をこなにして助けたのかと思う。全てを押し付けられて、その上自分を犠牲にしているのに。ガビツァの身勝手さが頭にくるのも当然だろうし。でも女性として、妊娠という追い詰められた問題に何とか立ち向かいたいという気持ちがオティリアの中にあったのかもしれないと感じた。この問題は女性ひとりが犠牲を払わなければならないという抑圧を何とか屈したいという気持ちの現われだろう。国の勝手な政策に対して何故?罪を課せられなければならないのかという憤りは彼女たちにあったのではないだろうか。最低3人は子どもを産まなければ、中絶してはならないという国の施策の異常性を考えれば、やはりこのような事態が仮に起こっても不思議はないだろう。

ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   Trackbacks (30)   この記事についてブログを書く
« ナルニア国物語★第二章 カス... | TOP | 最高の人生の見つけ方:THE ... »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (sakurai)
2008-06-02 20:12:49
主人公はコマネチに似てましたね。
ルーマニア人の特徴のようにも見えましたが、あの異常な状況の切迫感が伝わってきました。
でも、自分のケツを自分で拭けないような女ではダメっすよね。
こんばんわ。 (michi)
2008-06-03 19:15:21
TBありがとうございました。
中絶禁止の理由は労働力確保だったんですね。

二人の態度から、
新しい命を葬るという罪悪感よりも
政権の威圧に怯える状況が伝わってきました。
そして、医者の要求や、オティリアの恋人の態度から、
この問題が女性だけの負担になっているような気がしてなりませんでした。
Unknown (Bisnca)
2008-10-12 11:10:55
30年前、ルーマニアの選手団に海外で会った時のこと、彼らは「チャウセスク、チャウセスク」と、自慢していました。多分、かれも初めは慕われていたし、のちになっても、特に一部エリートは優遇されていたようですね。
Unknown (Unknown)
2013-02-25 01:43:23
というか、現状ではないですよね。
Unknown (Unknown)
2013-02-25 01:44:01
というか、現状ではないですよね。

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

Similar Entries

30 Trackbacks

4ヶ月、3週と2日 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
これは二人だけの秘密!__独裁政権下の自由を奪われた社会。たった一日の出来事が彼女を変えた。どんなことがあっても、私は女として自由でありたい。 全女性必見の勇気あるヒロインの物語! 1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオ...
4ヶ月、3週と2日 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『これは 二人だけ の秘密──。』  コチラの「4ヶ月、3週と2日」は、1987年独裁政権下のルーマニアを舞台に法律で禁じられたことを実行した勇気あるヒロインを描いたPG-12指定のサスペンスで、3/1公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  60回を...
「4ヶ月、3週と2日」 (再出発日記)
□監督・脚本・製作:クリスティアン・ムンジウ□撮影・製作:オレグ・ムトゥキャスト◆アナマリア・マリンカ(オティリア)大学の寮で生活しルームメイトの為に「一肌脱ぐ」◆ローラ・ヴァシリウ(ガビツァ)望まない妊娠をして違法な中絶を決意しオティリアに協力を仰ぐ...
4ヶ月、3週と2日 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
重く凄みのある作品だ。チャウシェスク政権下のルーマニアを舞台に、友人の違法の中絶のため奔走するヒロインの緊迫した1日を描くもの。妊娠や中絶に対する無知は、不条理な社会情勢を映す鏡だ。劇中には、違法手術に伴う犠牲や死んだ胎児の映像など、痛々しい場面も。だ...
「4カ月、3週間と2日」 4 luni, 3 saptamani si 2 zile (俺の明日はどっちだ)
舞台は1987年、チャウシェスクが大統領だったルーマニア。 かつての日本同様、「産めよ、増やせよ」が国策となっていて中絶が厳しく禁じられたいた中、ルームメイトが望まぬ妊娠をし、その非合法の中絶を手伝う女子大学生の1日を思い切り丹念に描き、当時の社会主義国家が...
4ヶ月、3週と2日 (迷宮映画館)
トンデモなかったあの時代を振り返るのは大事なことだ。
『4ヶ月、3週と2日』 4 Luni, 3 Saptamani si 2 Zile (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
傷痕。 1987年のルーマニア、チャウシェスク独裁政権末期、女子大生のオティリアは、ルームメート、ガビツァの違法中絶を手助けする。これは、4ヶ月と3週と2日という期間が描かれているのではなく、長い長い1日の物語だった。去年のカンヌ国際映画祭でパルムド...
『4ヶ月、3週と2日』 (めでぃあみっくす)
2007年のカンヌではパルムドールを受賞、ヨーロッパ映画賞では作品賞に輝いたこのルーマニア映画。チャウシェスク独裁政権下で法律で禁止されていた中絶手術に望むルームメイトを手助けしようとする女子学生オティリアを主人公にしているものの、決して独裁政権を批判する...
『4ヶ月、3週と2日』 (2007) / ルーマニア (NiceOne!!)
原題:4LUNI,3SAPTAMANISI2ZILE/4MONTHS,3WEEKSAND2DAYS/4MOIS,3SEMAINES,2JOURS監督・脚本:クリスティアン・ムンジウ出演:アナマリア・マリンカ、ローラ・ヴァシリウ、ヴラド・イヴァノフ、ルミニツァ・ゲオルジウ鑑賞劇場 : 銀座テアトルシネマ公式サイトはこちら....
4ヶ月、3週と2日/ 4 mois 3 semaines 2 jours (我想一個人映画美的女人blog)
カンヌ国際映画祭で、 最高の賞であるパルムドール受賞! おまけに、アカデミー賞外国語映画賞ルーマニア代表でノミネート。 3月に観たいリストに入れ忘れてたけど、それ聞いて興味がわいた。 妊娠中絶をテーマにした話ということしか知らずに観たけど、、、、、。 ...
少女の一番長い日 (宇宙のめいぐると)
「4ヶ月、3週と2日」
4ヶ月、3週と2日 (シャーロットの涙)
第60回カンヌ国際映画祭にてパルムドール受賞したルーマニアのクリスティアン・ムンジウ監督作品
4ヶ月、3週と2日 (映画のメモ帳+α)
4ヶ月、3週と2日(2007 ルーマニア) 原題   4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE    監督   クリスティアン・ムンジウ    脚本   クリスティアン・ムンジウ       撮影   オレグ・ムトゥ  出演   アナマリア・マリンカ ローラ・ヴァシリ...
★★★★ 『4ヶ月、3週と2日』 (映画の感想文日記)
2007年。ルーマニア。"4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE".  クリスティアン・ムンジウ監督。  アナマリア・マリンカ、その他出演。  ルームメイトが予定外の妊娠をしてし...
「4ヶ月、3週と2日」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「4 luni, 3 saptamâni si 2 zile」...aka「4 Months, 3 Weeks & 2 Days」 2007 ルーマニア 2007年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した違法中絶がテーマの人間ドラマ。 主演のオティリアにアナマリア・マリンカ。望まない妊娠をしたルームメイト、ガビツァにロ...
4ヶ月、3週と2日 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  貢献と見返り  
*4ヶ月、3週と2日* (Cartouche)
{{{   ***STORY***               2007年  ルーマニア 1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオティリアは寮のルームメイトのガビツァとせわしくなく動き回っていた。寮を出たオティリアはホテルへ行くが、...
『4ヶ月、3週と2日』 (映像と音は言葉にできないけれど)
この映画は僕の視点では大きく4つの部分に分かれます。
4ヶ月、3週と2日 (映画三昧、活字中毒)
■ 銀座テアトルシネマにて鑑賞4ヶ月、3週と2日/4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE 2007年/ルーマニア/113分 監督: クリスティアン・ムンジウ 出演: ア...
映画 【4ヶ月、3週と2日】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「4ヶ月、3週と2日」 2007年カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)を受賞した、ルーマニア映画。 おはなし:1987年、チャウシェスク独裁政権末期のルーマニア。大学生のオティリア(アナマリア・マリンカ)はルームメイトのガビツァの中絶手術を手伝うべく...
「4ヶ月、3週と2日」:本郷三丁目駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}こんなところに、医科器械会館なんてあるのね。 {/kaeru_en4/}このあたりは、大学病院が近いせいか、医療機器関係の会社が密集しているからな。 {/hiyo_en2/}「4ヶ月、3週と2日」の主人公も、このあたりに住んでいれば、最新技術の医療が受けられて、あん...
【2008-103】4ヶ月、3週と2日(4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 1987年 ルーマニア・・・ 独裁政権下の自由を奪われた社会 ルームメイトを助けるために 彼女の長い一日が始まる> これは、二人だけの秘密──。
65●4ヶ月、3週と2日 (レザボアCATs)
選ぶ権利と、その責任の重さ。驚嘆すべき物語を、アッサリと語る、ドライなリアリズムが刺さった。
映画[ 4ヶ月、3週と2日 ]女性は決して、振り返れない (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ 4ヶ月、3週と2日 ]をユーロスペースで鑑賞。 2007年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞している本作は、前向きに生きた、ひとりの女性の物語。個人の自由が圧倒的に制限されていた社会で、彼女は人として生きるためにある決断をする。 リアリズムに徹した...
4ヶ月、3週と2日 (小部屋日記)
4 Months, 3 Weeks, and 2 Days(2007/ルーマニア)【DVD】 監督・脚本・製作: クリスチャン・ムンギウ 出演:アナマリア・マリンカ/ローラ・ヴァシリウ/アレックス・ポトシアン/ルミニツァ・ゲオルジウ/アディ・カラウレアヌ これは二人だけの秘密―。 2007年...
「4ヶ月、3週と2日」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
1987年。チャウシェスク独裁政権末期のルーマニア。大学生のオティリア(アナマリア・マリンカ)は、 望まない妊娠をした寮のルームメイト、ガビツァ(ローラ・ヴァシリウ)から、違法中絶の手助けを 頼まれる。手術当日、オティリアは恋人からお金を借りると、ガビツァが...
【映画】4ヶ月、3週と2日 (しづのをだまき)
2007年 ルーマニア 113分 鑑賞 DVD   監督・脚本 クリスティアン・ムンジウ 出演 アナマリア・マリンカ  ローラ・ヴァシリウ 違法な中絶をする友人を助けるために奔走する女子大生の一日を描いた映画。 ルーマニア映画で初のカンヌ最高賞(パルム・ドール)を受...
4ヶ月、3週と2日 (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
      = 『4ヶ月、3週と2日』  (2007) = 1987年、ルーマニア。 大学生であるオティリア(アナマリア・マリンカ)とガビツァ(ローラ・ヴァシリウ)は、寮のルームメート同士。 ガビツァは望まぬ妊娠をしていたのだが、法律によって、中絶は刑罰の対...
『4ヶ月、3週と2日』'07・ルーマニア (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオティリアは寮のルームメイトのガビツァとせわしくなく動き回っていた。寮を出たオティリアはホテルへ行くが、予約が入っていない事を知り、仕方なく別のホテルを取る。またガビツァの代わ...
4ヶ月、3週と2日 (悠雅的生活)
彼女の、長い長い1日