銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

食べて、祈って、恋をして

2010-09-18 | 映画:シネコン

 原題:EAT PRAY LOVE

いよいよ公開されました。早速初日に鑑賞して来ました。ジュリアの魅力満載の作品でした。何と140分、2時間20分ですか。確かにちょっと長かったかな。途中中弛みもあったりして、ちょっとウトイウト・・・・。ヤバいわ~(汗)でもすぐに立ち直って鑑賞。これは、男性志向ではないような感じもしますが、、、、。観た方どう思われるかしら?

自分探しの旅というのが本作の一番の見どころ。何か女の人ってこういう旅に憧れますよね。

人生のすべてを賭けてーーーいま自分を解き放つ。

ジャーナリストとして活躍するエリザベス(ジュリア・ロバーツ)優しい夫スティーブンと幸せな結婚生活を送り、仕事も上向きで、、、、申し分のないのに。
今の自分が自分でないような不安定な精神状態。その中身はこんな事、心こめて気築いた新居も他人の家のような気がしたり、子供も持ちたくない(その事への罪悪感)、以上のようなことから、結婚生活を続けることに疑問・・・・・。
聞いていると贅沢な悩みやんか!と思うんだけれどね。

満たされないのか?何なのだろうか?そんなとき、取材旅行でバリへ。そこで出会ったひとりの老人クトゥ。薬療師である彼がリズの人生を予言。


「あんたは世界を旅する。結婚は2度。短い結婚と長い結婚。そして近いうちに全財産を失い、また取り戻す。いつかバリに戻り、3・4ヶ月滞在する」

人生に行き詰っているように見える彼女に「世の中を見る時は頭でなく、心で見るのだ。神の存在が分かる」というアドバイスを与える。
う~ん何かその気になりそうな意味深な内容ですよね。

ニューヨークに戻ったリズ、相変わらず上手くいかない夫との生活に悩み、眠れずひとりベッドを抜けだし神に語りかける。悩んでいることへの答えを望む。そしてとうとう別居を経て離婚の決意。
ところが離婚になかなか同意しない夫。夫はリズを詰る。泥沼状態の最中、リズは年下のデヴィッドと出会う。


リズの年下の恋人ディヴィッドにはあのジェームズ・フランコ
但し恋に落ちたのではない。夫を振り切って彼の腕の中に飛び込んだだけ、、、、。

結局ディヴィッドとの仲もギクシャク。夫スティーブンとの離婚成立したもののう~ん。

15歳のときから男とくっついたり別れたり。自分を見つめる時間は2週間もなかったと話すリズ。いやあ凄い男性遍歴じゃん!早熟な女の子だったのね。ある意味羨ましいですね。

それで自分を解き放つための旅に出る決意を固めるのだ。1年間ニューヨークを離れ、仕事も男とも離れるーーーー。

放浪の旅はこうして始まる。

イタリアで“食べて”

 ピザ

イタリア語のテキスト片手に“食”の追求カロリー気にせず、ピザを恋人として手持ちのパンツが履けなくなった。楽しむことを罪悪と思うアメリカ人的人生観から解放され、イタリア人の“何もしない歓び”を学ぶ。そしてニューヨークに残してきたディヴィッドに別れのメールを送る・・・・。

ジェラ―ト


美味しい食事がわんさか登場。生唾をごくり状態です。

インドで“祈って”

アシュラムで雑念を追い払い、心穏やかに祈りの日々を送ろうと努めるが、実際は1分も瞑想出来ない。そんなリズを見て声をかけてきた初老の男性はテキサスのリチャード 彼自身も辛い過去を持っていることはおくびにも出さず、食欲旺盛なリズをからかいながらも、いかに執着を忘れることが心の平安に結び付くかを教えてくれる。


テキサスのリチャードにはあのリチャード・ジェンキンス
扉をたたく人で一躍メジャーに、、、、。
本作の出演の決め手は、ジュリアとの共演が出来るからだったらしい。


アシュラムで出会った女の子
好きでもないのに、親に決められた男性との結婚の不安を告白。


結婚式当日、リズは幸せな生活が見えると彼女に話す。

サリ―姿のジュリア、美しい!似合ってました。リズはインドを去るまで、アシュラムに来る新参の修行者たちのガイドが出来るほどに心の調和がとれるようになっていた。

最後はインドネシア、バリで“恋をして”

1年前に彼女の運命を占ったクトゥの家を再び訪れる。1年前よりずいぶん幸せそうに見えるとクトゥに指摘され、微笑むリズ。田園風景の中の一軒家を借り、朝は瞑想、昼間は自転車でバリを楽しむ。

夜も瞑想。今までの人生で経験したことのない自由で自立した自分自身を感じ、心から平安を楽しんでいたが、、、、、。

心の調和を手に入れたはずのリズに思わぬ出会いが訪れて・・・・。


バリ島在住のツアーガイド、フェリぺ (ハビエル・バルデム)との出会いが、、、、!

リズはフェリペと恋に落ちてしまうのだった。


ハビエルさん、相変わらず顔でかいし、濃いキャラですね。

だけど純粋な気持ちの持ち主でした。さてさてリズさんこの恋を素直に受け入れられるのか?

人生というのは、どんなことが待っているかはわかりませんね。


デリア・シラズ役 (ヴィオラ・ディヴィス


スティーブン役 (ビリー・クラダップ

解説(allcinemaより拝借)

オスカー女優ジュリア・ロバーツを主演に迎え、ヒロインの再生を綴る大人のヒューマン・ドラマ。女流作家エリザベス・ギルバートの世界的ベストセラーとなった自伝的小説を映画化。女性ジャーナリストが忙しない日常を離れ、イタリア、インド、バリ島を巡る旅を通して新たな自分を見出していく姿を各地の美しい風景と共に描く。監督はTVシリーズ「NIP/TUCK」「Glee」のクリエイター、ライアン・マーフィー

製作総指揮にはあのブラッド・ピッドも参加。ブラッドは製作に関わっているデデ・ガードナーのビジネスパートナーとして今回サポート。


初来日したジュリアとデデ・ガードナー

メディア 映画
上映時間 140分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2010/09/17
ジャンル ドラマ
映倫 G

オフィシャル・サイト
http://www.letyourselfgo.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://eat-pray-love.jp/
 
 
Comments (8)   Trackbacks (29)   この記事についてブログを書く
« 終着駅トルストイ最後の旅(... | TOP | 悪人(2010) »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-09-18 04:45:36
いや~流石に2時間20分は男女関係無く長すぎかと。(苦笑)それぞれのエピソードをもっとずっとコンパクトにしてあと30分短くして欲しかったです。
自分探しの旅って中田英寿と同じやなと思いつつ、1年も掛けた割りには最後はクトゥの言葉で気がついてハッピーエンドってのは正直ちょっとガッカリでした。
ジュリアが可愛かったのとイタリアのご飯がめっちゃ美味しそうだったのが個人的には満足なんですけど。(笑)
mezzotintさん★ (mig)
2010-09-18 22:09:51
こんばんは、観られてましたね♪
これは旅好きで食べるのすきで、ジュリアが好き以外はちょっと好みに分かれるでしょうね~。
私は長さ感じなかったですが、興味ないひとにはまるで退屈なのもわかります(笑)
ジュリア♪ (mezzotint)
2010-09-19 20:36:24
migさん
今晩は☆彡
そうですね。ジュリア好きにはたまらない
作品かも、、、、。
私自身は好きな部分と退屈な部分と両方あり。
微妙な感じでしたね。
同じ女性として (sakurai)
2010-09-20 08:43:07
まったく理解できない生き方で、なんだか情けなくなりましたよ。
まったく理解できないというのは、言い過ぎですが、あれじゃ子供か!みたい。
いい年した大人の女のやることじゃないだろ!と、思いました。
人の意見にころころ振り回されるかと思いきや、超自分勝手に生きてるし。
そういう生き方が許されるのも、お金があるからなんでしょうね。
自分探しに、一年くらい何もほっぽり出して、遊びに、食べに行ってきます!!なんてやっても、自分なんか探せないと思う。
今生きてる自分を大切にしながら、自分の生きる道をみんな模索してるんですよね。
楽しかったです (マリー)
2010-09-27 22:12:44
こんばんは~~♪
ウトウトまでいっちゃいましたか?(笑)

私はそんなに長さは感じなかったんですけど
いろんな国を巡る旅番組みたいで楽しかった。

そしてジェームズ・フランコくんがキュートで~~~。目的は彼だったので。

イタリア語の覚え方(オーバーアクション)もツボでした♪
Unknown (Nakaji)
2010-09-28 23:10:31
こんにちは♪
mezzotintさん長さを感じましたか~(笑)

そうなんですよね~
彼女の生きた方に共感できれば、たぶん面白さもかわると思うのですが。。。
なんだかな~って感じの女性でしたよね!!
やっぱりセレブは自分探しのたびがすきなんですかね~(笑)
コメントをありがとうございます ()
2010-10-23 08:10:27
ご無沙汰しておりました。
またまたブログ戦線に復帰です。
久しぶりの更新にコメントをいただき、
うれしいです。
ありがとうございます。

ジュリア・ロバーツだから2時間以上を
見ることが出来たわけです。(笑)
哲さんへ (mezzotint)
2010-10-23 19:42:19
今晩は☆彡
お帰りなさい!
また沢山の映画を観て、記事頑張って
書いて下さいね。
ジュリアファンには魅力あふれる作品
のようですね。2時間以上でも大丈夫なんだ!
私は少し退屈でした(笑)

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

Similar Entries

29 Trackbacks

食べて、祈って、恋をして (LOVE Cinemas 調布)
エリザベス・ギルバートのベストセラー自伝的小説を映画化。ニューヨークの女性ジャーナリスト離婚、失恋を経てイタリア、インド、バリ島を巡る自分探しの旅に出る様子を描いたヒューマンドラマだ。主演はオスカー女優のジュリア・ロバーツ。共演に『ノーカントリー』のハ...
「食べて、祈って、恋をして」ジュリア・ロバーツ in 地球の歩き方?! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[食べて、祈って、恋をして] ブログ村キーワード  小説家であり、ジャーナリストでもあるエリザベス・ギルバートの自伝的小説の映画化。「食べて、祈って、恋をして」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。“世界的ベストセラー”“世界中の女性から絶大な支...
食べて、祈って、恋をして (風に吹かれて)
贅沢な自分探しの旅 公式サイト http://eat-pray-love.jp自伝的同名小説(エリザベス・ギルバート著)の映画化ニューヨークで活躍する女性ジャーナリストのリズ(ジュリア・ロバーツ)は、
食べて、祈って、恋をして/ EAT PRAY LOVE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ジュリア・ロバーツが、全てをゼロにし イタリアで食し、インドで祈り、バリで恋をする。まさにタイトルそのまんま それで興味わかない人はとくに観なくても...
食べて、祈って、恋をして (こんな映画見ました~)
『食べて、祈って、恋をして』 ---EAT PRAY LOVE--- 2010年(アメリカ) 監督:ライアン・マーフィー 出演:ジュリア・ロバーツ リズ・ギルバート ハビエル・バルデム フェリペ ジェームズ・フランコ リチャード・ジェンキンス 女流作家エリザベス・ギルバー...
食べて、祈って、恋をして / Eat Pray Love (勝手に映画評)
女性作家エリザベス・ギルバートの自伝的小説の映画化。一年にわたり、イタリア(食べる)、インド(祈る)、インドネシア(恋をする)の3カ国を放浪した物語。 女性ってよく“自分探し”に出かけますが、これは、その“自分探しの旅”の映画です。なので、はっきり言う...
食べて、祈って、恋をして (Diarydiary! )
《食べて、祈って、恋をして》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - EAT P
食べて、祈って、恋をして (映画レビュー21)
映画食べて、祈って、恋をしての感想 エリザベス・ギルバートさんの自伝的小説を映画...
食べて、祈って、恋をして (迷宮映画館)
・・・・
『食べて、祈って、恋をして』 (purebreath★マリーの映画館)
   イタリアで“食べて”    インドで“祈って”     インドネシアのバリで“恋をして”       女性が理想とする究極の旅。『食べて、祈って、恋をして』監督・...
食べて、祈って、恋をして/EAT, PRAY, LOVE (いい加減社長の日記)
あんまり、期待はしてなかったんだけど、ジュリア・ロバーツは、好きだし・・・ ということで、金曜日に「食べて、祈って、恋をして 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、ちょっと少なめかな。 「食べて、祈って、恋をして 」は、大きめのスクリーンで、3割程度...
食べて、祈って、恋をして (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「食べて、祈って、恋をして」監督:ライアン・マーフィー出演:ジュリア・ロバーツ(『バレンタインデー』『デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~』)ハビエル・バルデム(...
食べて、祈って、恋をして (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
全世界40カ国以上に翻訳され800万部を突破した、アメリカの女性作家エリザベス・ギルバートの自伝的エッセイを、ジュリア・ロバーツ主演で映画化。共演は、スペイン出身のオスカー俳優ハビエル・バルデム、映画や舞台の監督や脚本も手がける美形俳優ジェームズ・フランコ...
女はそれを我慢できない?!『食べて、祈って、恋をして』 (水曜日のシネマ日記)
離婚を切っ掛けに自分探しの旅に出た一人の女性の物語です。
食べて、祈って、恋をして (心のままに映画の風景)
NYでジャーナリストとして活躍するエリザベス(ジュリア・ロバーツ)は、離婚と失恋を経た後、すべてを捨て旅をする事に。 イタリアでは食...
食べて、祈って、恋をして (★YUKAの気ままな有閑日記★)
久しぶりに映画館に行ったゾ~【story】ニューヨークでジャーナリストとして活躍するエリザベス(ジュリア・ロバーツ)は、離婚と失恋を経た後、全てを捨てて自らを探す旅に出る。イタリアでは食の快楽を追求し、インドのアシュラムでは精神力を高めるべくヨガと瞑想に励...
食べて、祈って、恋をして (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Eat, Pray, Love。ライアン・マーフィー監督、ジュリア・ロバーツ、ジェームズ・フランコ、ハビエル・バルデム、リチャード・ジェンキンズ、ビリー・クラダップ、ヴィオラ・デイヴィス。エリザベス・ギルバートの自伝的回想録を原作にドラマ化。作者本...
食べて、祈って、恋をして (Movies 1-800)
Eat Pray Love (2010年) 監督: ライアン・マーフィー 出演: ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム、リチャード・ジェンキンス、ヴィオラ・デイヴィス エリザベス・ギルバート作全米ベストセラー小説の映画化で、現状に満足できない女性が自分探しの旅に出て、大切な...
食べて、祈って、恋をして (Peaceナ、ワタシ!)
「本当の自分」を見つけるためにー。 ジュリア・ロバーツ主演『食べて、祈って、恋をして』を観てきました! 公開後、初のレディースデー(しかも休前日)での鑑賞だったせいか、新宿や有楽町の映画館では18時から19時代開始の回はネットで確認する限り満席に近い状態。いく...
食べて、祈って、恋をして (C'est joli~ここちいい毎日を~)
食べて、祈って、恋をして’10:米◆原題:EAT PRAY LOVE◆監督:ライアン・マーフィー◆出演:ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム、リチャード・ジェンキンス ジェームズ・フランコ、ビリー・クラダップ、ヴィオラ・デイヴィス◆STORY◆ニューヨークで作家・ジ...
『食べて、祈って、恋をして』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「食べて、祈って、恋をして」□監督 ライアン・マーフィー □脚本 ジェニファー・ソルト□原作 エリザベス・ギルバート □キャスト ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム、リチャード・ジェンキンス、ジェームズ・フランコ...
調和と解放~『食べて、祈って、恋をして』 (真紅のthinkingdays)
 EAT PRAY LOVE  ニューヨークに住む人気作家のリズ(ジュリア・ロバーツ)は、8年間の結婚 生活に終止符を打つ。年下の恋人(ジェーム...
『食べて、祈って、恋をして』:食べて、眠って、恋をして @ロードショウ・シネコン (りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど)
久しぶりに映画を観ている最中に、うつらうつらとしてしまいました。 こんなにゆったりとした映画は、ホント久しぶり。 ちょっとぐらい眠ったって、そんなにハナシは進んでいないんだから(って、ははは、勝手な理由づけですが)。
食べて、祈って、恋をして (ここにあるもの)
観終わったらイタリアン食べたくなるよぉ、っとアチラコチラから情報が入ってたけど、 さて、夕方の上映時間を過ごして、私の夕食は何になったでしょうか(。・ω・)ノ゛??? 昼下がりの待ち合わせをして、3連休の山登りに備えてあれこれ買い物。そして映画。 10月ハジ...
【食べて、祈って、恋をして】 (日々のつぶやき)
監督:ライアン・マーフィー 出演:ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム、ジェームズ・フランコ、リチャード・ジェンキンス、ヴィオラ・デイビス   自分を解き放て― 「ニューヨークに住むエリザベスは作家でジャーナリスト。結婚八年目の夫とは何かがズレは
食べて、祈って、恋をして■ジュリア・ロバ... (映画と出会う・世界が変わる)
内容としてはたいしたことはない。ただただスクリーンに映るジュリア・ロバーツの魅力を堪能すれば、それでいい。まさにジュリア・ロバーツを愛でる映画である。私のようなファンに...
映画『食べて、祈って、恋をして』 (Cinema + Sweets = ∞)
公開初日に観に行く気満々でいたのに、なかなか都合がつかずで全然観られていなかったジュリア・ロバーツ主演のヒューマン・ドラマ『食べて、祈って、恋をして』を先週やっと観てきました。 ジュリア作品はちゃんとパンフレットも購入してます♪ ********************
【映画】食べて、祈って、恋をして…どうでもいい話なのに長い (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
近況報告から… 先週、2011年3月27日(日曜日)は鳥栖プレミアムアウトレットに服を買いに行きました。 ガソリンの供給がどうなるかも先々不安なこんな時期に高速道路使ってまで行くのかい…とは思いましたが、まぁ多少必要に迫られた部分もあってですねぇ 個人的な収穫...
映画評「食べて、祈って、恋をして」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ライアン・マーフィー ネタバレあり