銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

Once ダブリンの街角で♪

2008-03-12 | 映画:ミニシアター

 ふたりをつなぐ、愛より強いメロディ♪

 

2月1日、京都シネマにて鑑賞。

 

非常にシンプル&ナチュラル?な映画でしたね。えぇ~とシンプルもナチュラルもいっしょ意味ですかね。

 

 

あらすじ

 

ONCE、たった一度の出会いある日、あるとき、ダブリンの街角で・・・・。男と女は恋か友情か、心の通じる相手を見つけた男は穴の開いたギターを抱え、街角でに立つストリートミュージシャン。女は楽器店でピアノを弾くのを楽しみにするチェコからの移民。そんな何の接点もない二人を音楽が結びつける言葉にできないもどかしさを♪にのせ、一緒に演奏する喜びを見つけたのメロディは重なり、心地よいハーモニーを奏でるそんなどこの街角でも起こりえる普遍的な出会いが、静かに動き始める。

 

運命というには大げさかも?偶然というには大切すぎる“小さな奇跡”がイギリスの日陰で脈々と伝統を受け継いできた音楽と詩情の国 アイルランドから届いた

刻々とコスモポリタンな都市へと変貌する首都ダブリンで地元ストリートミュージシャンと移民の若い女との間に生まれる音楽を通して生まれる普遍的なストーリー。

アメリカでわずか2館の公開から、観客の口コミで何と140館まで増やし、一館の観客動員数が、あの「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド」のなどの大作をしのぐ大躍進を見せたそうだ。言葉では照れくさくなる感情表現も、“音楽”にのせることでより自然に心に響く実った恋、実らなかった恋、現在進行形の恋、かっての淡い思い出男と女の友情などなど・・・・・。誰しもが一度は経験しながら、どこか理解できずいる微妙な心の動きが丁寧に描かれている。タイミングのずれや鼓動が伝わってくる

 

アイルランドの実力派バンド、ザ・フレイムスのフロントマン、グレン・ハンサードが主人公の男を演じ、同バンドの元ベーシスト、ジョン・カーニーが監督。男女のドラマを音楽に乗せて展開させる。またチェコの女を演じる彼女(マルケタ・イルグロヴァ)もプロの歌手だそうで・・・・。グレン・ハンサードは実際に彼女とプラハのツアー中に出会い、アルバムで共作・共演している。

 

 

甘く切ない、典型的な“ボーイ・ミーツ・ガール”の物語だ。移民が増加傾向にあるアイルランドのダブリンを舞台に、プロのミュージシャンを夢見るストリートミュージシャンの男と、チェコからやって来た花売りや家政婦をしている若い女の出会いが描かれる。恐ろしいほどの超低予算の小品(製作費は日本円でわずか1800万円)ながら、アラン・パーカー監督「ザ・コミットメンツ」を彷彿とさせる、アイリッシュ魂や彼らの音楽の神が宿ったかのような奇跡のフィルムだ。  アイルランドの人気ロックバンド“ザ・フレイムス”のフロントマン、グレン・ハンサードによるアダルトオリエンテッドなラブソングが全曲、胸に沁みる。夢の実現に向けて、男のギターと女のピアノの音色が“愛”を交歓させる彼らのレコーディング風景は、音楽ファンなら誰しも血がたぎる映画の白眉だ!  父親のバイク、トライアンフを駆る海辺へのドライブデートや、ダブリンの街角を散歩する2人のさりげない2ショットが心を揺さぶるのは、この男女の手の“距離感”が均衡を保たれているからだ。まるで「マディソン郡の橋」の男女のような運命に導かれた“たった一度の恋”なのだ。「歌を歌う友だちをビデオで撮影し合ってた16歳の頃に戻ったようだ」と語る元ベーシストのジョン・カーニー監督の素朴さやつつましさが、フィルムのひとかけらひとかけらに奇跡的に充填されている。(佐藤睦雄)(eiga.com)

 

プラトニックな恋ですよね男の気持ちがヒシヒシと映像から切なく伝わります。彼女も好きなんだけど、実は結婚して子どもいるから、その気持ちを受けることができない。辛いところですね結局はさよならとなるわけですが・・・・・。歌は人の心をつなぎます。グレン・ハンサードとマルケタ・イルグロヴァのハモるところは確かにうっとりきますね。久しぶりに優しい作品に出会いました。なんてことない作品ですが、これが、観客の心に響いたのでしょうね

美男・美女でない、普通の男女というところもいいんでしょうねところで、マルケタ・イルグロヴァ、タレントの瀬戸カトリーヌと似ていませんかず~と思っていたんですが・・・・・。

 

  • ジャンル : ドラマ
  • 製作年 : 2006年
  • 製作国 : アイルランド
  • 配給 : ショウゲート
  • 上映時間 : 87分
  •  

    =ONCE ダブリンの街角で= ♪公式サイト

     

     

     

    Comments (3)   Trackbacks (55)   この記事についてブログを書く
    « 潜水服は蝶の夢を見る☆マチュ... | TOP | 陰日向に咲く 駄目男を岡田... »
    最近の画像もっと見る

    3 Comments

    コメント日が  古い順  |   新しい順
    こんばんわ (moviepad)
    2008-03-13 01:34:09
    mezzotintさん、こんばんわ
    いつもお世話になっております。

    >えぇ~とシンプルもナチュラルもいっしょ意味ですかね。

    シンプルにアンナチュラルなものもこの世にはたくさんあると思います(爆)

    この映画に関してはシンプルとナチュラルがうまく溶け込んでる感じがしていいですね!


    ありがとうございます♪ (sakurai)
    2008-03-27 14:49:51
    この映画に関しては、音楽に尽きましたね。
    オスカーもだてじゃなかったです。
    よかったぁ。
    ストリート・ミュージシャンにしちゃ、うますぎて、曲も完成しているのが、できすぎの感もありましたが、歌に引き込まれました。
    力強い男性の声に、ほんわりかかる女性の声もまたよかった!
    カトリーヌ・・・微妙に似てるかな!?
    TB有難うございました。 (Hiro)
    2009-01-01 19:47:00
    mezzotintさん、今日は。
    二人のその後がどうなったか。
    ミュージシャンは売れたのか、復縁したのか。
    彼女は夫とやり直すことなったのだろうか。
    観客にその後を託すエンディングは
    中々難しいですが、今作品は上手いですね。

    この作品が今年の1本目となりました。
    今年もよろしくお願い致します。

    post a comment

    Recent Entries | 映画:ミニシアター

    Similar Entries

    55 Trackbacks

    once ダブリンの街角で (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
     『ふたりをつなぐ、愛より強いメロディ 人生でたった一度、心が通じる相手に出会えたら…ストリートから始まるラブストーリー』  コチラの「once ダブリンの街角で」は、音楽を通したたった一度の出逢いを描いた11/3公開となったアイルランド映画なのですが、観て...
    ★「ONCE ダブリンの街角で」 (ひらりん的映画ブログ)
    今週の平日休みは・・・ マイナー系映画の二本立て。 その1本目は、アイルランド映画・・・ 相変わらずうす曇りなんだよね・・・映画で観るアイルランドって。
    Once ダブリンの街角で/ ONCE (我想一個人映画美的女人blog)
    2007年 サンダンス映画祭と、ダブリン国際映画祭で共に観客賞受賞{/hakushu/} もともと、"サンダンス映画祭で、、、"と聞いたら反応せずにいられないわたしだけど、、、、。  制作費わずか約15万ドル(約1700万円)の低予算作品、 全米では5月16日~たった2...
    「once ダブリンの街角で」:住友ツインビル前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
    {/hiyo_en2/}ここ、ここ。このビルの前で最近、レオス・カラックス監督の新作の撮影があったらしいわよ。 {/kaeru_en4/}えっ、レオス・カラックスが東京を舞台にした映画をつくっているのか。 {/hiyo_en2/}そうらしいわよ。 {/kaeru_en4/}「ボーイ・ミーツ・ガール」とか...
    試写会にて...「onceダブリンの街角で」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
    「Once」2006 アイルランド アイルランド、ダブリンの街角で出会ったストリート・ミュージシアンのGuyと、チェコからやって来たgirlの素敵な音楽ドラマ。 GuyとGirlと書いたのは、エンドクレジットでもこの表現が使われていて、見終わってそういや二人は互いに名前で呼...
    ONCE ダブリンの街角で (映画のメモ帳+α)
    ONCE ダブリンの街角で(2006アイルランド) 原題   ONCE    監督   ジョン・カーニー    脚本   ジョン・カーニー       撮影   ティム・フレミング                           出演   グレン・ハンサード...
    once ダブリンの街角で (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
    舞台は、アイルランドのダブリン。人通りの多いグラフトン・ストリートで穴の開いたギターを弾き、自作の歌を歌う男性がいます。そこに、一人の女性がやってきて、10セントのチップを出し、あれこれと質問を浴びせます。その挙句、男性が掃除機を修理する店で働いていると...
    once ダブリンの街角で/グレン・ハンサード (カノンな日々)
    アイルランドから生まれたダブリンを舞台に描かれる音楽と恋で彩られたボーイミーツガールな物語。いわゆる音楽映画だけど、ハリウッドのミュージカル映画やダンス映画とは一線を画すような素朴な作品です。音楽イベントにも力を注ぎ野外ライブも盛んなチネチッタらしい選...
    once ダブリンの街角で(映画館) (ひるめし。)
    ふたりをつなぐ、愛より強いメロディ
    ONCE ダブリンの街角で (シャーロットの涙)
    気持ちを音楽にのせて~♪
    #170.ONCE ダブリンの街角で (レザボアCATs)
    物語それ自体ではなく、まさに音楽によって語られるスト-リー。ありふれた話なのに、全く新しい感動を覚えるのは、見事というしかない。
    once ダブリンの街角で (ダイターンクラッシュ!!)
    11月24日(土) 17:05~ チネ3 料金:0円(ポイント利用) パンフ:700円 『once ダブリンの街角で』公式サイト 大人の男女の純愛。素晴らしい作品だ。何も言うことは無い。onceという言葉が、ハリウッドのペラペラなラブストーリーと違うことを語っている。 ...
    「ONCE ダブリンの街角で」 ONCE (俺の明日はどっちだ)
    うひょー! 観終わった後、何とも言いがたい幸福感が徐々に心に染み入ってきて、すっかり満足してしまったビタースウィート・ラヴストーリー。 穴の空いたギター(実は日本製!)を抱え、街角に立つストリートミュージシャン(= GUY )と楽器店でピアノ弾くことを楽し...
    夢を追う男、現実に追われる女。『ONCE ダブリンの街角で』 (水曜日のシネマ日記)
    音楽を通してダブリンの街角で出会った男女の物語です。
    『ONCE ダブリンの街角で』 2008-No6 (映画館で観ましょ♪)
    みやっち に貰った1000円チケット+共済割引=800円で観ました♪ (みやっち Thank You~♪) まっすぐに話しかけてくる彼女。 街...
    「ONCEダブリンの街角で」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
    2007.10.13 11月3日より公開される「ONCEダブリンの街角で」の試写...
    「once ダブリンの街角で」を観た! (とんとん・にっき)
    最近僕が観た映画の中では、かなりお客さんが入っている映画でした。というのも、観客動員数の多いハリウッドの映画はなるべく避けて、僕は意識してマイナーな作品を観ようとしていることもあります。それにしても、僕らはアイルランドについては、アイルランド独立運動
    『Once ダブリンの街角で』 (きぶんしだい)
                『Once ダブリンの街角で』を梅田ガーデンシネマにて鑑賞 ●あらすじ● 昼夜毎日ダブリンの街中でギターを鳴らす男(グレン・ハンサード)。 昼はメジャーな曲のカヴァーで客を引き寄せ、 夜は自分が作詞作曲した歌を思う存分お客もいないのに...
    『once ダブリンの街角で』 (Gingham Notes)
    『once ダブリンの街角で』を観ました。 ダブリンの街角で、ストリートミュージシャンの男と、チェコからの移民の女が出会いました。失恋し故郷に帰ってきて、掃除機修理を継ぐ男。楽器屋でピアノを弾かせてもらうのが楽しみだった女。接点がなかった二人を、音楽が結び...
    『once/ダブリンの街角で』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
    「一期一会」が、ちょっとだけ延長したら……? ― そんな物語。 『once/ダブリンの街角で』 "ONCE" 2006年・アイルランド・87分 監督・脚本:ジ...
    映画~once ダブリンの街角で (きららのきらきら生活)
      ☆公式サイト☆アメリカでわずか2館の公開から口コミで動員数を増やし、最終的には140館での上映となった話題のラブストーリー。ダブリンの街角で出会ったストリート・ミュージシャンと音楽の才能を持つチェコ移民の女性が、音楽を通して惹(ひ)かれ合っていく様を描...
    「ONCE ダブリンの街角で」Falling Slowlyが良かった☆ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
    全部見終わってみると、映画の中で流れる曲の全てが好き!って訳ではなかったのだけれど、FMやTVで何度か耳にしていた「Falling Slowly」、この曲...
    「once ダブリンの街角で」(アイルランド 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
    ダブリンの街角で出会ったストリート・ミュージシャンと チェコ移民の女性が音楽を通して出会い惹かれ合っていく。
    once ダブリンの街角で (2008 映画観てきましたっ!)
    札幌は、12日から 札幌劇場さんのみの上映です。 公開から 2週間たって やっと観てきました。 2時からの回を観たのですが・・・ 混んでて 一番前で鑑賞。 はぁ、首が痛い。でも 足は思い切り伸ばせたので 楽でした♪
    once ダブリンの街角で (Diarydiary!)
    《once ダブリンの街角で》 2006年 アイルランド映画 - 原題 - ON
    ONCE ダブリンの街角で (Lovely Cinema)
    JUGEMテーマ:映画館でみました! 2006年/アイルランド 監督:ジョン・カーニー 出演:グレン・ハンサード(男・ストリート・ミュージシャン)    マルケタ・イルグロヴァ(女)    ヒュー・ウォルシュ(ティミードラマー)    ゲリー・ヘンドリック(リ...
    ONCE ダブリンの街角で (2006年・愛) (SCARECROW'SROOM)
    前回の映画鑑賞日記以降に観た映画を数作飛ばして…一番最近観たイチオシ作品を。予告編を見て気になっていた作品「ONCEダブリンの街角で」何が気になっていたかというと、予告編で流れる音楽(主人公二人が歌うデュエットソング)が妙に耳から離れなくて、内容そっち...
    ONCE ダブリンの街角で (めでぃあみっくす)
    今年のアカデミー外国語映画賞にノミネートされる可能性が高い作品ということで見てきました、このアイルランド映画。評判通りの音楽の素晴らしさに加え、終始ドキュメンタリータッチで描かれる等身大のストーリーがとても心を温めてくれる素晴らしい映画でした。 統一...
    映画 【ONCE ダブリンの街角で】 (ミチの雑記帳)
    映画館にて「ONCE ダブリンの街角で」 アイルランド発の“ボーイ・ミーツ・ガール”な音楽映画。 おはなし:ダブリンの街角で毎日のようにギターをかき鳴らす男(グレン・ハンサード)は、ある日、チェコ移民の女(マルケタ・イルグロヴァ)と出会う。ひょんなことから...
    once ダブリンの街角で (カリスマ映画論)
    【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ひとときが生んだ恋、音楽が生んだ忘れえぬ絆  
    2007年 洋画総括! (Osaka-cinema-cafe)
    続いて、洋画のマイベスト10の発表です。 邦画はわりとすんなりと決まりましたが、 洋画はどれを何位にしようか、かなり迷いましたし、 まだ決定できずにいますが、とりあえず。 2007年 洋画編 第1位 「リトル・ミス・サンシャイン」 ...
    映画『Onceダブリンの街角で』を観て~アカデミー賞受賞作品 (KINTYRE’SDIARY)
    93.Onceダブリンの街角で■原題:Once■製作年・国:2006年、アイルランド■上映時間:87分■日本語字幕:税田春介■鑑賞日:11月23日、シネ・アミューズEAST(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ジョン・カーニー□製作:マルチナ・ニ....
    once ダブリンの街角で (amapola)
    製作年:2006年 製作国:アイルランド 監督:ジョン・カーニー(オン・エッジ 19歳のカルテ) 出演:グレン・ハンサード マルケタ・イルグロヴァ Story男は穴の開いたギターで毎日のように街角に立ち、歌を歌うストリート・ミュージシャン。そんな男の前に現わ...
    ONCE ダブリンの街角で (映画鑑賞★日記・・・)
    【ONCE】2007/11/03年公開(2008/01/17鑑賞)製作国:アイルランド 監督・脚本:ジョン・カーニー出演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ、ビル・ホドネット、ダヌシュ・クトレストヴァ ギターは身体の一部です。セリフはギターのメロディにのせて語ります...
    once ダブリンの街角で (映画を観たよ)
    心地よい。
    ONCE ダブリンの街角で (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
    ONCE、たった一度の大切な出会い。ある日、ある時、ダブリンの街角で・・・。 男と女は、恋か友情か、心を通じる相手を見つけた。男は穴の空いたギターを抱え、街角に立つストリート・ミュージシャン。 ギターを片手にダブリンの街頭に立つ男の歌を褒める女。女...
    「onceダブリンの街角で」小品だけど良い感じ (ももたろうサブライ)
    監督 ジョン・カーニー少しあらすじ アイルランド、ダブリンの街角でオンボロのギターをかき鳴らし自作の歌を唄う男(グレン・ハンサード)がいた。そこに一人のチェコ移民の女(マルケタ・イルグロヴァ)がやってくる。10セントのチップを出し、あれやこれやと男に質問...
    once ダブリンの街角で☆独り言 (黒猫のうたた寝)
    名古屋に出かけたついでに、そういえば~っと思い出して(笑)観てきました。しかも何でもいいから好きな歌をワンフレーズ歌ったら1100円鑑賞でした。『once ダブリンの街角で』ストリート・ミュージシャンの彼が偶然出遭った外国人移民の女性は、彼の曲が好きだと言...
    ONCE ダブリンの街角で (ネタバレ映画館)
    意外と歌が上手い銀行頭取!
    映画鑑賞記「ONCE ダブリンの街角で」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
    鑑賞日:08.02.01 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 本物の音楽映画がここにある。 音楽は人々の心を結びつけ、愛をも育む。 <ストーリー> (シネマカフェより引用)  アイルランドの首都、ダブリンで、家業を手伝いながらメジャーデビューを夢見るひとり...
    ワンス ダブリンの街角で オリジナル・サウンドトラック (Art- Mill  あーとみる)
    「JEUGIA」でオリジナル・サウンドトラックを買う。 音楽だけ聴いていると、映画とは別のインスピレーションが沸きおこる。 やはりこれはアイリッシュ音楽である。 伝えたい言葉
    ONCE ダブリンの街角で (迷宮映画館)
    過剰でなく、少なくなく、心地いい、力強い音楽に浸った。
    onceダブリンの街角で (小部屋日記)
    once(2006/アイルランド)【劇場公開】 監督・脚本:ジョン・カーニー 出演:グレン・ハンサード/マルケタ・イルグロヴァ/ヒュー・ウォルシュ/ゲリー・ヘンドリック/アラスター・フォーリー once、たった一度の出会い。 ある日、ある時、ダブリンの街角で・・・・ ...
    感想/once ダブリンの街角で (EDITOREAL)
    青春×音楽×恋だの愛だの。『once ダブリンの街角で』11月3日公開。ダブリンのストリートで歌う男。それを聴いて話しかけるチェコ移民の女。男は過去の恋人への想いを歌い、女は家庭の事情に縛られていたが、共に音を奏でるとき、2人は幸福感を得始めていた。男は夢を追...
    once ダブリンの街角で (夫婦でシネマ)
    ダブリンの街角で”男”と”女”が出会い、音楽によって心を通わせていく素敵なラブ・ストーリー。二人の奏でるメロディがとても心地良いお洒落なアイルランド映画でした。
    「ONCE ダブリンの街角で」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
    ONCE ダブリンの街角で デラックス版ジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 男(グレン・ハンサード)はギターで毎日のように街角に立ち、歌を歌うストリート・ミュージシャン。 そんな男の前に現われ、あれやこれやと話しかける花売りの若い女(マルケ...
    mini review 08309「ONCE ダブリンの街角で」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
    アメリカでわずか2館の公開から口コミで動員数を増やし、最終的には140館での上映となった話題のラブストーリー。ダブリンの街角で出会ったストリート・ミュージシャンと音楽の才能を持つチェコ移民の女性が、音楽を通して惹(ひ)かれ合っていく様を描く。アイルランドの...
    ONCE ダブリンの街角で (銀の森のゴブリン)
    2006年 アイルランド 2007年11月公開 評価:★★★★☆ 監督・脚本:ジ
    『ONCE ダブリンの街角で』 (Sweet*Days**)
    ONCE ダブリンの街角で デラックス版(2008/05/23)グレン・ハンサードマルケタ・イルグロヴァ商品詳細を見る 監督:ジョン・カーニー CAST:グ...
    『ONCE ダブリンの街角で』 (『映画な日々』 cinema-days)
    ONCE ダブリンの街角で ストリートミュージシャンと 花売り女性との音楽を通じた交流を描く。 個人評価 ★★★ (自宅鑑賞)
    『onceダブリンの街角で』'06・アイルランド (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
    あらすじダブリンの街角で毎日のようにギターをかき鳴らす男(グレン・ハンサード)は、ある日、チェコ移民の女(マルケタ・イルグロヴァ)と出会う。ひょんなことから、彼女にピアノの才能があることを知った男は、自分が書いた曲を彼女と一緒に演奏してみることに・・・...
    Once (2007) (犬連れ国際結婚)
    ハズが、DVDを借りて来て、見てみるとアイルランドのミュージック映画と言われた『Once』 (ワンス)だった。「ハズちゃん、この映画、映画館で是非、観たいって言っていたよね~!」と私は、思わず言った。ハズはニヤリとして、うつむきかげんで嬉しそうに『On...
    ONCE ダブリンの街角で (C'est joli~ここちいい毎日を~)
    ONCE ダブリンの街角で ’06:アイルランド ◆原題:ONCE ◆監督:ジョン・カーニー「オン・ザ・エッジ 19歳のカルテ」(未) ◆出演:グレ...
    「once ダブリンの街角で」 DVD (しぇんて的風来坊ブログ)
    この映画は音楽映画で、少し孤独な男、シンガー・ソングライターというより最初は単に路上の弾き語りだったのが、魅力的な女性と出会いつつ、バンド、デモ録音という話だと書いてしまうだけでは、この映画の魅力は語り辛いかもしれない。音楽そのものが心地よいのと、二人...
    『once ダブリンの街角で』 (シネマな時間に考察を。)
    名もない男女がギターとピアノで心を奏でる音楽の素敵なシネマ。   『onceダブリンの街角で』 once   2006年/アイルランド/87min   監督・脚本:ジョン・カーニー   出演:グレン・ハザード、マルケタ・イルグロヴァ 【story】アイルランド・ダブリンの...