銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

ヒューゴの不思議な発明(2011)☆彡HUGO

2012-03-05 | 映画:シネコン

 ヒューゴの<夢の発明>にあなたは驚き、涙する

評価(好き度)=70点

ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督が自身初の3Dで映画化したファンタジー・アドベンチャーということらしいが、、、、。

どうも3Dの方が評判良いみたいです。映像美があるので確かに3Dが良さそうですね。

2Dで観てしまったものでちょっと後悔です。ところでこれファンタジーかな?どうもそうではないような気がしたんですがね。

あらすじ(goo映画より)

1930年代のフランスはパリ。父(ジュード・ロウ)を火事で失ったヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、駅の時計台に隠れ住み、駅の時計のネジを巻いて毎日を過ごしていた。独りぼっちになった彼の唯一の友だちは、父が遺した壊れたままの“機械人形”。その秘密を探るうちに、機械人形の修理に必要な“ハート型の鍵”を持った少女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)と、過去の夢を捨ててしまった老人ジョルジュ(ベン・キングズレー)に出逢う。やがてヒューゴは、それぞれの人生と世界の運命をも変えてしまうほどの秘密のメッセージが機械人形に隠されていることを知る。機械人形に導かれたヒューゴの、世界を修理するための冒険が今、始まる。


父親役にはジュード・ロウ すぐに亡くなってしまうので出番は少ない。


時計台から見るパリの風景はとても美しい。特に夜景が、、、、。人々の動きも様々で人間ウォッチングするには面白いかも。


おぉ~この人が鉄道公安官で登場。サシャ・バロン・コーエン

孤児を見つけては孤児院に押し込もうとやっきになっている。もちろんヒューゴも狙われている一人。

 公安官から逃げます~!

 ジョルジュの現在はおもちゃ屋の店主

ヒューゴが主人公なんだけど、ベン・キングスレー演じるジョルジュの過去が本作でのキ―ポイントとなっている。どう言えば良いのかな?つまりジョルジュのつらい過去を封印から解き放つ手助けをしているのがヒューゴの存在とでもいうのかな。だからどちたかといえばヒューゴは黒子みたいなポジションなのかもしれない。

だけどタイトルはヒューゴなんだよね。邦題はその上不思議な発明がついている。発明しているというより、機械人形の動かし方を謎解きしているという方が良いんじゃないでしょうか?

 前半はとにかくゆっくりとしているし、平坦な感じも・・・・。ちょっと退屈にも思えます。イザベルが登場してからは少し物語に変化が起こるって感じでしょうか。

 
一緒に忍び込んで映画を観たり・・・・。昔の無声映画ですね。キートンやチャップリンなんかが映し出される。

ジョルジュに取られてしまった秘密のノートの在りかも何とかイザベルに頼んで取り返したいところだが、、、、。という事でイザベルと仲良くしておくほうがこれは好都合。一方イザベルもそんなヒューゴの秘密を知りたい様子。


おぉ~この鍵は!!もしかしたら機械人形のハート型の鍵穴に合うものでは??

まさにその鍵穴に合うはずのハート型の鍵なのでした。ということで彼女を自分の住むあの場所へ、、、、。

 いよいよ鍵穴に鍵を入れ人形が動き出すシーン!どんな風に動き出すのかが注目!その瞬間がドキドキ。機械人形はペンを走らせ謎めいた絵を描き出す。

まさにこの絵がジョルジュの過去を蘇らせるものとなるのである。

その他の登場人物

 公安官が好意を寄せる花屋リゼット役にはエミリー・モーティマー


 ムッシュ・ラビス クリストファー・リー あの吸血鬼役で有名な俳優さんだったのね。

脇を固める俳優さんもなかなかゴージャスでした。

作品紹介(goo映画より)ここからはネタばれしています。読みたいかた反転してお読みください。

スコセッシ監督が1930年代のパリを舞台に、初めて3Dに挑戦。鍵となるのは“機械人形”と“映画”だ。父がヒューゴに遺した機械人形の修理が完了した時、機械人形は動き出し、「ジョルジュ・メリエス」という署名の入った月の絵を描く。その名はイザベルの養父の名前であり、映画界からこつ然と姿を消した、世界初の職業映画監督の名前でもある。子どもたちの冒険が老人の頑な心を溶かし、忘れていた映画への夢を蘇らせるという、映画への愛にあふれた一作。劇中にはメリエスの『月世界旅行』やリュミエール兄弟の『ラ・ジオタ駅への列車到着』など、初期の映画作品がいくつか登場。スコセッシ監督が映画創世記の監督たちに抱いているリスペクトが感じられるはずだ。

メディア 映画
上映時間 126分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(パラマウント)
初公開年月 2012/03/01
ジャンル アドベンチャー/ファンタジー
映倫 G

 

オフィシャル・サイト
http://www.hugo-movie.jp/
オフィシャル・サイト
http://www.hugomovie.com/ (英語)
 
 
 
 
 
 
Comments (12)   Trackbacks (31)   この記事についてブログを書く
« ヤング≒アダルト(2011)... | TOP | おとなのけんか(2011)■... »
最近の画像もっと見る

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
あの予告編… (いっちー)
2012-03-05 23:07:56
この映画はファンタジーではなく、ヒューマンドラマだと思いますね。でも、予告編はファンタジーと思うように作られていて、おかげで良い感じに鑑賞出来なかったというのが、自分の感想です(>_<)
機械人形が描いた絵が、現実に飛び出して…みたいな映画だと思っていました。機械人形が宙に舞っているカットもあったし…(^_^;)
Unknown (めえめえ)
2012-03-05 23:17:48
こんばんは。
「アバター」の開始5分で頭痛が起きてから3Dはパスしていたのですが、
この作品は3Dで観ようかしら~?
体調の良い日に挑戦します!
こんにちは♪ (yukarin)
2012-03-06 12:49:54
3Dは嫌いなんですけど、今回はオススメだというので3Dで観てきましたが良かったです。
これ邦題がおかしいですよね。
ジョルジュが主役と思いますし。
スコセッシ監督の映画愛を感じる素敵な作品でした♪
いっちーさん (mezzotint)
2012-03-07 11:30:58
こんにちは♪
やっぱりファンタジーではないですよね。
邦題もおかしいし、何だか騙されてしまったなあというのが正直な感想です。
めえめえさん♪ (mezzotint)
2012-03-07 11:49:19
おぉ~頭痛が出るんですか!
それは大変。体調の良い日に是非3Dで
ご覧下さいませ。
かなり評判良いようです。
見ました (きさ)
2012-03-07 22:06:13
2D版で見ました。
今回はスコセッシ初のファミリームービーという事でなかなか楽しく見ました。
前半は映像は素晴らしいのですが、話はちょっともたつく感が。
主人公のヒューゴ少年が、クロエ・グレース・モレッツ演じるイザベルと出会うあたりから面白くなります。
ハッピーエンドはちょっとスコセッシらしくないですが、これはこれでいいかな。
リュミエール兄弟や数々の初期の映画、無声映画の名作が登場するのはスコセッシの映画への愛を感じますね。
yukarinさん♪ (mezzotint)
2012-03-10 11:43:28
コメント遅くなりました。
3Dがやはり良かったのですね。
残念でした。
そう邦題、ヒューゴは発明はしていませんし。
これおかしいですよね。
スコセッシ監督のこの手の作品は初めて
なので新鮮ではありましたが。
きささん♪ (mezzotint)
2012-03-10 11:47:52
こんにちは。
コメント遅くなりました。
パソコンの前になかなか座れず・・・。
2Dでご覧になられたんですね。
そうですね。前半は退屈でした。期待度あげすぎてちょっとあれって感じでした。
ラストはありきたりな気もしましたね。
こんにちは (パピのママ)
2012-03-13 10:19:02
mezzotintさんへ、いつもTBありがとうございます。
報告が遅くなってしまい、どうもすみません。
3月より新作映画の記事はgooへ引っ越しました。
これからも宜しくお願いしますね。
この映画は3D効果がばっちりで映像が奇麗でした。
私的には、無声映画のオマージュが出てきて、特にジョルジュの「月世界旅行」の映画の製作場面を見られて最高な気分に浸れました。
ぱぴのママさま☆★ (mezzotint)
2012-03-14 23:11:56
今晩は☆彡

お知らせありがとうございます!
いえいえお気になさらず。
gooへようこそ
なかなか使い安いのでgooはお薦めです
わあ~3Dでご覧になったんですね。
後から後悔しています。こちらでは吹き替え
でしか3Dなくて、、、。結局2Dで鑑賞しました。無声映画、良かったですよね。
チャップリンなんかもあって。

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

Similar Entries

31 Trackbacks

ヒューゴの不思議な発明/Hugo (LOVE Cinemas 調布)
巨匠マーティン・スコセッシが初めて3Dで送るヒューマンファンタジー。ブライアン・セルズニックの小説を原作に、父の形見の機械人形に隠された謎を探る少年の姿を描く。主演は『縞模様のパジャマの少年』のエイサ・バターフィールドと、『モールス』のクロエ・グレース...
ヒューゴの不思議な発明 (風に吹かれて)
映画の歴史を知りました見るなら3Dで公式サイト http://www.hugo-movie.jp原作: ユゴーの不思議な発明(ブライアン・セルズニック著/アスペクト文庫)監督: マーティン・スコセッシ
ヒューゴの不思議な発明 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【HUGO】 2012/03/01公開 アメリカ 126分監督:マーティン・スコセッシ出演:ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、レイ・ウィンストン、エミリー・モーティマー、ヘレン・マックロリー、クリストファー・リー、...
ヒューゴの不思議な発明/HUGO (いい加減社長の映画日記)
ファンタジー・アドベンチャー? 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ひとりぼっちの少年ヒューゴは、時計のネジを巻きながらモンパルナス駅に隠れ住んでいた。 彼は駅の中の玩具店で玩具を盗もうとし、店主のジョルジュに見つかってしまう。 ジョルジュはヒューゴ....
ヒューゴの不思議な発明 (to Heart)
原題 HUGO 製作年度 2011年 上映時間 126分 原作 ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』(アスペクト刊) 脚本 ジョン・ローガン 監督 マーティン・スコセッシ 出演 ベン・キングズレー/ジュード・ロウ/エイサ・バターフィールド/クロエ・グレース・モレッツ...
『ヒューゴの不思議な発明(2D字幕)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒューゴの不思議な発明」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 ジョン・ローガン□原作 ブライアン・セルズニック □キャスト エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、     サシャ・バロン・...
ヒューゴの不思議な発明 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ヒューゴの不思議な発明」監督:マーティン・スコセッシ(『シャッター アイランド』)出演:エイサ・バターフィールド(『ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ』)クロエ・グレー ...
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒューゴの不思議な発明」観に行ってきました。ブライアン・ セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」を原作とする、マーティン・スコセッシ監督の冒険ファンタジー作品...
「ヒューゴの不思議な発明」 映画讃歌 (はらやんの映画徒然草)
スコセッシがファンタジー?それも3D?なんで?と初めて予告を観たときはたいそう驚
パパ・ジョルジュ。 【映画】ヒューゴの不思議な発明 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】ヒューゴの不思議な発明 監督にマーティン・スコセッシ。 撮影賞、美術賞、音響編集賞、録音賞、視覚効果賞 アカデミー賞で5冠を獲得。 【あらすじ】 1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一...
Hugo /ヒューゴの不思議な発明  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね &larr;please click 世界中でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説、 「ユゴーの不思議な発明」をマーティン・スコセッシ監督が描いたファンタジー 毎日NYあちこち歩いてます☆ こっちへ来て...
ヒューゴの不思議な発明 (悠雅的生活)
機械人形。夢が現実に。Phantom of  Lyon Station。
ヒューゴの不思議な発明(3D)       評価★★★★★100点        (パピとママ映画のblog)
「シャッターアイランド」のマーティン・スコセッシ監督による3Dファンタジー。パリを舞台に、父を亡くした少年ヒューゴが、父の形見の機械人形に隠された秘密を巡って、美少女とともに冒険を繰り広げる。 出演は「シャッター・アイランド」のベン・キングズレー、「シャ....
「ヒューゴの不思議な発明」ぶらぼ~!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ヒューゴの不思議な発明] ブログ村キーワード  巨匠 マーティン・スコセッシ監督が贈る、初の3D映画。「ヒューゴの不思議な発明」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。アカデミー賞では、チョット残念な結果に終わっちゃいました(それでも、“5冠”!)...
「ヒューゴの不思議な発明」 (或る日の出来事)
ヒューゴ、発明なんてしてないじゃん、と思ったけど、原作は「ユゴーの不思議な発明」なのでした。
ヒューゴの不思議な発明 (だらだら無気力ブログ!)
ヒューゴって発明してたっけ?
ヒューゴの不思議な発明 映画愛に溢れていて映像が素晴らしくて・・・でもしかし・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=12 -0-】 3Dと吹き替えがとにかく嫌いなので2D字幕版にて金曜日に鑑賞。 あれだけアカデミー賞にノミネートされていたというのに、受賞したカテゴリーは録音賞・音響編集賞・視覚効果賞・美術賞・撮影賞の5つ、物語には関係が無くて技術的な部門ばっかだった。(作品...
映画という夢~『ヒューゴの不思議な発明』 【3D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 HUGO  少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、パリ駅構内の時計台裏に住み、 亡き父(ジュード・ロウ)が遺した機械人形を修理する日々。ある日彼は、イザ ベル(クロエ・グレー...
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ヒューゴの不思議な発明(3D・字幕版)』(公式)を先週平日のレイトショーで劇場鑑賞。キャパ221名に8名ほど。公開から一週間以内の割に少ないかも? 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100...
ヒューゴの不思議な発明 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ヒューゴの不思議な発明」監督:マーティン・スコセッシ(『シャッター アイランド』)出演:エイサ・バターフィールド(『ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ』)クロエ・グレー ...
ヒューゴの不思議な発明 (Akira's VOICE)
素晴らしきかな世界。  
ヒューゴの不思議な発明(3D)       評価★★★★★100点        (パピとママ映画のblog)
「シャッターアイランド」のマーティン・スコセッシ監督による3Dファンタジー。パリを舞台に、父を亡くした少年ヒューゴが、父の形見の機械人形に隠された秘密を巡って、美少女とともに冒険を繰り広げる。 出演は「シャッター・アイランド」のベン・キングズレー、「シャ....
ヒューゴの不思議な発明 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒューゴの不思議な発明』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画については、『サラの鍵』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を取り上げたエントリにおいて大いなる期待を表明していたところ、その期待以上の優れた出来栄えだと思います。  それ...
フィルムの音 (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。 3Dにて見ました。 1930年代 パリ 駅の時計台の隠れて住んでいる孤児のヒューゴ 少女イザベルとの出会い、父の残した機械人形が絡み合って・・・ これがスコセッシ作品と思える感じで 万人に見やす....
『ヒューゴの不思議な発明』 映画愛ではない、とスコセッシは云った (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。...
「ヒューゴの不思議な発明」 HUGO (2011 パラマウント) (事務職員へのこの1冊)
この作品は絶対に3Dで観るぞ、と決めていた。現時点で最高の3D映像であるとみんな
「ヒューゴの不思議な発明」 (3D) (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・米/配給:パラマウント 原題:Hugo 監督:マーティン・スコセッシ 原作:ブライアン・セルズニック 脚本:ジョン・ローガン 撮影:ロバート・リチャードソン 音楽:ハワード・ショア 製作:
「ヒューゴの不思議な発明」 (Con Gas, Sin Hielo)
一流料理人が丁寧に作り上げた佳作。 この作品、3月1日から公開されていたにも拘らず、最終日の最終回で観ることになった。 というのも、3月は他に観たい作品があって優先度が下に置かれてしまっていたから。 何故下に置かれたかといえば、アカデミー賞の主要部門を獲...
ヒューゴの不思議な発明 (銀幕大帝α)
HUGO/11年/米/126分/アドベンチャー・ファンタジー/劇場公開(2012/03/01) -監督- マーティン・スコセッシ 『シャッター アイランド』 -製作- *マーティン・スコセッシ *ジョニー・デップ -原作- ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』 ...
ヒューゴの不思議な発明 (いやいやえん)
思ってたよりは平凡でしたが、映画ってやっぱりいいよなぁ、と思える作品でしたね。(私はもっぱらDVD鑑賞ですけども~^;) 少年と機械人形とか、お店の中の雑然とした感じとか、素敵と思える部分もたくさんあって、楽しかった、というのが第一印象。 ただしか...
映画評「ヒューゴの不思議な発明」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督マーティン・スコセッシ ネタバレあり