銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

ハンニバル・ライジング(-_-;)レクター博士“誕生”の秘密

2007-05-04 | 映画:シネコン


アンソニー・ホプキンスが演じたレクター博士のシリーズ、第四弾「ハンニバル・ライジング」が遂に公開されたでも、アンソニー・ホプキンスは出演していないので、あしからず

ハンニバル・レクターは、鬼才トマス・ハリスが生み出した“世界で最もインテリジェンスのある”シリアルキラーだ精神科医なのに、連続猟奇殺人犯、美術に精通、美食家でもあるレクター博士。

1991年『羊たちの沈黙』、2001年『ハンニバル』、2002年『レッド・ドラゴン』、いずれもヒットを記録そして2007年のこの作品で、レクター博士“誕生”に秘められた謎が明かされることに・・・・。


ハンニバル・レクターの青年時代を演じるのは、フランスきっての若手注目株、ギャスパー・ウリエル「パリ、ジュティーム」にも出演していた。

彼に魔物が棲みついたたのか、魔性が目覚めたのか


舞台は1944年のリトアニアから始まる。6歳のハンニバルはリトアニアのレクター城に家族と暮していた。ソ連と併合されていたリトアニアはドイツ軍の侵略を受けていた。そのうえリトアニアの兵士を使い、ユダヤ人の虐殺を行っていた。(ブラックブックと重なる)リトアニアを奪い返そうとソ連はドイツ軍と戦う。レクター一家は疎開するが、ドイツ軍の爆撃機に銃弾を浴び両親は亡くなる残された幼いハンニバルと妹ミーシャは山に・・・・。そこへグルータスはじめとする、ドイツ軍の手下となったリトアニアの逃亡兵士がやってきて、幼い二人を捕らえる飢えた兵士たちは食べ物をあさるいらだつグルータスたちが目をつけたものは

8年後、ハンニバルはソ連政権下の養育施設にいた。家族全員失い、孤児となっていたのだ。反抗的なハンニバルは監視官からまれていた。悪夢にうなされるハンニバルは物置に監禁されるも、脱走をはかった。実はこの施設は何とレクター城で、かってのハンニバルの自宅跡、親族の写真やの在処も覚えていたハンニバルはそれを持って、パリの叔父のもとへ・・・・・。必死な思いで辿り着いた叔父のでも叔父は1年前に亡くなっていた叔父の妻は日本人“レディ・ムラサキ”と言い、彼女はハンニバルを温かく迎えてくれた


日本人妻 “レディ・ムラサキ”役 コン・リー

傷ついたハンニバルの心を、彼女は介抱してくれ・・・・やがてハンニバルは言葉を取り戻すそんなレディ・ムラサキのミステリアスな魅力にいつしか惹かれるハンニバ。そして彼女から日本の伝統的な文化を学んだことで、その後のハンニバルの嗜好に大きな影響をもたらすことに・・・・。

ハンニバルと6人の男たち


1人目肉屋の店主ポール。市場でのレディ・ムラサキに対するポールの性的侮辱発言は、ハンニバルにとって怒るべきことだった。後日ポールの首なし死体が発見される警察はハンニバルを取り調べるも、犯人の手がかりなる証拠見つからず。証拠不十分で釈放。何とポールの首は署の前で発見

 

2人目ドートリッヒ。医学生となったハンニバルは、毎夜夢の中に山小屋から妹ミーシャを連れ去った男たちのことや、ミーシャに何があったのか、男たちは誰なのか、どうしても思い出せない。その記憶を取り戻すために、警察で使う薬を使用する。そのことで、男たちが持っていた軍の認識票を思い出し、山小屋のあるリトアニアへ向かう。途中ソ連の国境で警備隊に見せたパスポートのコピーはあの男たちの一人、ドートリッヒがが見てしまう山小屋での思い出の品、小さな頭蓋骨、そして認識票の束を拾い出す。そのとき、ハンニバルを追って来たドートリッヒが、彼を襲った直前に気づいたハンニバルはドートリッヒをロープで木に縛る。ミーシャを弔い、ドートリッヒをロープで締め付ける他の仲間の行方を聞き出した。ドートリッヒを絞殺した後、彼の頬に肉をキノコとともに焼き、食べる認識票をくわえさせた首を残し、その場を去るのだ

 

3人目コルナス?次の標的はコルナス彼はフランスのフォンテンブローでカフェを営んでいた。テーブルにつくとコルナスの娘を呼び寄せ、ポケットに認識票をしのばせる。認識票に気づいたコルナスは一体この男は誰なのか早速昔のリーダー、グルータスに連絡をいれる。同じく仲間のミルコにハンニバルの始末を命じるミルコはハンニバルの医学校に潜入するが、ハンニバルに見つかり、ホルマリンプールに沈めるグルータスの居場所を聞き出した後、ミルコは窒息死に・・・・。最初の肉屋殺人から、ハンニバルを疑うポピール警視がちょうどこの場所に現れる。何事もないように振舞うハンニバル。でもポピール警視は気づいてた。ドートリッヒ殺人もかれの犯行と・・・。この犯行が、復讐であることも知っていたのだ。結局コルナスではなく、ミルコが殺された

 

さて4人目今度はコルナスミルコから聞き出したグルータスの邸宅に忍び込むハンニバル。風呂場でグルータスに襲いかかったしかし失敗仲間に取り押さえられるその直後の中で爆発、停電に・・・・。ハンニバルは逃げることが出来た。しかしグルータスは危機感を抱き、レディ・ムラサキを誘拐。で彼女と引き換えに残りの認識票を渡せと要求場所を指定するも、はコルナスのカフェからだと気づく。カフェを襲うハンニバル、レディ・ムラサキの居場所を聞き出すために、コルナスに娘に危害を加えたと脅す。まんまと罠にはまるコルナスは居場所を伝える。助けると言いながら、ハンニバルは短剣でコルナスの顎から頭頂を貫く。わお~えぐい

 

いよいよ5人目グルータス。ロルク運河に停泊しているハウスボートにレディ・ムラサキは捕らわれていた。船内に忍び込むハンニバル。助けようと駆け寄ったハンニバルを待ち構えていたグルータスがピストルで撃つ倒れたハンニバルの前でレディ・ムラサキに覆いかぶさるグルータス背中に隠し持った短剣で反撃に出るハンニバル、押さえつけたグルータスにグレンツの居場所を尋ねる。グルータスはハンニバルが思い出すことを避けてきたミーシャの事実を突きつける殺した後、ミーシャの肉を食べたと・・・・。「お前も食べた」と。。。。「うそだ!」と叫ぶハンニバル。そんなグルータスの胸にミーシャの頭文字Mを刻み付けるレディ・ムラサキの制止を振り切り、息のあるグルータスの頬に噛み付くハンニバル船外に出たレディ・ムラサキは警察に保護される。まもなく船は炎上

 

さて最後のひとり、6人目カナダのとある狩猟専門店にひとりの男が現れた店の主人はグレンツ、男はハンニバル・レクターだ

 

ハンニバル・レクターの猟奇的な復讐殺人はここで一応終わっている彼の家族が受けた仕打ちへの報復はかなり、エグイものだそしてこのお話の続きがあのレクターシリーズへと繋がるわけだが・・・・。この忌わしい歴史がなければ、シリアルキラー“レクター”の誕生はなかったのだろう。

 

ハンニバル・レクターを演じた美しい青年ギャスパー・ウリエルは、アンソニー・ホプキンスのレクター博士を超えたかも・・・・・。ギャスパー・ウリエルは彼の演技をしっかり観察した。でも決してコピーはするのでは、まったく創造性がないし、僕の役者としての意味がないと。といってもアンソニー・ホプキンスの真似をしようとしても、真似なんて出来ないしね。これは絶対取り入れなければというところはピックアップしたそうだ。いやあ~将来は凄い俳優になるに違いない

 

 

ハンニバル・ライジング 公式サイト

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   Trackbacks (55)   この記事についてブログを書く
« サンシャイン2057★☆ダニ... | TOP | ラブソングができるまで♪えぇ... »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (アイマック)
2007-05-05 23:11:10
ハンニバルが男たちをいたぶりながら殺していくシーン、ギャスパー・ウリエルの微笑む顔にぞーっとしましたよ。
トレードマークの頬の傷も印象強くしてます。
ホプキンスのちょっとしたしぐさを真似してましたね。

続編のギャスパーくんの演技が楽しみですよ。^^
Unknown (とりこぷてら)
2007-05-07 01:45:37
あれってホルマリンプールなんですねぇ~
仕事上、使うのですがちょっと手についただけで死にそうなのに、全身漬かるなんて…

TBありがとうございました。
紹介 (辻)
2014-10-25 19:12:29
日本語の起源 言霊百神

kototama 100 deities

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

Similar Entries

55 Trackbacks

ハンニバル・ライジング (悠雅的生活)
 ハンニバル・レクター、ここに誕生す。
ハンニバル・ライジング (八ちゃんの日常空間)
「復讐は毒と同じ。人を醜くするのよ!」メイおばさんの話を聞いていてもきっとだめでしょうねぇ。おばさんがレディー・ムラサキだったばっかりに…って、違うかっ
ハンニバル・ライジング (エリ好み★)
人喰い復讐物語{%devil%}。
ハンニバル・ライジング (小部屋日記)
Hannnibal Rising (2007/イギリス=チェコ=フランス=イタリア)【劇場公開】 監督 : ピーター・ウェーバー 出演 : ギャスパー・ウリエル/コン・リー/リス・エヴァンズ/ケビン・マクキッド/ドミニク・ウェスト/リチャード・ブレイク 「羊たちの沈黙」「ハンニ...
ハンニバル・ライジング/ギャスパー・ウリエル (カノンな日々)
あの「羊たちの沈黙」で名優アンソニー・ホプキンスが演じたハンニバル・レクターの物語のエピソード1です。観る前に全作復習しておこっかなぁと思っていたんだけど時間がなくて結局観ることが出来ませんでした。でも3作品ともだいたいは覚えているしエピソード1なんだか...
ハンニバル・ライジング (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                          評価:★3点(満点10点) 2007年 121min 監督:ピーター・ウェーバー 出演:ギャスパー・ウリエル 、コン・リー 、リス・エヴァンス ...
妹 ~「ハンニバル・ライジング」~ (サナダ虫 ~解体中~)
ピーター・ウェーバー監督作品、ギャスパー・ウリエル主演の、 映画 「ハンニバル・ライジング」を観た。 「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」に続く、シリーズ第4弾。 世界で最もインテリジェントなシリアルキラー“ハンニバル・レクター”の過去...
ハンニバル・ライジング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
映画鑑賞前に、原作を読了した。原作には、生意気にも、芝居がかった語り口調と残忍さ、心理描写の甘さ等を感じたが、映画となるといいのでは。。。と思い、公開を心待ちにしていた。なんたってギャスパー・ウリエル君が観たいのだ~~~【story】戦争で家族と死に別れ、...
ハンニバル・ライジング (TRIVIAL JUNK Blog)
やっぱり「ニッポン」はこんな扱い。 <公式ページ> ハンニバル・レクター博士と言えば、映画史上屈指の知的変態として名高い人食い野郎です。 本作は、このおっさんがいかにして、かようなロクでもない衝動を持つに至ったかを描く、まぁ最近つとに増えた”ビギニングも...
映画 【ハンニバル・ライジング】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ハンニバル・ライジング」 トマス・ハリス原作のハンニバルシリーズ最新作。レクター博士が“人喰いハンニバル”になるまでを描く。 1944年のリトアニア。名門貴族の家系に生まれたハンニバルは戦争の悲劇により両親を失う。幼い妹ミーシャを連れて山小屋で...
『ハンニバル・ライジング』 (ラムの大通り)
(原題:Hannibal Rising) 「う~ん。このシリーズは 監督にとってアプローチが難しい作品だなあ」 ---えっ、どういうこと? 「シリーズ化されるきっかけとなった 『羊たちの沈黙』がホラーとして初のオスカーを獲得。 でも、物語自体はシリアルキラーものだよね。 本来...
ハンニバル・ライジング (2007) HANNIBAL RISING 121分 (極私的映画論+α)
 ドレミファソラファミ・レ・ド ソファミソファミレ~♪ って、分かります?
【ハンニバル・ライジング】 (NAO-C☆シネマ日記)
 すべてが沈黙への序曲となる・・ レクター博士の幼少から青年期にスポットを当て、 冷酷な殺人鬼へと変貌を遂げていく姿を描く物語。 ついに『ハンニバル・レクター』誕生の謎が解き明かされる…。。 うーーん{/hiyoko_cloud/} どうしてもレクター博士=アンソニー...
ハンニバル・ライジング (im like Heroin)
〔ハンニバル・ライジング/Hannibal Rising〕 2007年*アメリカ・イギリス・フランス
「 ハンニバル・ライジング / HANNIBAL RISING(2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : エドワード・ズウィック 出演 : ギャスパー・ウリエル / コン・リー  /
ハンニバル・ライジング (ともやの映画大好きっ!)
(原題:HANNIBAL RISING) 【2007年・アメリカ/イギリス/フランス】劇場で鑑賞(★★☆☆☆or★★★★☆) 「刑事グラハム/凍りついた欲望」(1986年)、「羊たちの沈黙」(1990年)、「ハンニバル」(2001年)、「レッド・ドラゴン」(「刑事グラハム/凍りついた欲...
ハンニバル・ライジング (シャーロットの涙)
トマス・ハリス原作の“ハンニバル・レクター”シリーズの「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」に続く映画化第4弾
「ハンニバル・ライジング」映画 感想 (Wilderlandwandar)
「羊たちの沈黙」以来、レクター博士@アンソニー・ホプキンスのファンで、後の2作は
ハンニバル・ライジング (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2007年 製作国 アメリカ/イギリス/フランス 上映時間 121分 監督 ピーター・ウェーバー 製作総指揮 ジェームズ・クレイトン 、ダンカン・リード 原作 トマス・ハリス 脚本 トマス・ハリス 音楽 アイラン・エシュケリ 、梅林茂 出演 ギャス...
[Review] ハンニバル・ライジング (Diary of Cyber)
人が人を殺す。そんなことを仕出かせば、大抵の人間は動揺を隠せません。勿論、殺人を積み重ねていけば、それが『日常』になり、動揺も次第に無くなっていきます。『殺人』という『異常行動』が、『日常』になっていけばいくほど。 だが。彼は違った。彼は最初の殺人から...
*ハンニバル・ライジング* (Cartouche)
{{{   ***STORY***        2007年 イギリス=チェコ=フランス=イタリア 1944年リトアニア。名門貴族であるレクター家も、ドイツ侵略の足音におびえながら暮らしていた。一家は城を捨て、辺境の地へ疎開する。両親に守られ、レクター家の長男ハ...
ハンニバル ライジング (B級パラダイス)
羊たちの沈黙、ハンニバル(レッド・ドラゴンは未見です)の2作品は映画・原作ともに楽しんで観ることができましたが、この作品はどうなんだろうなと正直心配でした。でもそんな心配は無用でした。
「ハンニバル・ライジング」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ハンニバル・ライジング」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンス、ケヴィン・マクキッド、スティーヴン・ウォーターズ、リチャード・ブレイク、ドミニク・ウェスト、チャールズ・マック...
『ハンニバル・ライジング』 (Brilliant Days)
衝撃的。 「復讐はまるで麻薬と同じ、気が付けば人を変えてしまうわ」 これは「スパイダーマン3」で、 伯母さんがピーターを心配して言う言葉ですが・・・
ハンニバル ライジング (Akira's VOICE)
レクター博士誕生ストーリー。 というより復讐劇。
ハンニバル・ライジング (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ&イギリス&フランス  サスペンス  監督:ピーター・ウェーバー  出演:ギャスパー・ウリエル      コン・リー      リス・エヴァンス      ケヴィン・マクキッド 1944年のリトアニア。戦禍で両親を亡くしたハンニバル少年は幼い...
ハンニバル・ライジング (Happy days***)
彼に魔物が棲み付いたのか? 彼の魔性が目覚めたのか? 1991年「羊たちの沈黙」 2001年「ハンニバル」 2002年「レッド・ドラゴン」 そして2007年ついにレクター誕生の謎が 明らかになる。
ハンニバル・ライジング (そーれりぽーと)
記憶に残るトマス・ハリスのサイコサスペンス小説“ハンニバル・レクター三部作”と言えば、『レッド・ドラゴン』『羊たちの沈黙』『ハンニバル』。 小説は最高に面白かったし、映画の方も2作目『羊達の沈黙』のヒットからブームが起きた誰もが知る名シリーズ。 その前日...
「ハンニバル・ライジング」 (青いblog)
公式サイト:http://www.hannibal-rising.jp/ おなじみハンニバル・レクター博士の若かりし頃のお話。 天才で人を食べる嗜好のある彼がどういう経緯でモン
ハンニバル・ライジング (Diarydiary!)
《ハンニバル・ライジング》 2007年 イギリス/チェコ/フランス/イタリア映
ハンニバル・ライジング (future world)
如何にしてあの「ハンニバル・レクター博士」が‘怪物’へとなっていったのか・・・ 「レッド・ドラゴン」のみ未見だが、彼の過去には興味のあるところ。 しかし・・・どうなんだろう、期待通りのような期待はずれのような。。。 ハンニバルの幼少期の生活ぶりから...
ハンニバル・ライジング(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ピーター・ウェーバー 【出演】ギャスパー・ウリエル/コン・リー/リス・エヴァンス/ケヴィン・マクキッド/ドミニク・ウエスト 【公開日】2007/4.21 【製作】アメリカ、イギリス、フランス 【ストー
ハンニバル・ライジング (Hannibal Rising) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピーター・ウェーバー 主演 ギャスパー・ウリエル 2007年 アメリカ/イギリス/フランス映画 121分 サスペンス 採点★ 観た映画の感想をサクっと書くことを目的にしていたサブタレも、いつの間にやら文章がどんどんと長くなってしまい、書くことが全く浮かばないよ...
「ハンニバル・ライジング」 now roadshow! (とりあえず生態学+)
ハンニバル・ライジング  原題 HANNIBAL RISING 製作年度 2007年 製作国 アメリカ/イギリス/フランス 上映時間 121分 監督 ピーター・ウェーバー 製作総指揮 ジェームズ・クレイトン 、ダンカン・リード 原作 ト
ハンニバル・ライジング (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 悲しき過去が生んだ・・・美しき人食い 
ハンニバル・ライジング (5125年映画の旅)
1952年リトアニア。戦争によって家族を失った青年、ハンニバル・レクターは、ある日孤児院から脱走し親類の住むパリを目指す。親類はすでに亡くなっていたが、未亡人となった日本人女性ムラサキの厚意で屋敷で暮らすことになったハンニバル。平穏な日々が続いたが...
ハンニバル・ライジング (amapola)
製作年:2007年 製作国:アメリカ/イギリス/フランス 監督:ピーター・ウェーバー 出演:ギャスパー・ウリエル コン・リー リス・エヴァンス 川崎TOHO Story1944年のリトアニア。戦禍で両親を亡くしたハンニバル少年は、幼い妹ミーシャと2人で山小屋に隠れ...
「ハンニバル・ライジング」(65) (映画とワンピースのこでまり日記)
天才をひどい目に遭わすと、こうなっちゃうんだよ・・・。’07 フランス・イギリス・アメリカ 121分監督・・・ピーター・ウェーバー原作・脚本・・・トマス・ハリス出演・・・ギャスパー・ウリエル コン・リー リス・エバンス ケビン・マクウッド1944年リトアニ...
ハンニバル・ライジング みました。 (★Shaberiba ★)
 『羊たちの沈黙』、『ハンニバル』、『レッド・ドラゴン』で知られる ハンニバル・レクターの過去に迫る、シリーズ最新作!! 詳しくはハンニバルライジング公式サイトへ♪ 私にとっては「羊たちの沈黙」は、1級のサスペンスとして今も心に残る作品だ。 それだけに...
ハンニバル・ライジング(映画館) (ひるめし。)
彼に魔物が棲み付いたのか?彼の魔性が目覚めたのか?
ハンニバル・ライジング (O塚政晴と愉快な仲間達)
今回は若かりし日のハンニバル・レクターが主人公。 ということでアンソニー・ホプキンスは出てきません(あと、クラリスも)。 この作品、意外と評価が低いんですが・・・。 ハンニバル・ライジング ★★★★★ -極力ネタバレ無しで- ハン...
ハンニバル・ライジング (ネタバレ映画館)
ソーッファミソファミレ♪ソーッファミソファミレ♪ドレミファソーラファ、ミ・レ・ド♪
映画「ハンニバル・ライジング」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「ハンニバル・ライジング」に関するトラックバックを募集しています。
ハンニバル・ライジング (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
リトアニアの小さいながらも瀟洒な城と豪勢な大坂城が結びついちゃってら。もう何年も間に訪れたリトアニアの城は湖上にあって慎ましやかに落ち着いた城だった。悪趣味といえば悪趣味、世界的な観客を見込むには、こういうかなり出鱈目でもインターカルチュラルなテイスト...
『ハンニバル・ライジング』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト  『ハンニバル・ライジング』□監督 ピーター・ウェーバー□脚本・原作 トマス・ハリス □キャスト ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンズ、ケヴィン・マクキッド■鑑賞日 5月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足...
映画「ハンニバル ライジング」 (<花>の本と映画の感想)
ハンニバル ライジング 監督 ピーター・ウェーバー 出演 ギャスパー・ウリエル コン・リー リス・エヴァンス  ケヴィン・マクキッド  スティーヴン・ウォーターズ  リチャード・ブレイク 第2次世界大戦下のリトアニアで、ハンニバル一家は爆...
ハンニバル・ライジングを観ました。 (My Favorite Things)
1991年、NYで当時話題だった「the silence of the lambs」を観て、すっかりサイコスリラー好きになった私であります。 日本に帰ってからも、もちろん詳細を知りたくて観にいったのです…そういえばこれも2度観たような…。 あれから16年。 その間、2作品が世に出てす...
真・映画日記『ハンニバル・ライジング』 (          )
5月1日(火)◆428日目◆ 仕事はそこそこ。 忙しくはなかった。 あれ、もしかして、 『スパイダーマン3』が見れるか? ……それは無理だった。 午後6時半に日劇に電話した時点で既にソールドアウト。 しゃあないので『ハンニバル・ライジング』を見る。 ...
★「ハンニバル・ライジング」 (ひらりん的映画ブログ)
観よう観ようと思って、タイミング的に後回しになってたサスペンスもの。 「ハンニバル・レクター」シリーズは、あまり詳しく知らないけど・・・ 誕生秘話なら、別物としても見れるし・・・。 今週末までの公開らしいので、ギリギリ間に合いました。
死者と共に最後を迎える (ハンニバル・レクター資料室)
ミルコは解剖実習室に忍び込むことはできたが、ハンニバルに侵入を察知され逆に処刑されてしまう
ハンニバル・ライジング (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1991年「羊たちの沈黙」 2001年「ハンニバル」 2002年「レッド・ドラゴン」― そして2007年、ついにレクター「誕生<ライジング>」の謎が明らかになる。』  コチラの「ハンニバル・ライジング」は、トマス・ハリス原作の"ハンニバル・レクター"シリーズの最新...
ハンニバル・ライジング (映画鑑賞★日記・・・)
【HANNIBAL RISING:2007/04/21公開】製作国:アメリカ/イギリス/フランス R-15監督:ピーター・ウェーバー原作:トマス・ハリス『ハンニバル・ライジング』(新潮社刊)出演:ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンス、ケヴィン・マクキッド、スティーヴ...
ギャスパー・ウリエルの壮大なるプロモーション映画―「ハンニバル・ライジング」 (豆酢館)
「ハンニバル・ライジング」(2007年) 監督:ピーター・ウェーバー 製作:ディノ・デ・ラウレンティス&マーサ・デ・ラウレンティス&タラク・ベン・アマール 原作:トマス・ハリス「ハンニバル・ライジング」(新潮社) 脚本:トマス・ハリス 撮影:ベン・デイヴィス ...
『ハンニバル・ライジング』 (Sweet*Days**)
ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション(2007/08/24)ギャスパー・ウリエル;コン・リー;リス・エヴァンス;ケビン・マクキッド;ドミニク...
ハンニバル・ライジング (いやいやえん)
ハンニバル・レクターの過去を描いた作品ですが、個人的にはあるときふいに人肉に目覚めたというほうがしっくりくる。単純に美味しそうだったからと言う理由でもいい。 人食い行為を目撃したこと、妹を食べてしまったことで、カニバリズムを行うようになったことを正...