銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

Vフォー・ヴェンデッタ

2006-04-25 | 映画:シネコン

映画を観るたびに、この映画の予告編があり・・・気になっていました「Vフォー・ヴェンデッタ」 観ましたよ「マトリックス」3部作のクリエイターが仕掛ける容赦なきもう一つの未来という言葉に、興味もありお話は民主主義が撤廃されたイギリスの国家を相手に、一人テロ活動を続ける仮面の男、コードネーム「V」。クラシックの音楽を、街中に響かせ、爆破TV局の不法占領政府要人の暗殺をしていきます。一体この男は何者なのかそして、知的で過激な正体不明の男の目的はこの男に絡む女性イヴィー役のナタリー・ポートマンはスターウォーズのエピソード1~3でアミダラ姫を演じた女優さん、V役はヒューゴ・ウィービングというマッリックスシリーズではお馴染みの俳優さんだそうです。(マトリックスは観てません)脚本はウォシャウスキー兄弟(結構有名)過激ですが・・・なかなか面白い

      この映画のサイトはこちらから

     ナタリー・ポートマンが映画の中で長い髪をバリカンで剃ってしまうシーン
     は本番で行われたそうです

ジャンル:
ウェブログ
Comments (13)   Trackbacks (55)   この記事についてブログを書く
« セツ展:小野田昌輝 | TOP | 嵯峨野トロッコ列車に乗りま... »
最近の画像もっと見る

13 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2006-04-25 23:31:45
私もこの映画かなり面白かったです!

ナタリーは髪を切られても美しかったですね~。

頭の形もキレイでした(笑)

そしてVは仮面をつけたままなのに喜怒哀楽が伝わってくるような演技で素晴らしかったと思います。
Unknown (kino)
2006-04-26 22:51:12
はじめまして。TBありがとうございました。

この映画、期待以上によかったです!

予告を観た時点では、妙に思えたVも、とってもステキで・・・。

そしてVの正体を想って 切なくなりました。
mezzotintさん、初めましてTB&コメント有難うございました。 (hide)
2006-04-29 16:02:17
(映画と秋葉原とネット小遣いと日記)のhideです

mezzotintさん、初めましてTB&コメント有難うございました。

ガイ・フォークスの故事も理解してて、コミックやノベルなどで、慣れ親しんだ英国人であれば、最高なのでしょうけど。

確かに、そこいら辺を理解していない観客層には、上映時間に短縮された中で、象徴的なシーン、を駆け足で繋げた感じで、若干、不親切な感じはしましたが。

hideは、案外楽しめましたし、後から深い映画だと思いました。



Ⅴとヒロインとの関係で、大変面白い分析をされてる方(kinoさん)を拝見しました

当ブログのTBの所に有ります。ブログタイトル『目の中のリンゴ』です。

更にⅤとヒロインの深い愛の物語だったのかもしれないと思いました。
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-05-05 00:58:36
echo&コメ、ありがとうございました!

いぁもうあたしは、字幕について行けなくって、、、

置いてけぼりでした、、、

音楽だけが印象に残っている感じ。

またよろしくお願いしますね。
こんばんわ (makura)
2006-05-09 23:22:52
この映画よいですよね。

見る前まではマトリックス並みの映像で

物言う映画化と思って見に行ったのですが、

見てみて驚き!映像もさすがでしたが

話がとてもよく出来ていて、見ごたえがありました。

今年一番の作品ですね!!

あと、GWにタイでMIⅢを見てきましたが、

何分英語でしたので細かいところは

わかりませんでしたが、そこそこ面白かったですよ。7月8日に日本では上映開始です。
TBありがとうございました! (Ken)
2006-08-06 22:17:04
こんばんは!

この作品、クライマックスに結構盛り上がってしまいました。ほぼ全編に渡って抑えた作りだったので余計にラスト・シーンが際立っていたように思います。

現在と殆ど変らない近未来のロンドンの風情も良かったなあ。
TBありがとうございました。 (hyoutan2005)
2006-08-06 22:40:41
TBを頂いたお陰で、久しぶりにこの映画のことを思い出しました。

今年一番に気に入っている作品です。
あのシーンは・・・ (ゆづ)
2006-08-06 23:58:27
こんにちは。

ナタリーさんの丸刈りシーンは

意外に短かったですよね。

あれこそ、誇大広告かも(笑)

脚本はなかなかいいなぁと思いました。



TBありがとうございました。
Unknown (世良)
2006-08-08 00:36:36
TBありがとうございました!こちらからも

お願いしましたm(_ _)m

自分的にはかなり最高の部類に入る映画です!

9月にDVDも出ますし、また見たいですね~
トラックバック、ありがとうございます。 (冨田弘嗣)
2006-08-10 00:42:20
 ちょっと記憶が薄れてきていますが、賛否両論あった映画だと記憶しています。たくさんのトラックバックですね。この時期でたくさんのトラックバックというのは、人気のあるサイトだとわかります。

 読ませてもらい、ありがとうございました。  冨田弘嗣

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

55 Trackbacks

映画「V フォー・ヴェンデッタ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「V フォー・ヴェンデッタ」 第3次世界大戦後のイギリスを舞台に、孤高のテロリスト“V”が国家に立ち向かう政治色の強い近未来映画。 エンターテインメント性が高く、かついろんな考えさせられる要素を含んでいるのでずーっとスクリーンに目が釘付けだった。
Vフォー・ヴェンデッタ/V-FOR VENDETTA (我想一個人映画美的女人blog)
ナタリーポートマンがスキンヘッドになった!という事で話題になっていたこの作品、 去年夏に全米公開のはずが、ロンドンのテロ事件があって結局3月17日に公開延期しちゃった。。。。 トロントのyueが早々に観て、 「ちょっと複雑であんまり\"面白い\"って感じじゃなかっ
過去の悲劇の上にしか、平和な未来は成り立たないのだろうか。『Vフォー・ヴェンデッタ』 (水曜日のシネマ日記)
独裁国家となった近未来のイギリスを舞台に、 国家へと立ち向かうテロリストの物語です。
Vフォー・ヴェンデッタ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  新宿東急の前は、この映画を観る若い人々で大行列であった。劇場の中に入るとほぼ満員で、ハリーポッター以上に混み合っているではないか。  第三次世界大戦後、ウイルスに汚染され独裁者に牛耳られた英国社会から、自由と平和をとり戻そうと立上がっ ...
「Vフォー・ヴェンデッタ」 オペラ座じゃないの? (目の中のリンゴ)
好きです。この映画。 仮面に素顔を隠した黒マントの謎の人物が、美しい娘を 隠れ家に匿い、弟子にする・・・そして ヤツが残すのは 真紅のバラ。 ・・・え?「オペラ座の怪人」じゃないの? ご覧になれば、私がこの映画を好きになるのも、 納得していただける ...
■〔映画鑑賞メモVol.10〕『Vフォー・ヴェンデッタ』(2005/ジェームズ・マクティーグ) (太陽がくれた季節)
こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。 さて、昨日(4/23)のエントリーで触れました、当夜に於ける映画鑑賞ですが、 結局、新宿に於いて、『Vフォー・ヴェンデッタ』(2005/ジェームズ・マクティーグ)の鑑賞と相為りました。 件のエントリーでは、まさしく ...
Vフォー・ヴェンデッタ (Akira\'s VOICE)
革命は一日にして成らず。 されど,変化は一日で実る!
“身体”は朽ちても、“理念”は不死●Vフォー・ヴァンデッタ (Prism Viewpoints)
2005年の夏に公開予定だったけれど、9・11の同時多発テロに考慮して、 公開が先送りになっていた作品。 独裁国家と化した近未来の英国。労働者階級の若きヒロイン、イヴィ
共謀罪に反対しよう「Vフォー・ヴェンデッタ」 (再出発日記)
監督:ジェイムズ・マクティーグ 出演:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング、ジョン・ハート初日に観ました。何の事前知識もなかったのですが、ナタリー・ポートマンのファンとしては当然の行為です。(私は岡山に来なかった一作品を除いて、13作品 ...
★「Vフォー・ヴェンデッタ」 (ひらりん的映画ブログ)
ナタリー・ポートマンが髪の毛剃ってまで出演した・・・って作品。 イギリスが独裁国家になったぁーーー・・・って話だったのかなっ。 詳しい内容を知らずに見てみることに・・・。
『Vフォー・ヴェンデッタ』 2006・4・23に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『Vフォー・ヴェンデッタ』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 第3次世界大戦後の英国、ファシズム国家と化しいた。ある日の夜、秘密警察に捕まったイヴィー(ナタリー・ポートマン)は、仮面の男“V”(ヒューゴ・ウィービング)に救われる。 ...
Vフォー・ヴェンデッタ(ネタバレ有り) (My favorite things)
Vフォー・ヴェンデッタ(映画館) (ひるめし。)
自由を!永遠に! CAST:ナタリー・ポートマン/ヒューゴ・ウィーヴィング/シニード・キューザック/スティーヴン・フライ/ジョン・ハート 他 ■アメリカ/ドイツ産 132分 ナタリー・ポートマンが坊主になった!!とくらいしか話題にならなかった映画。 全然期 ...
映画館「Vフォー・ヴェンデッタ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
予告で観ていた印象と結構違う感じがしました。 なんといっても、仮面の男”V”がもっとアメコミヒーローちっくなのかなって思ったらそうでもなかった。でも、あの仮面を使って、おふざけにならなかったのは凄いねぇ。 なんだか、イヴィーとVの関係が「オペ ...
Vフォー・ヴェンデッタ 06年85本目 (猫姫じゃ)
Vフォー・ヴェンデッタ 上の歯で下唇を軽くかんで、、、ヴィ、、、 あたしと、チャイコフスキーの大序曲「1812年 」との出会いは、今をさかのぼることン十数年前、10才くらいの頃のお話。あたしの母方親族って、音楽好きな人が多くって、その一人、オ ...
【劇場鑑賞41】Vフォー・ヴェンデッタ(V FOR VENDETTA) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人民が政府を恐れるのではない! 政府が人民を恐れるのだ!! 「マトリックス」3部作のクリエーターによる衝撃の宣戦布告
【劇場映画】 Vフォー・ヴェンデッタ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 独裁国家と化した近未来の英国。夜間外出禁止令を破ったイヴィーは、街角で危険に見舞われたところをVと名乗る仮面の男に救われる。不正と暴虐にまみれた政府転覆をはかるVは、手始めに中央刑事裁判所を爆破。国の圧制を糾弾し、11月5日の“ガイ ...
Vフォー・ヴェンデッタ 見てきました。 (よしなしごと)
 今回は私の好きなナタリー・ポートマンが出ていると言うことでVフォー・ヴェンデッタを見てきました。
「V フォー・ヴェンデッタ」観ました。 (GOOD☆NEWS)
4月22日から公開されている「V フォー・ヴェンデッタ」を観ました。(英題は「V for Vendetta」) タイトルの最初の”V”は、”ヴィー”と言う謎の仮面の男の偽名です。そして”ヴェンデッタ”と言うのは、「血の復習」とか「かたき討ち」と言うような意味らし ...
Vフォー・ヴェンデッタ・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「Vフォー・ヴェンデッタ」の舞台は、ナチスに似た超保守政党が支配する近未来のイギリス。 そこでは全ての自由は剥奪され、監視された国民は権力への服従しか許されない。 同性愛者、移民、重度障害者、信仰無き者は社会か
V フォー・ヴェンデッタ (悠雅的生活)
黒いマント、赤い薔薇、仮面の男
Vフォー・ヴェンデッタ (八ちゃんの日常空間)
TOHOシネマズになった六本木ヒルズで、恒例のカウントダウン上映を。人生初のデジタル上映!(フィルムではない!)音もサイコー!。単なるダーク・ヒーローものだと思っていたら、内容が濃く深い。痛烈な反ファシズム・未来社会警告だな。「V(ビジター)」を思 ...
Vフォー・ヴェンデッタ:ネタバレあり (利に勝ちて非に負ける)
話題作らしい「Vフォー・ヴェンデッタ」の試写会に行ってきました。 試写会って、普通のサラリーマンと家事を放棄したオバハンとでは 気持ちよく観れる権利がまったく同等ではない気がしますが、 そのあたり平等主義の方はど
Vフォー・ヴェンデッタ (シャーロットの涙)
国際フォーラムAホールにて ここの会場は広すぎて好きではない。せっかくの舞台挨拶もオペラグラスがないと全然わからないっ!・・・マッチ棒位の大きさだったヒューゴ・ウィーヴィング…爆 舞台挨拶後は観客全員で「V」の仮面かぶって写真撮影~{/kaminari/} ち ...
Vフォー・ヴェンデッタ (龍眼日記 Longan Diary)
人々は政府を恐れるべきではない。政府が人々を恐れるべきだ 政治色の色濃く含まれた作品といったところだろうか。 設定は近未来のイギリス。 夜11時以降は外出禁止令があり、それを破った者は厳しい処罰が待っている。 国は警察や放送局を操りウソの報道 ...
Vフォー・ベンデッタ (カリスマ映画論)
                                                    【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人々よ、゛V゛の意志に集え! 
Vフォー・ヴェンデッタ (tomozoのうれし★たのし★大好き)
ジャパンプレミアに行ってきました!がんばって早めに行ったら、座席はマスコミ席の後
「V フォー・ヴェンデッタ」 (或る日の出来事)
VはVendetta(復讐)のV。 vendettaはイタリア語。もともとは、コルシカ島などの俗習で、一族同士の代々の復讐のことを指す、らしい。マフィアの復讐劇ならば、ぴったりのイメージか。 この映画の解説などを見ると「血の復讐
【映画】V フォー・ヴェンデッタ (セルロイドの英雄)
"V for Vendetta" 2006年アメリカ監督)ジェイムズ・マクティーグ出演)ナタリー・ポートマン ヒューゴ・ウィービング スティーブン・レイ満足度)★★★★ (満点は★5つです) TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて 近未来、独裁国家と化したイギリスで ...
Vに恋して。 (ひょうたんからこま)
『V for Vendetta』鑑賞2回目。(Vフォー・ヴェンデッタ)~今日は少しネタバレあり。映画に出て来る薔薇スカーレット・カーソン。現実には存在しない品種とのこと。小説では「バイオレット・カーソン」と言う品種になっているそうだ。一回目の鑑賞(その時の記事 ...
Vフォー・ヴェンデッタ (まぁず、なにやってんだか)
久しぶりに水曜日が休日だったので、もう一本観たくなり選んだ映画が「Vフォー・ヴェンデッタ」です。「面白いかな?」と半信半疑だったんですが、とても面白く、大絶賛です。 難しいストーリーかと思いきや、わかりやすく、悪者はことごとく悪者として描かれ ...
「V フォー・ヴェンデッタ」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「V フォー・ヴェンデッタ」 公式サイト 劇場鑑賞 ゆづの好き度 ★★★☆ (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年4月22日公開  上映時間132分 「この劇場はヴィー・・・ブイ・フォーバン・・・・ヴァン・・ヴェンダッタ、ヴェンデッタ上映 ...
「Vフォー・ヴェンデッタ」ジャパンプレミア (てんびんthe LIFE)
「Vフォー・ヴェンデッタ」ジャパンプレミア 東京国際フォーラムホールAで鑑賞 大袈裟な演出ですが、お客さん全員に仮面が配られました。みんなに被れって!でもね、2Fの15列では被ったところでカメラには100%映りませんのよ。だから被りませんでし ...
Vフォー・ヴェンデッタ (色即是空日記+α)
全体的には面白かったです。時間を感じさせない映画でした。曖昧な表現しちゃうのは、かなり政治色が強いなぁ って感じたから。褒めるのもけなすのも簡単。。。。
「Vフォー・ヴェンデッタ」 (the borderland )
ウォシャウスキー兄弟が脚本ということで楽しみにしてました。監督は違うものの、うまく表現できないのですがデジャブのように同じような映像(時間や人は違う)を繰り返し使うのは、ウォシャウスキーらしいなと思いました。ただ「マトリックス」のような派手さは ...
V フォー・ヴェンデッタ/ V for Vendetta (きょうのあしあと)
「思い出せ、11月5日の出来事を」 監督:ジェイムズ・マクティーグ 脚本:アンディー・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー 出演:ナタリー・ポートマン、 ヒューゴ・ウィーヴィング、 スティーヴン・レイ、 スティーヴン・フライ、 ジョン・ハート ...
「Vフォー・ヴェンデッタ」  V for Vendetta (俺の明日はどっちだ)
独裁国家と化した近未来の英国。労働者階級の若きヒロイン、イヴィー(ナタリー・ポートマン)は絶体絶命の危機に見舞われたところを“V”とだけ名乗る仮面の男(ヒューゴ・ウィービング)に命を救われた。 いくつもの顔をもつVは、華と教養を兼ね備えた紳士であ ...
『 Vフォー・ヴェンデッタ 』 (My Style)
『 Vフォー・ヴェンデッタ 』 を観た。 舞台は、独裁国家となった近未来のイギリス。 抑圧から国民を解放しようとする仮面の男“V”。 ガイ・フォークスの成しえなかった計画を引き継ごうと 独裁政治のシンボルである国会議事堂を爆破しようとしていた。 が ...
映画@V フォー・ヴェンデッタ (sattyの癒しのトビラ)
独裁国家と化した近未来の英国 夜間外出禁止令を破ったイヴィーは、街角で危険に見舞われる そこへ現れたVと名乗る仮面の男 不正と暴虐にまみれた政府転覆をはかろうともくろむV 11月5日の“ガイ・フォークス・デー”に国会議事堂前に 集結するよう市民に呼びか ...
Vフォー・ヴェンデッタ(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジェイムズ・マクティーグ 【出演】ナタリー・ポートマン/ヒューゴ・ウィービング/スティーブン・レイ/ジョン・ハート 【公開日】2006/4.22 【製作】アメリカ 【ストーリー】 近未来のイギリス。イ
Vフォー・ヴェンデッタ (Under・the・filter)
総評:★★★★★ 観てきました!マジ面白かったです!すげー!やべーカッコイイ!! 最初は政治色の強そうな話であまり興味なかったんですが、 前評判がとてもいいから見てみようよーという言葉に乗せられ行ってきましたw りめんばーのべんばー。ふぃふす ...
Vフォー・ヴェンデッタ (活動写真評論家人生)
動物園前シネフェスタ 緻密で丁寧で奇抜で残酷だ。世界中の戦争、内戦の裏側にいつも立っていることを自国が認めた形になっている。本作は、政府や役人から嫌われたことだろう。よく映画化し、そして日本へもやっ
Vフォー・ヴェンデッタ (日々映画三昧)
オフィシャルサイト → Vフォー・ヴェンデッタ 独裁国家と化した近未来の英国。夜間外出禁止令を破ったイヴィーは、街角で危険に見舞われたところをVと名乗る仮面の男に救われる。
14年後・近未来への警鐘/『Vフォーヴェンデッタ』 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●Vフォーヴェンデッタ●V FOR VENDETTA 監督:ジェイムズ・マクティーグ  出演:ナタリー・ポートマン/ヒューゴ・ウィービング/スティーブン・レイ/ジョン・ハート 製作:2005年 イギリス/ドイツ  132分 先週の水曜に高崎109シネマズにて鑑賞。レディ ...
Vフォー・ヴェンデッタ (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
マトリックスのウシャウスキー兄弟の脚本。 マトリックスのエージェント・スミス、ヒューゴ・ウィービングが 仮面とマントに身を包んで、反政府活動をする。 単なる勧善懲悪映画ではない。 おそらく、好みのわかれる映画。
Vフォー・ヴェンデッタ (V For Vendetta) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジェームズ・マクティーグ 主演 ナタリー・ポートマン 2005年 イギリス/ドイツ映画 132分 アクション 採点★★ あれ?この映画の舞台、近未来のイギリスってことになってるけど、メディア操作と自作自演めいた惨事で国民の恐怖を煽り、その恐怖を基に国民の ...
33.V フォー・ベンデッタ (レザボアCATs)
「マトリックス」製作チーム、ウォシャウスキー兄弟による、とても良質のエンターテイメント。近未来サスペンスアクション。 すごく歯切れの良いテンポで、次々に展開される、謎の存在“V”の織り成す、魔法のような手際の、事件の諸々。次に何が起こるのか、“V ...
VforVendetta「V フォーウ゛ェンデッタ」 (桜の樹の下で)
気に入り度:★★★★☆英語難易度:普通~難 イギリス英語DirectedbyJamesMcTeigueWritingcreditsAndyWachowski(screenplay)&LarryWachowski(screenplay)Genre:Action/Drama/Sci-Fi/ThrillerPlotOutline:Ashadowyfreedomfighterknownonlyas"V"usesterroristtac ...
Vフォー・ヴェンデッタ ~劇場(招待券)にて~ (三日月のしっぽ。)
  Vフォー・ヴェンデッタ・・・評価 4.5   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 第3次大戦後、独裁国家となったイギリス。 ある夜
TAKE 18「V FOR VENDETTA」 (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第18回目は「V FOR VENDETTA」です。 この作品は映画館で見たかった作品のひとつです。 残念ながらDVDで見る事になってしまいましたが 発売と同時にすぐに観ました。 脚本は「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟が担当したことで 話題となった作品 ...
【洋画】Vフォー・ヴェンデッタ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力4/テンポ3/合計41) 『評論』 ガイ
Vフォー・ヴェンデッタ (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 イギリス/ドイツ 上映時間 132分 監督 ジェームズ・マクティーグ 製作総指揮 ベンジャミン・ウェイスブレン 脚本 アンディ・ウォシャウスキー 、ラリー・ウォシャウスキー 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 ナタリー・ポ ...
Vフォー・ヴェンデッタ…仮面な演技で思い出すのは東映ヒーローの悪役でした (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
クリスマスイブです{/star/} ブログの画像(Vフォー・ヴェンデッタのパッケージ写真)も何となくクリスマスな色合い。 子供のクリスマスプレゼント{/presents/}として、今年は上の子(息子)に服を買ってあげて、 下の子(娘)には、ニンテンドーDSの某ソフト(& ...
<Vフォー・ヴェンデッタ>  (楽蜻庵別館)
2005年 アメリカ 133分 原題 V for Vendetta 監督 ジェームズ・マクティーグ 脚本 アンディ・ウォシャウスキー  ラリー・ウォシャウスキー 撮影 エイドリアン・ビドル 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 イヴィー:ナタリー・ポートマン    V:ヒュー...
Vフォー・ヴェンデッタ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『自由を! 永遠に!』  4/22公開のコチラの映画の試写会に行って来ましたぁ~♪ナタリー・ポートマンがスキン・ヘッドにしちゃったり、ヒューゴ・ウィーヴィングが徹頭徹尾仮面を着けての出演、ウォシャウスキー兄弟の最新作など話題も盛りだくさんの映画ですね。...