銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

涙と感動!フラガール♪

2006-09-27 | 映画:ミニシアター

  
涙が止まらない映画「フラガール」昭和40年石油の登場によって、閉鎖を迫れる炭鉱町。その北国の町を、常夏の国ハワイに変えようという起死回生の大プロジェクトが持ち上がった。目玉となるのはフラダンスショー
誰も見たことがないフラダンスを炭鉱娘に教えるために東京からダンサーがやって来た。旬を過ぎ、しがらみを抱える彼女は、最初は嫌々ながら教えるのだったが・・・。肌を露に腰蓑をつけて踊るなんて恥とされた時代、生きるためにひたむきに踊る娘たちの姿に、いつしか忘れかけた情熱を思い出してゆく。しかし世間の風当りは冷たく、教える相手はまったくのド素人

果たして常夏の楽園は誕生するのか?オープンの日は迎えられるのか?

主演松雪泰子の迫真のダンス
彼女が演じるのはSKD(松竹歌劇団)で活躍もしたことがあり、ハワイでフラダンスを習ったというふれこみで、東京からダンスを教えに来る平山まどか役。鼻持ちならない東京の女が、踊りに集中する娘達と接するうちに、激しくも懐の深い教師へと変貌していく。その大きな変化をとげる役を、松雪泰子は見事に演じているダンス教室で踊るタヒチアンダンスは凄い迫力を感じる彼女は三ヶ月猛特訓したそうだ。その成果はこの踊りから、伺い知るものがあるそれからまどか先生のファッション・ヘアスタイルも注目60年代の粋なもの・・・・。おしゃれとは無縁の炭鉱町をこのいでたちで闊歩するうらびれた居酒屋で酒をあおる姿もかっこいいこんな洗練された女性が教えてくれるのだからこそ、ダンスも上達するのかも

若き女優蒼井優・山崎静代(南海キャンデーィズ)
炭鉱に咲く花となるフラガールを演じる面々も厳しい特訓を耐えて、華やかな踊りを披露蒼井優は本当に素晴らしい女優さん、演技もさることながら、踊りも素晴らしい。ラストでのダンスシーンは松雪さんに負けず良かった静ちゃんはこの映画で、女優デビューあの独特のテンポでなかなかいい

脇を固めるベテラン俳優豊川悦司・冨司純子・高橋克実・岸部一徳
炭鉱町の人々にも演技力の素晴らしい俳優さんたちばかりで結集!豊川悦司もいつものイメージとは違い、無骨だがやさしい男を演じていた。冨司純子は炭鉱町のたくましい母を素晴らしく演じていた。なんといっても岸辺一徳ハワイアンセンターの仕掛け人漂々とした演技がたまらない・・・・。

  

追記:楽しいけど、泣けてしまう映画でした。常磐ハワイアンセンターはスパリゾートハワイアンズという名称に変わり今も健在です。そして平山まどかさんも70歳で、フラガール育成のため、現役で頑張っておられるそうです。

  映画「フラガール」オフィシャルサイト 公式サイトです

   素晴らしい施設に変身!こちらから スパリゾートハワイアンズ

 

 

Comments (20)   Trackbacks (127)   この記事についてブログを書く
« コリン・ファレル★「フォーン... | TOP | 日本以外全部沈没!! »
最近の画像もっと見る

20 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あっしゅ)
2006-09-27 12:29:21
TBありがとうございます。

こちらからもTBさせていただこうと思いましたが

なんだかできないようですので、コメントさせていただきます。

この作品はすごく良かったです。

いままで観た映画の中で一番涙と鼻水が出ました。

文句無く10点+1点です!

時代の流れの中で対立から融和への向う、様々な人々の見応えがある物語でした (たろ)
2006-09-27 20:39:00
こんばんは。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。



この作品は、様々な味わいを感じさせる丁寧な物語展開、松雪泰子さん、蒼井優さん、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さんをはじめとした女性陣のフラダンス、脇を固める豊川悦司さんや岸部一徳さんなど、出演者の皆さんの優れた存在感、そして、これらをまとめた李相日氏の優れた手腕が光った、見事な映画でありました。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



松雪泰子 (パフィン)
2006-09-27 21:21:33
TBありがとうございます♪

松雪泰子の演技を期待して観にいったのですが、

ダンスも素晴らしく、蒼井優ちゃんたちを感動させる

だけのオーラを放っていましたね~。

本当に良い映画でした☆
岸辺一徳 (kossy)
2006-09-28 00:23:04
松雪さんに訛りでまくしたてるシーンが凄かったです。あれ、一徳さんって東北出身なのかしら・・・などと思ってしまいましたが、京都出身なんですね・・・しずちゃんも同じ。
涙が・・・ (kino)
2006-09-28 00:29:19
こんばんは!なかなかお伺いできず すみません!

ボロ泣きの映画でした。

まさかこんなに気持ちよく泣かされるとは・・・

映画館で見ていて”うっ・・”と声が出そうになったのは

「旅するジーンズと16歳の夏」以来。

みんな ホンモノのフラガールになりきってましたね!

優ちゃんのダンスは圧巻でした。
TBありがとうございます (きらら)
2006-09-28 10:22:18
こんにちは。

ほんっと面白くって感動の映画でしたねー。

どのキャストもぴったり♪いい感じでした!

もう一度スクリーンで見たいな、と当然思える作品でしたね
ブログにTBありがとうございました。 (jamsession123go)
2006-09-28 20:03:53
こんにちは、jamsession123goです。

ブログにTBありがとうございました。

この映画では、富司純子の迫力にやられました。

やっぱ、大女優は違いますね。

感動でした。
こんばんは♪ (ミチ)
2006-09-29 23:39:49
mezzotintさん、TBありがとうございました。

なんだかあれこれ多忙ですっかりご訪問が遅れてしまいゴメンなさい。

実話を基にしているだけあって、なんだかとても良かったです。

ダンスの先生がまだご健在でいらっしゃるというのもいい話ですよね。

ダンスシーンのある映画は大好きなんですが、これにもすっかりやられてしまいました。
岸辺一徳 (マダム・クニコ)
2006-09-30 21:52:45
>なんといっても岸辺一徳



彼の演技で一層、本作が輝きましたね。



女性は強く、男性は優しく・・・・・・。

ここが気に入っています。
Unknown (Betty)
2006-10-01 21:13:44
廃坑の町を観光スポットにするお話を先日TVでみました 平山まどかさんも写っていました  また、タヒチのフラダンスショーはずーと以前伊良湖ビューホテルで見たことを懐かしく思い出しました

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

Similar Entries

127 Trackbacks

フラガール (Akira's VOICE)
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
「フラガール」観てきました! (Feel The Moon ~ミン友だより~)
仕事を終えて相方と次女を連れ出し、途中でデート中の長女をかっさらい映画を観に行きました。 「フラガール」http://www.hula-girl.jp/index2.html 「探偵!ナイトスクープ」録画ついでに「フラガール」のメイキング番組を録画してしまったのがいけなかった ...
フラガール (何を書くんだろー)
「フラガール」 評価 ★★★★★★★★★★ (絶対的賞賛作品) 『あらすじ』  昭和40年、福島県いわき市。炭坑町として賑わいを見せるも時代の移り変わりより石炭から石油へ とエネルギーの需要は移ってゆく。そんな町で暮らす高校生の早苗 ...
『フラガール』 (京の昼寝~♪)
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、藤純子、岸部一徳 ...
感想/フラガール(試写&劇場) (APRIL FOOLS)
個人的にはここ数年でベスト。9月23日公開、李相日(リ・サンイル)監督最新作『フラガール』に涙止まらず。オレがチケット代出してでもみんなに観てほしい傑作なので、長いけど読んでくれろ。   フラガール 昭和40年、石油の登場でいわきの炭鉱は閉鎖寸前。 ...
『フラガール』 (試写会帰りに)
『フラガール』試写で鑑賞。真っ直ぐな作りに初めは「ちょっとクサイかな?」と思いましたが、その後何度か泣かされました(T_T) 常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇跡の実話。シンプルだけど、実話なだけあって素直な ...
フラガール/松雪泰子、豊川悦司、蒼井優 (カノンな日々)
南海キャンディーズのしずちゃんが一人で踊っていた劇場予告編はかなり以前から見せられていたので、全容が掴めないものの何だか気になる作品だったわけですが、公開が目前にして宣伝量も一気にアップしていくに従って前評判おグングンと高まっていきましたね。い ...
フラガール (2006) 120分 (極私的映画論+α)
 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。そこで、起死回生のプロジェクトとして豊富な温泉を利用したレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”が計画された。そして、目玉となるフラダ ...
フラガール (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
         フラガール(2006年、シネカノン) http://www.hula-girl.jp/index2.html 監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、富司純子、岸部一徳、他          時代の波で閉鎖に追い込まれた、とある炭 ...
「フラガール」 (しんのすけの イッツマイライフ)
いや~~ビックリしました。   しずちゃんが出ている場面では、 他の出演者の存在を喰ってしまっていると思いましたよ。 ひょっとしたら女優さんで化けるかも?、、、ですよ(^^;   全体的に本当に気持ちよく映画を見ることができました。
今年の邦画ベストワン候補「フラガール」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
米アカデミー賞にも 日本代表として出品されますね。 そんなに期待せずに見たのに 今のところ今年の邦画ベスト1に 選出したい 「フラガール」が 9月23日より公開されます。 昭和40年 エネルギー革命により閉鎖が迫る炭鉱のまち。 そこでは北国をハワイに ...
『フラガール』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『フラガール』鑑賞レビュー! 感動の映画化だっぺ!観てくんちぇ! フラ、踊っぺ! 人生には降りられない舞台がある…。 常磐ハワイアンセンター ★(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生を支えた人々の奇跡の実話 まちのため、家族のた ...
フラガール (UkiUkiれいんぼーデイ)
今年、私の観た中で第1位に輝きました! 良いとは聞いていましたが、これほど感動できるとはっ! 脚本、監督、撮影監督、美術監督、音楽、もちろんキャストも含めて全てが最高だ! 特筆したいのは、それぞれがバッチリ適役だった俳優陣です。 と ...
37 フラガール (毎週水曜日にMOVIE!)
この試写会もすごく盛況。私もとても見たかったのでうれしかった。だいたい松雪泰子はきっぷがよくて素敵だし、蒼井優は宮崎あおいと並んで、今後の日本映画を支えていくでしょう。 昭和40年。炭鉱の町常磐は石油に取って代わられる時代の波においていかれそう ...
『フラガール』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「まいったな。 まさか、李相日監督の映画で涙が出るとは思わなかった」 ----『69 sixty-nine』のこと、 いつもよく言わなかったものね? でも、これもあ ...
「フラガール」無謀な夢構想を現実にした炭鉱の人たちと娘たちの情熱ダンス (オールマイティにコメンテート)
「フラガール」は昭和40年に炭鉱の町だったいわき市に炭鉱に変わる事業として炭鉱会社が構想した「常磐ハワイアンセンター」開場までを描いた実話のドリームストーリーである。当時海外旅行(ハワイ旅行)が夢だった時代に全くあり得ないシュチエーションの構想 ...
試写会鑑賞 なかのZEROホールにて ~ 李 相日 「 フラガール Hula Girl 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇り、時々雨の水曜日です。 今日は、先週の金曜日 一足先に なかのZEROホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、李相日氏監督、松雪泰子さん主演の新作映画について。 『 フラガール 』 ( ‘06年 日本 ) 《 STAFF 》 監督 : 李 ...
「フラガール」で感動(;θ;) (Thanksgiving Day)
招待券をもらったので、映画「フラガール」の試写会に行ってきました!! 今回は特別試写会ということで、音楽を担当したハワイ出身のウクレレ奏者ジェイク・シマブクロのちょっとしたライブがあったり、マスコミ用の撮影タイムがあったりと映画が始まる前にもか ...
『フラガール』情熱に拍手! (ミックスランチ2号)
ダンス教師と少女達の友情と成長を、歓びと癒しのハワイアンミュージックの 爽快なサウンドで贈る、ダンスムービー 『フラガール』を観てきました。もうねぇ、こんなに感動と興奮したのっていつ以来だろう?
*フラガール* (Cartouche)
{{{      ***STORY***           2006年    日本 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワ ...
フラガール (パフィンの生態)
李相日監督、脚本、2006年日本。 常磐ハワイアンセンターが誕生するまでを描いた映画。 あきらめない姿、お互いを支えあう姿、理解し、和解する姿に感動! 生活のために、自分のために、初めてフラダンスに挑戦する少女たち (蒼井優、徳永えり、山崎静代など ...
フラガール (そーれりぽーと)
南海キャンディーズのしずちゃんが出演しているという情報だけで、『ウォーターボーイズ』や『SWING GIRLS』のような軽いノリの映画かと決め付けて期待をしていた『フラガール』を観てきました。 ★★★★ 想像していた内容とは全く違い、昭和四十年の閉山の危機 ...
『フラガール』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
「いくぞ! フラガール!」 ハワイアンのメロディと、情熱的なフラダンスに、魅了されっ放しの約2時間。 身も心もすっかりハワイの気分です。(笑) 東北発の炭鉱娘のハワイ行き物語は、実に面白くて、嬉し泣き・悔し泣き…、涙、涙のサクセスストーリーで、私た ...
「フラガール」 (てんびんthe LIFE)
「フラガール」九段会館で鑑賞 またまた昭和のお話です。昭和40年。当時福島県の炭鉱町で炭鉱を閉山し、あの『常磐ハワイアンセンター』をつくっていった実話だそうです。昭和の時代を回顧する作品がこのところ続いて公開されていますが、なんでこんなに辛く ...
フラガール (5125年映画の旅)
昭和40年、閉山の危機に見舞われた東北の炭鉱町は、起死回生のために炭鉱からの温泉を利用したレジャー施設、『常磐ハワイアンセンター』を建設する。その施設の目玉であるフラダンスショーに情熱を賭けた女性達を描いた、実話を元にした物語。 この映画は素 ...
フラガール・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今から40年ほど前、東北の田舎町に、突如として「ハワイ」が出現した。 斜陽産業となっていた炭鉱の失業対策として、掘削のさいに湧き出る温泉とその熱を利用し、巨大なドームの中に常夏のハワイを再現した温泉リゾートを作った
フラガール / HULA GIRL (きょうのあしあと)
「人生には降りられない舞台がある」 監督:李相日 脚本:李相日、羽原大介 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実 公式HP:http://www.hula-girl.jp 鑑賞:TOHO Cinemas ...
フラガール (☆★ななこぉのけせらせらブログ☆★)
「フラガール」を鑑賞。
フラガール (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 今日は邦画お得意の”ちょっといい話”シリーズの新作、「フラガール」を観てきましたよ~。  昭和40年、炭鉱が下火になった福島県いわき市が舞台。  石炭から石油へと燃料の需要が変わり炭鉱が次第に縮小されつつある炭鉱町。  そこで市は街の再生のた ...
フラガール (ネタバレ映画館)
でかい・・・しずちゃん。
「フラガール」 涙・涙・・・ (目の中のリンゴ)
楽しみにしていた映画でした! 公開初日、早速観てきました。 「フラガール」 (2006年・日本) 福島県の常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生秘話とも言える物語。 昭和40年、衰退する炭鉱の街をなんとか甦らせようとする 一大プロ ...
フラガール (愛猫レオンと年間170本映画生活)
映画が終わっても明るくなるまで誰も席を立ちませんでした。 シネコンでは、こんな事めったにないです。 ほとんど泣く事のないワタシも目頭が熱くなって鼻がズルズルでした。 実は公開日に見て、この素晴らしさを多くの人に伝えなきゃ!と思っても文章が書け ...
フラガール/試写会 (如意宝珠)
フラガール    http://www.hula-girl.jp/ 監督: 脚本: 李相日 脚本: 羽原大介 撮影: 山本英夫 美術: 種田陽平 音楽: ジェイク・シマブクロ 出演: 松雪泰子 >平山まどか     豊川悦司 >谷川洋二朗     蒼井優 > ...
フラガール☆独り言 (黒猫のうたた寝)
バスを降りた少女が見つけた1枚のチラシ それが・・・運命を変えた。 このままじゃ、イヤだ!何かを変えたい! 『フラガール』観てきました。 冒頭の映像、結構好きだなぁ~ クラクション鳴らされて、慌ててよける少女の遠景から、手にとるチラシまで それ ...
映画~フラガール (きららのきらきら生活)
  「フラガール」公式サイトあやうくスルーしそうになった。。。!気づいてよかった。。。 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設 ...
『フラガール』 (takin' it easy)
ほんっとにオススメ! こんな素敵な映画、久々に観ました☆ 常磐ハワイアンセンター創立の実話に基づく映画で、 リストラが続く炭鉱の町の生き残りをかけた一大プロジェクトがフラ。 松雪泰子さん演じるダンス教師と、炭鉱娘のレッスンが始まる・・・ と ...
「フラガール」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「フラガール」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実、岸部一徳、富司純子 *監督:李相日 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブ ...
フラガール (欧風)
さて、映画観まくってる私ですが、以前書いたのが「スーパーマン リターンズ」で、8月の帰省時に観たもので、なんと9月はまだ1本も観てない事に気付いた!まあ、道の駅巡りまくったりしてて、休み中朝から晩まで車で走り回っていて観に行く暇が無かったという ...
『フラガール』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
「いくぞ! フラガール!」 ハワイアンのメロディと、情熱的なフラダンスに、魅了されっ放しの約2時間。 身も心もすっかりハワイの気分です。(笑) 東北発の炭鉱娘のハワイ行き物語は、実に面白くて、嬉し泣き・悔し泣き…、涙、涙のサクセスストーリーで、私た ...
【劇場鑑賞101】フラガール(hula girl) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
昭和40年 東京から来た カリスマダンサー 集められた 炭鉱の娘たち 北国を常夏の楽園に!! 40年の時を越え語られる奇蹟の実話。 人生には降りられない舞台がある――― まちのため、家族のため、友のため、 そして自分の人生のた ...
映画「フラガール」 (いもロックフェスティバル)
映画『フラガール』を観に行った。 男女問わず年齢層問わず、人にオススメできる映
☆ 映画 『フラガール』 ☆ 今年72本目 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
フラダンスを習ってる母に観せてあげたくて参加した試写会だったので、私としては全然期待してなかった。 でも、それは間違い、大間違い。良かった、感動したぁ~~~!! なんといっても素晴らしかったのは、ダンス・シーン。 撮影前に3ヶ月間猛特訓しただけあ ...
フラガール (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
監督=李相日。撮影=山本英夫。美術=種田陽平。音楽=ジェイク・シマブクロ。 本年度・アカデミー外国語映画賞候補の日本からの選出作品。 福島県の常磐ハワイアンセンター誕生の実話映画化。☆☆☆☆★
映画「フラガール(HULA GIRL)」 (わかりやすさとストーリー)
●現代を有利に生きる「シフト」を厳しくも暖かいやさしさで包んで描く、二極分化の両サイドにマッチさせる題材選びがあっぱれな一作●海外ヒットも間違いなし。影の主役「シフトする吉本紀夫」の胸中を想像せよ。
フラガール (まぁず、なにやってんだか)
公開一週間でとても評判がいいようなので、「フラガール」を観に行ってきました。 評判どおり、とてもいい映画で、見終わったあとの満足感もあり、あたたかい気持ちになれて、泣けて笑えて大満足でした。 出演者の啖呵のかっこいいこと。平山まどか(松雪泰子 ...
フラガール:スマイル!そして涙! (「朱雀門」という方法・第2章)
★監督:李相日(2006年 日本作品) 京都シネマにて鑑賞 公開初日ではあるものの、埋まった座席は6...
【劇場映画】 フラガール (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。目玉となるのは、フラダンス ...
凝り固まった心が解きほぐされていく。『フラガール』 (水曜日のシネマ日記)
昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に描かれた物語です。
映画「フラガール」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「フラガール」 昭和40年、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描く。 「黒いダイヤ」ともてはやされた石炭の時代も終焉を迎えつつあり、危機的状況にある炭 ...
フラのメロディの乗って♪東北の奇跡の実話/『フラガール』李 相日監督 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●フラガール● ●監督;李 相日 ●脚本:李 相日,羽原 大介 ●美術;種田 陽平 ●音楽;ジェイク・シマブクロ ●舞踊振付・フラダンス指導;カレイナニ早川 ●企画・プロデュース:石原 仁美 ●製作;李 鳳宇 出演;松雪 泰子/豊川 悦司/蒼井 優/山 ...
『フラガール』 (**Sweet Days**)
監督:李相日 CAST:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司 他 昭和40年、福島県の炭坑に誕生したハワイアンセンターにまつわる実話を映画化。 福島県いわき市、常磐炭坑は時代の流れと共に閉山の危機に追い込まれていた。そんな中、「ハワイアンセンター」の計 ...
「フラガール」 (やまたくの音吐朗々Diary)
間もなく公開される「フラガール」の試写。すばらしい感動作。昭和40年、エネルギー革命により炭坑閉鎖の危機が迫る福島県いわき市。そこでは、北国をハワイに変えようというプロジェクトが持ち上がっていた。その目玉となるフラダンスショーに出演するダンサーを ...
フラガール/場所を巡って             (マダム・クニコの映画解体新書)
 冒頭、斜めの構図が提示される。  少女が2人、将来への不安を語り、ボタ山から斜めに滑り降りる。  集会所の「一山一家」の額が傾き、炭坑が斜陽産業であることが分かる。 窓、戸、カメラのファインダーなどから、のぞき込むシーンが多用される。 本作 ...
フラガール (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ  監督:李相日  出演:松雪泰子      豊川悦司      蒼井優      山崎静代 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり閉山が 相次ぎ町は先細りの一途をたどっていた。そこで起死回生のプロジェク ...
きっちり作った再生物語 「フラガール」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_osusume/} フラガール 言いたいこともあるにはあるけど、これだけ泣かせてもらえれば十分でしょう。 いや、泣けた泣けた。 涙そうそう、ですよ。 見終わった後鏡を見たら、ウサギか私か、というくらいに目が赤かったです。 田舎娘もいい ...
「フラガール」 (俺の明日はどっちだ)
仲良くさせてもらっているブロガーの人たちもほとんどが諸手を挙げて賞賛に次ぐ賞賛の話題作。 そして他でもここで号泣したとか、涙なくしては見られなかったとか、泣か、き、く、くる、くれ、けよの「か行変格活用」の雨嵐。 そりゃあご贔屓の岸部一徳は見事だっ ...
フラガール(映画館) (ひるめし。)
未来をあきらめない 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:李相日 出演者:松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/岸部一徳 時 間:120分 [感想] フラガールたちのひたむきさに泣けた。 久しぶりに映画みて泣けた。 全然期待せずにいったらヤラれた!!っ ...
フラガール (小部屋日記)
(2006/日本)【劇場公開】 久々、劇場で号泣・・・それも清々しい涙。 「山をハワイにすれば、みんな幸せになれる!!」 それを信じて、女性たちは踊る。 前に向かって進む心意気。 「踊っぺ!」 ラストのフラダンスシーンは圧巻!!! 思わず拍手しそうになりま ...
映画鑑賞記「フラガール」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.10.01 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  常磐ハワイアンセンター(現在は、スパリゾートハワイアンズ)の誕生物語。そこには、日本の産業を支えてきた炭鉱の落日を前に、炭鉱の町を「常夏の楽園」に変えようと奮闘する炭鉱娘たちのドラ ...
フラガール (とんとん亭)
「フラガール」 2006年 日 ★★★★★ めちゃめちゃ感動します! 昭和40年福島県いわき市。炭鉱の町だったが、時代が炭鉱を 必要としなくなり、閉鎖の危機にあった。会社は破格な金を投じて 東北の片田舎に レジャー設備“常磐ハワイアンセ ...
フラガール (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
泣いて笑って、笑って泣いて...。最後まで楽しめる作品に仕上がっていました。 昭和40年。「もはや戦後ではない」という言葉が実感を持って語られるようになった頃の日本。それまで石炭に頼っていたエネルギー源が石油に置き換えられていき、炭鉱が次々と閉 ...
愛と勇気と感動のエンターテイメント・・・【フラガール】(2006年13本目) (ON THE ROAD)
うっ! キ・・キタ━━━━(T∀T)━━━━!! な・・涙が止まらないよ~ 観たい映画が数本あった。 なんとなく心に刺激がほしくて感動大作か仕掛けが大掛かりな映画を 観ようかなと具体的には決めずにシネコンに向う。 しかし候補に挙げていた映画は全部上映 ...
フラガール (活動写真評論家人生)
動物園前シネフェスタ  『しこみ』または『しこむ』という言葉がある。映画業界の『しこみ』とは、撮影にかかるまでの時間をいう。クランクインまでがしこみ時間になる。私は観ながら「随分と時間をかけた大変な
フラガール (八ちゃんの日常空間)
一部、ベタだ、ベタだ、という意見もあるだろうが、ベタでなければ映画ではない。「プロジェクトX」のようなドキュメンタリーになってしまうだろう。 映画だからこそ、笑いあり、涙ありでいいのだ。 スーパーマン・リターンズを抜いて今年ナンバーワン!
フラガール (八ちゃんの日常空間)
一部、ベタだ、ベタだ、という意見もあるだろうが、ベタでなければ映画ではない。「プロジェクトX」のようなドキュメンタリーになってしまうだろう。 映画だからこそ、笑いあり、涙ありでいいのだ。 スーパーマン・リターンズを抜いて今年ナンバーワン!
腰 ~「フラガール」~ (サナダ虫 ~解体中~)
李相日監督作品、松雪泰子主演の、 映画 「フラガール」を観た。 米アカデミー賞外国語映画部門、日本代表出品作品。 昭和40年代。 福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、 フラダンスショーを成功させるために奮闘する人 ...
『フラガール』 (Brilliant Days)
前半は笑いっぱなし・・ 後半は泣かされっぱなし・・ 『フラガール』2006年 日本 (祝!アカデミー賞外国語映画賞日本代表選出) 監督/脚本:李相日「69sixtynine」 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代(南海キャンディーズ・し ...
フラガール  (シュフのきまぐれシネマ)
フラガール @ユナイテッドシネマとしまえん 9・30(土) ? 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代  岸部一徳 富司純子 公式サイトはコチラ 昭和40年・福島県常磐炭鉱 かつては黒 ...
「フラガール」(1) (「境界に生きた心子」)
   昨日「映画の日」、話題の 「フラガール」 を観てきました。  かなり 涙腺を刺激されました。    昭和40年、長年 隆盛を誇った 福島県の炭鉱も、  石油に取って代わられる 時代の流れにあって、閉山の危機に迫られています。  起 ...
フラガール (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
監督=李相日。脚本=羽原大介。撮影=山本英夫。美術=種田陽平。音楽=ジェイク・シマブクロ。 本年度・アカデミー外国語映画賞候補の日本からの選出作品。 福島県の常磐ハワイアンセンター誕生の実話映画化。☆☆☆☆★
フラガール(試写会) (なんちゃかんちゃ)
昭和40年、閉山のピンチに陥った福島県の炭鉱町。そこで、炭鉱会社は町の活性化のためにレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の設立を提案。炭鉱娘たちにフラダンスを教えるため、東京からダンサーのまどかを呼ぶ。
【MOVIE 】フラガール (思いつくままに)
■観賞日:2006年9月25日 ■観賞場所:川崎チネチッタ ■感想など 実話を元にした作品 常磐ハワイアンセンター(今は、スパリゾートハワイアンズ)誕生にまつわる、 地元の炭鉱で働く人たちとハワイアンセンターで踊るフラガールたちの感動のお話 最近、涙もろく ...
『フラガール』熱い女性たちのハワイアン (演劇と本とTVと漫画とかにまつわるエトセトラ)
母方の実家が福島なので、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)何度か行ったことあります。 『フラガール』   監督:李相日 出演:松雪泰子 蒼井優 豊川悦司他 atシネプレックス幕張 私的満足度:★★★★☆ 昭和40年。時代の波に押さ ...
映画:フラガール 試写会 (駒吉の日記)
フラガール 試写会@九段会館 「てれすけー」 西日本、しかも海を隔てているのもあり、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)ってこちら(関東)に来るまで知りませんでした。こちらの人にとっては「伊東に行くならハ・ト・ヤ~♪」くら ...
フラガール (Still Life--極東喫茶室より)
そういや英語で"hula"(フラダンス)って、アクセントが「フ」なんですよね・・・。「フーラダンス」と発音。 "hula hoop"(フラフープ)の「フラ」も、フラダンスの「フラ」なので、英語で言うときは「フ」にアクセント。「フーラフープ」でないと通じない。 だか ...
フラガール (気まぐれ961部隊!)
本日公開初日、朝一番に観て来ました! 『フラガール』#%V:261%# ・・・久しぶりの良作です#%V:100%# (チラシの画像はクリックで拡大。裏面はコチラ)
フラガール (シネ・ガラリーナ)
2006年/日本 監督/李相日 ダンスものの映画って好き。目覚めたのは「愛と哀しみのボレロ」のジョルジュ・ドンだった。(ふる~)バレエって、軽やかなお嬢様なの踊りだと思っていた私は、彼のダンスを観て頭をカナヅチで殴られたくらいショックを受け感動 ...
フラガール  (えびさわちるどれんの映画缶 「世界のみなさんさようなら」 物語の終わりははっぴぃえんどがいいのだ。)
フラガール その1 ? えぇ、今日の夜はマイボスが終わった為、電車男と特命係長の一騎打ちになりそうですね。 ? しかし、どうにも一昨日位から体調が、すこぶる悪いです、 ? 雨の中、牛丼を探したり、辛すぎるラーメンを食べたりしたせいか、熱っぽい… ...
フラガール (えびさわちるどれんの映画缶 「世界のみなさんさようなら」 物語の終わりははっぴぃえんどがいいのだ。)
? フラガール その2 ? この映画、アカデミー賞最優秀外国映画部門で日本代表としてノミネートされる事となっとるそうです。 ? 素晴らしい邦画だったんで、「取って欲しい!」 なと応援したくなる映画だと思います。 ? 昨日、シネカノンで観てきたんで ...
フラガールFES 常磐ハワイセンターツアーを誰か企画して下さい! (えびさわちるどれんの映画缶 「世界のみなさんさようなら」 物語の終わりははっぴぃえんどがいいのだ。)
? 昨日は月に一度の映画の日、1,000で映画が見れる日だったようです…、 ? そんなん全く忘れてもうたわ…、がび~ん。 ? これなら二本見て1本分…。 ? だいたい映画一本1800円は高すぎますね。 ? こないだ、品川の映画館へふらっと、Xメン3を見ようと行 ...
「フラガール」 (the borderland )
あなたは、しずちゃん(南海キャンディーズ)で泣けますか? 最初はお笑い担当だと。いかにもな設定やなぁと思ってましたが、思わずホロリとなってしまいましたよ。 福島県いわき市で脱炭鉱のために作られることになった常磐ハワイアンセンターの誕生をめぐる ...
フラガール (フリーパス4本目) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★ 巷での高評価を受けて観に行ってきました。 結論から言って、これは良い!感動した~! 松雪泰子(平山まどか)が男湯銭湯に飛び込んで行った辺りから、ググッと来てました(笑) 『昭和40年の福島県いわき市の常盤炭鉱では大幅な人員削減が進め ...
映画「フラガール」を観た! (とんとん・にっき)
福島県いわき市のJR湯本駅前に現れた、丸みを帯びたボンネットバスの話題、このブログでも1年半前に取り上げました。それが常磐交通自動車が、JR湯本駅と「スパリゾートハワイアンズ」の間の5キロ区間で走らせたバスでした。そして、「スパリゾートハワイアンズ」 ...
フラガール (topic , the tropic of Capricorn)
2006年 日本 やっと観てきましたが、福島は、いわきのお話のせいか、とっても混んでてびっくりしました。 他の土地でもこんなに混んでるのでしょうか? 高度成長期の頃の話なので、なんか、前向きっていうか、元気になれる映画でした。 やっぱり、一所 ...
「フラガール」の泣き笑いは見事。 (don't worry!な毎日)
 「フラガール」を見た。  昭和40年。福島県のいわき市の炭鉱は、時代の転換期を迎えていた。 エネルギーが石炭から石油に代わりつつあり、 明るい未来など考えられない状況。 ここの石炭は掘る時に温泉が出ていたが、 それはどうやら、ほとんどを川に ...
『フラガール』 (京の昼寝~♪)
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一 ...
「フラガール」 人を育てるということ (はらやんの映画徒然草)
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一
フラガール (BLACK&WHITE)
監督:李相日  音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、寺島進 炭鉱の町福島県のいわき市。そこで東北に南国の楽園を!という働きかけは 閉山により町が衰退していくのを
★「フラガール」 (ひらりん的映画ブログ)
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
【フラガール】 (じゅずじの旦那)
観ました、、、泣きました、、、しかも、号泣。 確かに泣き上戸のオレですが、これはハマった!!! 《昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いた感動ド ...
フラガール (しずかのオススメ日記)
かもめ食堂に続く、今年ピカイチの映画。 フラガールを観てきました[:ポッ:] 私は蒼井優ちゃんのファン。 彼女はもちろん、出演されている皆さんが素晴らしかった[:ぴかぴか:] しずちゃんなんか笑かす上に、泣かすし。。 松雪泰子さんも久々に美しい。 富 ...
爽やかな涙大洪水…「フラガール」★★★★★ (ちいろぐ)
最近、日本映画好調じゃございませんこと? 今回の映画の日、見たいものがたくさんあって、何を見に行こうか迷う。 涙そうそう 夜のピクニック フラガール この3本の中から、今回は「フラガール」を選択。 いや~。 泣きました。 悲しい涙じゃなく ...
『フラガール』松雪泰子、蒼井優主演 (生きることにも心急き、感ずることも急がるる…)
                   3連休だけど、上の娘がテスト週間なので、一家揃って出かける訳にはいかない。下の娘も「お姉ちゃんが行かないなら、家にいる」というので、妻と二人映画を見にいくことにした。 ...
フラガール (FISH!DRINK!ROCK'N ROLL)
本日、観てきました。「フラガール」 結論から言うと面白かったです。 常磐ハワイアンセンターの誕生までのお話なんすけど。 途中から「プロジェクトX」を見ているような気に。 あ、「シャルウィダンス」っていう説もよくわかる。 蒼井優がめちゃくち ...
フラガール:心の底から気持ちよく泣けます (映画・DVDを観て得しよう!)
常磐ハワイアンセンターのフラダンスは、確か修学旅行かなんかで何度か観ているはずだ。そのときの印象も今回の映画のクライマックスと同じ光景があったはずだ。記憶の底に眠っている自分の固定概念にはハワイの本場のフラの他に常磐ハワイアンセンターのフラがあ ...
『フラガール』松雪泰子、蒼井優主演 (生きることにも心急き、感ずることも急がるる…)
                   3連休だけど、上の娘がテスト週間なので、一家揃って出かける訳にはいかない。下の娘も「お姉ちゃんが行かないなら、家にいる」というので、妻と二人映画を見にいくことにした。 ...
フラガール (いろいろと)
全国一斉ロードショーより2週間送れて 先週の土曜より公開されているフラガール を
フラガール (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  私、生粋の東北人です・・・  
映画『フラガール』 (健康への長い道)
大阪梅田のシネ・リーブルで映画『フラガール』を観てまいりました。客席は老若男女のお客さんでほぼ満員。 昭和40年。福島県いわき市。石炭から石油へのエネルギー革命により、本州最大の常磐炭鉱も高度成長から取り残され、閉山の危機が迫る。 ...
フラガールを観た。(相変わらずネタばれ) (桜色日記:Re)
今日はフラガールを観てきました。 川崎で観たんだけど、西口にラゾーナっていう凄い商業施設が出来て、、明日からなのに・・・今日やってたの{/ee_1/}昨日・今日とプレオープンだって。 さらっと見たけど、めちゃめちゃ広くてお店がいっぱいあって美味しそうなの ...
フラガール見に行ってきました!! (aloha time)
待ちにまった 「[:かわいい:]フラガール[:かわいい:]」 見に行ってきましたよ[:映画:][:ジョギング:] ネットで調べたら、9時20分が一番最初の上映[:ひらめき:] 妹とぎりぎりセーフで映画館についてチケットを買おうとしたら、 「お客さま、上映時間は毎 ...
フラガール@凛音的2007年で一番号泣した映画 (りおんたいむ)
最近、ハワイアンミュージックが好きだっていうことと、 南海キャンディーズのしずちゃんが不器用に踊っている予告編が気になり、 公開と同時に見ることに。 フラガール 話の大筋としては、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾート・ハワイアンズ)の 設立まで ...
『フラガール』 (映画館で観ましょ♪)
評判の良さも納得の映画でした。 昭和40年。 みんなが真面目に正直にひたむきに、 それぞれの立場で人や周りを思いやり、とにかく強く生きてた頃のお話。 そして、ここぞという時には、 一生懸命を応援す
フラガール (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネ・リーブル> 監督: 李相日 脚本: 李相日 羽原大介 音楽: ジェイク・シマブクロ 昭和40年。もはや時代遅れとなりつつある常磐炭坑では、人員削減と共に新たな町興しとしての行楽施設の建設が計画されていた。常夏の島 ...
フラガール 06年205本目 (猫姫じゃ)
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 ...
映画【フラガール】 (ぱんどら日記)
福島県いわき市の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)には子供のころ連れて行ってもらったことがある。私を含め、そういう思い出を持つ宮城県民は非常に多いと思う。 夏休みで、その日は「ピンクレディー
『フラガール』@シネマスクエアとうきゅう (香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎)
公式サイト→http://www.hula-girl.jp/top.html 恥ずかしながら、先週土曜日の公開初日(23日)初回上映に駆けつけて参りました(汗)。有楽町シネカノンだったら舞台挨拶が付いていたらしいですが、さすがにそこまでは(五十歩百歩)。 映画は、滅び行く昭和4 ...
映画【フラガール】 (ぱんどら日記)
福島県いわき市の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)には子供のころ連れて行ってもらったことがある。私を含め、そういう思い出を持つ宮城県民は非常に多いと思う。 夏休みで、その日は「ピンクレディー
TAKE 28「フラガール」 (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第28回目は「フラガール」です。 この映画は最近で最も観たかった映画の一つです。 題材も私(栃木県民)にとっては常磐ハワイアンセンターという身近なもので とても楽しみにしていました。 この映画についてオフィシャルサイトから引用させて ...
フラガール (銀の森のゴブリン)
2006年 日本 2006年9月公開 監督:李相日 評価:★★★★☆ 製作:李鳳
[ フラガール ]南の国からの贈り物 (アロハ坊主の日がな一日)
[ フラガール ]@渋谷で鑑賞 心振るわされたエンターテイメントムービー。 本州最大の常盤炭鉱が、時代の流れとともに閉山を迫られ る中、町の復興を目指して誕生した常磐ハワイアンセンタ ー(現:スパリゾートハワイアンズ)。本作は、この一大プ ロジェ ...
NO.177「フラガール」(日本/李相日監督) (サーカスな日々)
邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「 ...
フラガール 2006-64 (観たよ~ん~)
「フラガール」を観てきました~♪ 昭和40年、炭鉱の町磐城では、炭鉱閉鎖による大幅な人員削減が行われており、街全体が沈んでいた。そんな中、炭鉱から湧き出す温泉を利用するハワイアンセンターの建築というプロジェクトが計画される。センターの目玉は、 ...
『フラガール』 (☆Little By Little☆)
公開終了間近、やっとこさ観て来ました☆
映画『フラガール』に涙する♪♪ (ラスタ・パスタのレレ日記)
『フラガール』をようやく映画館で見てきた。おおまかな設定は知っているつもりだったが、思ったよりもグット胸に来て、何回も涙しそうになった。ストーリーは、昭和40年(1965年)福島県いわき市の炭鉱町が、鉱山の閉山の危機にあり、5000人の炭鉱夫のうち4割の20 ...
「フラガール」(日本 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
エネルギーが石炭から石油へと変わって行く昭和40年代。 福島県の炭鉱の村は温泉レジャー施設に命運を賭けようとする。 フラダンスのショーを目玉として。 「フラガール」
「フラガール」(2006) (TMDiary)
監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代、池津祥子、徳永えり、 岸部一徳、富司純子 他 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。そこで、起死回生のプロジェクトと ...
「フラガール」やっぱすごい! (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
色々な賞が連なる中、 「フラガール」 堂々入賞!  
映画レビュー#39「フラガール」 (Production Rif-Raf)
基本情報 「フラガール」(2006、日本) 監督:李相日(69、スクラップ・ヘブン、青~chong~) 脚本:李相日、羽原大介(ゲロッパ、パッチギ) 製作:李鳳宇 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山川静代、岸部一徳、富司純子 日本アカデミー...
フラガール (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 120分 監督 李相日 原作 - 脚本 李相日 、羽原大介 音楽 ジェイク・シマブクロ 出演 松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、寺島進 、 志賀勝 、高橋克実 、岸部一徳 、富司純子 (allcinema ONLINE) ...
フラガール (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  常磐ハワイアンセンターが出来た当時のことを覚えている。なぜ福島で常磐ハワイなのか、なぜ日本人がフラダンスを踊るのか。ダサイとしか考えられない年頃であった。 この映画の予告編を観たときも、やはりダサイ映画という印象が先行してしまった。ところ...
フラガール (ロッタのひなたぼっこ)
人生には降りられない舞台がある 日本アカデミー賞を始め、数々の賞を総なめにした『フラガール』。 観たのはかなり前ですが(^-^; 映画の前に、あるテレビ番組で「常磐ハワイアンセンター」とフラダンスを習った少女たちが紹介され、期待を持って観ました...
フラガール <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
昭和40年の福井県いわき市でのお話。炭鉱の町で昔から 大人になったらみんな炭鉱で働く  みたいな考え。時代の流れと共に 炭鉱がどんどん閉鎖されていき、ここも例外やなくて解雇される従業員が山盛り。んでもって、レジャーセンターを作る計画が出るんやけど何でま...
フラガール (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフトし、相次いで炭鉱が閉山に追い込まれていた。そこで福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設『常磐ハワイアンセンター』の計画を進めていた。目玉なるのはフラダンスのシ...
フラガール(日本) (映画でココロの筋トレ)
2006年、かなりヒットした「フラガール」を観たよ。 ( → 公式HP  ) 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり 上映時間:120分  時代の波で閉鎖に追い込まれたとある炭鉱の村で、北国の寒村を“常夏の楽園”に変えようと立...
フラガール (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生には降りられない舞台がある―― まちのため、家族のため、とものため そして、自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。』  コチラの「フラガール」は、9/23公開の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇...
フラガール (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生には降りられない舞台がある―― まちのため、家族のため、とものため そして、自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。』  コチラの「フラガール」は、9/23公開の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇...