銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

ゲティ家の身代金(2017)**ALL THE MONEY IN THE WORLD

2018-05-31 | 映画:シネコン

5月27日(日)、東宝シネマズ二条にて鑑賞。いやあ長かったです。でも飽きることはなかったなあ。なんでもジャン・ポール・ゲティ役が当初ケヴィン・スペイシーだったのが色々あってクリストファー・プラマーになったらしい。一度は完成していたらしいけど・・・・。急きょ再撮影したらしい。凄いですねリドリー・スコット監督。

主役アビゲイル・ハリスにはミシェル・ウィリアムズ


息子ポールを誘拐され、その犯人と戦うシングルマザー
ポールは石油王ジャン・ポール・ゲティの孫ということで誘拐されちゃうのでありました。そりゃあんな真夜中に歩いていたら危ないよね。


暗い牢屋に連れ込まれ、ポールは身動き取れず。身代金1700万ドルで拘束。日本円にしてどんだけ?

ところが石油王ジャン・ポール・ゲティは可愛い孫なのに、支払わないという始末。シングルマザーのアビゲイルに払えるはずもなく、ここから犯人との掛け合いが続くのである。


ケチもいいところだが、すんなり支払ったらお話ならないか!

少々辛気臭いところもあるが、意外に息を呑んで見せてくれる作品でありました。何をもってなのかわからないが。プラマーさん?それとも主役のミシェルの演技?孫ポールの監禁シーンも結構リアルで。耳を切られるシーンは凄かったよ。その耳を新聞社に送り付けるという犯人の残酷さも。


交渉役フレッチャー・チェイスにはマーク・ウォールバーグ

あらすじ(allcinemaより)

ある日、世界一の大富豪として知られた石油王ジャン・ポール・ゲティの孫ポールが誘拐される。しかしゲティは犯人が要求する身代金1700万ドルの支払いを拒否する。ポールの母親ゲイルは離婚してゲティ家から離れた一般家庭の女性。到底自分で払えるわけもなく、ゲティだけが頼みの綱だった。そのゲティににべもなく拒絶され、途方に暮れるゲイル。一方、誘拐犯もゲティの予想外の態度に苛立ちを募らせていく。そんな中、元CIAのチェイスが交渉役として事件の解決に乗り出すが…。

 

さすがに孫が耳を切られたと聞いたら、少し支払に応じるが、それでも値切るところが何とも言えず。そんな犯人、イライラ。耳だけでは済まないと言い出す始末。


一度は隙をついて逃げ出すポール。一旦無事にと思ったら結局また捕まってしまう。この辺りはシーンとしては面白かったかな。派手なアクションなどはなかったけど、中々リアルで良かったと。

 
ケヴィン・スペイシーよりもプラマーおじさんの方が結果オーライだったかも。

解説(allcinemaより)

リドリー・スコット監督が1973年に世界中で大きな関心を集めた実在の誘拐事件の驚きの舞台裏を映画化した実録サスペンス・ドラマ。孫が誘拐されたにもかかわらず、身代金の支払いを拒否した大富豪ジャン・ポール・ゲティのお金への際限なき執着と、そんな男と誘拐犯の間で息子を救うために必死の戦いを繰り広げる母親の執念をスリリングに描き出す。主演はミシェル・ウィリアムズ、共演にマーク・ウォールバーグ。また、当初ジャン・ポール・ゲティ役だったケヴィン・スペイシーが作品完成後にスキャンダルで降板となり、急遽クリストファー・プラマーが代役に起用され、限られたわずかな期間での再撮影を敢行、最終的にはアカデミー賞やゴールデン・グローブ賞にノミネートされる前代未聞の快挙でも大きな話題となった。

メディア 映画
上映時間 133分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月 2018/05/25
ジャンル サスペンス/犯罪/ドラマ
映倫 R15+

 

オフィシャル・サイト
http://getty-ransom.jp/

 

 

Comment   この記事についてブログを書く
« 犬ヶ島(2018)**ISLE ... | TOP | 万引き家族(2018) »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン