銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

誰がため FLAMMEN & CITRONEN

2010-01-28 | 映画:ミニシアター

 FLAME & CITRON(英語)


京都シネマにて鑑賞。デンマーク史上最大級の製作費をかけた作品!国民の8分の1を動員した驚異的大ヒット作らしい。

ひたすら暗い、重い。。。。。デンマーク映画ってあまり馴染みがありませんね。原題は主人公2人の名前です。
23歳の若者のコードネームは、フラメン。これはデンマーク語で炎という意味。そして相棒の男は33歳で妻子持ち、コードネームはシトロン。同じくデンマーク語でレモンという意味です。それぞれの本名はもちろんあります。

NATISUドイツが、デンマークも占領したとは知りませんでした。つくづくドイツという国は何処までもえげつない国だと思いました。本作は実際あった話だそうです。主人公の2人ももちろん実在した人物。


実在したレジスタンス2人組。フラメン(煙草を吸っている若者)には、トゥーレ・リントハート。「天使と悪魔」で国際的にも脚光を浴びたデンマークの若手NO。1俳優。

後ろがシトロン役のマッツ・ミケルセン。この方のお顔を見るとあれって思われると。すでに公開されていて皆さんご覧になったあのシャネル映画第三弾目作品、シャネル&ストラヴィンスキーイゴール・ストラヴィンスキー役を演じておられる方です。
また2006年公開の「007カジノロワイヤル」にも出演されています。

デンマークにおける抵抗運動

1940年4月9日、デンマークはドイツ軍の占領下におかれる。占領当初は、「保護占領」の名のもとにデンマーク政府の存続が許され、その分、抵抗運動そのものが他のドイツに占領された諸国と比較してはっきりと目に見えるような展開に至るのが遅かった。しかし1943年までには多くのデンマーク人が非合法新聞の発行から諜報活動・激しい破壊工作に至るまでの幅広い地下活動に参加するようになり、最終的には、ドイツ占領軍やNATI組織に対して他国のいかなる抵抗運動にも劣らない大規模な破壊活動に展開した。
43年8月、増加する破壊活動に対し、占領当局はデンマーク政府の統治権を剥奪。「対決」は決定的となり、破壊工作は激化し、ドイツと戦うというデンマークの原質を疑っていた連合国側もデンマークを同盟国とみなすようになる。1945年4月30日ヒトラー自らの命を絶ち、5月5日ドイツ軍降伏。終戦時、活動家の犠牲者数は850人を上回る人数となった。彼らは活動中、または逮捕され国内に収監中、そしてドイツの強制収容所の中で命を落としている。また、そのうちの102人がドイツ側の軍法会議にかけられたのちSYOKEIされた。

う~んそれにしてもドイツという国はあちらこちらを抑えて、酷い仕打ちを繰り返していたんですね。

デンマークの王国公文図書館が当時の資料を公開せず、語ることの許されなかったタブーとされる史実を、65年経った今、何と目撃証言に基づいて映画化されたというのは、やはり国がそのことを公表したくないわけなんだろうけど。。。。拒否するのは、何故なのかしらね?

 


純粋がゆえに、使命感に燃え愛に翻弄されながらも戦うことしか選べなかったフラメン。


若いベントはターゲットには躊躇なく引き金を引くが、妻子のいるヨーンは殺し屋になりきれない。自分の有能さを示そうと命令を忠実に実行するベントに対し、ヨーンはどこか暴力を嫌っている。

STORY

第二次世界大戦末期、打倒NATISUを掲げた地下抵抗組織(ホルガ・ダンスケ)の一員であるコードネーム、フラメンとシトロンの任務は、GESYUTABOとNATIに寝返った売国奴のANSATUであった。確固たる信念のもと任務をこなしていく2人だが、ある標的と対峙したとき、“何かがおかしい”と初めてANSATUをためらってしまう。更に、フラメンの恋人であるケティ(スティーネ・スティーンゲーゼ)へSUPAI容疑がかかりANSATU命令がくだったことで、組織に対する疑念が急速に膨らんでゆく。


組織は?ケティは?本当に信じることができるのか?誰が敵で誰が味方か?疑心暗鬼に苛まれ苦しむ中、フラメンとシトロンは危険な立場に追い詰められていくことを感じ始める。自分たちがしていることは正義なのか?何のために戦っているのか?
そして己の果てを悟った2人がそれぞれ選択した驚愕の結末とは・・・・?


愛する娘や妻のために強盗までして食料を手渡すシトロン(本名ヨ―ン)
それなのに妻ボーディルは愛する男がいると言い。。。。愕然とするヨ―ンの姿に、何とも言えない寂しさを感じる。

フラメン(本名ベント)は愛する闘士のひとりであるケティが二重スパイであり、抹殺しなければならぬとの指令に苦しむ。


ところがこのケティはGESYUTABOのボスホフマン(クリスチャン・ベルケル)の女だった。本当にフラメンを愛していたのだろうか?

こんな寸評がありました。

小国ゆえに戦火を免れたデンマーク、誰が敵で誰が信用できるのか、抵抗組織の若者は徐々に己の任務に疑問を抱いていく。中立でもなく大規模な蜂起でもなく、中途半端なREZISUTANSUに終始した国民の悲哀をリアルに再現する。

ところで感想ですが。
中途半端なREZISUTANSU終始したというなら、この作品自体も何処か中途半端な流れのように感じました。はっきり言って物語が分かりづらかった。それからラストの2人の最期は彼らが選んだも結末のようですが。。。。。何か現実離れしたような映像のように思えましたけどね。ああいう終わり方をそれぞれ望んだのかしら?

  映画
上映時間 136分
製作国 デンマーク/チェコ/ドイツ
公開情報 劇場公開(アルシネテラン)
初公開年月 2009/12/19
ジャンル ドラマ/戦争
映倫 PG12

監督:オーレ・クリスチャン・マセン

公式サイト (デンマーク語)

公式サイト (日本語)

 

 

Comments (2)   Trackbacks (20)   この記事についてブログを書く
« Drパルナサスの鏡☆THE IMAGIN... | TOP | ラブリーボーン☆★THE LOVELY ... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-01-28 23:38:19
そもそもデンマークとナチスが結びつかない。まだまだ不勉強だなぁと痛感しました。戦争は人を殺すけれど、人の心も殺しますね。シトロンの顔がどんどん狂気に染まっていくのが凄く哀しかったです。

ちなみにシトロンのマッツ・ミケルセンが『シャネル&ストラヴィンスキー』のイゴール・ストラヴィンスキー役だとこの間気づきました。(笑)
中途半端!! (sakurai)
2010-07-06 12:24:40
ほんと!なんだか中途半端って言う言葉がぴったり来ました。
それが正しいのか、残念なのかはわかりませんが、このレジスタンスを表しているように感じます。
デンマーク映画というと、すぐに頭に思い浮かんだのが「バベットの晩餐会」ですが、これはおいしそうで、かつよく出来てた。
「ペレ」っていう往年の名作も素晴らしかったです。サッカー選手の話じゃないですけど。
日本戦でいきなりフューチャーされてますが、やっぱマイナーですよね。

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

Similar Entries

20 Trackbacks

誰がため (LOVE Cinemas 調布)
デンマーク・アカデミー賞で5部門受賞、国民の8分の1を動員した大ヒット作品です。主演はトゥーレ・リントハートとマッツ・ミケルセン。監督はオーレ・クリスチャン・マセン。ナチスドイツ占領下のデンマークを舞台に、レジスタンス組織“ホルガ・ダンスケ”の一員とし...
誰がため (だらだら無気力ブログ)
ナチスドイツ占領下のデンマークを舞台にレジスタンスの一員としてナチス 関係者の暗殺を行ったフラメンとシトロンの実話を描いた実録ドラマ。 本国デンマークで大ヒットし、デンマークアカデミー賞で5部門を受賞。第二次世界大戦末期。ナチスドイツの占領下にあるデン...
誰がため (試写会) (風に吹かれて)
翻弄されたふたりのレジスタンス公式サイト http://www.alcine-terran.com/tagatame12月19日公開  1944年、ナチス・ドイツ占領下のデンマークに実在したふたりのレ
誰がため(試写会) FLAMMENOGCITRONEN (まてぃの徒然映画+雑記)
ナチ占領下のデンマークで、ナチやゲシュタポへの協力者とおぼしき人物を次々と暗殺していくレジスタンス組織のヨーンとベント。彼らに対する取り締まりは苛烈をきわめ、ついには懸賞金までかけられるが、消防や警察、一般市民の協力もあり、すんでのところで逃げおおせて...
誰がため (映画的・絵画的・音楽的)
 『誰がため』を渋谷のシネマライズで見てきました。  予告編で見てこれはいい映画に違いないと思い、またこれまで見たことがないデンマーク映画でもあるので、見に行ったところです。  ヨーロッパの映画と言えば、日本では従来、イギリス映画、フランス映画、イタリ...
「誰がため」:荒川区役所前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}木立の向こうに見えるのが、荒川区役所。 {/kaeru_en4/}でも、荒川って、荒川区にないんだぜ。 {/hiyo_en2/}じゃあ、どこにあるの? {/kaeru_en4/}足立区、葛飾区、墨田区、江東区に占められている。 {/hiyo_en2/}デンマークがナチスに占領されていたような...
「誰がため」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Flammen & Citronen」 ...aka「Tage des Zorns」2008 デンマーク/チェコ・リパブリック/ドイツ フラメンに「青い棘/2004」「天使と悪魔/2009」のトゥーレ?リントハート。 シトロンに「しあわせな孤独/2002」「キング・アーサー/2004」「007/カジノ・ロワイヤ...
10-11「誰がため」(デンマーク・チェコ・ドイツ) (CINECHANの映画感想)
戦争に参加する理由は3つ  1944年、デンマーク・コペンハーゲン。ナチスの弾圧が強まる中、地下抵抗組織“ホルガ・ダンスケ”で活動する23歳のフラメンと33歳のシトロン。2人は、上層部からの指示の下、ナチスに協力する売国奴の暗殺を実行していた。 しかしやがて、...
誰がため (心のままに映画の風景)
第二次世界大戦末期、ナチス占領下のデンマーク・コペンハーゲン。 地下抵抗組織ホルガ・ダンスケの一員、フラメン(トゥーレ・リントハー...
「誰がため」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2008年:デンマーク=チェコ=ドイツ/監督:オーレ・クリスチャン・マセン) 正月第1弾観賞。東京では昨年の公開のようだが、大阪では1月9日封切。 第二次大戦中のデンマークにおける、対ナチス・レジス
*誰がため* (Cartouche)
{{{   ***STORY***        2009年 デンマーク=チェコ=ドイツ 1944年のデンマーク。ナチス・ドイツの占領下で、地下抵抗組織に所属する通称フラメンと相棒のシトロンは、ゲシュタポとナチスに協力する売国奴の暗殺を任されていた。自由を取り戻...
誰がため■戦争は人を壊す (映画と出会う・世界が変わる)
ナチス占領下のデンマークのレジスタンスの物語であるが、主人公たちの敵はナチスだけではない。二重スパイがいたり、本来は味方であるはずの人間が実はナチスに通じているのではないかとの疑心暗鬼があり、そういう中で敵を倒すという殺人行為は当然の状況。そのような中...
誰がため■この悲劇は現代の日本にも起きている (映画と出会う・世界が変わる)
この映画を見る上での大きなポイントは第二次大戦中のデンマークの状況である。ナチス・ドイツに占領されながらも政府はそのまま存続するという保護占領というあいまいな状況がレジスタンスの熱気と活動を阻害したことは否めない。そのことは本来は徹底した悪役として描か...
誰がため (テレビ徒然記)
ナチス・ドイツの占領下にあったデンマークでの実話をもとに描かれた映画です。 戦争映画は好きじゃないので、本当ならば見ないジャンルですが、主役の一人、フラメンを演じているのが『天使と悪魔』で注目したトゥーレ・リントハートと知って見る事にしました。(『セン...
誰がため (映画鑑賞★日記・・・)
【FLAMMEN&CITRONEN/FLAME&CITRON】 2005/10/15公開 デンマーク/チェコ/ドイツ PG12 136分監督:オーレ・クリスチャン・マセン出演:トゥーレ・リントハート、マッツ・ミケルセン、クリスチャン・ベルケル、スティーネ・スティーンゲーゼ、ハンス・ツィッシュラ...
誰がため (迷宮映画館)
うーん、見た順番が悪かった・・・。
映画『誰がため』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-1.誰がため■原題:FlammenOgCitronen■製作年・国:2008年、デンマーク・チェコ・ドイツ■上映時間:136分■鑑賞日:1月9日、シネマライズ(渋谷)■料金:1,800円スタ...
「誰がため」(デンマーク/チェコ/ドイツ 2008年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
第二次大戦末期、ナチス・ドイツ占領下のデンマーク。 ふたりのレジスタンス。
喪中映画評「誰がため」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年デンマーク=チェコ=ドイツ映画 監督オーレ・クリスチャン・マセン ネタバレあり
誰がため (いやいやえん)
ただ、「生きる」ためなら降伏を、だが、「存在する」ためなら戦いを―。 1944年。ナチス占領下のデンマーク。ナチス・ドイツに対するレジスタンスの一員であるフラメンとシトロンは、上層部からの命令にしたがって