銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

ルーム(2015)**ROOM

2016-04-10 | 映画:シネコン

 はじめまして、【世界】。

4月8日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。たんに監禁された親子が解放されるまでのお話しを描いたものだと思っていたら、そうではありませんでした。
そういえば、先日女子中学生が2年間拉致監禁されたという事件がありましたね。それと重なりますが。このお話は主人公が19歳の時、同じように監禁されて7年間という年月狭い部屋の中に閉じ込められるというものでした。その間に妊娠して男の子を儲けます。男の子の名前はジャック。何とこの子はこの狭い部屋の中の事しか知らないという事実。

まあ窓が一つしかない。それも天窓ときているから外は見えない。外が存在することすら知らないという。


ここで生まれたからそりゃ知らないよね。母も語らないわけだから。それでも大好きな母と一緒だから。
でも時々現実から非現実な出来事が起きる。


扉の向こうからオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)がやって来る。食糧や日用品を持って・・・・。その時、ジャックは衣装部屋に閉じ込められるのだ。その向こうではどんなことが起きているのか知る由もない

そんなある日この部屋から逃げ出すことを考えるママはジャックを外へ出す作戦を練る。ジャックが死んだということをオールドニックに伝え、外の世界へ・・・・。

初めて見た外の世界にびっくり!!

 そこには青い空と木々が。。。。。

何もかもが不思議な世界に?何とか母子とも助けられることになりめでたしめでたしかと思いきや、物語は後半に入る。


何故かめでたいはずが、今までの生活から一変したため2人とも馴染めず、また適応出来ず、苦しい毎日が続く。

さてどうしてその状態から脱却出来るのか?

 母たちとの生活、上手く行くのかな?

あらすじ(Moviewalker)

ママ(ブリー・ラーソン)と5歳の誕生日を迎えたジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)は、天窓しかない狭い部屋で暮らしている。夜、二人がオールド・ニックと呼ぶ男がやってきて、服や食料を置いていく。ジャックはママの言いつけで洋服ダンスの中にいる。ママは「息子にもっと栄養を」と抗議するが、半年前から失業して金がないとオールド・ニックは逆ギレする。さらに真夜中にジャックがタンスから出てきたことで、ママとオールド・ニックは争う。翌朝、部屋の電気が切られ寒さに震えるなか、生まれてから一歩も外へ出たことがないジャックに、ママは真実を語る。ママの名前はジョイで、この納屋に7年も閉じ込められていた。さらに外には広い世界があると聞いたジャックは混乱する。電気が回復した部屋で考えを巡らせたジャックは、オールド・ニックをやっつけようとママに持ち掛ける。しかし、ドアのカギの暗証番号はオールド・ニックしか知らない。ママは『モンテ・クリスト伯』からヒントを得て、死んだフリをして運び出させることを思いつく。ママはジャックをカーペットにくるんで段取りを練習させるが、恐怖から癇癪を起こすジャック。ママは、“ハンモックのある家と、ばあばとじいじがいる世界”をきっと気に入ると励ます。しかし、「ママは?」と尋ねられると、2度と息子に会えないかもしれないと知り、言葉に詰まる。そして、オールド・ニックがやってくる。脱出劇は失敗しかけるが、ジャックの記憶力と出会った人たちの機転で、思わぬ展開を迎える。翌朝、ママとジャックは病院で目覚める。ママの父親(ウィリアム・H・メイシー)と母親(ジョアン・アレン)が駆けつけるが、二人が離婚したことを知ってママはショックを受ける。数日の入院後、二人はばあばと新しいパートナーのレオ(トム・マッカムス)が暮らす家へ行く。しかし意外な出来事が次々とママに襲い掛かる。一方、新しい世界を楽しみ始めたジャックは、傷ついたママのためにあることを決意し……。

そりゃ7年という月日はママにとっては大きなものだよね。事件についてメデイアからは色々取材を受けたりとかなりきついよねオールドニックとのこともトラウマのようになっているだろうし、平常心を保てるはずはないだろう。そんなママを唯一救ったのはやはりジャックの存在だったに違いない。

ジャックを演じたジェイコブ・トレンブレイ、小さいながら素晴らしい演技だった。もちろんアカデミー主演女優賞をゲットしたママ役ブリー・ラーソンももちろんのこと。

 

ロングヘアーなので、初めは男の子とは思わなかったね。

解説(allcinemaより)

 エマ・ドナヒューのベストセラー『部屋』を「ショート・ターム」のブリー・ラーソン主演で映画化した衝撃と感動のサスペンス・ドラマ。7年間もひとつの部屋に監禁されているヒロインと、その間に生まれ、部屋の中しか知らない5歳の息子が辿る予測不能の運命を描く。監督は「FRANK -フランク-」のレニー・アブラハムソン。

 涙することはなかったけど、この親子が7年間からたち上がり強くなる姿がとても印象的であった。

 

メディア 映画
上映時間 118分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2016/04/08
ジャンル サスペンス/ドラマ
映倫

G


こんなに小さな小屋に閉じ込められていたんだね。ネタばれですが、2人は再度ここを訪れます。間違いなくここがジャックの世界だったのかもしれません。

オフィシャル・サイト
http://gaga.ne.jp/room/

 

 

Comment   Trackbacks (7)   この記事についてブログを書く
« ドリーム ホーム 99%を操る... | TOP | スポットライト 世紀のスクー... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

7 Trackbacks

「ルーム」 (Con Gas, Sin Hielo)
種をまき水をやり、花が咲くのを待つように。 どうしてもあの事件を思い起こさずにはいられない。 近くて濃密な母子の情景から始まる物語は、ほどなく二人の空間を形成する異様な経緯を浮かび上がらせる。 息子・ジャックは母親の「思いやり」をずっと信じていた。毎....
ルーム (風に吹かれて)
子役が主役 公式サイト http://gaga.ne.jp/room 原作: 部屋 (エマ・ドナヒュー著/講談社)監督: レニー・アブラハムソン  「FRANK -フランク-」 閉じ込められた[部屋]
ルーム (to Heart)
ROOM 上映時間 118分 原作 エマ・ドナヒュー『部屋』(講談社刊) 脚本 エマ・ドナヒュー 監督 レニー・アブラハムソン 出演 ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ/ ジョーン・アレン/ショーン・ブリジャース/ウィリアム・H・メイシー 7年間もひとつの部屋に監....
ルーム/Room (我想一個人映画美的女人blog)
トロント映画祭にて、観客賞(最高賞)受賞 アカデミー賞作品賞、監督賞、脚色賞、主演女優賞ノミネート(主演女優賞は受賞) ほか、数々の映画祭でノミネート&受賞 エマ・ドナヒューの小説「部屋」を、「FRANK −フランク−」などのレニー・アブラハ...
その部屋を出たあとの・・・ (笑う社会人の生活)
9日のことですが、 映画「ルーム」を鑑賞しました。 施錠された狭い部屋に暮らす5歳のジャックと母親ジョイはオールド・ニックによって7年間も監禁 そこで生まれ育った息子にとって この部屋こそが世界の全て ある日ジョイはこの部屋しか知らない息子に外の世界を教え...
「ルーム」 (ここなつ映画レビュー)
これは困った!私は誰の立場で観るのが一番相応しいのか?「ルーム」と呼ぶ唯一の閉鎖された世界に、忌まわしき犯罪の中監禁された母子の事がメインな訳だから、自分の属性としては思いっ切り、ジャックの母であるジョイ(ブリー・ラーソン)に感情移入して観るべきなのだ...
ルーム ROOM (まてぃの徒然映画+雑記)
今年のアカデミー賞で主演女優賞を受賞した作品。ちょうど埼玉の少女監禁事件の被害者が保護されて容疑者が逮捕された時だったから、監禁事件そのものが注目を集めたけど、アメリカではクリーブランド監禁事件があり、日本でも2000年には新潟少女監禁事件という10年もの....