銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

ウォッチメン★WATCHMEN パート1

2009-04-15 | 映画:シネコン

 知ってはならない、真実がある──。

4月10日、MOVX京都にて鑑賞。まったく予備知識もなく、何となく気になっていた作品です。誰が出演しているのか?予告を観てもまったく分からず・・・・。意外や意外な方たちが登場していました。

ローリー役のマリン・アッカーマン。彼女も見覚えはあるんだけれど、さてどんな作品に出ていたのか?おぉ~!思いだしました。「幸せになるためのの27ドレス」の主人公の妹役の人だったんですね。あのときはいまひとつ印象悪かったけれど・・・・。今回は好感度いいかな。役柄でこんなに変るんですね。

驚きはあのダン役です。ちょっと見たところさえない感じなんですが・・・・。よく見たら、「リトル・チルドレン」のパトリック・ウィルソン でした。そんなダンはかっこいいヒーローに変身します。後半の活躍に注目です。

それから同じく「リトル・チルドレン」で見事な演技で注目されたジャッキー・アール・へイリーも本作では今までとは一味違う役での登場です。

さてウォッチメンとは何なのか?元々はアメコミだそうで、“バットマン ダークナイトリターンズ”と並ぶ人気漫画。以下その紹介です。

ウォッチメン』(Watchmen)は、アラン・ムーア原作、デイブ・ギボンズ作画による、12巻のアメリカン・コミックである。最初のシリーズは1986年から1987年にわたり、DCコミックから月刊誌として出版され、後にグラフィックノベルとして一冊にまとめられた。(ウィキぺディアより抜粋)

そのアメコミを映画“300”の監督、ザック・スナイダーによって実写化されたのが本作なんですね。

もう少し突っ込んで作品の構成を・・・・・。(この記事もウィキぺディアさんからです。)

『ウォッチメン』ではスーパーヒーローが実在するもう一つの歴史を舞台に、道徳・哲学・大衆文化・歴史・芸術・自然科学に関わる冒険活劇と犯罪ドラマが展開される。

『ウォッチメン』は12の章から構成され、第1章は矢印のような血痕が付着したスーパーヒーロー「コメディアン」のスマイル・バッジの極端なクローズアップから始まる。この血痕の形のイメージは物語を通じて何度も繰り返され、第2章以降は11時49分から始まり深夜0時0分に至る、終末時計を彷彿とさせる時計の文字盤から始まる。各章のタイトルは章の終りで示される引用文からの抜粋であり、この引用文ではその章での出来事が暗示される。


スマイルバッジは、皆さんよく知っていますよね。

最終章を除く各章には、各キャラクターの背景設定や、彼らによって『ウォッチメン』世界が受けた影響を様々な側面から記述するエッセイや文書、つまり作中内資料とも言うべきものが含まれている。これらの文書は引退したスーパーヒーローの自伝・新聞記事・インタビュー・警察と精神科医の報告書・その他の記事からの抜粋という形式をとっており、『ウォッチメン』世界の詳細を知るのに有効であると共に、世界観にリアリティを与えている。

う~ん結構難しいマンガですね。やはり事前にコミック本を読んでいて、しかも理解している人なら、面白く観れるのでしょうね。

独創的な映像の中に、登場する人物は、チャールトン・コミックから取得した一連のスーパーヒーローが原型となっているそうだ。それらの主要なヒーローたちは、6通りの「反社会性」を表現するキャラクターを創造して、読者によってどのキャラクターが最も道徳的なことが理解できる人物なのかを読者に決定を委ねるという設定にしているらしい。単なるコミックではないのですね。

アメコミって奥が深いのだと改めて思いました。

エドワード・ブレイク(コメディアン)
(ジェフリー・ディーン・モーガン)  てっきりロバート・ダウニーJRだと思っていたら、違いました。


コメディアンのトレードマーク、“スマイルバッジ”は、コメディアンの血とともに落ちていた。

ストーリー

1985年10月、ニューヨーク市民エドワード・ブレイクが殺害された。ウォルター・コバックス(ロールシャッハ)が、この事件を調査した結果、ブレイクが長年にわたり合衆国政府の特務機関員として活動していたヒーロー、コメディアンであったことが判明。ブレイク殺害はヒーロー狩りの第一段階だという仮説を立てたコバックスは、かつての相棒ダン・ドライバーグ(ナイトオウル二世)、大企業の社長であるエイドリアン・ヴェイト(オジマンディアス)、軍事研究所に暮らすジョン・オスターマン(Dr.マンハッタン)ビリー・クラダップ 、その恋人であるローレル・ジェーン・ジュスペクツィク(二代目シルクスペクター)ら、他の4人のスーパーヒーローに警告を発してまわり、ブレイクの墓前で報復を誓う。

ロールシャッハ(ウォルター・コバックス)ジャッキー・アール・ヘイリー は現場に現れ、事件の解明に乗り出す。

一体誰が、何の目的でコメディアンを殺害したのか?

1977年に可決された覆面着用者による自警活動を禁止する、事実上のヒーロー廃止法であるキーン条例により、ヴェイト、ジュスペクツィク、ドライバーグは、犯罪者との戦いから退いて久しい。オスターマンは犯罪者との戦いからは退いているが、豊富な従軍経験によってエージェントとしての活動を許されていたブレイクと同様、その超人的頭脳と能力を独占したい合衆国政府により特務機関員として引退を免除されていた。またヴェイトは1975年に自発的に引退して自分の正体を公表し、その名声と知能を利用して莫大な個人資産を築き上げている。その一方でロールシャッハにアイデンティティを侵されたコバックスは、キーン条例を無視して非合法のヴィジランテ(自警団)活動を続けている。

ダン・ドライバーグとローリー

アメリカ合衆国とソビエト連邦は全面核戦争の瀬戸際にある。1959年の核物理学実験の事故により超人的な能力を持つDr.マンハッタンに変貌したオスターマンの存在で戦略的優位を得た合衆国は、ベトナム戦争を筆頭とする一連の紛争でソ連を打ち負かした。この戦力の不均衡によって世界的な緊張が高まりつつあり、核戦争への予感から、アメリカ社会には未来に対する宿命論的な諦観が広まっている。日々の生活に現れる、「メルトダウン」キャンディーから広島原爆投下に影響されたカップルの影絵の落書き、放射線降下物シェルターの標識を付けられた多くの建物などにより、この諦観が象徴される

オスターマンの人間性からの乖離を観察していたヴェイト(マシュー・グッド) は、軍拡競争と核汚染によって1990年代までに全世界的な破滅が到来するだろうという仮説を、早くも1966年には打ち立てていた。破滅を回避するための綿密な計画の一部としてキーン条例前に引退し財を築いたヴェイトは、過去にオスターマンと関わった2ダース以上の人間が有害な放射線によるガンを発病させているという情報を流し、オスターマンが癌の原因を彼自身と結び付けるように報道を操作することで、オスターマンを孤立させる事に成功。これらの癌についての疑いが公に暴露され、オスターマンは自分自身の人生を振り返るために火星へとテレポートする。オスターマンの失踪を好機と見たソビエトはアフガニスタンに侵攻し、世界情勢は悪化の一途を辿っていった。

またコバックスによって計画が暴露される事を警戒したヴェイトは、自らの暗殺事件を偽装する事で、コバックスのヒーロー狩りという誤った推測を後押しする。更には彼に、かつての悪役であるモーロック殺害の罪を着せて逮捕に追い込んだ。刑務所の中でコバックスは、襲撃してきた囚人に油を被せて殺傷。精神科医に自らの誕生経緯を語り「世界に意味なんてない」と言い放つ。そして油を浴びた囚人の死をきっかけに、刑務所で暴動が発生。コバックスに復讐しようと試みたギャング達を返り討ちにし、悠々と彼は牢屋から歩み出るのであった。

 

そしてコバックスの逮捕が、結果的にドライバーグが一連の事件を「ヒーロー狩り」と判断する原因となっていた。ナイトオウルとして復活した彼は、ジュスペクツィクと共にコバックスを刑務所から脱走させ、更には自宅を襲撃した警官隊からも逃れて調査を続行する。そしてジュスペクツィクはオスターマンによって火星へとテレポートさせられ、彼との対話の中で自分がかつて母を傷つけた男、ブレイクの娘である事を悟った。激昂する彼女に対しオスターマンは、そのような数奇な経緯によって誕生した彼女、ひいては地球上のに全人類を熱力的奇跡であると評価。価値を見出した生命を守るべく、地球への帰還を決意する。

一方、核戦争勃発が数日以内に迫る中、事件の黒幕がヴェイトであると突き止めたコバックス、ドライバーグ、火星からテレポートしたジュスペクツィク、オスターマンは南極の隠れ家に潜むヴェイトと対決する。しかし、彼らに計画を食い止められる前にヴェイトは計画の最終段階を実行していた。遺伝子操作により生み出された巨大な怪物を、テレポーテーション装置を使ってニューヨーク市の中心部へ送り込み、その際に生じた爆発とサイキック・ショックウェーブにより、市民の半数を殺害したのだ。そしてサイキック・フラッシュの中には、全世界に怪物を宇宙人による侵略の第一段階と結び付けさせるためのイメージが埋め込まれていた。外世界からの侵略の脅威に直面したアメリカとソビエトは戦争から手を引き、この明白な、そして共通の脅威に対抗するために電撃的に和解する。世界に平和が訪れたのだ。

ブレイクはこの計画に接近しすぎたために、ヴェイト自身の手によって殺害されたのだった。ヴェイトは計画の秘密を守るために、計画の全貌を知らない多数の協力者や、腹心の部下をも抹殺していた。ヴェイト、ドライバーグ、ジュスペクツィク、コバックス、オスターマンのみが、総ての真実を知っている。ドライバーグ、ジュスペクツィク、オスターマンは、ヴェイトの計画を暴露して米ソ間の緊張が再び高まることを懸念し、世界の平和を護るためとしてこの事実を隠匿する事に同意する。しかし、コバックスは「世界が滅んでも絶対に妥協はしない」とこれを拒絶。オスターマンによって消滅させられた。そして「最後には私が正しかったのだ」と言うヴェイトに対して「最後など存在しない」と言い残し、オスターマンは新たに価値を見出した生命を作るべく、永久に地球を去る。

 その後、世界平和が実現し、社会は日常を取り戻していた。母と和解したジュスペクツィクは、ドライバーグと二人で再びヒーロー活動を始める決心を固める。
(ウィキぺディアより抜粋)

レビューが長くなりましたので、引き続きパート2を書きますので、宜しくです。

 

 

 

Comments (4)   Trackbacks (49)   この記事についてブログを書く
« プラスティック・シティ◇◆オ... | TOP | ウォッチメン★パート2は続き... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-10-17 21:12:43
TB有難うございました。
この作品は1回見ただけでは分かりにく
難解なお話だったような気がします。
ただ、お気にいりの「ダークナイト」と
同じ匂いがした作品で、もう一度観賞しようと
思います。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
単純明快が好み (メビウス)
2009-04-17 06:46:45
mezzotintさんおはようございます♪TB有難うございました♪

個人的にアメコミも日本の特撮ものみたいに単純明快なものが好みなんですが、ヒーローの存在意義や正義の意味を問う重厚な世界観は嫌いじゃなかったですね♪
でもグロいシーンもあればお色気シーンもありと大人寄りな作風に見えなくも無いですけど、そういうシーンも徹底する事で、原作に忠実にしたいというザック監督の意気込みなんかも伝わった気がします。
あたしも (sakurai)
2009-04-16 07:55:42
てっきり、コメディアンはロバートだと思ってましたよ。
難解なお話でしたが、今までのヒーローを寄せ集めた!という感じもしましたね。
こんなアメコミがあるんだとのお勉強になりましたが、読む気にはなりませんわ。
あたし的には、想定外のパトリックにお会いできたことが、デヘ!でした。
ごめんなさい (masala)
2009-04-15 17:30:30
間違って「重力ピエロ」をTBしてしまいました。削除をお願いします。

『ウォッチメン』は本当に難しい作品でした。
原作を知っている人にはこれでOKなのかもしれませんが、それ以外の人にはあまりにも不親切な作品でした。

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

Similar Entries

49 Trackbacks

ドラマ スマイル (ドラマ スマイル)
ドラマ スマイルの最新情報を提供します。 ドラマ スマイルの面白情報も定期的に書いていきます。
映画『ウォッチメン』(お薦め度★★) (erabu)
監督、ザック=スナイダー。脚本、デヴィッド=ヘイター、アレックス=ウェー。原作、
ウォッチメン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『知ってはならない、真実がある─。』  コチラの「ウォッチメン」は、歴史の闇に潜む秘密を暴く3/28公開の衝撃のリアル・ミステリー超大作なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪「Vフォー・ヴェンデッタ」の原作者アラン・ムーアの原作をデイヴ・ギボンズ...
「ウォッチメン」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。映画「ウォッチメン」公式サイトグラフィック・ノベルを映画化したミステリー超大作。160分越え!な、長い~原作知らないせいか、世界観についてくのが精一杯JFK暗殺やベトナム戦争等々映ったので社会派ぽいのかと思ったらアメコミでした~ウ....
映画 【ウォッチメン】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ウォッチメン」 『300』を手掛けたザック・スナイダー監督が、同名グラフィック・ノベルを映画化。 おはなし:世界で起きた数々の事件を見守ってきたヒーローたち“ウォッチメン”。かつてウォッチメンだった男の一人が暗殺される事態が発生し、マスクで顔...
ウォッチメン (Akira's VOICE)
人類を救うのは誰だ!  
映画「ウォッチメン」試写会@東商ホール (masalaの辛口映画館)
 今回は東京ニュース通信社営業局主権の試写会だ。スポンサーのトカラトミーさんと西武トラベルさんからの恒例のプレゼント抽選会があっての上映だ。司会はフリーアナウンサー・黒宮千香子さんと、ゲストに「ラブヒゲ危機一髪」のキャンペーンガール・ラブヒゲガール(宮...
『ウォッチメン』 (Sweet*Days**)
監督:ザック・スナイダー  CAST:パトリック・ウィルソン、ジャッキー・アール・ヘイリー 他 世界で起きてきた歴史的な出来事の陰...
「ウォッチメン」 風刺・比喩・象徴に富んだ異色ヒーローストーリー (はらやんの映画徒然草)
しかし、よくぞこんなにカルトなファンが喜びそうな濃い作品を堂々と作ったなあ。 自
ウォッチメン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ザック・スナイダー監督、パトリック・ウィルソン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ビリー・クラダップ、マリン・アッカーマン、マシュー・グード。1980年代後半のアメコミの映画化。1940年代の「ミニットマン」の第2世代のヒーロー「ウォッチメン」が節目節...
ウォッチメン (だらだら無気力ブログ)
アメリカの同名グラフィック・ノベルを『300』のザック・スナイダー監督が 映画化。 数々の歴史的事件を陰で見守ってきた"ウォッチメン"と呼ばれたヒーロー達が 何者かに次々と消されていく事件が起き、その事件をウォッチメンの一人が 真相を追うが...
ウォッチメン (そーれりぽーと)
原作コミック(正確にはグラフィックノベルというカテゴリーらしい)がもの凄いとか、それを『300』の監督がさらに昇華させた秀作だとか、前評判の良さが『DRAGONBALL EVOLUTION』とは真逆だった『ウォッチメン』を大期待して観てきました。 ★★★★★ ¥3,400.-もする...
ウォッチメン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
単純なアメコミ映画とは一線を画す深みがある。ニクソンが長期政権を握っている、現在とは違う世界。その裏側には歴史的事件を見守ってきたヒーロー集団“ウォッチメン”の存在があった。だがヒーローの一人が殺される事件が発生し、ある陰謀が炙り出されること...
ウォッチメン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
何度か予告編を見て、「何じゃこの映画?訳が分からないなぁ~」と思ったんだけど、アメコミだったのね~【story】ジョン・F・ケネディ暗殺事件、ベトナム戦争、キューバ危機など、世界を揺るがした事件の陰には常に≪監視者≫がいた。彼らは“ウォッチメン”と呼ばれ、人...
ウォッチメン (生まれてから今まで観てきた映画全部)
本日は「ウォッチメン」を観てきました。今帰って来たところです。いやー、凄い映画でした。私はこの映画のことを、ザック・スナイダーさん...
ウォッチメン (ダイターンクラッシュ!!)
4月5日(日) 18:25~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1300円(川崎の金券屋で前売りを購入) パンフレット:700円(買っていない) 『ウォッチメン』公式サイト グラフィック・ノベル専用監督ザック・シュナイダーの「300」に続く作品。 DCのコミックが原作のヒーロー物...
ウォッチメン (映画君の毎日)
//ストーリー//ジョン・F・ケネディ暗殺事件、ベトナム戦争、キューバ危機など、世界で起きた数々の事件を見守ってきたヒーローたち“ウォッチメン”。しかし、かつてウォッチメンだった男の一人が暗殺される事態が発生。殺害現場には、血のついたスマイル・バッジが残さ...
ウォッチメン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:WATCHMEN) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 「Vフォー・ヴェンデッタ」「フロム・ヘル」「リーグ・オブ・レジェンド:時空を超えた戦い」「怪人スワンプシング」など、手掛けるグラフィック・ノベルが数多く映画化されてきたアラン・ムーアが、1...
「ウォッチメン」 (古今東西座)
決してつまらなくはないのだが、何だか掴み所がなくてコメントし辛い作品。原作はアメコミの大手DCコミックスから出版されたベストセラー。でも残念ながら読んでいないどころか全く知らなかった。スーパーヒーローが不要になった時代のスーパーヒーローの悲哀を描いた設定...
ウォッチメン/Watchmen (いい加減社長の映画日記)
予告編で、ぞくぞくするような感じを覚え。 これは、観ておかなくちゃ、と思ったもので。 「UCとしまえん」は、土曜のレイトショーとしては、ちょっと多めかな。 「ウォッチメン」は、大きめのスクリーンで、7割程度。 【ストーリー】 ジョン・F・ケネディ暗殺事件...
ウォッチメン/マリン・アッカーマン、ビリー・クラダップ (カノンな日々)
原作はグラフィック・ノベルらしいんです。でもそのグラフィック・ノベルって何?というレベルなんですけど、とりあえず予告編は面白そうだし160分という超大作なところも期待大。でも一番惹かれたのはスマイル・バッヂなんですよね。子供の頃はピース君って呼んでた記憶...
ウォッチメン (迷宮映画館)
はーー、勉強(?)になりました。こう言うお話があったとは、露ほども知りませんでした。
ウォッチメン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★[3/5] レトロ風味と近未来装置の融合で不思議な世界観がここに・・・
ウォッチメン (映画鑑賞★日記・・・)
原題:WATCHMEN公開:2009/03/28製作国:アメリカ/R-15上映時間:163分鑑賞日:2009/03/28監督:ザック・スナイダー出演:マリン・アッカーマン/ローリー・ジュスペクツィク(シルク・スペクター)ビリー・クラダップ/ジョン・オスターマン(DR.マンハッタン)マシ...
ウォッチメン / WATCHMEN (我想一個人映画美的女人blog)
この世界観、気に入った~♪ もっとおバカで アメコミっぽいのかと勝手に想像してたから 真面目に面白いのでびっくり{/atten/} 去年の流れで、ヒーロー系アメコミブームに続くこの『ウォッチメン』 全米でも現在オープニングから大きく2位と差をつけ相当な興行成績を...
『ウォッチメン』 (めでぃあみっくす)
面白い。眠い。見飽きた。説明不足。ややこしい。哲学的。でも面白い。そんな不思議な映画でした。アメコミものでありながら唯一SF界の最高賞ヒューゴー賞を受賞しただけあって、確かに面白い作品ではあるのですが、全く予備知識のない私には厳しい部分もちらほら。できれ...
ウォッチメン (ぷち てんてん)
☆ウォッチメン☆(2009)ザック・スナイダー監督パトリック・ウィルソン(ナイトオウル)マリン・アッカーマン(シルク・スペクター)ビリー・クラダッブ(DR.マンハッタン)マシュー・グード(オジマンディアス)ジャッキー・アール・ヘイリー(ロールシャッハ)ジェフ....
ウォッチメン・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ちょうど20年前に、原作を読んだときの衝撃は忘れられない。 アラン・ムーア原作、ディヴ・ギボンズ作画による「ウォッチメン」は、フランク...
ウォッチメン (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:ザック・スナイ
ウォッチメン(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ザック・スナイダー 【出演】ジャッキー・アール・ヘイリー/パトリック・ウィルソン/ビリー・クラダップ/マリン・アッカーマン/マシ...
『ウォッチメン』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【Watchmen】 2009年/パラマウント/163分 【オフィシャルサイト】 監督:ザック・スナイダー 出演:パトリック・ウィルソン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ビリー・クラダップ、マリン・アッカーマン、マシュー・グード
「ウォッチメン」みた。 (たいむのひとりごと)
馴染みが薄いアメコミの『ウォッチメン』。予告編から一般的なアメコミヒーローものと異なる雰囲気を感じていたが、これほどまでに暴力的で、性描写の多い作品だとは思ってもいなかった。まったく容赦のないボキボキ
ウォッチメン (映画通の部屋)
「ウォッチメン」WATCHMEN/製作:2009年、アメリカ 163分 R-15
ウォッチメン(映画館) (ひるめし。)
知ってはならない 真実がある―。
映画『ウォッチメン』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
いや~、回りくどい展開(汗)予告編がなんか凄くて観に行った映画ですが、ひどい作品
喜劇役者の孤独 (宇宙のめいぐると)
「ウォッチメン」
09-89「ウォッチメン」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
ヒーロー狩りが始まったのか  かつて、“ウォッチメン”と呼ばれる者たちがいた。彼らは<監視者>となって世界の重大事件に関わり、人々を見守り続けてきた。だが1977年、政府によりその活動を禁止され、ある者は姿を消し、ある者は密かに活動を続けていくことに。  ...
ウォッチメン (5125年映画の旅)
平和のために戦うと同時に、世界の歴史の影で暗躍してきたウォッチメンと呼ばれるヒーロー達。歴史が変わり、その活動を終えたウォッチメンの一人が何者かによって暗殺された。覆面のヒーロー・ロールシャッハは、それがヒーローを狙った連続殺人事件であると感じ、独...
「ウォッチメン」 (或る日の出来事)
警官がマスクをかぶって、法を超えて悪と戦ったのが始まりか、なるほど。
ウォッチメン (メルブロ)
ウォッチメン 253本目 2009-14 上映時間 2時間43分 監督 ザック・スナイダー 出演 ジャッキー・アール・へイリー パトリック・ウィルソン  ビリー・クラダップ 会場 新宿バルト9 評価 6点(10点満点)  アメコミ原作のヒーロー映画。しかし、...
『ウォッチメン』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
アメコミ史上最高傑作グラフィックノベル1985年、もうひとつのアメリカ。マスクをつけたヒーローたちの尽力により、ベトナム戦争に勝利したアメリカでは、リチャード・ニクソンが大統領の座に居座り続けていた。ソビエト連邦との緊張関係は沸点に達し、核戦争が現実の様相...
No.191 ウォッチメン (気ままな映画生活)
この映画って、過去に見た映画に似ている・・・ 観賞後にあの映画を思い出した。 同じくアメコミ映画だけど、全米でタイタニックに次ぐ 歴代興業収入2位となったあの映画。
mini review 09387「ウォッチメン」★★★★★★★★★☆ (サーカスな日々)
『300 <スリーハンドレッド>』を手掛けたザック・スナイダーが、映像化不可能といわれていた同名グラフィック・ノベルを映画化したミステリー超大作。数々の歴史的事件にかかわってきたヒーローが次々と殺されていく裏で、世界を揺るがす壮大な陰謀劇が展開する。出演は...
【映画】ウォッチメン…で、ロールシャッハのマスクってどういう仕組み? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
この時分の気候を三寒四温と申しますが、ここ数日,北部九州地方での気候の差ってのは結構凄いモノがありました{/face_acha/} 3月10日(水曜日)には日中にも降りやまないドカ雪{/kaeru_snow/}{/kaeru_snow/}(…雪というよりもミゾレだったんですが、私の家の前は15センチ...
『ウォッチメン』 (『映画な日々』 cinema-days)
ウォッチメン 1985年 ウォッチメン抹殺の裏には、 壮大な陰謀が隠されていた.... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Watchmen ...
映画評「ウォッチメン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ザック・スナイダー ネタバレあり
ウォッチメン (モノクロのアニメ)
スーパーヒーローたちの自警行為を禁止するキーン条例が制定された1980年代。スーパーヒーローの代名詞であったウォッチメンのメンバーは一般人として平穏な暮らしを過ごしていた。 だが、ある夜。ウォッチメンメンバーの一人であるコメディアンが何者かに殺害された...
ウォッチメン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ウォッチメン」監督:ザック・スナイダー(『ガフールの伝説』『300 <スリーハンドレッド>』)出演:マリン・アッカーマン(『幸せになるための27のドレス』『あなたは私の婿にな...
ウォッチメン (FG映画批評 100点満点 記憶で採点)
ウォッチメン ☆☆☆★★ 77点