銅版画制作の日々

ぼちぼち更新致します。宜しくお願いします!

エレジー◇ELEGY 愛があるなら年の差なんて・・・。

2009-02-01 | 映画:シネコン

たとえ恋愛経験豊富でも・・・・・。

いつも恋するときは、初恋と同じ?なるほどね。どんなに多くの恋を経験しても、そのことが活かされるものではないのだ!要するに相手が変われば、その恋愛のかたちも違うから・・・・。もうこれで恋はお終いなんて、失恋や別れを経験しても、また恋はやって来る。そしてまた出会い、恋に落ちる。結局同じことを繰り返すのだ。恐れず目の前の恋に突き進みましょう!決して恐れずに・・・・。

1月27日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。今回は年の差30歳の男女の熱烈でしかも静寂な愛の物語。女子学生のコンスエラ・カスティーリョ役にナイスボディで魅惑的なペネロペ・クルス。そしてその恋の相手大学教授デヴィッド・ケペシュ役には「ガンジー」でマハトラ・ガンジー役を演じ、アカデミー賞主演男優賞などに輝いたあのベン・キングズレー、実際にその年の差31歳です。

デヴィッドは大学教授、ちょっとした有名人。コンスエラは教え子だった。

「アメリカ快楽主義の起源」というきわどいタイトルの本を出し若い頃のただ一度の結婚を人生最大の失敗と公言、自由な恋愛を謳歌している。

本当にこのような魅力的な女性に出会ったら、おじさんも若者も一発で彼女の虜になるのは目に見えている。ただおじさんのようにこれだけ年の差があると、ちょっと躊躇しちゃうのは分かる。ディヴッドはこの美しいコンスエラに初めて触れたとき、芸術品のように大切に扱った。

猫の目のように怪しく輝く黒い瞳、艶やかな黒髪、そして何よりも彼が崇拝したのは、完璧な乳房!

親友でピュリツアー賞受賞の詩人であるジョージ・オハーン(デニス・ホッパー)はこういう。「自分の運の良さに感謝するんだな。美しい女性との一夜限りの関係を楽しんだんだ」。デヴィッドはそう彼にからかわれる。

ところが、コンスエラとの関係は一夜では終わらなかった!

「女性経験は多いほう?」と彼女は質問。そんな彼女に、「君はどうなんだ?」と逆に質問する。彼女は「5人」と答える。その答えを得たのが、間違いの始まりとなる。

いったいどんな男たちと?デヴィッドの中に、恐ろしいほど激しい嫉妬が生まれた!!

過去の男たちへ怒りといつしか現れるだろう未来の男への憎悪だ。

30歳も年下の彼女のほうが、ずっと大人だった。彼女は、嫉妬や独占欲を愛だと勘違いするほど子供ではなかった。彼女はこう思っていた。ディヴッドが誰とも魂で触れ合うような深い関係を築かず、恋から恋へと飛び移ってきたことも分かっていた。

刹那的な感情にすぎないのなら、その愛に価値はない。コンスエラはそんな考えだったのだ!(本当の愛をディヴィッドに求めていた?)

多分年の差がデヴィッドには大きなハードルだったのだろう。そしてコンスエラとの付き合いも未来に繋がるものとは考えていなかったはず。

それは老いへの恐怖!

デヴィッドは単にスリリングな恋を楽しんでいるだけ。そして、それは日常からの逃避行に過ぎない。

そんなデヴィッドに彼女はこう尋ねる。「あなたは私と一緒にいる未来を想像したことがあるの?」答えられないディヴッドに腹を立てるコンスエラだが・・・・。

しかし彼の腕に抱かれれば許してしまう。これほどまでに熱烈に肉体を愛されるのも、慈しむように美しい写真を撮られるのも、初めての経験だった。

そんな彼が20年間も肉体関係を続けているキャロライン(パトリシア・クラークソン)の存在など、想像すらしなかった。

キャロラインはデヴィッドに女の影を・・・・。

出会いと同じく、別れも突然やって来た。きっかけはコンスエラの修士号を祝う、両親主催のパーティー。行くと約束したのに、直前になって怖気づいたディヴッドは、電話で「車が故障した」と嘘をつき、引き返してしまう。深く傷ついたコンスエラは、彼の留守電に別れのメッセージを残す。「あなたは私にとってすべてだった。心から愛していたのよ」

未来に希望しかない彼女には、デヴィッドの恐れを理解することができなかった。

ふたりは別れ、デヴィッドは慣れ親しんだ日常に戻っていった。親友ジョージとのお喋り、TV出演、キャロラインとの情事・・・・。

ある日、疎遠になっている息子ケニー(ピーター・サースガード)が突然訪ねてきた。「愛人ができた」と相談。しかしデヴィッドにはどうすることもできない。親友ジョージがニューヨーク大学での詩の朗読会で倒れ、急死したのはそのときだった。

コンスエラと大きな支えだったジョージの死の悲しみからようやく立ち直ったと思えた2年後の大晦日、1本の電話がかかってきた!何とコンスエラだった。

「会いたい」とやって来たコンスエラは思いもかけない頼み事をする。

彼女の肉体は病に冒されていたのだ・・・・。

コンスエラはきっと彼の気持ちに気づいたのではないかと思う。老いという恐怖に、彼女自身の病への恐怖が重なったとき、初めて・・・・・。

デヴィッドは衝撃のあまり、泣き出す。そして彼女への愛に気付くのだ。愛は老いへの恐怖も吹き飛ばした。そんな気がした。恋に年齢はないということも・・・・。皆さん、恋をしましょう!

キャスト

 ジョージ(デニス・ホッパー)

 キャロライン(パトリシア・クラークソン)

 ケニー(ピーター・サースガード)

 エイミー・オハーン、ジョージの妻
デボラ・ハリー

 イザベル・コイシェ監督(右)

原作:フィリップ・ロス  『ダイング・アニマル』(集英社刊)

 

解説

ピュリッツァー賞作家フィリップ・ロスの『ダイング・アニマル』を「死ぬまでにしたい10のこと」「あなたになら言える秘密のこと」のイザベル・コイシェ監督が映画化した大人の愛の物語。若い頃から自由で気ままな恋愛を信条としてきた初老の大学教授が、30も年下の教え子相手に思いがけず愛に溺れて葛藤するさまと、そんなふたりの切ないすれ違いの愛の行方を実力派俳優陣による官能的かつ繊細な演技で描き出してゆく(allcinemaより)

オフィシャル・サイト
http://elegy-movie.jp/

 

Comments (3)   Trackbacks (38)   この記事についてブログを書く
« エグザイル/絆◎アンソニー・... | TOP | レボリューショナリー・ロー... »
最新の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (mig)
2009-02-02 10:49:26
コメTBありがとうです
歳の差恋愛、30以上なんてわたしはムリだけど
恋愛のみとりあげた作品になっていないところが良かったです~
とくにデニスホッパー親友の存在
コンスエラ演じたペネロペは他に考えられないくらいハマってましたね
こんにちは♪ (ミチ)
2009-02-03 16:31:27
先日はお祝いコメントをありがとうございました!
これからもどうぞよろしくお願いいたしますね~!

「エレジー」をはじめとして、mezzotintさんが最近ご覧になっていらっしゃる作品は全てこちらでは2.3ヵ月後に上映予定のものばかりなんです。
遅れてでもスクリーンで見れる事を幸せだと思わなくちゃいけませんね~。
いつまでも「現役」で… (ミスターシネマ)
2009-03-28 13:24:05
初めまして!ミスターシネマと申します!

僕は結構前に見ていましたが、この作品を見て思ったことは、男はいつまでも男でいたく、女はいつまでも女でいたいということですね!

デヴィッドの子供じみた行動にいらっと来るかもしれませんが、ペネロペ・クルスの思わず拝んでしまうような体に驚いてしまいましたね(笑)

僕も映画のブログを作っています。
時間の空いたときなどにお訪ねください♪

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

38 Trackbacks

エレジー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『からだから、こころから、あなたを消せない。 もう一度、愛したい。』  コチラの「エレジー」は、ピューリッツァー賞作家のフィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」を「あなたになら言える秘密のこと」のイザベル・コイシェ監督が映画化した1/24公開の...
エレジー (LOVE Cinemas 調布)
アカデミー賞ノミネートのペネロペ・クルスと、アカデミー賞俳優ベン・キングスレーの共演。監督は親日家のイザベル・コイシェ。村上春樹をこよなく愛し、次回作『Map of the sounds of Tokyo』は菊池凛子主演で制作する予定だそうです。ちなみウィキペディアによればにエ...
『エレジー』:歳を経ても自己都合な男の「老いらくの恋」 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
原作フィリップ・ロス、脚本ニコラス・メイヤーは『白いカラス』と同じ組み合わせ。 なので、アメリカ文学映画の本筋コンビのような気がするのだけれど・・・ 気になる映画を初日に鑑賞。
★「エレジー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウは・・・ 公開初日の「レボリューショナル・ロード」や「007償いの報酬」、 先週公開された「感染列島」も観たかったけど・・・ ひらりん的にはやっぱり、ペネちゃんモノを最優先。
「エレジー」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  初老の大学教授と、その教え子のラヴアフェア。ベン・キングスレーとペネロペ・クルス。バランスは悪くなかったけれど、ベン・キングスレー演じるこの教授の大人げなさに、ちょっとげんなり…。単純に好みの問題として、こういう男性は嫌...
『エレジー』 (Sweet*Days**)
監督:イザベル・コイシェ  CAST:ベン・キングスレー、ペネロペ・クルス、デニス・ホッパー 他 初老の大学教授、デイヴィッド(ベ...
エレジー (シネマ日記)
ふむ。なんだか感想を書くのが難しい映画です。すごく良かったって人も結構いるんだろうなぁ。ワタクシはちょっとなぁと思ったけど。ワタクシが登場人物の誰にも特に感情移入できなかったからかもしれません。まー、単なる年老いた男のファンタジーっていうか、、、これは...
エレジー(映画館) (ひるめし。)
からだから、こころから、あなたを消せない。もう一度、愛したい。
エレジー/ Elegy (我想一個人映画美的女人blog)
あなたは 歳の差、30歳以上の相手と恋愛出来るか?! 『死ぬまでにしたい10のこと』『あなたになら言える秘密のこと』のイサベル・コイシェ監督の新作。 東京国際映画祭で去年秋上映されたけど行けなくてすごく楽しみにしてた映画 やっと公開。試写で観て来ました~ ...
エレジー/ベン・キングズレー、ペネロペ・クルス (カノンな日々)
今週、私が一番楽しみにしていたのがこの映画だったりします。理由を聞かれると困っちゃうんですけど、総合的な直感(笑)。予告編だけでも文学的な香りが漂ってくるし、監督がイサベル・コイシュということなんで、きっと何でもかんでもセリフで説明せずに行間で語るように...
エレジー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:ELEGY) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) フィリップ・ロス原作の小説「ダイング・アニマル」を映像化。 若い頃から自由で気ままな恋愛を信条としてきた初老の大学教授が、30歳も年下の教え子に溺れて葛藤する様を描いた大人の恋愛映画。 デヴィ...
2009-20『エレジー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-20『エレジー』(更新:2009/01/25) * 評価:★★☆☆☆ 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の26本目。 年老いた男と病気にかかってしまった女の恋愛物語。 ペネロペ・クルスの形のよい乳房には...
恋が愛に変わる時。『エレジー』 (水曜日のシネマ日記)
30歳の年齢差のある男性教授と女子学生の恋愛を描いた作品です。
エレジー (映画通の部屋)
「エレジー」 ELEGY/製作:2008年、アメリカ 112分 監督:イザベル・
『エレジー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「エレジー」□監督 イサベル・コイシェ  □原作 フィリップ・ロス(「ダイング・アニマル」)  □脚本 ニコラス・メイヤー □キャスト ペネロペ・クルス、ベン・キングズレー、デニス・ホッパー、パトリシア・クラークソン、ピ...
エレジー (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ペネロペ・クルスの圧倒的な美しさが物語を支え、全ての役者の深い演技が作品の次元を高みに引き上げる。女性に肉体的な愛しか求めない初老の大学教授デヴィッドが、30歳も年下の美貌の女性コンスエラとの恋に溺れていく。真摯な関係を求める女とそれを拒む男の関係は、別...
「エレジー」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
悲しい気持ちは、ひとである証。エレジーは「哀歌」と訳されることが多い。大学教授のデヴィッドは、既に社会的地位と名声は得ているものの、異性に関しては、結婚生活を早々に放棄し、以後教え子を含めた不特定多数の女性との関係を続けていた。老いてますます盛んな彼を...
映画 『エレジー』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆現代アメリカ文学の巨匠、フィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」を映画化した大人の愛の物語。セックスから関係をスタートさせた男女が、真の愛に目覚めるまでをしっとりと描く。大学教授のデヴィッド(ベン・キングズレー)は、教え子の...
エレジー まったくノーマークの映画だったが・・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【 5 -1-】 この1月末から3月いっぱいに掛けて、見たい映画{/m_0058/}が目白押しで{/m_0160/} 週に2本ずつ観ていっても、追いつかないかもよ{/m_0200/}どうするよ{/m_0162/} そしたらこんなノー・マークの映画が、いきなり封切りなりよるから焦るやんかっ{/cat_6/} 新聞...
エレジー (いとしこいし ~いとしいこいしいものごとのおぼえがき~)
エレジー  1/28(水)@TOHOシネマズ イヴと手を繋ぎたくてモジモジしてるウォーリーに「今かよっ!」と、イラっとしてしまうワタシなのに、コンスエラ(ペネロペ)と関係を持ちたい一心でベラベラと喋りまくり褒めまくり次の予定をたてたがるデヴィッド
エレジー (心のままに映画の風景)
初老の大学教授デヴィッド・ケペシュ(ベン・キングズレー)は、 30歳も年の離れた学生のコンスエラ・カスティーリョ(ペネロペ・クルス)...
『エレジー』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:ELEGY監督:イサベル・コイシェ出演:ペネロペ・クルス、ベン・キングズレー、ピーター・サースガード、デニス・ホッパー、パトリシア・クラークソン公式サイトはこちら。<Story>著名な大学教授デヴィッド(ベン・キングズレー)は、今日もテレビで自分の著....
エレジー (2008・アメリカ) (白ブタさん)
これはちゃんと(?)恋愛映画でした{%ハイヒールwebry%}
エレジー (シャーロットの涙)
悲歌。哀歌。挽歌。
エレジー を観ました。 (My Favorite Things)
なんとも切ない作品でした…。
「エレジー」  ELEGY (俺の明日はどっちだ)
昔読んで好きだった「さようならコロンバス」や「素晴らしいアメリカ野球」の作者であるフィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」を「死ぬまでにしたい10のこと」というより「あなたになら言える秘密のこと」のイザベル・コイシェ監督が映画化した年の差カップ...
エレジー (Diarydiary!)
《エレジー》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - ELEGY 初老を迎えた大
「エレジー」命短し恋せよ・・・ (ももたろうサブライ)
監督 イザベル・コイシェ 何となくベタな恋愛映画を観たい気分だったので観にいきました。少しあらすじ 初老の大学教授・ケペシュ(ベン・キングズレー)は学生のコンスエラ(ペネロペ・クルス)に心を奪われる。そして彼女に近づき、男女の深い関係になる。本来快楽主...
『エレジー』 2009-No4 (映画館で観ましょ♪)
大学教授デヴィッド=ベン・キングズレーと教え子のコンスエラ=ペネロペ・クルス 30歳も年の離れたふたりの愛を描いた作品。 可...
「エレジー」 (或る日の出来事)
「死」の姿もちらつくなかでの、老いらくの恋。 じわじわと見せてくれます。
「エレジー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
久しぶりに、“愛の物語”を見たかなぁ
mini review 09407「エレジー」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
現代アメリカ文学の巨匠、フィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」を映画化した大人の愛の物語。セックスから関係をスタートさせた男女が、真の愛に目覚めるまでをしっとりと描く。身勝手な大学教授役に『砂と霧の家』のベン・キングズレー。美ぼうのヒロインを...
?年の差恋愛? (Happy☆made)
年の差恋愛って、いろいろな問題や悩みが出てきますよね(*v.v)。
『エレジー』 (『映画な日々』 cinema-days)
エレジー 初老の大学教授が、30歳年下の教え子と 出会い真実の愛に目覚めていく... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Elegy(哀歌) 原作:フィリップ・ロス 『ダイング・アニマル』
『エレジー』 (『映画な日々』 cinema-days)
エレジー 初老の大学教授が、30歳年下の教え子と 出会い真実の愛に目覚めていく... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Elegy(哀歌) 原作:フィリップ・ロス 『ダイング・アニマル』
エレジー (RE940の自作DVDラベル)
2008年 アメリカ 113分 監督:イザベル・コイシェ 出演:ペネロペ・クルス ベン・キングズレー パトリシア・クラークソン デニス・ホッパー ピーター・サースガード 東京を舞台に、菊地凛子を主演に迎えて作り上げた最新作「ナイト・トーキョー・デイ」も...
映画評「エレジー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督イザベル・コイシェ ネタバレあり
映画『エレジー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-7.エレジー■原題:Elegy■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:112分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:1月24日、シャンテシネ(日比谷)スタッフ・キャスト(役名)□監督...