銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

ホースメン(2008)HORSEMEN

2009-11-20 | 映画:ミニシアター

 美しき殺人○の罠に、世界が堕ちる

京都シネマにて「ホースメン」を鑑賞。かなり期待度が大きい作品だったのですが・・・・。そこまでではありませんでした。チャン・ツィイーのイメージは確かに変ったかもしれませんが。意外にも先が読める展開だったので、面白くなかったなあなんて。

チャン・ツィイ―演じる薄幸な美少女が、突如猟○I的な犯罪者に変貌するというのは面白いんですが・・・・。何かもう少し変貌する展開に工夫があってもいいような感じもするのですが。どうでしょうね。あくまでも個人的な感想ですが。。。。。

ちょっとネタばれになりますが、デニス・クエイド扮する刑事の息子の存在もこの事件に関わるんだろうななんて初めから見え見えです!ラストに近づくとああやはり

 


第二の死体発見者はメリー・アンとその夫スピッツ氏の養女であるクリスティン。
大粒の涙をこぼしながら「犯人を捕まえてくださる?」と訴える彼女。
ブレスリンはそんなクリスティンを哀れみ、連絡するように名刺を渡すのだが・・・・。



メリー・アンの全○死体は極太の釣り針とワイヤーによって怪しげな器具に吊るされている。まるでアートの展示物のようですが・・・・。やっぱりこれは凄い(汗)ぞっとしましたね。

STORY(allcinemaより抜粋)

妻に先立たれたベテラン刑事エイダン・ブレスリン(デニス・クエイド)は、仕事に追われるあまり溝の出来てしまった2人の息子との関係に悩んでいた。そんなある日、銀のトレーに生きたままペンチで抜かれたと思われる大量の歯が置かれた死体なき殺人事件が発生する。現場には“来たれ”という謎のメッセージが残されていたが、その意味の解明も進まぬうちに、今度はメリー・アン・スピッツという中年女性が新たな○問殺人の犠牲者に。そのショッキングな死体の第一発見者は彼女の養女でまだあどけなさの残る東洋系美少女クリスティン(チャン・ツィイー)だった。その心中を慮って彼女に優しく接するブレスリン。ところが捜査が行き詰まる中、クリスティンは自分がメリー・アンを殺害したと告白、不敵な笑みを浮かべて共犯者による猟○殺人はまだ終わりではないとブレスリンを挑発するのだった。

銀のトレ―に置かれた歯の主もまもなくメリーの次の犠牲者として発見される。
犠牲者は33歳の教師スティーヴン・シルヴァ。彼の死体もやはり「来たれ」と記された部屋で、黒い器具によって吊るされていた。


ブレスリンとスティングレイ 刑事(クリフトン・コリンズ・Jr

現場のクローゼットからスティーヴンの浮○相手の女性が生きたまま発見され、姿をくらました彼女の夫ギャリソンが容疑者として浮上する。

ギャリソンもまもなく遺体で発見されるのだが・・・・。

メリーとスティーヴンの死体が吊された器具は地元のタ○ゥー&ピアス・ショップで販売されたことが判明。店員の男は4つの特注の器具を売ったと証言。さらにブレスリンは、新約聖書のヨハネの黙示録に「来たれ」という記述があることを突き止める。

4つの器具の内2つが使用された。さて残り2つ、さらにふたつの事件が起こるのか??

ヨハネの黙示録の4人の騎士をヒントに繰り広げられるこの事件、一体どういうような展開を見せるのか?聖書に興味のある方には結構興味深いものかもしれませんが。


不気味な笑みを浮かべて取り出したビニール袋に入った血まみれの胎児は、まさに犯行の動かぬ証拠。

邪悪な本性露わにしたクリスティンは愕然とするブレスリンを翻弄して行く。

 


ブレスリンは我が息子アレックス(ルー・テイラー・プッチ)がこの事件に関わっていることに気付く・・・・・。

「グリーン・デスティニー」「SAYURI」のチャン・ツィイーが猟奇殺人鬼役に挑戦した異色のサスペンス・スリラー。“黙示録の四騎士”をなぞらえた連続殺人事件の謎を追う主人公刑事が、自ら殺人を自供した美しき犯人に翻弄されていくさまをミステリアスに描き出す。刑事役には「デイ・アフター・トゥモロー」「バンテージ・ポイント」のデニス・クエイド。監督は「SPUN スパン」のジョナス・アカーランド

製作はマイケル・ベイ

 

メディア 映画
上映時間 90分
製作国 カナダ/アメリカ
公開情報 劇場公開(カルチュア・パブリッシャーズ)
初公開年月 2009/10/24
ジャンル サスペンス/ホラー/ミステリー
映倫 R15+

オフィシャル・サイト
http://www.horsemenmovie.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.horsemen.jp/

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   Trackbacks (15)   この記事についてブログを書く
« パイレーツ・ロック(2009)☆TH... | TOP | イングロリアス・バスタ―ズ☆★... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
これは… (KLY)
2009-11-21 01:06:39
何というか、宣伝がインチキすぎます。
チャン・ツィイーなんて全く主人公クラスですらないですし。
黙示録の四騎士の話自体日本人にはなじみが薄いので、今ひとつテーマ自体にも馴染めずでした。というか途中でよく解らなくなっちゃいまして、家に帰って紙に書いて整理してやっと理解できたという…。(苦笑)
禁止ワード? (ともや)
2009-12-03 06:46:29
こんばんは、mezzotintさん♪
いつも楽しみに拝見させてもらってます~♪

TBはアレですね、こういう作品なんで、禁止ワードが引っかかっちゃってるのかもですね~。

これは真犯人も含めて、想像がついちゃうちょっと残念な作品でした。
こういうテイストは嫌いじゃないんですけどね~(苦笑)。

今度のチャン・チィイー作品は、コメディ映画らしいので、こちらに期待しましょう♪
禁止ワード? (mezzotint)
2009-12-03 21:42:54
ともやさん
そうなんです。禁止ワードなのかも・・・。
色々編集してみましたが上手くいかず(汗)
かなり期待していましたが、想像ついちゃって
本当に残念です。チャン・ツィイの冒険には
拍手です。おぉ~コメディなんですか!
それは楽しみですね♪
なんかねぇ~・・ (メル)
2010-02-22 08:34:53
mezzotintさん、おはようございます☆^^

コメント残して頂いて、どうもありがとうございましたm(__)m
gooさんのTBできない基準といのが、よくわからないですねぇ~(^_^;)
この映画も同様、よくわからなかったです(^^ゞ

そうそう、黙示録云々のところも、なじみが私もないので今ひとつよくわからなかったし、ラスボス(?)ならぬ”あの人”は、きっとそうだろうっていうのだけは、早々にわかっちゃうし・・。

せっかくのチャン・ツィイーは、いくらなんでもその年齢設定はずーずーし過ぎる?なんて思っちゃったし(^_^;)
彼女の魅力が、内容のせいか、ちゃんと出てなかったように思えましたし、今ひとつで残念でした。
それでも、どうなるんだろう?って最後までちゃんと見れたんですけどね(^^ゞ

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

Similar Entries

15 Trackbacks

ホースメン (LOVE Cinemas 調布)
「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイがプロデュースする最新作。今回はうって変わって新約聖書の“ヨハネの黙示録”の四騎士をテーマにしたサイコスリラーだ。主演は『バンテージ・ポイント』のデニス・クエイド。共演に『SAYURI』のチャン・ツィイー...
【ホースメン】 (日々のつぶやき)
監督:ジョナス・アカーランド 出演:デニス・クエイド、チャン・ツィイー    美しき、殺人鬼の罠に、世界が堕ちる 「妻を亡くし辛さのあまり仕事に集中し二人の息子と過ごす時間が取れない刑事のブレスリンは、釣り針で体を吊られ殺されるという猟奇的な殺人
「ホースメン」いろんな意味で、恐い…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[チャン・ツィイー] ブログ村キーワード  チャン・ツィイーと言えば、これまで“綺麗”“カワイイ”“可憐”というイメージが圧倒的でございました(少なくとも吾輩的には…)。そんな彼女が、新境地とも言える役に挑んだのが本作、「ホースメン」(カルチュア・パブリ...
ホースメン (Memoirs_of_dai)
猟奇的なチャン・ツィイー 【Story】 妻に先立たれたベテラン刑事ブレスリン(デニス・クエイド)は、猟奇的な連続殺人事件を担当すること...
ハリウッド映画 最新 ハリウッド映画会社 (映画にまつわるエトセトラ)
鑑賞作品リスト: 韓流部屋 韓国女優−チョン・ジヒョン ハリウッドで制作する映画鐔▲屮薀奪鼻Ε供Ε丱鵐僖ぅ≶州のため、南米と中国で撮影中の彼女ですが、国内と海外のファンの間では、ハリウッド進出は成功するのではないかというのが大半のようです。国内...
ホースメン(試写会) THEHORSEMEN (まてぃの徒然映画+雑記)
章子怡(チャン・ツーイー)が猟奇殺人犯役ということで、サスペンスホラーはあまり得意ではないのだけれど、観てみました。ブレスリン刑事は専門が歯科法医学だが、そんな彼を事件に引きずり込むきっかけが静かな森の中でおきる。綺麗なシルバーの器に盛られた、血まみれ...
ホースメン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
予告でチャン・ツィイーが猟奇殺人犯って・・・わかった上で観ちゃうのって^^;微妙なものがあります。あーーーー出た出た♪・・・まだ正体出さないけど~~~ほーーら、来た来た♪って妙な期待感と与えてくれてちなみに・・・彼女の役の年齢設定考えるとびっくりします...
ホースメン (だらだら無気力ブログ)
『トランスフォーマー』のマイケル・ベイの制作で、「黙示録の四騎士」に なぞらえた連続猟奇殺人事件の謎を追う刑事を描いたサイコ・サスペンス。 事件を追う刑事に『バンテージ・ポイント』のデニス・クエイドが、 猟奇殺人鬼に『女帝』のチャン・ツィイーが扮し、チ...
試写会「ホースメン」 (流れ流れて八丈島)
今日も2本目があります九段会館で試写会「ホースメン」を観てきました「いまだかつて体験したことのない、衝撃のサディスティック・サスペンス・スリラーの誕生!!」というのがコピーです新約聖書の黙示録が連続殺人の題材ということで、キリスト教に疎い日本人にはちょっ...
ホースメン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE HORSEMEN) 【2008年・カナダ/アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 聖書に描かれた"ヨハネの黙示録の四騎士"に準えた猟奇殺人事件に挑む刑事を描くサイコ・スリラー。 デトロイト警察の刑事エイダン・ブレスリン(デニス・クエイド)の元に、殺人事件発生...
09-292「ホースメン」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
4人の騎士、4人の生け贄  妻に先立たれたベテラン刑事エイダン・ブレスリンは、仕事に追われるあまり溝の出来てしまった2人の息子との関係に悩んでいた。  そんなある日、銀のトレーに生きたままペンチで抜かれたと思われる大量の歯が置かれた死体なき殺人事件が発...
映画『ホースメン』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
美女、チャン・ツィイーがまさかの殺人者に扮した話題のサイコ・スリラー。宣伝から既
「ホースメン」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
チャン・ツィイーを見ることが出来たのは嬉しかったけど・・
『ホースメン』:チャン・ツィイーと丁々発止やるのかと思いきや @レンタルDVD (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
マイケル・ベイが製作にからんだデニス・クエイド、チャン・ツィイー主演のサイコサスペンス映画『ホースメン』。 「ホースメン」って、なんなのよ?
映画評「ホースメン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ジョナス・アカーランド ネタバレあり