銅版画制作の日々

ぼちぼち更新致します。宜しくお願いします!

渇き◆◇THIRST(2009)

2010-03-19 | 映画:シネコン

 この愛、赦し給え──
原題:박쥐

東宝シネマズ二条にて鑑賞。非常に濃い内容です。実は、バンパイアものとはまったく知らず。。。。。また最後の最後まで暗くて重たかった。そして何といっても生々しい。う~んとにかく凄いわ~~。

ただちょっと引っ張りすぎのような感じもしました。いったん終わりそうな気がしたのですが。。。。まだまだ続きがありました。それからが結構長かったです。前に座っているご高齢の男性、途中で出て行きました。疲れたのかしら?かなり刺激強いから、ハードだったかもしれません。でも私的にはどちらかといえば、好みの作品です。ちょっと2時間13分はきつかったかも。

さてお話ですが。今回もallcinemaさんより抜粋します。

STORY

病院で重病患者たちを看取ることしかできない自分の無力さに絶望したカトリックの神父サンヒョン(ソン・ガンホ)は、アフリカの研究所で極秘に進められていた致死率100%の謎のウイルスに対するワクチン開発に、自ら実験台として参加する。ほどなく発病し、命を落としたかに思われたサンヒョンだったが、正体不明の血液を輸血され、奇跡的に生き返る。帰国したサンヒョンは、信者の一人から病弱な息子の祈祷を請われ、幼なじみのガンウ(シン・ハギュン) と再会する。彼はそこで一家に虐げられているガンウの妻テジュ(キム・オクビン) と出会い、思いがけず心惹かれていく。そんな中、彼の肉体はいつしかヴァンパイアのそれへと変貌、生き血を吸わなければ生きていけない存在となってしまったサンヒョンだったが…。

皮膚は水泡だらけ状態。生き血を飲むとその水泡はたちまち消えてしまう。


テジュは夜になると、裸足で走りまわる。夫や義母から夢遊病だと言われながら。。。。
そんな彼女の前にサンヒョンが現れる。2人は惹かれあいながら、とうとう交わることになる。それがかなりリアルな描写でしす。ちょっと赤面しちゃいますね。ところがリアルなのはこういう描写だけではなく、血がドバッと吹き出す場面や、肌をえぐるという場面もかなり凄いです。血を見て気分が悪くなる方にはあまりお薦めではないですね。


ソ・ガンホはビジュアル的には特に美しいわけではないのですが、意外にこの役はハマっていましたね。「グッド・バッド・ウィアード」の面白いイメージが強かっただけに、この刹那的な役どころがあまりにも素晴らしく演じていたので驚きました。役者パワーにはつくづく感心してしまいました。

相手役のキム・オクビンもソ・ガンホを相手になかなかの迫真演技でした。可愛いキャラですが。後半、バンパイア変身したテジュをオドロオドロしく人間を狙うあたりが狂気的美女のオ―ラを放っていたなあなんて思いました。ソン・ガンホも圧倒される存在のような気がしますよね。


空中を飛んだり、人間を持ちあげたりと、バンパイアの持つ力も登場。傷をしても、あっという間に治ってしまうというバンパイアの不死身なところも出てきます。ダレン・シャンはまだ未見ですが。多分同じバンパイアムービーでもかなり毛色は違うように思います。ハリウッドでは描けない、韓国的重厚なバンパイアムービーのような気がするのです。

ラストはよくあるバンパイア作品の結末どおりでしたが、これもなかなかハリウッド作品とは違う韓国的な趣をじんわりと感じました。

解説(allcinemaより抜粋)

 「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」の鬼才パク・チャヌク監督が、吸血鬼となってしまった神父を主人公に描く禁断のラブ・ストーリー。エミール・ゾラの『テレーズ・ラカン』をモチーフに、聖職者でありながら図らずも吸血鬼となってしまい、挙げ句に人妻と恋に落ちてしまった男が、信仰と欲望の狭間で葛藤しながらも罪を重ねていくさまを、ユーモラスなタッチを織り交ぜつつグロテスクかつ官能的に描き出す。主演は「殺人の追憶」「グエムル -漢江の怪物-」の名優ソン・ガンホ。共演にキム・オクビンキム・ヘスク

※ラ夫人役のキム・へスクの目が何ともいえませんでした。

メディア 映画
上映時間 133分
製作国 韓国
公開情報 劇場公開(ファントム・フィルム)
初公開年月 2010/02/27
ジャンル ホラー/ドラマ/ロマンス
映倫 R15+

第62回カンヌ国際映画祭

ノミネート:パルム・ドール

受賞:審査員賞

第36回サターン賞

ノミネート:インターナショナル映画賞


 

オフィシャル・サイト
http://kawaki-movie.com/

 

 

Comments (14)   Trackbacks (32)   この記事についてブログを書く
« 噂のモーガン夫妻◆◇DID YOU H... | TOP | NINE(2009) »
最新の画像もっと見る

14 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (KLY)
2010-03-20 00:14:48
いわゆるヴァンパイア映画ではなかったですね。人間の根源的な欲望を描き出した作品でした。ここまで人間臭いのはさすがは韓流ってとこでしょうか。^^;
なんかガンホさんが寝転がってチューブでチューチュー血を飲んでる姿がコミカルでした。(笑)
チューチュー (佐藤秀)
2010-03-20 21:37:29
ああいうタイプの栄養ドリンク剤、コンビニでも売っているから余計面白いというか恐ろしいですね。もっともアルミ箔製ですけど。
パク・チャヌク監督 (まてぃ)
2010-03-22 20:34:53
こんにちは。
この作品が好み系だったら、ぜひパク・チャヌク監督の『オールド・ボーイ』も見てみてください!
私的には鳥肌ものでした。
青白い (にゃむばなな)
2010-03-22 22:08:41
ヴァンパイア映画といえば現在ヒットしているあのティーン向けのシリーズのように青白い顔をしているヴァンパイアが出てくるものですが、不思議とソン・ガンホたちの顔があまり青白く見えませんでした。

そこに何か新しさを感じましたよ。
これがパク・チャヌクの演出なんでしょうね。
こちらも、、、 (mig)
2010-03-22 22:45:33
好きです♪

ガンホのセクシーヴァンパイアも良かったし、ブラックユーモアも効いてるし。
あのキムオクビン最高でした★

また観たくなる作品です♪
やっぱパクチャヌク、最高~。

 (とらねこ)
2010-03-23 04:27:02
ソン・ガンホの物悲しさが、人間の生きる虚しさに通じるように感じて、心惹かれました。
何も考えずに人を殺めることが出来てしまうテジュなのに、それでも努力していこうとするサンヒョンが悲しくて。
「テジュさんと一緒に居たかった」と言う最後の一言で、涙が止まらなくなってしまいました・・・
たぶん私だけですね
migさんへ♪ (mezzotint)
2010-03-23 10:35:31
コメントありがとうございます!
パク・チャヌク、いいですね。
ぜひ「オールド・ボーイ」をレンタル
したいと思います。
とらねこさん♪ (mezzotint)
2010-03-23 10:40:48
これこそ、究極の愛というもの
なのでしょうか?
上手く言えませんが・・・。
コメントありがとうございます。
遅ればせながら・・。 (ひきばっち)
2010-03-26 12:55:21
遅ればせながら観てまいりました。
重~いストーリーの随所に笑いが散りばめられていて、おそらくこれが、パク・チャヌク監督の芸風(?)なのでしょう。
それを解って観に行けば、楽しめるのでしょうね(^^♪。
ソン・ガンホ。 (BC)
2010-03-27 14:34:04
mezzotintさん、こんにちは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

ソン・ガンホの前作『グッド・バッド・ウィアード』は
私はBAD役の俳優が・・・なので未見なのですが
前作のソン・ガンホはコミカルな役だったのですね。
幅広いキャラクターをこなせる才能のある役者さんですよね。

若手スターと共演し韓国で大ヒットしている
ソン・ガンホの次回作『義兄弟』は日本で公開されたら観ようと思っています。

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

32 Trackbacks

渇き/?? (LOVE Cinemas 調布)
『オールドボーイ』のパク・チャンヌク監督の最新作。カンヌ国際映画祭では審査員賞を受賞している作品だ。人体実験でヴァンパイアになってしまった神父が人妻と禁断の恋に堕ち、欲望と信仰の狭間で悩み苦しむさまを描く。主演は『殺人の追憶』等で知られる韓国の名優ソ...
渇き / BAK-JWI / THIRST (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_pink/}{/heartss_pink/}ランキングクリックしてね{/heartss_pink/}{/hikari_pink/} ←please click  ソン・ガンホ、フルヌード披露でヴァンパイアになる{/kaminari/}(10キロ減)しかも神父{/ee_3/} {/arrow_r/} いやいや、ガンさんは好きだけど、超楽しみ...
渇き (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:Thirst。パク・チャヌク監督、ソン・ガンホ、キム・オクビン、シン・ハギュン、キム・ヘスク、パク・インファン、メルセデス・カブラル。エミール・ゾラの「テレーズ・ラカン」にインスパイアされたというこの作品、ホラーか、ファンタジーか、エロか、...
渇き・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
韓国映画界随一の映像テクニシャン、パク・チャヌク監督の最新作「渇き」は、ひょんな事からヴァンパイアになってしまったカソリック神父の...
『渇き』 破ったり離れたり (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  守・破・離(しゅはり)という言葉がある。  18世紀の茶人、川上不白が『不白筆記』(1794年)に書いたものである(しばしば...
渇き (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
鬼才パク・チャヌクのバンパイア映画は、常識をヒョイと乗り越える設定と、エロティシズムやブラック・ユーモアが混在した独特の作品だ。サンヒョン神父はアフリカでの伝染病の人体実験で奇跡的に助かるが、やがて身体に異変が起こる。異常なまでに聴覚や嗅覚が研ぎ澄まさ...
映画 「渇き」 (ようこそMr.G)
映画 「渇き」
渇き (ダイターンクラッシュ!!)
2010年3月7日(日) 16:20~ ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『渇き』公式サイト ヴァンパイアの話なのだが、顔の四角いガンホさんなので、「似合わねぇな。普通じゃないだろう」と...
渇き BAK-JWI / Thirst (シネマDVD・映画情報館)
代表作『オールド・ボーイ』を含む「復讐3部作」などで世界中にその名を轟かせ、韓国映画界を牽引するパク・チャヌクが新たに放つ『渇き』は、実に10年越しという念願の企画を実現させた入魂作である。2009年カンヌ国際映画祭コンペティション部門での上映の際には、会場...
渇き (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞渇き/박쥐 2009年/韓国/133分 監督: パク・チャヌク 出演: ソン・ガンホ/キム・オクビン/シン・ハギュン/キ...
映画「渇き」 (今日の素敵さがし)
 なんとまあ!である。むちゃくちゃ面白かった『オールド・ボーイ』や、日本でもヒットした『JSA』のパク・チャヌク監督の新作は、韓国版バンパイアだ。
映画「渇き」と女性試写会 (おぼえ帳 みんなの本棚)
2月27日公開予定の映画『渇き Thirst』を観たので まずは映画『渇き』の感想から。
『渇き』(2009) (Simply Dead)
『渇き』 原題:박쥐(2009) 英語題:Thirst  最高!! マジ最高!!!!!! 超マジ最高!!!!!!!!!!!  東京国際映画祭で『復讐者に憐れみを...
渇き(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
「オールドボーイ」や「親切なクムジャさん」の復讐三部作、パク・チャヌク監督とソン・ガンホのコラボレーションで贈るスプラッタ・コメディ(って、そんなジャンルあるのか?)。神父のサンヒョン(ソン・ガンホ)は謎の病気エマニュエル・ウィルスの解明のために、研究...
『渇き』 (めでぃあみっくす)
これはパク・チャヌク監督が作り上げた全く以って新しい吸血鬼映画。そして全く以って新しい恋愛映画。それゆえに「パク・チャヌク監督」という要素に期待せずに見に行くと、全く以って理解できないかも知れない、そんな映画でした。本当にこのパク・チャヌク監督はどこに...
■11. 渇き (レザボアCATs)
'09年、韓国、アメリカ原題:Bak-Jwi監督:パク・チャヌク製作:アン・スヒョン、パク・チャヌク脚本:チョン・ソギョン、パク・チャヌク撮影:チョン・ジョンフン音楽:チョ・ヨンウクソン・ガンホ  サンヒョンキム・オクビン  テジュシン・ハギュン  ガンウキム・ヘ...
「渇き」 (てんびんthe LIFE)
「渇き」試写会 一ツ橋ホールで観賞 原題 ?? はコウモリ、直球でヴァンパイアを指しているのに邦題は英題のThirstから「渇き」 確かに飢えていたよね、二人とも。 昨秋のフィルメックスのクロージング上映で監督のトークショーがあったにも関わらず、ガンホがヴァ...
◆『渇き』◆ ※ネタバレ含 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:韓国+アメリカ映画、パク・チャヌク監督、ソン・ガンホ、キム・オクビン、シン・ハギュン、キム・ヘスク出演。
「渇き」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                     「渇き」 新宿武蔵野館にて。 監督・脚本パク・チャヌク ちょっとした話題を呼んでいるのと、主演女優さんが好みのタイプなので観にいって参りました。 ちょいとあらすじ・・。 主人公のサ...
渇き (そーれりぽーと)
『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督最新作『渇き』を観てきました。 ★★★★★ めっさおもろい。 またパク・チャヌク監督にコテンパンにやられた気分。 メジャー路線なのに彼の映画はまさに韓国映画、リメイクしようと思ってもよその国では作れないところが余計...
渇き (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】 前半はリアル志向でオドロオドロしくも後半は漫画チックなノリ!
試写会「渇き」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/2/10、神保町一ツ橋ホール。 この会場は久しぶりだ。 ここは、882席と大きいが何列か脚が固定されていないところがあり、 その前後は列間隔が広い。 会場は縦長で、スクリーンもさほど大きくなく後ろの方からは大型TV並みの見栄え、 とても後ろを選ぶ...
渇き☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ソン・ガンホが吸血鬼になる?!なんてニュースを去年観て、楽しみにしてました。監督はパク・チャヌク。でもね、ソン・ガンホが吸血鬼って…コメディにならない?っと不遜なこと思ってたんですが。(爆)信心深い神父のサンヒョンは自分の力の無力さを痛感し致死率の高い...
『渇き』:パク・チャヌク監督、舞台挨拶&ティーチイン(2009.11.29) (hoppenの韓的な日々♪)
第10回フィルメックス映画祭のクロージングに登場した『乾き』。 パク・チャヌク監督の、貴重な舞台挨拶&ティーチインがありました。 コメントは、ユーモアたっぷり。 観客からの質問に、ひとつひとつ、詳しく丁寧に答えてくれました。 監督の造詣の深さにも触れ...
「渇き」 (Mr.Bation)
「渇き」2009年 韓国 監督:パク・チャヌク THIRS だんだん韓国映画にも慣れてきました。もちろん選ぶのはこの手のもの。 バンパイヤ映画ってのはエロと結びつけやすいし、結びつけなかったら嘘でしょう。 キム・オクビンという韓国女優のエロ目当てで鑑賞しても何...
『渇き』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
俳優陣の身体を張った頑張りで、狂気の世界が生まれた。ヴァンパイアよりお化けより神様よりも女が怖い…。
渇き (迷宮映画館)
パク・チャヌク!!ここまで来たかああ。
渇き (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
韓国映画界を牽引する重要人物、パク・チャヌク監督が、バンパイヤという古典的モチーフをかりて、韓国の最大宗教勢力であるキリスト教的倫理観や、抑圧的とも言える強い絆で結ばれた“家族の物語”を、圧倒的なセックスとバイオレンスとブラックユーモアにて破壊しつく...
渇き (映画鑑賞★日記・・・)
【THIRST】 2010/02/27公開 韓国 R15+ 133分監督:パク・チャヌク出演:ソン・ガンホ、キム・オクビン、シン・ハギュン、キム・ヘスク、オ・ダルス、パク・イナン、ソン・ヨンチャンこの愛、赦し給え──病院で重病患者たちを看取ることしかできない自分の無力さに絶望し...
『渇き』 破ったり離れたり (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  守・破・離(しゅはり)という言葉がある。  18世紀の茶人、川上不白が『不白筆記』(1794年)に書いたものである(しばしば...
渇いた息 (Akira's VOICE)
「息もできない」 「渇き」 
映画評「渇き」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年韓国映画 監督パク・チャヌク ネタバレあり