銅版画制作の日々

ぼちぼち更新致します。宜しくお願いします!

フランス映画鑑賞パート2★薬指の標本(-.-)

2006-11-29 | 映画:ミニシアター

 
京都シネマにて、鑑賞・・・・。21歳のイリスは、不思議な愛に陥る
作家小川洋子の原作本「薬指の標本」。人々が“自分から遠ざけたいもの”を標本にするため訪れる標本室での物語をフランス人監督ディアーヌ・ベルトランが映画化した。

ストーリー
イリス(オルガ・キュリレンコ)は、ある夏の日、働いている炭酸飲料水工場の事故で薬指の先端を失ってしまう。その事故がきっかけで、仕事を辞めることに・・・・。近隣の港町に引越ししたイリスは小さなホテルの一室を夜港で働く船員(スタイプ・エルツェッグ)と相部屋で借りる事になる。そして人々が「永遠に遠ざけたいと思う品々」が持ち込まれる標本室で働く事になった。標本製作士(マルク・バルベ)の絡みつくような視線を感じながら・・・・。かって女子寮だったその建物は、まるで取り壊しを待っているようなアパートのように古い。また特別な雰囲気をたたえているやがて二人の間に、特別な関係が生まれる程なく彼より、一足の靴がプレゼント「これからはその靴をはいて欲しい」「電車に乗るときも、仕事中も、休憩時間も、僕が見ていないときも、とにかくずっとだ。いいね」と・・・・。その靴が馴染むにつれて、まるで仕組まれたかのようにイリスは彼に夢中なっていった・・・・・・・・。

イリスは不思議な雰囲気を持つ標本士に惹かれ、新しい世界に足を踏み入れてしまった。密やかな愛の世界今までの生活とはかけ離れた世界この静寂の中に潜む危険を感じながらも、身を置きたいと思ってしまうイリス

以前にキノコを標本にしたいと訪れた少女がまたやって来た。二つ目の標本は頬のやけど。標本と治療は別だと話をして、地下の標本技術室へ一緒に降りて行った。イリス自身も入ったことの無い部屋に何故翌朝イリスは保管室に行くも、少女の標本は見つからず。ただ、自分と同じような靴をはいた少女の写真の標本を見つける一体何なのか前任者も靴をはいていた。と223号室の婦人、そして地下室へと消えたとも話す靴磨きの男に靴をみがいてもらうイリス。「靴を脱がないと、一生捕らわれの身に」と靴磨きに忠告を受けるが・・・・彼女の心は

事故をきっかけに、大きく変わったイリスの人生夢のような、非現実性たっぷりな世界はイリスにとっては抜けらないほど良かったのだろう。たとえ危険があっても・・・。魔法にかかったような感じ


この靴は彼女の人生を変えてしまう


不思議な標本室で彼女は・・・・・。

 


雨に濡れたイリスを優しく拭く、標本技術士(何かありそう・・・・

 

 主人公イリス役のオルガ・キュウリレンコはウクライナ出身のモデルさん一流
 ブランドの広告を飾り、フィガロ・エル・マリークレールといった一流のファッション
 雑誌の表紙にも登場しているスーパーモデル  

    薬指の標本 公式サイトです

 ※感想 船に誘われるように乗って、着いたところにあの標本室の建物がある
  まるで、彼女を待っていたかのようなそんな感じ。ミステリアスな標本室と標
  本技術士と出合い・そして靴、危ないと分かっているけど・・・・。その危
  なさも、魅力なのだろう。日常の現実から離れた世界誰しも憧れるはずで
  はないだろうか。それが危ないと気づいても・・・・。彼女がラスト近くで「私を
  標本にして。」と言う場面、観ている私には完全にはまっているなと恐ろし
  さを感じてしまった。

 

Comments (3)   Trackbacks (17)   この記事についてブログを書く
« 『ブラック・ダリア』★銅版画... | TOP | 京都国際マンガミュージアム... »
最新の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
芸術? (かえる)
2006-11-29 20:35:02
銅版画制作と標本製作に似ているところはありますかー?
意味深 (charlotte)
2006-11-29 22:52:28
標本おじさまもなんか意味深でしたが、私にはサイドストーリー的なお部屋をシェアしてるお兄さんの方もかなり意味深君でして・・・。
台詞が全く無い方がもっと良かったなあと思えたのでした。
印象的だったのは、湿気が視覚的に表現されている点ですかね。暑苦しそうですが、標本おじさまは常に白衣をお召しで~。とってもミステリアスでしたー。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-12-27 16:34:53
こんにちは♪
原作は日本のものなのに、これほどフランス映画にピッタリだとは思いませんでした。
彼女はいくらでも逃げ出せたのにあえて逃げ出さずに自分から進んで入っていきましたよね~。
余韻を残すラストでした。

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

17 Trackbacks

薬指の標本:ある少女の「成長・自立・旅立ち」 (犬儒学派的牧歌)
★原題:L'annulaire ★監督:ディアーヌ・ベルトラン(2004年 フランス作品) 京都シネ...
『薬指の標本』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
おとぎ話のような奇妙で幻想的な世界が好み。 工場で薬指の先を切り落としてしまった21歳のイリスは、仕事を辞めて港町へ行き、標本技術士のもとで働きはじめる。小川洋子の小説を、フランス人のディアーヌ・ベルトラン監督が映画化。これを日本で映像化する企 ...
薬指の標本 (シャーロットの涙)
とらわれていたい・・・ 21歳のイリスはある夏の日、炭酸飲料工場で薬指の先端を失う事故にあう。 それがきっかけで近隣の港町へ引越し、標本室で働くことになる・・・ よく言えば幻想的でものすごくエロティック。 イリスの肌に粒のような汗が伝っている様なん ...
薬指の標本 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
「博士の愛した数式」 の著者でもある小川洋子の同名小説をフランス人の映画監督、ディアーヌ・ベルトランが映画化した作品です。 炭酸飲料を製造する工場で勤務中に事故で薬指の先を失ったイリスは、人々が持ち込む「自分から遠ざけたいもの」を標本にすると ...
薬指の標本 (しまねこ日記)
サイダー工場で働く21歳のイリスは、作業中に誤って薬指の先端を失ってしまう。それをきっかけに工場を辞め、港町に引っ越した。小さなホテルで、夜働く船員と相部屋で部屋を借り新しい仕事を探す。イリスは、ある古い建物で事務員募集の張り紙を見つける。 ...
映画『薬指の標本』 (いつか どこかで)
映画『薬指の標本』を見てきました。
ディアーヌ・ベルトラン監督作品「薬指の標本」 (COZY COSY)
友人と観てきました、映画「薬指の標本」。 「博士の愛した数式」を書いた芥川賞作家・小川洋子さんの同名小説が原作となっているフランス映画です。 ■CAST ・オルガ・キュリレンコ ・マルク・バルベ ・スタイプ・エルチェグ ・エディット・スコブ ・ハンス ...
101.薬指の標本 (レザボアCATs)
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4056038
薬指の標本(2004/フランス/ディアーヌ・ベルトラン) (CINEMANIAX!)
【ユーロスペース@渋谷】 20歳のイリス(オルガ・キュリレンコ)はある日、働いている工場で誤って薬指の先を切り落としてしまう。彼女は仕事を辞め、知人のいない港町へと引っ越した。やがて彼女は、不思議な標本室で標本作製士(マルク・バルベ)の助手とい ...
「薬指の標本」 L' ANNULAIRE (俺の明日はどっちだ)
炭酸飲料工場で働いていた際に薬指の先を切り落としてしまった21歳の少女イリス(オルガ・キュリレンコ)は、事故をきっかけに仕事を辞め、知人のいない港町へ引っ越した。そして、森の中にある古びた3階建ての建物の標本室で、ミステリアスな雰囲気の標本技術士 ...
映画「薬指の標本」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「薬指の標本」 小川洋子による同名小説を、フランス人監督のディアーヌ・ベルトランが映画化。 炭酸飲料工場で働いていたイリス(オルガ・キュリレンコ)は事故で薬指の先を失ってしまう。港町へ引っ越した彼女は標本を作製するラボで働き始める。 ...
薬指の標本 (ネタバレ映画館)
「君の靴のサイズは・・・わかってる」
薬指の標本 (めそのたわごと)
薬指の標本 工場で働く20歳のイリスは、作業中に誤って薬指の先端を切り落としてしまう。それを機に工場を辞め、知り合いのいない港町に出て、新しい仕事を探し始める。見つけたのは“標本作製助手”の求人。早速、白衣を着た中年男と面接し採用される。そこは依 ...
薬指の標本 (とんとん亭)
「薬指の標本」 2006年 仏 ★★★★★ 日本人作家の同名小説をフランス人監督が映画化した映画のようだ。 原作が気になりますね~^^ 森の中にひっそりと佇む古びた建物・・・昔の女子寮を買い取った標本技術士のも ので、彼(バルベ)は、思い出になる...
「薬指の標本」 (ひらりん的映画ブログ)
今月は何故か・偶然、フランスものの作品鑑賞が激多っ。 でも、原作は日本人の小川洋子という人。 勿論、ひらりんは未読です。
薬指の標本 (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     = 『薬指の標本』  (2004) = 飲料工場で働いていた際に、薬指の先を落としてしまった21歳の少女イリス(オルガ・キュリレンコ)は、事故をきっかけに仕事を辞め、知人のいない港町へ引っ越した。 そして、森の中にある古びた3階建ての建物の標本室...
『薬指の標本』 (シネマな時間に考察を。)
静寂の中でざわめくような謎の漂う、 美しく特殊な空間に囚われた若い娘の最後の選択・・。 フェティシズム香る、深くて切ないアブノーマルな物語。 『薬指の標本』 2004年/フランス/100min 監督:ディアーヌ・ベルトラン 原作:小川洋子 出演:オルガ・キ...