銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

3時10分、決断のとき◇3:10 TO YUMA

2009-08-29 | 映画:シネコン

ついに鑑賞!やったあ~~

念願の作品「3時10分、決断のとき」を先日鑑賞してきました。ご覧になったブロガーさんたちの評価も高かかった本作。気になっていたんです。22日からのMOVX京都での公開を待ち望んでいた私です。ラッキーなことにスペシャルアート・・・。何とかでポイント貯めていたおかげで無料での鑑賞

ジェームズ・マンゴールド監督の念願のリメイク

1953年3月に発表されたエルモア・レナードの短編小説。1957年に映画化され、公開されている決断の3時10分』。ジェームス・マンゴールド監督は17歳のとき、この作品を見て強い印象を受けたという。その後監督は、この作品からインスピレーションを得て自身の2作目の監督作品「コップランド」(97)の脚本を書いた。この中でスタローンが演じた主人公のフレディ・ヘフリン保安官は、オリジナルでダン・エヴァンスを演じたヴァン・へフリンの名前から名付けたそうだ。

マンゴールド監督の公私共に長年のパートナーで製作のキャシー・コンラッドもオリジナル版を観て、ごく普通の男が厳しい状況に中で己の試練に挑むというストーリーは、現代の観客にも十分に受け入れられるものだと感じたという。人々が等身大の人間らしいヒーローに共感すると確信したと話している。

西部劇が、ここ10年間ほど見捨てられた状態になっていると話すマンゴールド監督。(そういえばこの手の作品は確かにお目にかかっていないかも。)とはいえ、西部劇はアメリカの映画製作において欠かすことのできない要素だというのが監督の見方である。

リメイクを真剣に考えた監督だったが、「ウォーク・ザ・ライン・・・」の脚本を本格的に取り組まなければならない状況にあったため、デレク・ハースとマイケル・ブラントの脚本家コンビに依頼することした。

オリジナルには登場しなかった新しいキャラクターもいる。
例えば賞金稼ぎのバイロン・マッケルロイ(ピーター・フォンダ


イージーライダーといえば、ピーター・フォンダ
えらいおじさんにならはりました。

今の観客に受けいれられる方法も考えなければと脚本家コンビは考えた。それは新しいキャラだけではなく、砂だらけでリアルな感じを出すことだった。

そして何と言ってもクラシカルな西部劇の雰囲気を備えた俳優たち!


ハリウッドの二大スターの起用について。


ベン・ウェイド(ラッセル・クロウ
ちょっとメタボチックから脱却のクロウさんでした。

歯切れの良さ、男らしい義理堅さ。ラッセルは完璧に時代背景に染まっていた。
あの時代の人間になりきっている。(監督談)
ラッセル自身もウェイドのキャラにほれ込んだ。


ダン・エヴァンス(クリスチャン・ベール
今までの強いイメージとは一味違うような役を見事に演じていたクリスチャン・ベール

生活苦悩む牧場主で南北戦争の退役軍人。戦争で片足をなくす。
縛られた生活を送っているダン。目の前に投げ込まれていくいくつもの障害をどうにかして乗り越えようと足を引きずっているような男(監督が説明するダンのキャラ像)
そんなキャラをベールのような強さを持った役者をキャスティングしたのは実に興味深かったと・・・・。

ベールもダン役を熱望していた。心に残った1本だった。ストーリーも素晴らしい。そして西部劇にはかかせない昔ながらの道徳的な物語が魅力的だと。
ダンとウェイドの特異な友情と原動力に惹かれた。(ベール談)

STORY

物語の舞台は、独立戦争が終わってまだ間もないアリゾナ準州である。北軍の一員として従軍し、片足を失って退役した牧場経営者ダン・エヴァンズ。彼の牧場は、その存在を疎ましく思う町の有力者とその部下たちによって様々な嫌がらせを受けていた。


荒涼としたアリゾナで妻アリス(グレッチェン・モル)と二人の息子と小さな牧場を営んでいた。干ばつが続き借金が増え、苦しくなる一方の生活。
鉄道を引く計画が持ち上がり一家を立ちのかせようと地主は小屋に火を放つなどの嫌がらせ。誠実に借金を返し生活を立て直そうとするが・・・・。
悪党や盗賊の冒険に憧れる長男ウィリアム(ローガン・ラーマン)から尊敬されていないことを強く感じていた。

そんなある日、ダンは有力者と交渉するためにビスビーの町に赴く。その道すがらダンは無法者ベン・ウェイド率いる強盗団と遭遇、そして彼らに襲撃された駅馬車を発見する。ダンはただ一人生き残ったピンカートン探偵社に所属する賞金稼ぎを救助する。


ダンと息子たちは、ベン・ウェイド率いる強盗団と遭遇。ウェイドたちに見つかり、彼らの言うがままに乗っていた馬を渡すことに。そんな父の態度にウィリアムは納得できない!

有力者との交渉は惨憺たる結果に終わったものの、ダンは酒場で寛ぐベンが保安官たちに捕まる現場に居合わせる。

ベンの強盗団によって度々損害を蒙っていた鉄道会社の重役グレイソン・バターフィールド(ダラス・ロバーツ) は、彼を縛り首にするため明後日の〈ユマ行き3時10分発〉の汽車に乗せようとする。ベンをコンテンションの駅まで護送する一行に、ダンも危険承知で200ドルのために護送役に願い出る。


護送団の先頭に立つのはバイロン、また撃たれたバイロンを手当てしたことから行く獣医のポッター医師(アラン・テュディック)、地元の悪党でダンの馬小屋を放火したタッカー(ケヴィン・デュランド)、そしてダンの息子ウィリアムもダンの反対を押しきって一行の跡を追いかける。ウェイドが捕まったことを知った、ウェイドの右腕チャーリー・プリンス(ベン・フォスター)は護送団の跡を追いかける。アパッチ族の住む危険な近道を進む途中、ウェイドにタッカ―やバイロンが殺されて行く中、一行の危機を救ったのはウィリアムだった。一行に加わることになる。
闇に紛れてアパッチ族の襲撃!ところがその危機を何とウェイドが救う!!


正反対の環境に生きながらも次第に互いを認め、特別な絆が生まれていく。と思ったら隙を見てウェイドは裏切って逃げ出す。ところがまたウェイドは捕まるという事態に・・・・。

道中 で何人も犠牲者を出しつつも、ダンは何とかベンを連れてコンテンションの町に到着する。だが、そこにベンを奪い返そうとする強盗団が押し寄せてくる。ベンを狂信的に崇拝する強盗団の副頭目チャーリーは、一行が籠もるホテルを包囲、更にダンたちを殺害した者に報奨金を出すと群衆を扇動する。
チャーリー・プリンスの存在がこれまた凄いのです。


駅に向かう2人に容赦なく降り注ぐ銃弾。

強盗団のみならず町中を敵に回したダンとその一行。保安官や鉄道会社の重役までもが絶望的な状況に屈し、保身に汲々とする。そんな中、ベンを刑務所行きの汽車に乗せるため、ダンはただ一人で孤独な戦いを挑むことを強いられる。そして、孤立無援のダンを見たベンの心にもある変化が訪れる。

さてダンが意地でもウェイドをユマ行きの列車に乗せるための本音とは一体何だったのか?その気持ちをウェイドに伝えます。そのことでウェイドの心の変化をもたらすことになります。

さて、ダンは3時10分のユマ行きの列車にウェイドを乗せられるのでしょうか?ラストに注目です。

無法者という悪名を轟かせるウェイドですが、教養深いという一面あり、また慈悲深いと思いきや、凄い残虐性も持つという相反する人間。その微妙な雰囲気をラッセル・クロウは上手く演じています。猟奇的な表情を見せるかと思いきや、紳士的に相手と接するところも見事です。もちろんアクションもなかなかシャープな感じです。監督がラッセルをキャスティングしたのは正解ですね。

また、生き方が下手で、真面目に生き抜こうとする要領の悪いダンを、強いイメージの俳優、クリスチャン・ベールが演じるのも見物です。逆のイメージを持つ人を起用する監督の発想は上手く行ったと思います。ベールもまったく相反するキャラを巧みに演じていたのではないかと思います。

メディア 映画
上映時間 122分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(シナジー)
初公開年月 2009/08/08
ジャンル 西部劇/サスペンス/ドラマ


ジェームズ・マンゴールド監督とラッセル・クロウ


心に秘めた生き様に、
男は静かに命を賭ける。

オフィシャル・サイト
http://www.310toyumathefilm.com/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.310-k.jp/

 

 

 

 

Comments (6)   Trackbacks (37)   この記事についてブログを書く
« ノ―ボーイズ,ノ―クライ(20... | TOP | 30デイズ・ナイト★2007 »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
この作品… (KLY)
2009-08-29 17:11:54
久々の西部劇でもあり、私の中ではかなりヒットなんですが、ピカデリーだけってひどくないですか?^^;
この2人の名演技はそれだけで惹き込まれますよ。公開が遅かったこともあって、ラッセルはまだ痩せてるし。(笑)クリスチャンは『ダークナイト』でジョーカーに喰われ『ターミネーター4』でマーカスに喰われだったのが、相手がラッセルでも今回は存在感抜群でした。
ローガン・ラーマンくんは来年公開の「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃」で主演だとのことなんでそちらも楽しみです♪
こんばんは★ (mig)
2009-08-29 18:34:38
TBコメありがとうございました、
評判いいですよね^^
わたしはそもそも西部劇があまり興味無いジャンルで普通でしたけど
リメイク成功例みたいです。

ラッセルは劇肥り前に撮影の作品なんで、
まだいい感じでキマッてましたね

貧乏人役は少ないクリベーだけど (かえる)
2009-08-31 00:16:30
なるほど。
mezzotintさんにとって、クリベーって強いイメージの俳優なんですねー。
わたし的には、人間的な弱さを体現しているイメージの方が強いかも。
怪演系もお似合いで♪
泣きつかれた後・・ (sakurai)
2009-11-10 20:56:47
「私の中のあなた」を見て、泣き疲れた後に見たもんで、ぐったり。
泣くって、結構体力を使うんだ・・ということを、改めて認識しました。
とってもおもしろく見てたんですが、ときどき不覚をとってしまって。これはもっかい、リベンジする予定でおります。
しかし、ピーター・フォンダ!!年取りましたね。でも、いい感じの爺さまでした。
男泣き(T_T)/~~~でした・・。 (ひきばっち)
2009-12-25 17:39:02
こんにちはm(__)m。
西部劇って、本当に久しぶりでした。
ラスト10分まで、「何なのだろう、この映画は・・??」と思っていましたが、ベンに押さえつけられたダンが「誇れるものが何も無い・・」。
このセリフで涙腺が開放になってしまひました(T_T)/。
男って、単純ですよね~!
クリスチャン・ベイル♪ (mezzotint)
2009-12-26 10:58:59
ひきぱっちさん
こんにちは!
ダン役のベイル、良い味出していましたね。
どちらかと言えば、西部劇苦手なジャンル
なのですが・・・・。
この作品は楽しめました。マンゴールド監督
のリメイクは成功しましたね。

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

Similar Entries

37 Trackbacks

3時10分、決断のとき (あーうぃ だにぇっと)
監督: ジェームズ・マンゴールド キャスト ベン・ウェイド☆ラッセル・クロウ ダン・エヴァンス☆クリスチャン・ベイル バイロン・マッケルロイ☆ピーター・フォンダ アリス・エヴァンス☆グレッチェン・モル チャーリー・プリンス☆ベン・フォスター グレイ...
『3時10分、決断のとき』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日、フォーンが「シネマのすき間」で聞いてきたのは、 『3時10分、決断のとき』 あまりまだ知られていないけど、 実はこの映画、クリスチャン・ベイルとラッセル・クロウが共演した西部劇。 えいが言うには、 「今年のベストワン級!“男泣き”の映画」ニャんだっ...
3時10分、決断のとき (心のままに映画の風景)
狙撃の名手だったダン・エヴァンス(クリスチャン・ベイル)は、 南北戦争で片足を負傷し、妻と2人の息子とアリゾナで小さな牧場を営みなが...
3時10分、決断のとき (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] その200ドルの価値って今の日本のどれくらいなの?
「3時10分、決断のとき」 (或る日の出来事)
観て、よかった。男泣きですよ、これは。
「決断の3時10分」 (或る日の出来事)
8月8日公開の映画「3時10分、決断のとき」のオリジナル版。
『3時10分、決断のとき』(2007)/日本 (NiceOne!!)
原題:3:10TOYUMA監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ピーター・フォンダ、グレッチェン・モル、ローガン・ラーマン鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>妻と二人の息子と暮らす牧場主ダン(クリ....
3時10分、決断のとき (LOVE Cinemas 調布)
1957年の『決断の3時10分』のリメイク作品。オスカー俳優で最近では『消されたヘッドライン』が記憶に新しいラッセル・クロウと『タームネーター4』のクリスチャン・ベイルという2大スターの競演する西部劇です。監督は『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』の...
3時10分、決断のとき /3:10 to YUMA (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 西部劇は苦手、、、、。 二年前トロント行った時に上映してて、こんなふたりの組み合わせでやるんだ~ とインパクトあるタイトルも印象にあったこれ。 やっと...
3時10分、決断のとき (to Heart)
心に秘めた生き様に 男は静かに命を賭ける。 原題 3:10 TO YUMA 製作年度 2007年 上映時間 122分 監督 ジェームズ・マンゴールド 出演 ラッセル・クロウ/クリスチャン・ベイル/ローガン・ラーマン/ベン・フォスター/ピーター・フォンダ/ヴィネッサ・ショウ/アラン・テュ...
「3時10分、決断のとき」:北砂四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あ、交番、交番。 {/kaeru_en4/}なに、ほっとしてるんだ? {/hiyo_en2/}あなたにいじめられたら駆け込めばいいな、と思って。 {/kaeru_en4/}なーに、言ってるんだよ。いつもいじめられてるのは、俺のほうだろ。第一、お巡りさんとか保安官とか、市民を守って...
『3時10分、決断のとき』 3:10 TO YUMA (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
熱い銃撃戦、駆け引き、男のプライド。 牧場主のダン・エヴァンスは、捕まった強盗団のボス、ベン・ウェイドをユマ行き午後3時10分発の列車に乗せるという護送の仕事を引き受ける。西部劇というのは食わず嫌いしてしまうジャンルで、他のクラシック名画は観ても、西部...
映画レビュー「3時10分、決断のとき」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
3:10 to Yuma (2007) (Ws Sub Ac3 Dol Chk Sen) [DVD] [Import]◆プチレビュー◆勧善懲悪ではない複雑な面白さがある異色西部劇。オリジナルに比べアクション度がアップした。 【70点】 妻と二人の息子と共に牧場を営むダン・エヴァンス。借金が返せず生活が困窮したた...
「3時10分、決断のとき」 心に誇りを (はらやんの映画徒然草)
昨日観た「ココ・シャネル」の会場はおばさま比率が非常に高かったですが、本作「3時
「3時10分、決断のとき」 (みんなシネマいいのに!)
 随分前に公開されていたのに、何故か日本では今頃公開! ラッセル・クロウとクリス
「3時10分、決断のとき」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・ライオンズゲート/監督:ジェームズ・マンゴールド) 1957年製作の西部劇「決断の3時10分」(57)の50年ぶり!のリメイク。原作は、「ジャッキー・ブラウン」等でも
3時10分、決断のとき (5125年映画の旅)
悪名高い強盗団のリーダー、ベン・ウェイドが逮捕された。借金に苦しむ牧場主のダンは、報酬200ドルを条件に、ユタの刑務所行き3時10分発の列車までの護送を引き受ける。しかし、一筋縄ではいかないウェイドの護送に加えて、背後からはウェイドを奪還しようとす...
3時10分、決断のとき・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
本国公開から2年も経っている上に、上映館は東京23区でたった一館・・・。 まあ今の日本で、渋い西部劇のマーケットなど殆ど存在しないのは分...
ラッセルに満足、「3時10分、決断のとき」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
{/映画/}ならず者のボス、ウェイド(ラッセル・クロウ)を囚人用電車に乗せるまでの護送を引き受けたダン(クリスチャン・ベイル)。その間、様々な邪魔が入るが……{/映画/}西部開拓時代のガンマンもの。リメイクということだが、オリジナルは未見。要は駅に送り届け...
3時10分、決断のとき (Movies 1-800)
3:10 to Yuma (2007年) 監督:ジェームズ・マンゴールド 出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ベン・フォスター、ピーター・フォンダ エルモア・レナード作の小説を映画化した1957年作「決断の3時10分」のリメイクで、逮捕された強盗団のボスの護送を引き受け...
『3時10分、決断のとき』 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『ダークナイト』では船客たちが命を懸けた決断に迫られる。どのような決断を下すのか、観客は固唾を呑んで画面に食...
3時10分、決断のとき (Art- Mill)
http://www.310-k.jp/ 「3時10分、決断のとき」(英題: 3:10 TO YUMA) この作品は、50年代の「決断の3時10分」のリメイク作品です。ポスターから西部劇だとわかりましたが、果た
3時10分、決断のとき (ダイターンクラッシュ!!)
2009年9月5日(土) 17:15~ 109シネマズ川崎3 料金:0円(提携Edy会員ポイント使用) パンフレット:未確認 『3時10分、決断のとき』公式サイト クリスチャン・ベール、ラッセル・クロウと、何気に豪華な主演陣。 しかし、題材が西部劇であるからか、ヒットし...
♯43 「3時10分、決断のとき」 (cocowacoco)
映画 「3時10分、決断のとき」 3:10 TO YUMA     ジェームズ・マンゴールド監督 原作:エルモア・レナード 2007年 アメリカ くそ~ラスト泣いちまったぜ・・・。 なんだか今年は、印象的な『 男 』な映画を多く観てる気がするよ。 リメイクな今作品でも、とて...
3時10分、決断のとき (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
二人の男の魂の交流を描く往年の西部劇を再映画化。 1957年のオリジナル作品「決断の3時10分」に強く影響を受けたジェームズ・マンゴールド監督が、迫力あるアクションシーンや新たな登場人物などのアレンジを加えて完成させた現代版西部劇。 物語:西部開拓...
[映画『3時10分、決断の時』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆観たかったけど、私の住んでいる近郊でやっていなかったこの作品。  今、旅行で青森に来ているのだが、<青森松竹アムゼ>でやっていたので、レイトショーで観た。  真っ平らな館内が、非常に懐かしい趣だ。  お客さんは、私と中年夫婦だけだった。  ・・・なに...
3時10分、決断の時 (迷宮映画館)
西部劇にしちゃ、ちいと長い。
「3時10分、決断のとき」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
見どころ満載の西部劇でした
3時10分、決断のとき (映画鑑賞★日記・・・)
原題:3:10 TO YUMA公開:2009/08/08製作国:アメリカ上映時間:122分監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ローガン・ラーマン、ベン・フォスター、ピーター・フォンダ心に秘めた生き様に、男は静かに命を賭ける。Story:地主か...
「 3時10分、決断のとき 」 3:10 TO YUMA (俺の明日はどっちだ)
・ 1957年制作の映画『決断の3時10分』を、『ウォーク・ザ・ライン』のジェームス・マンゴールド監督がリメイクした勧善懲悪ではない複雑な面白さがある異色西部劇。 片やアリゾナから裁判所のあるユマへ移送されることになった強盗団のボス、ベン・ウェイド(ラッセル・...
3時10分、決断のとき (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『心に秘めた生き様に、男は静かに命を賭ける。』  コチラの「3時10分、決断のとき」は、2009年のベスト・ムービーにあげているブロガーさんも多かった2008年製作、日本では2009年に公開された西部劇です。勧善懲悪の正統派西部劇ではないのですが、強盗団のボスの...
「3時10分、決断のとき」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
脈絡のない作品選びが続いてますが、 今回は、久しぶりの西部劇。
映画評「3時10分、決断のとき」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督ジェームズ・マンゴールド ネタバレあり
『3時10分、決断のとき』 (『映画な日々』 cinema-days)
3時10分、決断のとき 南北戦争で片足を失くし、不遇の牧場主が 強盗団のボスの護送を請け負うが... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑...
3時10分、決断のとき (こんな映画見ました~)
『3時10分、決断のとき』---3:10 TO YUMA---2007年(アメリカ)監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ラッセル・クロウ、クリス...
3時10分、決断のとき (Blossom)
3時10分、決断のとき 3:10 TO YUMA 監督 ジェームズ・マンゴールド 出演 ラッセル・クロウ クリスチャン・ベイル     ローガン・ラーマン ベン・フォスター     ピーター・フォンダ ヴィネッサ・ショウ アメリカ 2007
3時10分、決断のとき (RE940の自作DVDラベル)
2007年 アメリカ 123分 監督:ジェームズ・マンゴールド 出演:ラッセル・クロウ クリスチャン・ベイル ローガン・ラーマン ベン・フォスター ピーター・フォンダ ヴィネッサ・ショウ   悪党を駅まで護送する危険な任務を、生活苦からあえて請け負った...