銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

ザ・タウン(2010)◆◇THE TOWN

2011-02-12 | 映画:シネコン

チャック・ホ―ガン原作の『強盗こそ、われらが宿命』を元に映画化。ベン・アフレックが主演と監督を兼ねている作品です。銃撃シーンはやカ―チェイスはスリル溢れていると思いました。ただ物語全体はちょっと物足りなさがあるなあなんて思いました。

全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。実際に治安の悪い場所なのでしょうね。親子からの受け継いだ稼業が強盗だとはね。抜けだしたくても、なかなか大変そうです。それしても大きな仕事をする瞬間は何か凄い緊張感がこちらにも伝わってきますね。

 
覆面強盗集団。何となく不気味ですね。

冒頭での強盗シーンは特にドキドキものでした。かなり巧妙な手口なんですね。銀行員は皆うつ伏せにされて、携帯電話は没収され、その上、水の中でしたか?要するにもう使えなくしてしまう。証拠を残さないようにと万全の措置です。また塩素(漂白剤)を至る所にまき散らして指紋を消す。とにかく限られた時間にクリアにやらないとヤバいわけですね。


強盗集団のリーダーであるダグ、ある銀行強盗に入ったその支店長であるクレアを誘拐しました。

そのクレアとふとしたことから再会。(意図的です)ダグは同じ街に住むことから、正体がばれていないか?と不安があったんですが。徐々に彼の心はクレアに傾いて行きます。一目惚れ?のようでした。


強盗事件によってトラウマ状態だったクレアはダグと出会ったことで少しづつ回復していくようでしたが、、、、。ダグは自分が強盗犯人だと言えませんよね。

 
内緒で付き合っていましたが、幼馴染のジェムに見つかってしまいます。

本気でこの世界から足を洗いたいと思うダグでしたが、そんなに上手くは行きません。ジェムはダグを許すはずがないし、そこへきて、強盗団を操る元締めももちろん許すはずはない。


裏では強盗集団の元締め、表向きは花屋の主人ファーガスにはあのピート・ポスルスウェイト

残念ながら、先月ガンのため死去されました。出番は少なかったですね。これが最後の出演になってしまったようです。

  
一方強盗集団を何とか捕まえようとするFBI捜査官フローリーはダグやジェムを追い詰めるべく探りを入れていた。

 フローリー役のジョン・ハム、何でもテレビで活躍されている俳優さんだということで、どおりであまり観たことがない方でした。


そしてこの人、クリス・クーパー、ピートさん以上に出番わずか。ダグの父親スティーヴン役で、ダグが鑑別所へ面会に行って会う場面だけに登場。何だかもったいないような感じです。


ダグと関係があったクリスタにフローリーは近づき、情報収集。


ダグへの思いがあったが、結局は振られてしまう。

クリスタ役には、ブレイク・ライブリー。この人、魅力的だなあと思ったら、「50歳の恋愛白書」にも出ていた女優さんだった。
正直クレア役のレベッカ―・ホールより断然良いと思うんだけどね。

ということで、じわじわとFBIの追っ手がダグたちに迫り来るという感じ。もちろんクレアにもダグたちの本当の姿がフローリーによって明かされる。


彼女はダグが自分を誘拐し、あの銀行強盗だったということを知り、愕然となる。


刑務所に掘りこみニ度と出さないようにしてやるとフローリー、、、、。


ジェム役のジェレミー・レナ―。ハート・ロッカーでも骨太な役で登場し、色々な賞にノミネートされた。

彼らは再び大仕事に取りかかる事に。。。。。ダグはこれを最後の仕事にと決めて挑むことに。

最後の仕事は大リーグスタジアムの襲撃。

 警官に扮して襲撃を企てる。


カ―チェイスに撃ち合いはかなり見ものでしたが、、、、。


FBI対強盗集団!

追い詰められながらも最後まで戦うジェムの姿が印象的でした。

 FBIのおとりにダグは、、、、。

あらすじ:Movie Walkerより拝借、ネタばれ

広大なアメリカのどこよりも強盗が多発する街。それが、ボストンの北東部に位置するチャールズタウン。そこに暮らす者たちは、愛と憎しみを込めて、その街を“タウン”と呼んでいた。タグ(ベン・アフレック)は、強盗を親から子へと家業のように引き継がれてゆくこの街から抜け出そうとしていた。しかし、その思いとは裏腹に、今では強盗一味のリーダーに収まり、狭い街角で家族のように血と骨を分け合って育った3人の仲間たちと、ひとつの証拠も残さない完全犯罪に命を張っていた。その日も綿密な計画に従って銀行を襲撃。だが、逃走するまでの間、予定外の人質を取る羽目になる。人質となった支店長のクレア(レベッカ・ホール)がタウンの住民だと知ったダグは、何を見たのかを確認するため、正体を隠して彼女に近づく。決して交わるはずのなかった2人の出会いは、やがてタウンの人々の運命をも変えてゆく。激しい恋に落ちたクレアとの新しい人生を願うダグ。だが、FBI捜査官フローリー(ジョン・ハム)は執拗な追求で一味を追いつめる。一方、タウンを出ていこうとするダグを許さない仲間のジェム(ジェレミー・レナー)。そして、クレアに忍び寄る裏社会の掟。仲間を裏切るか、愛という名の希望を失うのか……。ダグは大リーグスタジアムの襲撃という最も危険な最後の仕事へと向かう。人は生まれ持った宿命から逃れ、人生を変えることが出来るのか……?

 撮影風景

解説(allcinemaより拝借)

チャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となるベン・アフレックが自ら主演も兼任して映画化した犯罪ドラマ。強盗を家業とする主人公が、ある女性を愛したばかりに仲間との絆の狭間で葛藤を深めていくさまと、追及の手を緩めないFBIとのスリリングな攻防を緊張感あふれるタッチで描き出す。共演はジェレミー・レナー、レベッカ・ホール、ジョン・ハム。

メディア 映画
上映時間 125分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2011/02/05
ジャンル 犯罪/ドラマ/アクション
映倫 PG12

 

オフィシャル・サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/thetown/
オフィシャル・サイト
http://thetownmovie.warnerbros.com/ (英語)

 

※う~んまあまあという感じでしょうか。ラストはやっぱりこうなるか、、、、。

 

 

Comments (2)   Trackbacks (31)   この記事についてブログを書く
« キック・アス(2010)KIC... | TOP | ウォール・ストリート(20... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2011-02-16 14:19:12
こんにちは☆

いい役者そろいでしたね♪
なんだかんだ突っ込みは言ったけどこれ面白かったです

ベンは監督として今後もいい作品撮ってほしいなー♪
migさん♪ (mezzotint)
2011-02-16 14:47:58
こんにちは♪
そうですね。色々突っ込みどころありましたが。
クリス・クーパー、もっと出番あったらなあ
なんて個人的思ったり(笑)
ベンは監督までやるなんて知りませんでした。
前作もかなり良かったそうで、、、、。
これから期待度大ですね。

post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

Similar Entries

31 Trackbacks

ザ・タウン (あーうぃ だにぇっと)
1月24日(月)@新宿明治安田生命ホール。 大活躍(笑)の1日の締めくくりは “ザ・タウン”。 開場時間過ぎに会場到着。 まだ会場のシャッターが下りていた。 到着と同時にシャッターが上がり、しばらくして入場が始まる。 が、ホール内には入れず、ロビーに並...
ザ・タウン (LOVE Cinemas 調布)
『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で監督として高い評価を受けたベン・アフレックの送る第2作。強盗団のリーダーと人質となった女性の恋愛模様や、仲間との絆を描いたクライムアクションだ。主演は監督のベン・アフレック。共演に『それでも恋するバルセロナ』のレベッカ・ホ...
[映画][2011年]ザ・タウン(監督ベン・アフレック) (タニプロダクション)
新宿ピカデリー 座席位置中央左側 出演:ベン・アフレック ジェレミー・レナー他 評点=☆☆★★★ 早くも本年洋画ワーストの一角になりそうな映画に出会う。 語られているテーマと主人公の心理や行動の差があまりにヒドイ。 ベン・アフレック氏には、人を殺して悩み涙...
この 町 だから (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「ザ・タウン」を鑑賞しました。 銀行強盗犯のリーダーと人質にされた女性の愛 強盗仲間、家族、警察、タウンでの人間ドラマ ベン・アフレック監督・主演 良く出来た クライム・ドラマでした ストーリーとしては そこまでのことはないのですが ...
ザ・タウン (だらだら無気力ブログ)
チャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが 宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となる ベン・アフレックが自ら主演も兼任して映画化した犯罪ドラマ。 強盗を家業とする主人公が、ある女性を愛したばかりに仲間...
ザ・タウン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(14) ベン・アフレック久々のヒット作!
ザ・タウン (田舎に住んでる映画ヲタク)
<ネタバレあり>     なかなかに渋い映画でしたね~。ベン・アフレックがいい味出してました。 私は、弟のケイシーよりこのベンの方が好きなのですが、若い頃はイモ役者だと言われてましたよね(今もか?)。なんでかな?なかなか見栄えがするから...
映画「ザ・タウン」を見て、長崎の「まちづ... (映画と出会う・世界が変わる)
ジャンルとしてはクライムサスペンスにラブロマンスをまぶしたものと言えようか。ラブロマンスも、犯罪の加害者と被害者で、被害者である女性は、相手の男性が加害者であることを知...
ザ・タウン/ THE TOWN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ベン・アフレック監督第二作目。東京国際映画祭クロージング作品。 ロンドンで、まだ~むと「
ザ・タウン 地元のしがらみが今は懐かしい (労組書記長社労士のブログ)
【=11 -3-】 この三連休は仕事だった、だから今日も仕事の隙間に映画に行ってみた。 仕事になって、波乗り行かずに大阪に居たら、映画を観て、トレーニングもみっちり時間をかけて出来て、買い物とかの野暮用も消化でき、そして仕事も出来て、久しぶりの友人にも会えた....
映画「ザ・タウン」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ザ・タウン」観に行ってきました。 年間300件以上もの銀行強盗事件が発生するマサチューセッツ州ボストンのチャールズタウン(略称「タウン」)を舞台に繰り広げられるクライム・アクションドラマ。 作中では暴力が振るわれたり銃撃で頭を貫かれたりする描写や...
ザ・タウン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ザ・タウン」監督:ベン・アフレック(『ゴーン・ベイビー・ゴーン』)出演:ベン・アフレック(『消されたヘッドライン』『そんな彼なら捨てちゃえば?』)レベッカ・ホール(『...
ザ・タウン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
監督第1作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」が好評を博した俳優ベン・アフレック(「消されたヘッドライン」)が主演も兼ねた監督第2作。ボストン北東部の犯罪多発地帯を舞台に、犯罪 ...
「ザ・タウン」は、どうしようもない悲劇の... (映画と出会う・世界が変わる)
人が変わるためには何をすれば、いいのだろうか?人などとまさに他人事のように言っているが、私自身のことである。そんなことを考えたのは、映画「ザ・タウン」を見たことが、きっ...
『ザ・タウン』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ザ・タウン」□監督・脚本 ベン・アフレック □脚本 ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード□原作 チャック・ホーガン □キャスト ベン・アフレック、レベッカ・ホール、ジョン・ハム、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー...
映画:ザ・タウン The Town 意外にクラシカルな仕上がりにニンマリ。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ベン・アフレックの監督第2作。 橋一つを隔てただけで、生活レベルが全く違う環境のもと、犯罪発生率が高い都市、ボストン・チャールズタウンが舞台。 チャールズタウンからアップタウンに銀行強盗を行う犯罪団のリーダーをアフレックが演じる。 彼に、強烈な個性がたく....
ザ・タウン (試写会) (風に吹かれて)
また会える ここか あの世で 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thetown2月5日公開原作: 「強盗こそ、われらが宿命」 (チャック・ホーガン著 上巻・下巻)監
「ザ・タウン」 その街こそもう一人の主役 (はらやんの映画徒然草)
アメリカの中でも古い街の一つ、ボストンの一角のチャールズタウンは世界でも最も銀行
ザ・タウン (こんな映画見ました~)
『ザ・タウン』---THE TOWN---2010年(アメリカ)監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック 、 ジョン・ハム、 レベッカ・ホール、 ブレイク・ライヴリー 、 ジェレミー・レナー  チャック・ホーガンのハメ...
[遅ればせながら、映画『ザ・タウン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆すまんね、今、風邪か花粉症かわからない状態で、体調が悪い。  本日は2本観る予定だったが、この『ザ・タウン』を観て、いったん外に出たら、もの凄い寒気に襲われ、帰宅を決めた。  だから、短信です。  でも、映画を観る前も体調は万全じゃなかったが、観てい...
ザ・タウン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ザ・タウン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)この映画の前に見た『ジーン・ワルツ』は、出産を扱っていることから当然のことながら、女性中心の作品になっていましたが、本作品は強盗団一味を描く犯罪物ですから、登場する主な女性はたったの二人です。  いずれも...
『ザ・タウン』 事件のたびに変わるのは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『ザ・タウン』を観た翌々日、再び映画館に足を運んで『ザ・タウン』を観た。こんなことは初めてである。  1度目は大いに楽しんだ。2度目は脚本の妙に感心した。  本作では、後の...
映画『ザ・タウン』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-13.ザ・タウン■原題:TheTown■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月13日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円スタッ...
裏切りの街角 (宇宙のめいぐると)
「ザ・タウン」
ザ・タウン (The Town) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2010年 アメリカ映画 150分 ドラマ 採点★★★★ 私が生まれた田舎町は、県内で一番大きな街である仙台まで電車一本で行けるってこともあってか、駅前にはサラリーマン族や商店などちょっと裕福な人が集まり、線路を...
ザ・タウン (銀幕大帝α)
THE TOWN/10年/米/125分/犯罪ドラマ・アクション/PG12/劇場公開 監督:ベン・アフレック 原作:チャック・ホーガン『強盗こそ、われらが宿命』 脚本:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ピート・ポスルスウェイト ....
ザ・タウン (いやいやえん)
ベン・アフレックってちょっと苦手。でも監督としての手腕はなかなか良いと思います。前作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も素晴らしかった。 たくさんのしがらみと因縁が、ダグをこの土地に縛り付けている。銀行強盗のリーダー格でブレインであるダグが人質として関わっ...
ザ・タウン (いやいやえん)
ベン・アフレックってちょっと苦手。でも監督としての手腕はなかなか良いと思います。前作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も素晴らしかった。 たくさんのしがらみと因縁が、ダグをこの土地に縛り付けている。銀行強盗のリーダー格でブレインであるダグが人質として関わっ
【映画】ザ・タウン…アフレック夫妻には厳しい私だったが。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
サブタイトルのアフレック夫妻に厳しい私…云々は映画「バレンタインデー」の記事を併せて参照ください さて久しぶりの更新 寒くなって来るとパソコンの前に座るのも億劫でですねぇ 最近の近況ですが… 昨日2011年12月18日(日曜日)、娘が貯めていたお小遣いでAndroid...
ザ・タウン (RISING STEEL)
ザ・タウン / THE TOWN 2010年 アメリカ映画  ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ベン・アフレック 製作:グラハム・キング  バシル・イワニク 脚本:ベン・アフレック  ピーター・クレイグ ...
映画評「ザ・タウン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ベン・アフレック ネタバレあり