銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

フィクサー:もみ消し屋!

2008-05-04 | 映画:シネコン

  ソダーバーグ×クルーニー×ギルロイ

 

ジョージ・クルーニーといえば、スティーブン・ソダーバーグですね。今回も二人はタッグを組みました。監督はトニー・ギルロイ、「ボーン・アイデンティーシリーズ」の脚本家さんだそうです。  4月28日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。

 

そういえば、「さらばベルリン」は今ひとつでしたね。今回の作品はいかがでしょうか?かなり複雑な人物絡みで、最初はわけが分からず。もう少し映画を観る前に、予習が必要でした

 

冒頭のシーンはこんな感じで始まります。マイケル・クレイトン(ジョージ・クルーニ)はフィクサー(もみ消し屋)、ある車事故の件で加害者(依頼者)宅に訪問。しかしマイケルの対応に対して、相手は不満のよう。有能なフィクサーだと聞いたのに話が違うとご立腹結局物別れみたいである。その後、マイケルはに乗り・・・・・。途中休憩?の際、を降りた。それからまもなく突然は爆破そして炎上となる。

 

危うくマイケルは助かる誰かが仕掛けた罠に違いない。何の目的で殺害しようとしているのか?

 

(お 話) 

巨大農薬会社に対する総額3000億円の集団訴訟を軸にした社会派サスペンスドラマだ。登場する主な企業は、原告団に訴えられている農薬会社のU・ノース社と、その弁護を引き受けているニューヨーク最大の法律事務所。両者ががっちりとタッグを組み、裁判は有利に進んでいるようにみえる。

が、勝利を目前に控えた両社に、思わぬ落とし穴が待ち受けていた。この裁判を担当していた弁護士の1人であるアーサー(トム・ウィルキンソン)が、良心の呵責に耐えきれなくなり、公衆の面前で服を脱ぎ、留置所へと送られたのだ。しかもアーサーは、裁判の行方を左右する重要な秘密を握っているらしい。

 

 アーサー・イーデンス役(トム・ウィルキンソン)

事務所では有能な弁護士だったが・・・・・。

 

  アーサーの苦悩

 

そうした中、法律事務所の経営者が呼び出したのは、普段は表舞台に出てこない弁護士のマイケル・クレイトン。“フィクサー”と呼ばれる彼の役回りは、法律事務所に所属しながら裏で仲介に立ち、話をまとめることだ。だが、巨額の訴訟を左右する今回の案件には、百戦錬磨の彼にとっても一筋縄でいかない、さまざまな陰謀が渦巻いていた──。

 

 

 

上司マーティ・バックは、マイケルをかけがえのない価値のある人物と評価しながらも、「フィクサー」としての業務のみ特化した能力を持つ者としか見ていなかった。虚しいとマイケルは思う。そろそろ潮時なのかもと・・・・・。

 

映画は、もっともっと遠回りなところから物語が進んでいく。ジョージ・クルーニー扮するマイケル・クレイトンは、相変わらずつまらない仕事を任されるし、愛息の親権を別れた妻と争っていたりする。フィクサーという仕事をしている自分に疑問を感じているが、かといって新たな一歩は踏み出せないでいる。

 

 

別れた妻との間に生まれた10歳の息子ヘンリー

 

決して饒舌な映画ではない。時が経つにつれ、少しずつ、このスクリーンの中の世界で何が起こっているのかが明らかになっていくといった語り口だ。見続けているうちに、最初は何だろうと思っていたことが、次第に1つの像をなし、浮かび上がってくる。説明過多で多弁な映画が多い中、こうした大人を相手にしているような切り口が、何とも心地良い。

 

また、登場人物たちがみな、何かにつぶされそうになっていて、助けを求めているようにも思えるのも、この映画のポイントの1つだ。主人公のマイケル・クレイトン然り、良心の呵責に耐えきれなくなった弁護士然り。

 

そうした中で、一際輝いているのが、ティルダ・スウィントン演じるU・ノース社の法務部本部長役だ。

表向きは、いつでもクールな女性。だが、彼女もまた、責任の重大さに押しつぶされそうになり、脇の下は汗でぐっしょりと濡れている。演じたティルダは『ナルニア国物語』の白い魔女役で知名度を上げた女優。今回の演技で、見事、アカデミー助演女優賞に輝いている。

 

ほかにもシドニー・ポラックが法律事務所の責任者役で出演するほか、アーサー弁護士役に『イン・ザ・ベッド・ルーム』でアカデミー主演男優賞にノミネートされたトム・ウィルキンソンと、登場人物がみな、演技派揃い。

 

 

 

そしてラストシーン──。映画として完結する一方で、マイケル・クレイトンにとっては1つのはじまり。映し出されるクルーニーの顔には、何かが吹っ切れたかのような表情が浮かんでいるように見えた。(日経トレンディより一部抜粋)

 

さて、ネタばれかもしれませんが・・・・・。冒頭でのの炎上は、何とU・ノース社のカレン・クラウダー(ティルダ・スウィントン)が依頼屋に頼んで仕掛けたものでした。

そのことを察したマイケルは、車の中で焼死したように見せかけます。死んだと思わせ、マイケルは突然、カレンの前に現れるわけです

 

さてさて、この後の結末は????

冒頭のシーンはラスト近くのシーンだったのですね。なるほど

 

マイケルは勝ったけど、アーサーはもう戻って来ないし・・・・。複雑な心情かもしれないですね。ややすっきり気分ではなくラストを迎えました。

 

フィクサー:公式サイト

 

 ※トニー・ギルロイ監督とティルダ・スウィントンのインタビューはこちらです。

 

 

Comments (4)   Trackbacks (79)   この記事についてブログを書く
« 5月公開予定の映画紹介♪ | TOP | スパイダーウィックの謎(吹... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバどうもでした (くまんちゅう)
2008-05-05 00:22:18
爆発炎上以降は地味な進み方でしたけど、演技を堪能する映画でしたね。
怪しいティルダさん好きです
TBありがとうございます (ryoko)
2008-05-05 13:12:35
最初に3頭の馬と炎上シーン、その後数日前に戻って・・・というところ、どういう展開なのか掴みにくかったですね。「王国と征服」の挿絵を見逃していたこともあって、あの馬は?が引っかかってしまいました。
NHKBSで放映中の「ダメージ」(これも時間が交錯しますが)の方が、訴訟ものとしてはおどろおどろしいですねぇ。
TBありがとうございます。 (moriyuh)
2008-05-05 13:22:53
こんにちは。
このGWはいかがお過ごしですか?

私は「ぷち旅」から今、戻りました。

>映画として完結する一方で、マイケル・クレイトンにとっては1つのはじまり。映し出されるクルーニーの顔には、何かが吹っ切れたかのような表情が浮かんでいるように見えた。(日経トレンディより一部抜粋)

私は、あの微妙な表情の中に、フィクサーとしてある意味、いちまいぬけた感を受け取りました。彼はある意味、壁を破ったのかな?と…。

いいか、悪いかは別ですが…裏方稼業とはあーいったものかも?なぁんてね。

今からまた何かを観にいこうかと?模索中です。









TBありがとうございました (sakurai)
2008-05-07 08:28:18
連休、実家に行っておりまして、遅くなりました。
もやもや感が募る映画でしたが、それが現実だ!ということでしょうか。
あの炎上は、肝をつぶしました。
と、役者さんたちは、どなたも芸達者さんばかりでしたね。
でも、なんかスッキリしないんですよぉ。


post a comment

Recent Entries | 映画:シネコン

Similar Entries

79 Trackbacks

フィクサー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『マイケル・クレイトン―― 罪を消したければ、彼に頼め。』  コチラの「フィクサー」は、本日4/12に公開された弁護士事務所の裏で暗躍するもみ消し屋<フィクサー>を描いたサスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  2007年アカデミー賞で、ティル...
フィクサー/MICHAEL CLAYTON (我想一個人映画美的女人blog)
この春から続々公開されていきます、アカデミー賞作品賞ノミネート作品{/kaminari/} この原題は、よくある主人公の名前をつけた『マイケル・クレイトン』 ほんとにタイトルが名前の映画って多いよな~。 邦題の"フィクサー"(fixer)とは、背後で影響力を行使する強力な...
『フィクサー』 (Sweet*Days**)
監督:トニー・ギルロイ CAST:ジョージ・クルーニー、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン 他 アカデミー賞 最優秀助演女...
『フィクサー』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【Michael Clayton】 2007年/ムービーアイ/120分 【オフィシャルサイト】 監督:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マイケル・オキーフ、ケン・ハワード、デニス・オヘア、ロバー...
フィクサー 73点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
希望のブルーが甦るでしょう 公式サイト ジェイソン・ボーン三部作の脚本家、トニー・ギルロイの初監督作品。もちろん脚本も同氏が手がけている。 テクニカルな映像演出にて繰り広げられる、ハイテンションなアクションとサスペンスが売りであったボーンシリーズと...
『フィクサー』 (めでぃあみっくす)
ティルダ・スウィントンがオスカーを受賞し、この映画を見た人の多くがトム・ウィルキンソンの素晴らしさを絶賛するなか、個人的にはジョージ・クルーニーの魅力と才能にまたしてもハマってしまいました。決して格好いい主人公ではないのに格好よく見えてしまう彼独特の魅...
フィクサー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第80回アカデミー賞作品賞他7部門ノミネート、助演女優賞受賞作品―【story】大手法律事務所のフィクサーとして活躍するマイケル(ジョージ・クルーニー)。在職15年にして共同経営者への昇進もない彼が焦りと不安を感じる中、大企業の集団訴訟にかかわっていた同僚の弁護...
【映画】 フィクサー (Coffee and Cigarettes)
今回は、映画「フィクサー」 NYの大手弁護士事務所に勤めるマイケル・クレイトンの専門は不始末をもみ消すこと。そんな仕事に嫌気が差して...
『フィクサー』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:MICHAELCLAYTON監督・脚本:トニー・ギルロイ出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マイケル・オキーフ鑑賞劇場 : TOHOシネマズららぽーと横浜公式サイトはこちら。<Story>NYの大手弁護士事務...
『フィクサー』&アカデミー賞感想 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Michael Clayton) ----これって、アカデミー賞にも たくさんノミネートされていたよね。 結果はティルダ・スウィントンの助演女...
劇場鑑賞「フィクサー」 (日々“是”精進!)
「フィクサー」を鑑賞してきましたこちらのシネコンでは3週間の限定公開。ジョージ・クルーニーが製作総指揮と主演を務め、”ジェイソン・ボーン”シリーズの脚本家トニー・ギルロイが初監督した犯罪サスペンス。アカデミー賞7部門にノミネートされたことも納得の骨太サ...
フィクサー (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞フィクサー/MICHAEL CLAYTON 2007年/アメリカ/120分 監督: トニー・ギルロイ 出演: ジョージ・クルーニー/トム・ウィルキ...
★★ 『フィクサー』 (映画の感想文日記)
2007年。アメリカ。"MICHAEL CLAYTON". トニー・ギルロイ監督・脚本。  ジョージ・...
フィクサー (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原題「Michael Clayton」 。トニー・ギルロイ監督、ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン。悪徳農薬会社のお抱え法律事務所の弁護士2人が次々と不審死を遂げたら、農薬会社にだって疑惑の目が向けられるはずなのに、そんな下...
「フィクサー」 (てんびんthe LIFE)
「フィクサー」試写会 よみうりホールで鑑賞 原題は「MICHAEL CLAYTON」 ジョージ演じる弁護士の名前。 他の作品と間違いやすいので邦題はこんな知らない単語になって出てきちゃうんですかね。 英語知らない日本人たくさんいるのに、知らない単語を遣うのはやめて...
[Review] フィクサー (Diary of Cyber)
fixer -【名】(C) 1.取り付ける人[もの] 2.《口語》(買収などで事件をもみ消したり裏取引をする)フィクサー、仲介者; 調停者 3.定着剤; 色染め染料 法廷闘争は、被告と原告の戦い。さらには、検察側と弁護側の戦い。 どちらが多くの証拠を揃え、...
フィクサー(映画館) (ひるめし。)
男は、完璧に罪を消せるはずだった・・・。
フィクサー (悠雅的生活)
ニューヨーク。巨大な組織の裏を暴く「もみ消し屋」
フィクサー(2007年) (勝手に映画評)
弁護士事務所の”もみ消し屋”マイケル・クライトン。永年所属する事務所がかかわる農薬会社の薬害集団訴訟。製薬会社側有利の条件で和解しようとしたとき、その全てを覆す暴露が行われようとしていた。もみ消し屋のマイケルにもみ消し依頼が来るが、それにより彼自身も大...
Michael Clayton 「フィクサー」 (表参道 high&low)
弁護士事務所の影の仕事専門のリアリストでクールな弁護士をGeorge Clooney(ジョージ・クルーニー)が見事に演じた映画がMichael Clayton(フィクサー)。最近俳優として目立ってきたSydney Pollack(シドニー・ポラック)がロー・ファームのトップとして存在感を示し、...
フィクサー (映画のメモ帳+α)
フィクサー(2007 アメリカ) 原題   MICHAEL CLAYTON    監督   トニー・ギルロイ    脚本   トニー・ギルロイ       撮影   ロバート・エルスウィット                   音楽   ジェームズ・ニュートン・ハワード ...
フィクサー (ネタバレ映画館)
こんなアニキが欲しい?
「フィクサー」 上半期ベストピクチャーかも… (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 ツボでした。 はまりまくり。 好きです、この作品。 この演出には唸りました。 同じシーンを2度見せられるのですが、 2度目、様々な事情が分かった後にそのシーンが繰り返された時、 そのジョージ・クルーニーの表情には鳥肌立つくらい...
フィクサー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ジェイソン・ボーン三部作」の脚本家として知られるトニー・ギルロイ、50歳での遅咲きの監督デビュー作である。 原題の「Michael Clayton」が「...
映画 「フィクサー」 (ようこそMr.G)
映画 「フィクサー」 を観ました。
フィクサー (映画鑑賞★日記・・・)
【MICHAEL CLAYTON】公開:2008/04/12(04/12鑑賞)製作国:アメリカ監督・脚本:トニー・ギルロイ製作総指揮:スティーヴン・ソダーバーグ、ジョージ・クルーニーほか出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック...
フィクサー (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー(マイケル・クレイトン)    トム・ウィルキンソン(アーサー・イーデンス)    ティルダ・スウィントン(カレン・クラウダー)    シドニー・ポラッ...
「フィクサー」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
もう少し親切にしてくれてもいいんじゃないかな。あまり事細かに説明されるのもスマートじゃないのですが、予備知識をほとんど持たずに見ている立場として、話に入っていくのが辛い展開でした。冒頭に物語の核となる部分を断片的に見せてから、時間を遡って何故そうなった...
フィクサー(試写会にて) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
男は、完璧に罪を消せるはずだった・・・。 フィクサー・・・弁護士事務所に所属する“もみ消しのプロ”ニューヨーク最大の法律事務所のフィクサーであるマイケル。彼が足を踏み入れてしまった巨大製薬会社の3,000億円訴訟をめぐる隠蔽工作。そこに隠された恐るべ...
フィクサー (レンタルで映画)
 今年のアカデミー賞で多数のノミネートと助演女優賞の獲得で話題だった「フィクサー」。日本でも公開されましたね、私も早速にチェックです。 フィクサー 2007年のアメリカ映画 監督 トニー・ギルロイ 出演 ジョージ・クルーニー トム・ウィルキンソン ティルダ・...
フィクサー/Michael Clayton (描きたいアレコレ・やや甘口)
今年のアカデミー賞7部門、最多ノミネート!の『フィクサー』観てきました。『ボーン・アイデンティティー』のシリーズ3作を手がけた脚本家...
フィクサー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 助演女優賞のオスカー演技に期待して観に行ってきました。
「フィクサー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Michael Clayton」2007 USA 原題となっている主人公マイケル・クレイトンに「シリアナ/2005」「オーシャンズ13/2007」のジョージ・クルーニー。 マイケルの同僚である弁護士アーサーに「イン・ザ・ベッドルーム/2001」「理想の女/2004」のトム・ウイルキンソン。 ...
フィクサー (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 大手法律事務所のフィクサー(もみ消し屋)として、活躍を続けているマイケル(ジョージ・クルーニー)。 在職15年にして、共同経営者への昇進もなく、焦りと不安を感じていた。 あるとき、大企業の集団訴訟に関わっていた同僚の弁護士ア...
フィクサー (だめ男のだめ日記)
「フィクサー」監督トニー・ギルロイ出演*ジョージ・クルーニー(マイケル・クレイトン)*トム・ウィルキンソン(アーサー・イーデンス)*ティルダ・スウィントン(カレン・クラウダー)*シドニー・ポラック(マーティ・バック)*マイケル・オキーフ(バリー・グリッソム....
フィクサー Michaerl Clayton (映画!That' s Entertainment)
●「フィクサー Michael Clayton」 2007 アメリカ Samuels Media,Castle Rock Entertainment,120min. 監督・脚本:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スゥィントン、シドニー・ポラック他        <2007年度ア...
●フィクサー/『王国と征服』 (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
ニューヨークの大手法律事務所ケナー・バック&レディーンに所属する、マイケル・クレイトンは表舞台ではなく裏舞台フィクサー(もみけし屋)として働く弁護士。仕事に対しても表舞台に出れず、私生活では離婚や大きな借金を背負い、ギャンブルにも手をだし、八方塞がりの...
感想/フィクサー (EDITOREAL)
ん…期待外れじゃね? 『フィクサー』4月12日公開。大企業、U・ノースの大規模和解訴訟の弁護にあたっていたアーサーが突然発狂。彼を取り押さえに向かったマイケルは、アーサーが和解訴訟にまつわる秘密を知ってしまい、良心の呵責から精神のバランスを崩したことを知る...
義理を立てれば道理がひっこむ トニー・ギルロイ 『フィクサー』 (SGA屋物語紹介所)
あれは横田順彌氏が何かで書いていた文学用語辞典であったか。「フィクション」につい
「フィクサー」みた。 (たいむのひとりごと)
エンタメというよりは、実際にありそうなリアルさを感じる大人な社会派作品。サスペンス仕様でもあるから、見せ方も一工夫され、(時系列が少し混乱するが)ラストが効果的になっていた。すべての登場人物の中に蠢く
「フィクサー」:三筋二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}刃物研磨所?いつ誰に襲われるかわからないし、俺たちも刃物を研いでおくか。 {/hiyo_en2/}なに、物騒なこと言ってるのよ。そんな目にあう心あたりがあるわけ? {/kaeru_en4/}「フィクサー」とか観てると、いつ襲われても不思議じゃない気がするじゃないか...
フィクサー  MICHAEL CLAYTON (映画の話でコーヒーブレイク)
今年のアカデミー賞に7部門でノミネート、 ちょっとミステリアスなお顔立ちのティルダ・スウィントンが助演女優賞を獲得した映画です。 $$!$$!$$!$$!$$!$$!$$!$$!      フィクサー  MICHAEL CLAYTON $$!$$!$$!$$!$$!$...
フィクサー を観ました。 (My Favorite Things)
だ~い好きなジョージ・クルーニー様の作品ですからね…いち早く観たかったのですが…ということで、行ってまいりました…。そしてまたまた原題VS邦題対決?
フィクサー (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年4月12日 公開 そんな時には"汗ワキパット"ですよ! えぇ~っ なぁ~んか「これでおしまい?」って感じだった。 主人公のジョージ・クルーニーが"フィクサー(揉み消し屋)"ってことだったんで、もっ...
フィクサー -MICHAEL CLAYTON- (充実した毎日を送るための独り言)
・フィクサー -MICHAEL CLAYTON-(ジョージ・クルーニー主演) この映画での「フィクサー」は通常使われる「黒幕」ではなく、「(罪の)もみ消し屋」という意味で使われている。ただこの映画は「フィクサー」としての仕事については、あまり触れていなく、むしろそれに...
フィクサー (メルブロ)
フィクサー 205本目 2008-11 上映時間 2時間 監督 トニー・ギルロイ 出演 ジョージ・クルーニー シドニー・ポラック トム・ウィルキンソン ティルダ・スウィントン 評価 5点(10点満点) 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン5  有休とった...
「もみ消し屋」というよりは・・・。『フィクサー』 (水曜日のシネマ日記)
大手企業の集団訴訟をめぐる陰謀劇を描いた作品です。
2008-25『フィクサー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2008-25『フィクサー』(更新:2008/04/26) 膨張する富と名声が真実をゆがめる 評価:★★★☆☆(★★★★☆に近い) 原題は「MICHAEL CLAYTON」です。 ジョージ・クルーニーが主役のサスペンス映...
フィクサー (C'est Joli)
フィクサー’07:米 ◆原題:MICHAEL CLAYTON ◆監督・脚本: トニー・ギルロイ「ボーン・アイデンティティー」シリーズ(脚本) 「ディアボロス/悪魔の扉」(脚本) ◆出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マ...
映画 『フィクサー』 (Death & Live)
『フィクサー』  2007年 原題 : MICHAEL CLAYTON 監督 : Tony Gilroy なんでしょう? ジョージ・クルーニーが地味なんですよね(笑) いつものナルシスト的な「俺ってカコ良いだろ」みたいな 態度がないんだよね。 組織の中で盲目になってる...
『フィクサー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「フィクサー」□監督・脚本 トニー・ギルロイ □キャスト ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マイケル・オキーフ、ケン・ハワード■鑑賞日 4月19日(土)■劇場 TOHOシネ...
映画鑑賞記「フィクサー」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:08.04.19 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 世の中には、隠したい罪をもみ消す仕事がある。 トニー・ギルロイ初監督の秀逸社会派サスペンス。 <ストーリー> (cinemacafeより引用)  マイケル・クレイトン(ジョージ・クルーニー)は、N.Y.最大の法...
「フィクサー」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「フィクサー」公式サイトティルダ・スウィントンアカデミー賞受賞作。フィクサー=もみ消し屋のジョージ・クルーニーが問題をあざやかにもみ消していくのを想像してましたが・・ちょっと様子が違ってました。地味め デス。巨大製薬会社の薬害訴...
フィクサー 渋~い渋い大人な映画です♪ (労組書記長社労士のブログ)
 びっくり!!{/hiyob_hat/} 昨日のgooのブログランキング、gooブログ997325中、ちょうど1000位だった!! 1000位以内だけランキングに表示されるんやけど、1000位ぴったりってのは初体験で笑える。 なんかいいことありそうだ♪ 大阪のおっちゃん(←おっちゃんなのか!?...
フィクサー [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★☆☆☆☆☆ http://www.fixer-movie.com/ (
フィクサー (迷宮映画館)
えぇぇ、原作者が映画の冒頭?と勘違いされそうなので、こういう題名にしたのかなと、勝手に想像。
【フィクサー】 (日々のつぶやき)
監督:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック 「NYの大手法律事務所の弁護士マイケル・クレイトンは、長年公にできないトラブル処理を担当するフィクサー(もみ消し屋)として従事して
映画 【フィクサー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「フィクサー」 「ボーン・アイデンティティー」シリーズの脚本家トニー・ギルロイによる初監督作品。 おはなし:大手法律事務所のフィクサー(もみ消し屋)として活躍するマイケル(ジョージ・クルーニー)。在職15年にして共同経営者への昇進もない彼が焦り...
フィクサー☆マイケル・クレイトン―罪を消したければ、彼に頼め。 (☆お気楽♪電影生活☆)
【フィクサー】・・・・・・弁護士事務所に所属する“もみ消しのプロ”。 男は、完璧に罪を消せるはずだった・・・・・・。
私だったら尻汗ビッショリ (宇宙のめいぐると)
「フィクサー」
真・映画日記『フィクサー』 (          )
JUGEMテーマ:映画 4月15日(火)◆776日目◆ 天気がいいのでスムーズに仕事が終わる。 午後5時45分に会社を出て、目指すは池袋、「シネマロサ」。 『フィクサー』は6時半から。 …なんとか間に合いました。 係員に聞くと予告編は5分だけだとか。 それ...
「 フィクサー / Michael Clayton (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【フィクサー】2008年4月12日(土)公開 監督 : トニー・ギルロイ ...
フィクサー (心のままに映画の風景)
NYの大手弁護士事務所に勤めるマイケル・クレイトン(ジョージ・クルーニー)は、 公に出来ない案件を裏でもみ消す“フィクサー”を長年務...
フィクサー (おたむ’ず)
★★★★☆byおたむ   3年前の七夕企画だったか、短冊に『ジョージー・クルーニーの嫁になります』と書いたなぁ。願い事ではなく、決意表明...
■ フィクサー / MichaelClayton(2008) (MoonDreamWorks)
【フィクサー】2008年4月12日(土)公開監督 : トニー・ギルロイ出演 : ジョージ・クルーニー/テイルダ・スウィントン/トム・ウィルキンソン 他期待度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★★原作 : 「 フィクサー / MichaelClayton(2008) 」■第65回ゴー....
フィクサー (マダムようの映画日記)
ーフィクサーーMICHAEL CLAYTON 2007年 アメリカ トニー・ギルロイ監督 ジョージ・クルーニー(マイケル・クレイトン)トム・ウィルキンソン(アーサー・イーデンス)ティルダ・スウィントン(カレン・クラウダー)シドニー・ポラック(マーティ・バック)マイケル・オ...
フィクサー (eclipse的な独り言)
 拙ブログ、1000記事突破記念、「音楽ベスト10」募集中!あなたが考える音楽史
フィクサー (とんとん亭)
「フィクサー」 2008年 米 ★★☆ う~ん・・・・。 会社を早退して、先日観たのですが・・・ギリギリ・セーフで入館。 最初の方は、はっきり言って違う事を考えてた(笑) 意味がわからないまま始まった本作品。 重い映画だと覚悟していたけど、重...
『Michael Clayton』フィクサー (キマグレなヒトリゴト)
ラストのあの瞬間はやっぱり『ちょっとした』シーンになりそうだよね。 ぽちっとプリーズ。
映画[ フィクサー ]いつも、己の心に忠実なのか (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ フィクサー ]を新宿武蔵野館で鑑賞。 本作で、ティルダ・スウィントンがアカデミー助演女優賞を取ったようですが、出番らしい出番は1,2回のみなのに、取れてしまうから、すごい。たしかに、あの脇の下の汗に象徴されるように、苦闘しながら決断しているエリー...
行ける所まで、行ってくれ (CINECHANの映画感想)
134「フィクサー」(アメリカ)  ニューヨークの大手法律事務所ケナー・バック&レディーンに所属するマイケル・クレイトン。公にできない案件を裏で穏便に処理する?掃除屋?を長年務めている彼は、弁護士職に戻るタイミングを失い、私生活でも問題が山積していた。 ...
フィクサー(2007年・米) (SCARECROW'SROOM)
★冴えないジョージ・クルーニーの方がカッコイイ事を発見しました(笑)★学生時代…少ないお小遣いの中で映画を観に行っていた頃は、外すのが悔しかったので事前リサーチをしっかりとして(といっても当時の情報源は映画雑誌ぐらいしかなかったのですが…)観に行く映画...
「フィクサー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
NYの大手法律事務所に所属するマイケル・クレイトン(ジョージ・クルーニー)。公に出来ない案件を 裏で穏便に処理する“フィクサー”を長年務めている彼は、かつての弁護士職に戻るタイミングを失い、 問題山積の私生活でも、ついには従兄弟が抱えた8万ドルにも及ぶ借金...
フィクサー (小部屋日記)
Michael Clayton(2007/アメリカ)【DVD】 監督・脚本:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン、シドニー・ポラック マイケル・クレイトン── 罪を消したければ、彼に頼め。 邦題のフィクサーとは“もみ消し屋...
【映画】フィクサー…2008年度末鑑賞報告残り(1) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} 先程お仕事から帰ってきたピロEKです。 …今日職場は人が居ないから寒かったですわ{/face_hekomu/} 年末年始に出勤すると会社から寸志{/ee_3/}が出ると聞いて楽しみにしている{/up/}私ですが…{/face_nika/} 一説にはその金額って500円ってな話も…{...
「フィクサー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
「ひらりんアカデミー賞」の発表もしなくちゃいけないし・・・ 本家アカデミー賞の発表も近いので、 昨年の受賞作をもう1本観ておく事に。 オスカーは作品賞を含め7部門にノミネートされ、 ティルダ・スウィントンが助演女優賞を獲得してるのね。
『フィクサー』 (『映画な日々』 cinema-days)
フィクサー 巨大法律事務所のフィクサー=もみ消し屋が、 農薬会社の集団訴訟に絡み命を狙われる... 【個人評価:★★☆】 (自宅鑑賞) ...
『フィクサー』 (『映画な日々』 cinema-days)
フィクサー 巨大法律事務所のフィクサー=もみ消し屋が、 農薬会社の集団訴訟に絡み命を狙われる... 【個人評価:★★☆】 (自宅鑑賞) ...
『フィクサー』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじNYの大手弁護士事務所に勤めるマイケル・クレイトンの専門は不始末をもみ消すこと。大規模集団訴訟を担当中の同僚弁護士アーサー・イーデンスが依頼人の農薬会社U・ノース社を裏切る行動に出る。マイケルは事態の収拾に乗り出すが・・・。感想真実から逃げちゃ...