銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

アーティスト(2011)☆☆THE ARTIST

2012-04-10 | 映画:シネコン

 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采――

好き度:=80点

すみません!いきなりわんちゃんです。本当に演技が上手いもんでびっくり!このわんちゃんがこの物語のポイントとなってとても素敵な流れを作っていました。

サイレント映画って多分初めてだと思うんだけど、ちょっと違和感感じる部分も。要するにセリフがない分、どんなストーリーかを把握しなければならない。それが分かるところもあるんですが、分からない部分も正直あったりして、、、、。

セリフが字幕として登場しますが、すべてではありませんし・・・・。後はついていくしかありませんね。必死で見据えている。前半は正直たるかったです。眠たくなりそうな場面もいくつかあり、、、。ヤバいなあと思いながらドンドン進んでいきます。

結局は役者さんの演技に尽きるわけで、彼らの演技でこのお話の魅力を探りだす。そういう意味では主人公ジョージ・ヴァレンティンを演じたジャン・デュジャルダンさんは上手かったと思います。

サイレント映画のスタ―俳優が次第に没落していくさまをリアルに表現していた。あくまでもサイレント映画のスタ―の威厳を壊したくないというプライドが邪魔をすることでその姿勢を貫くのが哀れにさえ見える。う~んこれがまたとても痛いんですよね。

そんな彼の心の寄り何処りとなるのが、いつもそばにいる愛犬ジャック。このわんちゃんの存在はある時は生きる力、ある時は悩みを分かち合うパートナー。彼の支え的存在だろうか。

何しろこのわんちゃんが凄い。ジョージを窮地から助ける。病になれば傍で寄り添う。何と素晴らしいわんちゃんである。

とにかくこのわんちゃんに尽きます。戦火の馬のお馬さんよりもっと凄いなあと思いました。何だかわんちゃんのことばかりですみません!

そのくらいこのわんちゃんが素晴らしい♪


名前はアギ―と言います。

さてあらすじ

今回はキネマ旬報さんより拝借。ネタばれしていますのでまだご覧になっていない方読まないで下さいね。

1927年、サイレント映画全盛のハリウッド。大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、共演した愛犬とともに新作の舞台挨拶で拍手喝采を浴びていた。熱狂する観客たちで映画館前は大混乱となり、若い女性ファンがジョージを突き飛ばしてしまう。それでも優しく微笑むジョージに感激した彼女は、大胆にも憧れの大スターの頬にキス。
 
 
その瞬間を捉えた写真は、翌日の新聞の一面を飾る。写真の彼女の名前はペピー・ミラー(ベレニス・ベジョ)、未来のスターを目指す新人女優だった。映画会社キノグラフでオーディションを受けた彼女は、愛らしい笑顔とキュートなダンスで、ジョージ主演作のエキストラ役を獲得。撮影後、楽屋を訪ねてきたペピーに、ジョージは“女優を目指すのなら、目立つ特徴がないと”と、アイライナーで唇の上にほくろを描く。その日を境に、ペピーの快進撃が始まる。踊り子、メイド、名前のある役、そして遂にヒロインに。
 
1929年、セリフのあるトーキー映画が登場すると、過去の栄光に固執し、“サイレント映画こそ芸術”と主張するジョージは、キノグラフ社の社長(ジョン・グッドマン)と決別する。しかし数か月後、自ら初監督と主演を務めたサイレント映画は大コケ。心を閉ざしたジョージは、心配して訪ねてきたペピーすら追い返してしまう。それから1年。今やペピーはトーキー映画の新進スターとして人気を獲得していた。一方、妻に追い出されたジョージは、運転手クリフトン(ジェームズ・クロムウェル)すら雇えなくなり、オークションで想い出の品々を売り払う。執事にその全てを買い取らせたペピーは、ジョージの孤独な背中に涙を流す。酒に溺れるジョージは自分に絶望し、唯一の財産であるフィルムに放火。愛犬の活躍で救出されたジョージの元へ駆けつけたのは、変わらぬ愛を抱くペピーだった。“銀幕のスター”ジョージを復活させる名案を携えて……。  

 

復活の名案は、これぞ極め付けタップダンス♪これがこの映画の一番の見どころだと私は思いましたよ。

また最後の最後でサイレントからト―キ―ということで突然音ありセリフありに変わる。ここもこの映画の最大の見どころかもしれません。

 

解説(allcinemaより)

フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズのミシェル・アザナヴィシウス監督と主演のジャン・デュジャルダンのコンビが、ハリウッド黄金期を舞台に白黒&サイレントのスタイルで描き、みごと2012年のアカデミー賞作品賞に輝いた異色のロマンティック・ストーリー。共演はベレニス・ベジョ。また、劇中で主人公のチャーミングな愛犬を演じたタレント犬アギーの名演も大きな話題となった。

メディア 映画
上映時間 101分
製作国 フランス
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2012/04/07
ジャンル ロマンス/コメディ
映倫

G

オフィシャル・サイト
http://artist.gaga.ne.jp/
 
 
 
 
 
 

 

 

Comments (4)   Trackbacks (32)