「メタ坊っちゃま、メジャーデビューに気をつけて」

予備軍判定のメタ坊が、ずんぐりお腹をさすりつつ、カロリーの消費と補充のため、散歩の閑人します。

千葉南房総・道楽園

2009年10月30日 | ☆たまに房総
ネーミングは、よくよく考えた方が良いに決まっている。それなりの設備投資をしていれば、その気持ちは強いはず。なのに「道楽園」である。パンフレットを手にしたときは、こんなの昔からあったかな?と思えるぐらい、例えば「仁右衛門島」とか「鯛の浦」とか「理想郷」とかいった、歴史的に名が受け継がれ、守られているものかと思えば、ちょっと「道楽園」では歴史の重みが感じられない。聞けば出来たばかりという、本当に道楽に過ぎる。
場所は、富津館山道路の終点・富浦ICを出た目の前に建っている。メインは「赤尻文化会館」。「房総モンキーズ」と名付けられた猿が、玉乗りや竹馬などの芸でバラエティーショーを展開する。ほかに、漁港直送の魚や地元の農産物を売る店、地魚を中心とした回転寿司、団子やアイスクリームなどの屋台風軽食コーナー、千葉・南房総の特産品やお土産などを売る店が広い敷地内に建っている。大型バスの立ち寄り施設として、駐車場の広さなどから、南房総最大の観光施設を看板に掲げている。
私的には、鮮魚売場が気になった。できれば、帰りがけにのぞいてみたい。
ジャンル:
ショッピング
コメント   この記事についてブログを書く
« 千葉南房総・頼朝上陸 | トップ | 千葉館山・プライベートホテ... »

コメントを投稿

☆たまに房総」カテゴリの最新記事