心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

at the funeral(お葬式で)

2006-07-16 | 英語のジョーク
at the funeral(日本語訳は下の方へ^^)

An old man was on his death bed. He wanted badly to take
some of his money with him. He called his priest, his doctor and
his lawyer to his bedside.
"Here's $30,000 cash to be held by each of you. I trust you
to put this in my coffin when I die so I can take all my money with me."

At the funeral, each man put an envelope in the coffin.
Riding away in a limousine, the priest suddenly broke into tears
and confessed, "I had only put $20,000 into the envelope
because I needed $10,000 for a new baptistery."  

"Well, since we're confiding in each other," said the doctor,
"I only put $10,000 in the envelope because we needed a new machine
at the hospital which cost $20,000."  

The lawyer was aghast. "I'm ashamed of both of you," he exclaimed.
"I want it known that when I put my envelope in that coffin,
it held my personal check for the full $30,000."


日本語訳
「お葬式で」 

ある年老いた男性が臨終をむかえようとしていました。
彼はどうしても自分と一緒に自分のお金を持ってあの世へ行きたいと
思っていました。そして彼は僧侶とかかりつけの医者、そして自分の弁護士を
ベッドサイドへ呼んで言いました。
「君たちに持っていてもらいたいお金が、ここにそれぞれに現金で3万ドルずつ
ある。それをわしが死んだら棺の中に入れて欲しいんだ。
君たちを信用してるよ。これでわしは自分のお金すべて持ってあの世に行ける。」

葬式の時、それぞれが封筒を棺の中に入れました。
走り去るリムジンの中で、僧侶がワッと泣き出し告白しました。
「ぼくは2万ドルしか封筒の中に入れなかったんだ。新しい洗礼堂のために
どうしても1万ドル必要だったんだ。」 

すると医者が、「ぼくも一緒に告白しよう。 ぼくは1万ドルしか封筒の中に
入れなかったんだ。病院に2万ドルの新しい機器が必要だったんだ。」と
言いました。

弁護士はあきれ返り大声でこう言いました。「ぼくは君たちを恥じるね。」 
そして続けて言いました、「ちゃんと知っててもらいたいんだけど、
ぼくはちゃんと3万ドル封筒の中に入れ棺に入れたよ。個人小切手でね。」


(コメント・・お~~~い(^^;;)  死人にパーソナルチェック
       (個人小切手)あげて・・・というか、棺に入れて、
       どうやってその死人が小切手を使うんですか~?(^^;;)  
       絶対に使いません(使えません)よね
       やっぱり弁護士って・・・?!(^^;;) )

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 「ジョイ・ラック・クラブ」 | トップ | 「タナカヒロシのすべて」 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
また、弁護士!(笑) (ヒューストン)
2006-07-16 18:38:24
弁護士もネタ的に多そうですね(大笑)



もう、信用できん(爆)
あったまい~い! (lilac)
2006-07-16 21:32:41
そうきたか~っ!ですね(^^ゞ

でも、それもいいかも。

もちろんお金が世の中の為に活きた使い方をされれば、ですけどね~。

棺おけに入れてもらってしあわせかなぁ。

そういえば、夫の実家のほう(九州)では、葬儀のとき焼香台の横に小銭を入れる箱があってビックリしました。
ヒューストンさんへ♪ (メル)
2006-07-17 06:47:01
そうなんですよ~、ここのところ弁護士ネタのが多くて(^^;;)  ブロンド&弁護士・・って感じでしょうか(^^;;)

ブロンドさんはおバカさんネタ、弁護士さんはお金に絡むやつ、と言う図式も出来てるようですね(^^ゞ



信用・・・う~~ん、でも日本の弁護士さんは良い人が多いんじゃないでしょうか^^

石投げれば弁護士に当たる・・と言われてるアメリカならではのジョークのような?!(^ー^* )フフ♪
lilacさんへ♪ (メル)
2006-07-17 06:52:17
ほんと、この弁護士は頭良いと言うか、ずる賢いって言うか(笑)

でも、lilacさんがおっしゃってるように、お棺の中に

お金入れて、あちらに持っていきたから・・・なんて

無駄ですよね。あちらの世界では、お金なんて関係ないはずですから(^ー^* )フフ♪

この亡くなる人も、生きてるうちに充分使ったり

どっかに寄付したりした方が、ずっと良かったかと(^^ゞ



えぇ~~~!九州の方ではそんな風にするんですね~!(さらに驚いたのがlilacさんのご主人は九州出身だったんですね~!!ってことは北海道と九州!!!すごい~~~♪なんか運命?を感じます(^ー^* )フフ♪)

そういえば、お棺の中に・・というか死人に三途の川の渡し賃・・とかいっていくらかのお金を持たせたりするって言うのをどっかで聞いたことがあります。

でも、それだってほんのちょっと。

やっぱりこの大金持ちの人みたいに、そんなにたくさん棺に入れる必要ないですよね(^^ゞ
ふふふ。。。 (らんまる)
2006-07-17 10:13:23
そんなことしちゃうと、あの世から回収に来ちゃいますよ。。。



きっと、お金の代わりに回収されちゃう何かがあるはずです。

何・・・とははっきり言わないでおきます♪



こちらでは、「渡り賃」として、お金そのものではなく、「お金の代用品」みたいなもの入れてた気がします。
どっちもどっち (nakko)
2006-07-17 20:53:30
お願いする方もするほうですよね~。

目の前のお金を燃やせだなんて・・・。

明日食べるものもない人がいるというのに・・・。

人の心をもてあそぶようだし、テストしているみたいで、嫌かなぁ。

あまり素敵な関係ではなかったようですね~(^^;;
らんまるさんへ♪ (メル)
2006-07-17 22:50:19
あの世から、か・か・回収に・・・

ありそう・・・(^^;;)



そうですか~、そちらでは渡り賃としてお金の代用品みたいなのを入れるんですね。

確かうちの母の実家の方でも、それに近い物があったかも・・・なんです。もう20年以上前に母の父が亡くなったときに私もお葬式に出て、そのようなものを見たような・・・。やっぱりあるんですね。
nakkoさんへ♪ (メル)
2006-07-17 22:53:24
そうそう、お願いするほうも悪い!っていうか

お金持って死ねないンだから、生きてるうちに

使っちゃうとか、何か人のお役に立つように使うとか

しよう・・・って、友達と話したりしたことあるので

このおじいさんの気がしれないですよ~。

そうそう、明日食べるものがない人もた~~~~~くさんいるのにね~!

この弁護士さんも嫌われちゃってるかもしれませんが

このおじいさんもきっと生前嫌われてたんでは・・って想像できますよね(^^;;)

コメントを投稿

英語のジョーク」カテゴリの最新記事