心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室」

2009-12-16 | 映画「た」行
成績優秀なセレブ高校生のチャーリー・バートレット(アントン・イェルチン)は、人気者に
なりたいという強迫観念のために学園で問題を起こしてばかり。名門校を次々と追い出され、
ついに公立高校に転校することに。転んでもタダでは起きないチャーリーは、不良学生たちを
相手に悩み相談のカウンセリングを受け付け、自分が精神科医をダマしてくすねた処方薬を
彼らに転売するといういかがわしいビジネスを始めるが・・。



もっとふざけた内容かなぁって思って見たんですが、思いの外、真面目な
ところのある映画で、感動もしちゃったし面白かったです。
成績優秀だけど、これまで通っていた私立の名門校(?多分^^)を
退学処分になるチャーリー。それも1回だけじゃなくて、確かこの舞台となる
公立高校に入るまでに3回退学処分を受けてたんじゃなかったかな。

成績も優秀だし、家も超セレブ。なのに何故そんなことに?と思ったら、
とにかくチャーリーの高校で一番異議のあることが“人気”。
みんなから好かれるってことが一番大切で、それを第一義にしたために、
いろいろ問題を起こして退学になってしまってたんです。
人気・・確かに高校時代(あるいは中学でも)一番大切なことと
生徒たちは思ってるかもしれないなぁ。友達に嫌われる、いじめられる、
つまはじきにされる、それほど嫌なことはないですもんね。
好かれるためなら、手持ちの特技をなんでもやっちゃうぞー的なところ、
誰でも身に覚えがあるんじゃないかなぁと思いました。

で、公立高校に入った彼は、着ていた服も以前の私立高校の制服っぽいもので、
ネクタイにスーツ。浮きまくってます(^_^;) 
当然、なんだこいつ~?ってなもんでいじめられちゃいます。
でも、ここでも彼は頑張っちゃうんですよね。みんなに好かれるように。
そのやり方に問題はありましたが、気持ちわかるなぁ~って思ったし、
なかなか彼も良いアドバイスをみんなにするんですよね、トイレで(^_^;)

高校生の悩みを浮き彫りにしてあったし、親子の問題や、学校と生徒の問題を
上手く表していた、なかなかの作品でした。

アントン・イェルチン目当てだったりもしたんですが(^^ゞ
見て良かったわ~って思いました。それに今回は年齢相応の役だった彼。
主演でしたし、いつも以上に魅力満点でした。でも、思いがけず・・というか、
思ってたよりもずっと重要な役だったロバート・ダウニー・Jr.が
すっごく良かった!

ダウニー・Jr.は主役のチャーリーが好きになる女の子のお父さんでもあり、
彼が通う学校の校長先生でもあったんですが、久々に見た普通の人の役。
校長としての悩みもあれば、自分の高校に通っている娘のことについても
悩みがあり・・。校長として親としての葛藤を見事に演じてくれてました。
やっぱりロバート・ダウニー・Jr.って素敵だわ~(*^^)v
アントン君目当てだったけど、ロバートの魅力にどっぷりでした。
あ、勿論アントン君も可愛くて素敵だったんですけどね^^

学校って社会の縮図っぽいところがありますよね。子供たちは子供たちなりに
いろいろ悩んでるわけで、この“トイレ相談室”は、彼らの様々な悩みを
解消する場所でもあり、トイレで流しちゃうっていう場所でもあり・・でした。
様々なキャラクターの生徒たちが出てきたところも面白かったです。
そうそう、チャーリーのお母さんのキャラもなかなか良かった。

チャーリーの心の底に抱えてる問題も徐々に明らかになり、ラストの
生徒たちの演劇のところの歌のシーンでは、思わずぐっときちゃって
涙が出そうになりました。この歌詞が良いんだわ、ほんとに。

チャーリーの彼女であり、校長の娘でもあるスーザン(カット・デニングス)が、
その歌を歌ってるんですが、その歌を流しながら、映像は“その後”の部分が
映し出され、そこもなかなか清々しくて良い気分になりました。
スッキリ出来たし、思いがけず感動したし、高校生の気持ちも伝わって来たし
良く出来た映画でした♪

個人的お気に入り度3.5/5

チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「夏時間の庭」 | トップ | 「鬼畜」 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アントンくん (小米花)
2009-12-16 23:04:48
なかなか可愛かったし、好演していました!

アル中の役はロバートらしさも出てて(笑)、なかなかでした。
少し大人しいアル中だとさえ思えてしまうほど、壊れた彼に期待してましたよ。

でも、最後一教師になったロバートにもう、もう、もうクラクラでした(笑)。
メルさんもご一緒にクラクラして下さって嬉しい~!
小米花さんへ♪ (メル)
2009-12-17 09:29:03
小米花さん、こんにちは☆^^

アントン君、好演してましたよね~(^ー^* )フフ♪
やっぱ可愛い(笑)

ロバートは、最近こういう普通というか
人間ドラマ的な映画で、ある意味どこにでもいるというか普通の人を演じるてるのを
見たことがなかったので、とても新鮮で、さらにすっごく素敵で、うわぁ~!いいわ~~~~!でした(*^^)v
そうそう、アル中ね(笑)
実生活とは”今は”関係ないって事で(笑)
でも、あのプールの場面、すごくドキドキしちゃったんですよ~!
もしかして・・もしかして・・?!アントン君を・・・とめちゃくちゃ心配しました(^_^;)
ラスト、悲劇でおわるのかな・・と。
でも、杞憂に終わって良かったです~!

ロバート・ダウニー・Jr.様に
これからも一緒にくらくらしましょうね~(*^^)v

コメントを投稿

映画「た」行」カテゴリの最新記事