心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「あぁ、結婚生活」

2009-04-27 | 映画「あ」行
1940年代のアメリカ。まじめで良き家庭人として知られた会社経営者のハリー(クリス・クーパー)。
年甲斐もなく若いブロンド美女ケイ(レイチェル・マクアダムス)に溺れてしまう。彼は親友の
リチャード(ピアーズ・ブロスナン)に妻と別れるつもりだと打ち明け、愛人のケイを紹介する。
ところがリチャードもまた、ケイの魅力に一瞬にして心奪われてしまう。決意はしたものの、
長年連れ添った妻パット(パトリシア・クラークソン)になかなか離婚を切り出せないハリー。
自分なしでは生きていけないパットのことを思うあまり、ついにはいっそのこと殺してしまった
ほうが彼女のためとの結論に至るが・・。



コメディ・犯罪・ドラマ・・などというジャンル分けに入ってたと
思いますが、コメディの要素はほとんどなかったですね~。
犯罪とドラマというところは,うん、そうかな、と思いましたが。
クリス・クーパーもパトリシア・クラークソンも好きな俳優さんなので
楽しみに見ました。特にパトリシア・クラークソンは、「グリーン・マイル」で
見て以来、何故かとても気になってる女優さんで、ここのところ
結構見る機会があるので嬉しいです。
で、映画は、なかなか深かったです。

これ、DVD鑑賞だったわけですが、本編を見終わったところでは
普通かな、やや面白いかな、という感じだったんですが、特典映像の
別エンディングを3つ(!!!)見て、良さが増しましたです。
本編だけで判断すべきものなんでしょうが、あれ見ちゃうとどうしてもね~(^^ゞ
別エンディングというよりも、本編の後の彼らのことが描かれていたんです。
それも18年後・・。

3つの別エンディングは、3つとも18年後の同じところから始まり
最初は同じように進むんですが、ラストが少しずつ違ってました。
で、何が良かったかというと、やっぱり本編で終わってしまってるのと
その後の彼ら4人のことを知ることが出来るのとでは、だいぶ受ける印象が
違っていて、どうしてこのエンディングを止めたのかな~・・と
私は不満でしたわ。でも、監督さん曰く、リサーチの結果・・とのことで
本編だけで終わった方が良いと思われた方の方が多かったんでしょうね~。
私は変わり者?!(^_^;)

でも、本編だけの後味と、別エンディングの後味じゃ、やっぱり
別エンディングの方が好き・・と思えるものがあったんですよね~。
特に別エンディング3が好きだったなぁ。
でも、他の2つを見た上での3の選択ですが。

この映画の時代設定が1940年代ということで、映画のオープニングの
図柄と映像が年代を感じさせてくれて好きでした。

ハリーのように真面目にこれまでやってきて、社会的地位もお金もあるとなると
やっぱり浮気ってことになっちゃうのかな~・・とちょっと悲しかったですが
ハリーは根が真面目だと思われ、いったんこのようにぞっこん惚れ込んで
しまうとこんな風になっちゃうのかも。
どんどんハリーの悲哀度(?)が深くなってくる映画でしたわ。

でも、もともとハリーとパットの夫婦は考え方も違っていたので
こんな事件(?)が起きなくとも、なにかしら揉めたかも・・と
言う気もしましたが、こういう事が起こったからこそ、その後は
もしかして幸せだったのかもしれない・・とも思ったり。
やっぱり夫婦ってその夫婦にしかわからないものがあるんですよね~。

この映画に出てくる「人の不幸の上に自分の幸福はない」という言葉。
その通りではあるし、この年代になると、考えることが多すぎて
なかなか決断を下すのは難しいよねぇ~・・と思いましたわ。
それにしても、子供がすでに結婚し、さらに孫までいるハリーとパット。
年齢的には50は絶対越えてるわけで、この年になってもお盛んで
なにやら羨ましいような、ちょっと切ないような・・でした。

個人的お気に入り度3/5

あぁ、結婚生活 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 「ICHI」 | トップ | 「ライラにお手あげ」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画「あ」行」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

同床異夢~『あぁ、結婚生活』 (真紅のthinkingdays)
 MARRIED LIFE  「人の不幸の上に幸せは築けない。築いても良心が痛むだけ」  1949年のアメリカ。会社では重要な役職に就き、妻のパッ...
「あぁ、結婚生活」 (ハピネス道)
 1940年代のアメリカ。レトロな恋愛喜劇…といった雰囲気。とても楽しめました。この邦題、最初は変だと思いましたが、観終わるととても納得…。何と言っても主演のクリス・クーパーが面白い!とても真面目なんだけど、妙な可笑しさが漂う…。ピアーズ・ブロスナ...
あぁ、結婚生活 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『知るべきか知らざるべきか、 のぞいてみたい夫婦の事情。』  コチラの「あぁ、結婚生活」は、大人の男女の駆け引きとエゴをたっぷりの毒と軽快なタッチで描いた9/13公開のラブ・コメディなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪舞台が40年代ということもあるのです...
あぁ、結婚生活 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
あぁ、結婚生活 [DVD]大人向けの洒落たミステリーは40年代の米国が舞台。相手は自分無しでは生きられないと信じる夫婦と周囲の思惑を描く。浮気、妻の毒殺計画、親友への裏切りと身勝手な行動ばかりだが、微妙な思いやりが悲喜劇のもと。語り部を務めるブロスナンの狡猾な...
あぁ、結婚生活 (シネマ日記)
若い愛人ケイレイチェルマクアダムスを愛してしまい、妻パットパトリシアクラークソンと別れたいのだが、妻のことを思うと離婚を言い出せない。ならばと、妻を毒殺することにした男ハリークリスクーパーだが…クリスクーパーが主役を演じる映画なんてとても珍しいし、パト...
[あぁ、結婚生活] DVD (映画鑑賞★日記・・・)
原題:MARRIED LIFE公開:2008/09/13製作国:アメリカ上映時間:90分監督:アイラ・サックス出演:クリス・クーパー、ピアース・ブロスナン、パトリシア・クラークソン、レイチェル・マクアダムス知るべきか知らざるべきか、のぞいてみたい夫婦の事情。+あらすじ+1940年代...
264「あぁ、結婚生活」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
人の不幸の上に、幸せは築けない  1940年代、アメリカ。会社経営者のハリーはまじめで良き家庭人。妻のパットとは理想の夫婦に思われた。しかしハリーは若く美しい戦争未亡人・ケイと一緒になりたいと思っていた。彼は親友のリチャードに妻と別れるつもりだと打ち明...
『あぁ、結婚生活』 (『映画な日々』 cinema-days)
あぁ、結婚生活 1940年代も終盤、会社重役が 愛人と結婚する為、妻の殺害を計画... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:MARRI...
映画『ああ、結婚生活』を観て (KINTYRE’SDIARY)
76.ああ、結婚生活■原題:MarriedLife■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:90分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:9月17日、ル・シネマ(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)...