心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「博士の愛した数式」

2006-07-25 | 映画「は」行
博士の愛した数式

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

数学教師のルート先生(吉岡秀隆)は、新しく受け持ったクラスで、
自分の名前の由来を語り始める。それは幼い頃、彼が大好きな博士
(寺尾聰)が名づけてくれた仇名だった。シングルマザーだったルートの母
(深津絵里)は、事故の後遺症で記憶障害を負った数学博士の家で、
家政婦として働き始めた。ある日、彼女に10歳の息子がいることを知った
博士は、家へ連れてくるように告げる。その日から、博士と母、ルートの3人の
和やかな日々が始まるのだが・・・。

真っ先に思ったのが、数学って面白いかも!数字ってすごい!!!でした♪
こんな風に(博士とか ルート先生みたいに)教えてもらってたら
もしかしたら私の数学大嫌いは発生しなかったかも・・・とか
(身勝手ですね?!(^^ゞ)思ったりしました。 これまで一度も数学面白い
なんて思ったことない私がこんな風に思えただけでも すっごく嬉しかったです♪
いろいろ数学の言葉が出て来ましたが 友愛数には感激したし
ネピア数って初めて聞いたような?!
大学一年、いちおうバリバリの現役の息子に訊いたら、知ってるよ~・・と
言ってたので、あ、そう・・・(^^;;) でしたが、そうだ、わたしは高3の時に
数IIIは取ってなかったんだ、とそれを言い訳にしましたが、教わってても
忘れてると思われます(^^;;)

いやぁ、ほんとに数字って数学って楽しい♪ 深津絵里も博士のところで
教わってから、数字を見てはいろいろ計算したり、想いをめぐらせたりする
ところがあるんですが、私もそうなりそう~^^
それに私たちの結婚記念日が2月20日♪(^ー^* )フフ♪映画を見た方なら
わかりますよね(^^ゞ博士とは深津絵里同様、ご縁があるようで~^^

ストーリー的には博士の義姉、浅丘ルリ子と博士の間柄をもうちょっと
なんとか前進(?)させて終わって欲しかったんですが、それ以外は
納得のいく良い作品だったです♪
今を生きる、今日を生きるってことが大切だなぁ~・・・と思わせてくれた
映画でもありましたし 映像もとても綺麗だったし、絵になる部分も
たくさんあったし、ラストも清々しかったです。


個人的お気に入り度3/5

コメント (14)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« doctor\'s wife(医者の妻) | トップ | checkup(検診) »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原作は読みました♪ (lilac)
2006-07-28 20:01:54
映画は観てないんですけど、小川洋子は好きで新刊が出るたび図書館にリクエストしちゃいます(^^ゞわたしはも思いましたよ!28が素敵な数字だとか、そんな秘密があったのか~!なんてね。ネピア数って知りませんでした。2月20日?原作にはあったかなぁ?なんでしょう?
lilacさんへ♪ (メル)
2006-07-29 07:57:16
おぉ~!原作読まれたんですね♪

そうですか~、図書館にリクエストされるんですね^^ 小川洋子さんのって読んだことないので(^^;;)

今度是非読んでみたいです♪

これ以外に、お勧めありますか?



そう、この映画で、へぇ~!の連発でした♪

数字って、数学って面白いんだな、と思えて、すごく嬉しかったです(^^ゞ なんと言っても大嫌いな数学でしたから(^^;;)



2月20日・・220・・ということで

博士が持ってた何かの賞でもらった腕時計に

連番が打ってあって(多分その番号がこの賞をもらった人のこれまでの数)、博士の腕時計に刻まれてた数字は284。284番目にこの賞をもらったんですね、多分。

で、220と284は数少ない「友愛数」だったんです。自分自身の数字を除いた約数の合計が

220は284になり、284の約数の合計は220になる。・・・ということで友愛数って数少ないのに、たまたま2人が持っていた数字がそうだったということで、博士は喜ぶんです^^♪

このシーン、原作にはありませんでしたか?

だとしたら、友愛数を出したかったがために、きっとことのようなエピソードを盛り込んだんでしょうね^^♪
この前から (ヒューストン)
2006-07-30 20:25:18
この映画に似た映画は何だった考えているんですけど‥思い出せない(苦笑)



アメリカ映画で同じく記憶が短い学者の映画があったと思ったんだけど‥



だから最初にこの映画を知ったときは、またパクリか!と思ったんです(苦笑)



私の勘違いかな?

私の記憶が問題なのかも(大笑)



それなりに楽しめる出来栄えのようですね。

寺尾聡は黒澤映画に出演してから本当にいい役者になりました。



ところで画像横の「アイテムの詳細」がアフィリエイトなんですね?(笑)
ヒューストンさんへ♪ (メル)
2006-07-30 21:51:48
そうですか~・・・そういう映画、あちらにもあったんですね~。 なんだろう?

私も時間ができたら探してみますね^^



でも、この映画、記憶が短い時間しか保てないというよりも、数字&数学&数式の話の方がずっと印象的で、心に残るものでした♪

なので、ちょっと思ってたのと違ったんですが

良い方に期待はずれだったと言うか、そんな感じで

とても気に入りました♪^^



そうそう、寺尾聡は黒澤映画に出てから、かなりちゃんとした?俳優さんって感じになりましたよね♪

彼は私がこの目で実際に見た数少ない俳優さんの一人なんです(^ー^* )フフ♪

かつてお勤めしてた会社へ、西部警察のロケでいらっしゃってそこでバッチりお顔を見させていただきました(^^ゞ



アフィリエイトですが、そう、その「アイテムの詳細」ってところか、DVDの画像をクリックしてもらえると、クリック数っていうのは増えるんですが、そこから実際にお買い上げにならないと、お金はいただけません(^^ゞ クリックだけはして頂いてるのですが(それもとてもありがたいことですが)お買い上げはほぼ0の私(^^ゞ 

それでも無断でDVDの画像をもらってくるわけじゃなくなったので、そういう意味で安心してDVDの画像が貼れるのが、アフィリエイトやって良かったなと、感じてる部分です♪

お金よりもそっちで、ですね(^ー^* )フフ♪
風変わりなので・・・ (lilac)
2006-08-03 06:03:15
あまりオススメのはありません(^^ゞ

なぜかというと、みんなちょっとずつヘンなんです。

無国籍風なのも多いし、病気モノもおおいかな?奇妙な世界を作り上げるのが得意な方です。

でも、惹かれるのは多分そこなんでしょうね。初めに直木賞だったかな?もらった「妊娠カレンダー」を読んだときは寒気がしました!

なのに、怖いもの見たさで・・・(笑)

「ブラフマンの埋葬」も最近の話題作でしたよ♪
lilacさんへ♪ (メル)
2006-08-03 08:33:59
そうなんですか、風変わり(^^;;)

でも、私も奇妙な世界物も好きなので

あんがいOKかな?!(^^ゞ もしもサイコっぽかったらちょっとパスしたいですけど(=^_^=) ヘヘヘ

「妊娠カレンダー」、lilacさんの説明聞いて、とても読みたくなりました(^ー^* )フフ♪

話題作だというのにその「ブラフマンの埋葬」も知らない私・・・まずいですね(^^;;)

最近サラッと読めちゃうような本ばっかり読んでるからなぁ~・・・ちょっと反省(^^ゞ



いろいろ情報、本当にどうもありがとうございました♪lilac山のお陰で楽しみ増えちゃった(^▽^)V
数学 (kimion20002000)
2006-08-04 22:58:54
tbありがとう。

僕は、少年の頃、夢の中で、よく勉強したこともない高等数式をスラスラ解いていたんです。天才だと、思いましたね。

でも、目覚めた世界では、まったく駄目で・・・(笑)

ものの本で、そういう脳の働きが、ありうるんだと記述されていました。
kimionさんへ♪ (メル)
2006-08-05 08:28:38
こちらこそTBどうもありがとうございましたm(_ _)m



おぉ~!そういうことあるんですね~!!!

まさしくそれは天才!^^

そういうことは理論上もありうるということなんですね。

いつもは使われてない脳の部分が、無意識の中だと

活躍できる・・ということなんでしょうか?!

そういうの面白いです♪

私もその本読んでみたいなぁ^^
長野県がロケ地でしたね。 (はるはる)
2007-01-06 03:58:35
今年初めて観た邦画です。
先日読んだ小川洋子さんのエッセイの中で、作者のイメージそのものの博士の風貌やロケ現場だったと知り、この作品を観てみようと思いました。薪能のシーンで、小川さんご本人もチラッと映ってましたね。
あー、日本の自然ってこんなにきれいだったんだー、と再発見する、きれいなシーンが多かったですよね。義姉と博士の関係も、ダイレクトでない、薄々気付くような表現の仕方でよかったなぁ。
あんな穏やかに、数のロマンを語れる先生と出会っていたら、私の人生も変わっただろうに‥、と自分自身の悲惨な数学との思い出が吹き飛ぶような、清々しい作品でした。原作も買ったけど、読む前に先に観てしまったので、これからじっくり楽しみます。たまには邦画もいいなぁ、次は「かもめ食堂」を観まーす。
はるはるさんへ♪ (メル)
2007-01-06 07:58:52
長野県がロケ地!
知らなかったです~!(^^;;)
そうだったんですね~・・そういわれれば、あんな風景、このあたりにもありそう、って感じ?!(^^ゞ
風景はほんとに綺麗でした♪
やっぱり信州は良い所ですね~(^ー^* )フフ♪

薪能のシーンに小川洋子さんが!
それも知らなかった!!(と言うか、全然覚えてない(^^;;) )
薪能のシーンは覚えてますが、誰が写ってたかなんて全然忘れてます(^^;;)

そうそう、義姉とのロマンスもあんな風に描かれてると、余計に心にじんわりと響きますよね~。

ほんと、私もこんな博士に数学習いたかったです。
悲惨な思い出しかない、私の数学体験(^^;;)
中学・高校と、めちゃくちゃ悲惨な先生でした。
というわけで、私は数IIIを取ってないんですよ~(^^;;)
数IIまで・・(^^;;)
これじゃいかんですねぇ~・・
この映画見て、数学って面白いじゃん!またやってみたいなぁ~・・なんてすこ~し思いました(^ー^* )フフ♪
原作、私も読んでみたいです♪

かもめ食堂、ご鑑賞の後は、お腹が空くと思われますので(^^ゞご飯を炊いてから見ましょう(笑)

コメントを投稿

映画「は」行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

NO.147「博士の愛した数式」(日本/小泉堯史監督) (サーカスな日々)
丁寧に丁寧に、書き言葉が話し言葉に、 置き換えられていく。 小説を原作にした映画作品は多くあるが、僕は、ここ数年の邦画で、これほど原作がもっている気品を大切にしながら、当の作家も感動するような、映像化に成功した例を知らない。書き言葉を、話し言葉に ...
映画「博士の愛した数式」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
博士の愛した数式は、eのπi乗=-1 → eのπi乗+1=0 ・・・オイラーの公式やら、素数、約数、虚数、完全数、友愛数、そんな話で展開する・・。 数学教師ルート先生(吉岡秀隆)の仇名の由来として子供の頃の話を生徒達に語りながら物語は始まる。 ...
博士の愛した数式 (日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。)
昨日、この映画が放送されていました ? タイトル:博士の愛した数式 ? 主演:寺尾聰 出演:深津絵里、吉岡秀隆、浅丘ルリ子 80分しか記憶が持たない先生に、家政婦の杏子(深津絵里)が、 雇われるんだけど、なんだかよくわかんねぇー話だったなぁー。 ...
博士の愛した数式 (こんな映画見ました~)
『博士の愛した数式』 2005年(日本) 監督:小泉堯史 出演: 寺尾聰、深津絵里、吉岡秀隆、浅丘ルリ子 第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の同名ベストセラーを寺尾聰、深津絵里主演で映画化。80分しか記憶が続かない初老の天才数学者と一組の母子の心温まる交流を優し...
博士の愛した数式 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 試写会3連チャンの最終日は、今年初の邦画試写会です♪「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」に次ぐ数学モノ。  コチラの方が、さらに数学のお話は多いですし、まるで博士(寺尾聰)や√先生(吉岡秀隆)の講義を受けているかのような感じを受けます。  それでも、数...
博士の愛した数式(2005) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。小川洋子原作、小泉堯史監督、寺尾聰、深津絵里、齋藤隆成、吉岡秀隆、井川比佐志、浅丘ルリ子。「時間は流れない」。この言葉が幾度も繰り返される。