心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「エミリー・ローズ」

2006-07-31 | 映画「あ」行
エミリー・ローズ デラックス・コレクターズ・エディション

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

ある日、神父ムーア(トム・ウィルキンソン)が悪魔に呪われたという
19歳の女子大生エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)に悪魔祓いを
施した末、死に至らしめたとして過失致死罪で起訴された。彼の弁護には、
野心的な女性弁護士エリン(ローラ・リニー)があたることに。エミリーは
精神の病で、薬の服用をやめさせたことが原因だと主張する検事側に対し、
エリンはムーアの真摯な主張をもとに悪魔の存在を証明していこうとするのだが・・。

ホラーを見たいと思った人はガッカリするでしょう・・・という言葉を
どっかで読んで、お~、これなら大丈夫かも、と見た映画でした。
その言葉どおり、ドキドキする場面はあったものの、すごく恐くて
耐えられない・・・というほどではなく、とても面白い作品として見ることが
できました。実話を元に・・・というのもすごく見たくなった要因です^^
それにこれは法廷での場面が多いし、法廷物と言う感じの映画でしたので
恐いのが苦手でも多分大丈夫なんじゃないかな、と思います。

キリスト教信仰ではないし、深くキリスト教のことがわかってない・・・というか
根底にそういう信仰が流れてないので、本来の恐さとかエミリーの感情
神父さんの言っていることなどなどが心底わかる、という風にはなれません
でしたが、やはり実話が元になってることを考えると このようなことが
あるんだ・・・と考えされられるものでした。神父さんの供述の場面でも、
多分信仰心があればもっと感動で来たのかもしれないな、と思います。
どっちかっていうと、検察側の意見に賛成しそうな私がいましたので(^^;;)
自分が陪審員だったらどうしただろう・・・というのも考えちゃいました。

上のこの映画のDVDのジャケットになってる場面での出来事は
私だったらエミリーと反対のことをしただろうな、と。
私だったら耐えられない・・・ やはりそこに信仰心の強さってものが
あるんだろうな、と感じました。

あまり恐くない・・・と書きましたが、やっぱり夜中の3時、あるいは
「匂い」にはしばらく敏感になりそうです(^^;;)

個人的お気に入り度3/5

コメント (18)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« make an appointment(予約を... | トップ | monsters(怪物) »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (こでまり)
2006-07-31 09:24:13
久々に見た映画がリンクしましたね~うれしいワ・・・フフフ



何が怖いって、ジェニファーの表情が一番怖かったですね~

メイクもほとんどせず、あそこまで出来てしまうのはスゴイです



この映画を深く理解するためには、やはり信仰心が必要なんでしょうね~

そういう方の意見も聞いてみたいです。
おや? (lucky777_sw)
2006-07-31 15:42:56
これは法廷のシーンが多いんですか。映画館で何度かCMを観ましたが、エクソシストっぽいなーと思って敬遠していました。

実話というのは興味をひきますね。日本ではあり得なさそうですが。

新作落ちしたらレンタルしまーす!
やはり怖いのですね‥ (はるはる)
2006-07-31 17:34:49
トム・ウィルキンソンとローラ・リニーが好きなので、公開当時すごーく観たかったのですが、あまりに怖そうで断念。DVDでも無理だろうなぁ。これも長期戦で臨みます‥。
こでまりさんへ♪ (メル)
2006-07-31 18:33:00
私も嬉しいです(^ー^* )フフ♪

実は、ここのところ、すっごく遅ればせながら(^^;;)

「24」の、それもシーズン4を見てて(^^ゞ

(やっと昨日見終わったんですが)どうしてもその途中で普通の映画を見れなくて(^^ゞ こでまりさんとリンクできる可能性も減ってたという昨今でした(^^;;) でも、これからはバンバンまた見ますので リンクできる映画も出てくるのでは・・と期待してます♪^^



そうそう、あのエミリーの、ジェニファー・カーペンターの顔は恐かったですね(^^;;)

よくぞあんな顔が、演技ができるもんだと感心しました! 主人はもっと美人だったら良かったのに・・な~んて不届きなことを言ってましたが(^^;;)



ほんと、この映画を心底理解できるためには、信仰心がないとちょっと難しいですよね。

頭では理解できたとしても、私たちの根っこにキリスト教に根ざすものがないので。

おっしゃる通り、そういう方の意見も聞いてみたいです。



TB、どうもありがとうございましたm(_ _)m
lucky777さんへ♪ (メル)
2006-07-31 18:36:06
そう、ちょっと恐いシーン・・というかエミリーが出てるシーンと、法廷のシーンが半々位・・って感じだったでしょうか。

でも、内容的には法廷ドラマの方に重きがありました。

恐いな、と思うところもありましたが、やっぱり信仰心が根付いてない私ですので、割と冷静に見れました。

そうですね^^新作オチしたらまた是非ご覧になって見てください♪^^ 記事も楽しみにしてます♪^^
はるはるさんへ♪ (メル)
2006-07-31 18:41:36
う~~~ん、恐いというか、エミリーの顔が恐いと言うか(^^;;)

内容的には法廷物でしたので、エクソシストとは違って恐さ半減というか、深い(?)内容だったので、わたし的には許容範囲でした(^ー^* )フフ♪

それに実話だし、そんなにとんでもないことが

起こるわけないし・・と心を強く(?^^)持って見てたので大丈夫だったかな(^^ゞ



普通の感覚で行くと、検察側の(ようは、エミリーは悪魔に取り付かれたわけではなく、精神の病だったという)考えにも納得できたりする部分があったので

ちょっと冷めた目で見ることができました。

なかなか良かったので、駄目だったら途中でやめても良いや、と言うくらいの気持ちで見れば、案外はるはるさんも楽しめるのでは・・と思います♪^^
今晩は! (せつら)
2006-07-31 20:38:13
今晩は~



実話でありエクソシストの元になった事件の映画化でしたが

訴訟的には勝ったのかな?でもエミリーに起こったことは結局

悪魔付きと認知されなかったのが残念です。

でもその後の反響から見るとエミリーとムーア神父の願いは

届いたんでしょうね



そのエミリーを演じたジェニファー・カーペンターは見事でした

全部演技だけであのシーンを描いてるんですからたいした物です

「シャッフル」で始めてみたときこの人はブレイクしそうと思ってたら

今後が楽しみです。
せつらさんへ♪ (メル)
2006-08-01 08:49:06
そうですね、ちゃんと悪魔付きとこの裁判では

立証されたわけではありませんでしたよね。

でも、少なくとも原作本も出来たり、こういう映画が出来たりして、多くの人に「こういうことがあった」といのを知ってもらうことが出来たのは大きなことだと思います。



ほんと!ジェニファー・カーペンターはすごかった!!! あんな演技が出来るなんて驚きでした。「シャッフル」見てないし、彼女を見たのはこれが

初めてでした。 私も今後の彼女、楽しみです♪



TB、どうもありがとうございました♪
Unknown (プルー)
2006-08-01 20:46:56
メルさん、24御覧になってたんですね。実は私も海外ドラマが好きで、今はXファイルを通しで見てる最中なので、映画がなかなか… これは映画館で見ました、ので、迫力もあり恐かったです。実話というのが何より驚きだし、私は信じやすい方なので、あれはやっぱり悪魔の仕業よね、なんて思ってます。
ドイツ版 (せつら)
2006-08-01 22:29:52
今晩は~



ドイツ版のタイトルは「Requiem」です。ベルリン国際映画祭に出品さ

れてます。さっさと日本公開してもらいたいところだけどハリウッド映画で

はないので間違いなくビデオスルーと思います・・・

もし公開したら日本の配給元もたいしたもんですよ

問題は何処が買い付けるかだけどね

コメントを投稿

映画「あ」行」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

「エミリー・ローズ」(117) (映画とワンピースのこでまり日記)
夜中の3時にふと目が覚めて、その時焦げ臭いにおいがしていたら、あなたの部屋に悪魔がいるかも・・・ひえぇ~~~’05 アメリカ 122分監督・・・スコット・デリクソン出演・・・ローラ・リニー トム・ウィルキンソン ジェニファー・カーペンターある日 ...
『エミリー・ローズ』 主演:ローラ・リニー (La.La.La)
実話を元にした作品で実際に法廷で争われた悪魔払いが論点 になった分けですが、はたしてエミリーの死は悪魔による物なのか 適切な治療をしなかったせいなのかそれはムーア神父の行った 悪魔払いのせいなのか、訴訟では一応の決着はついたもののエミ リーの身に起 ...
エミリー・ローズ (暇人のお気楽日記)
2005年(米) 監督:スコット・デリクソン 出演:ローラ・リニー(エリン・ブルナー)    トム・ウィルキンソン(ムーア神父)    キャンベル・スコット(イーサン・トマス)    ジェニファーカーペンター(エミリー・ローズ)    コルム・フィオール ...
映画「エミリー・ローズ」を観て、長南年恵を思い出した (生きる!?)
やっと観ました。 ふ~ん、こんな映画だったんだ、期待していたんだけどな(苦笑) ホラーじゃなくて法廷映画だったんだね。 まぁ、いいけどさ。 「エクソシスト」のファンとしてはどうも… それならホラーっぽい告知はして欲しくなかったな。 【 ...
エミリーローズ (徒然映画日記。)
エミリー・ローズ おすすめ度{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} 原題:THE EXORCISM OF EMILY ROSE 制作:2005年 アメリカ 制作:ポール・ハリス・ボードマン 監督・脚本:スコット・デリクソン  出演:エリン・ブルナー トム・ウィルキンソン キャンベル・スコット...
映画『エミリー・ローズ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:The Exorcism of Emily Rose 「恐れおののいて自分の救いを達成するように努めなさい」・・1976年の旧西ドイツ時代に実際に起こった「悪魔祓い事件」の裁判を基にしたホラー的法廷劇・・・ 奨学生のエミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター...
エミリー・ローズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この映画はホラーではない、実話である。』  なぁ~んだホラーじゃないのかぁ~(´▽`) ホッ ってこの嘘つきぃ~っっっ!ヽ(`Д´)ノプンプン ってなワケで実話ベースのホラー風味のコチラの映画の試写会に行ってきましたぁ~♪公開は3/11からでぇ~すっ!PG...