心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ナンバー23」

2008-05-11 | 映画「な」行
ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

動物管理局に勤める平凡な男、ウォルター・スパロウ(ジム・キャリー)。誕生日の2月3日、
彼は妻アガサ(ヴァージニア・マドセン)から“ナンバー23”という殺人ミステリーの本を
プレゼントされる。その小説には、まるでウォルターそのものと思える主人公が登場し、“23”
という数字が持つ奇妙な謎に取り憑かれて人生を狂わし、破滅へと向かう姿が描かれていた。
ウォルターは、自分に関係するあらゆる情報も“23”に符合している事実に愕然とし、自分も
物語の主人公と同じ運命を辿るという強迫観念に囚われてしまうのだったが・・。


物語の導入部分は良かったんですが、徐々に、なんだかなぁ~・・という
感じになってきて、途中ちょっと飽きてきて(^^;;) 不自然さばかりが
目立ってきて、あ~・・そうだったんだ、というオチも今ひとつだったかな~。

なにもかもが”23”になる・・・という、本来ぞ~~~っとするはずの場面も
そりゃそこまで考えれば”23”になるかもしれないけど、それが?みたいな
感じで、あまり興味を惹かれなかったことが、どうして?という謎があるものの
今ひとつ物語にノリきれなかった原因かも。

だいたい、あのくらい薄い本だったら、そして自分とあまりにも似てる!と
思ったら、何日もかけて読まずに一気に読んじゃうでしょ、と思ったし
本のストーリーと現実のストーリーを行ったり来たりしてるうちに
なんだかそれに飽きてきてしまったんですよね~。なんだかどっちつかずで。

でも、小道具(?)のワンとか良かったし、真面目に作ってあるなと
という感じはしたんですけどね。
それと、ジム・キャリーの演技はさすがでした。
シリアスなこういった役をやると、すごく巧いなぁと感心したし
かっこ良いんだなぁ^^ ドキッとするくらい素敵に見えるシーンもありました。
ヴァージニア・マドセンもいつまでも若くて綺麗だなぁ、と思いました。
でも、そういったことに頭が行っちゃう事自体、この映画に
のめり込めなかったという証かも?!(^^;;)


個人的お気に入り度2/5


コメント (6)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 18th hole(18番ホールで) | トップ | 「ウォーターボーイ」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~ (なな)
2008-05-12 21:24:28
あらら,私もこれ,記事を書く気まんまんで観たのに
結局どうしても書きたいほどの魅力が思いつかなくて
スルーしちゃった作品ですわ。

なんかな~,つかみはオッケー,徐々に尻すぼみ・・・って感じで
鑑賞後は「それがどうした?」という肩すかしな作品でした。

私も,ジム・キャリーってフツーの男性の役,けっこうイケルじゃん!というのが
唯一の魅力だったような・・・。
もっとホラーチックなのを期待してたかな?
Unknown (shit_head)
2008-05-12 21:51:53
これはいい評判をひとつも聞かないですね。(笑)

まー、結局「23のどこが不吉やねん!」って話なんでしょうか?

未見ですので批判はできませんが。
TB&コメント有難う御座いました♪ (Aki.)
2008-05-13 04:09:40
こんばんは~♪
いや~、全く以ってメルさまの仰る通りで御座います^^
出だしは良いんですよね~。
そこからどんな展開が待ち受けてるのかと思っていたら・・・
「いや、そんな事言われても・・・」な事が多すぎて興醒めしてしまいました><
ジム・キャリー、ワタクシも何気に男前だと思うのですが、そーゆー話をすると何故か誰からも笑われますw
取り敢えずそろそろ良い感じのコメディをやって欲しいなぁ~と思います^^

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
ななさんへ♪ (メル)
2008-05-13 12:31:47
そうでしたか~、ご覧になってたんですね~!
でも、スルー・・ということで(笑)
それわかるわ~(^^;;)
妙に写真の部分が目立ってしまう私の記事・・そう、
あまり書くことが見つからなくて(^^;;)

そうそう、おっしゃる通り、つかみはOK!でも
その後が続かなくって・・と言う感じでしたよね~。
なんかあのオチもありきたりというか・・(^^;;)

>私も,ジム・キャリーってフツーの男性の役,けっこうイケルじゃん!というのが唯一の魅力だったような・・・。
でした(笑)ふとした表情とかに、おぉぉ!素敵!と
思える場面があったし、恐すぎる顔もありましたが(^^ゞやっぱりいい男だわ~なんて思ったり(^^ゞ

>もっとホラーチックなのを期待してたかな?
そうでしたか。あまり恐くもなかったですよね~(^^;;)
私はもっとサスペンスサスペンスしたのを期待してたんですけどね~。全然・・でしたし(^^ゞ
次のジム・キャリー作品に期待!です^^
shit_headさんへ♪ (メル)
2008-05-13 12:35:10
そうですよね~、中には良いという方もいらっしゃいましたが、ほとんどダメ・・でしたね(^^;;)

>まー、結局「23のどこが不吉やねん!」って話なんでしょうか?
そうですそうです。あそこまでこじつければ23って
出てくるんじゃないの~?って思ったし・・。
まぁこの話は、彼の異常さがそれで出てるという風に
思えばいいのかも・・とも思いましたが、やっぱり
あまり面白くなかったです~(^^;;)

ご覧になってみてのshitさんの感想がお聞きしたいわ~^^
Akiさんへ♪ (メル)
2008-05-13 12:39:38
こちらこそTBエコー&コメント、どうもありがとうございます♪^^

そうなんですよね、この映画尻すぼみで・・とほほ(^^;;)

>「いや、そんな事言われても・・・」な事が多すぎて興醒めしてしまいました><

でしたね~(^^;;)
だからどうだっちゅーねんっ!と思ってしまったり(^^ゞ
ラストも、”はいはい、わかりました、そーゆーラストね。”はぁ~・・・って感じでしたし(^^ゞ

ジム・キャリー、男前ですよね~!!!
前髪下ろしてるせいか、と~っても若いし^^
あら~、素敵だわ~、ってこの映画に限らず
時々ぐっと来ます(笑)

>取り敢えずそろそろ良い感じのコメディをやって欲しいなぁ~と思います^^
ですね~♪^^ 
楽しいコメディ、良質のコメディを期待したいです♪

コメントを投稿

映画「な」行」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

ナンバー23 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは一冊の本からはじまった』  コチラの「ナンバー23」は、ジム・キャリーが数字に執着する男をシリアスに熱演するR-15指定のスリラーで、奇しくもって言うかきっと狙ってでしょうけど、11/23に公開となったのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  本国ア...
ナンバー23 32点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
私は自由な人間だ! 番号なんかで呼ぶな! 公式サイト オカルトジャンルにおける定番ネタとして有名な、23エニグマの謎を題材とした、ジム・キャリー主演、ジョエル・シューマカー監督による、サイコ・ミステリー映画。 だが日本ではあまりメジャーではないオカル...
ナンバー23 (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ナンバー23/THE NUMBER 23 2007年/アメリカ/99分 監督: ジョエル・シューマカー 出演: ジム・キャリー/ヴァージニア・マド...
ナンバー23/ジム・キャリー (カノンな日々)
この映画を観に行く直前に交流のある映画ブロガーさんの感想をチラ読みさせてもらったら、そこには『つまらなかった』という感想。もともとジム・キャリーと相性が良くないこともあって心構えてはいたんだけど、さらにコンディション強化、単品で観る当初の予定はやめて、...
数字が彼に付きまとう (CINECHANの映画感想)
316「ナンバー23」(アメリカ)  動物管理局に勤めるウォルターは、誕生日である2月3日に仕事で野良犬を捕まえようとするが、墓地に逃げられてしまう。  その後妻のアガサと待ち合わせていた彼は、一冊の本をプレゼントされる。それは妄想小説家、トップシー・...
★「ナンバー23」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みはシネコンハシゴの2本立て。 こちらは「109シネマズ川崎」で見た2本目。 ジム・キャリーのシリアス映画なんて見たことあったっけ???
ナンバー23(映画館) (ひるめし。)
それは一冊の本からはじまった
ナンバー23 (2007) THE NUMBER 23 99分 (極私的映画論+α)
 23って・・・素数です(笑)そして・・・
「ナンバー23」 (NOHOHONブログ/FIGHT CRAB)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 世の中は”23”という数字であふれている。ものすげぇこじつけ。 そりゃ足したり引いたりすりゃー23になるよ。 でも、メインのミステリに関して”23”は関係ないでやんの。 主人公が”23”に取り付かれるだけ、 ”23”の謎に迫る映画じ...
ナンバー23 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
“23”は祝福か、呪いか・・・全世界を震撼させたサスペンス・ミステリー! 主人公ウォルターが導かれるように手にした一冊の本。その物語は、背筋のぞっとするような殺人ミステリーだった。自らの生い立ちに酷似した内容と、まるで何かを暗示するように度々挿入さ...
ナンバー23 (ぶっちゃけ…独り言?)
4.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 23言われてもねぇ・・・ どーもワタクシにはピンと来なかったと言うか・・・ 「お兄さんの半分ちょいぐらいは上手くなりたい」なんてイメージしか湧かない数字 なんですよね~。 いっそ、666とか13ならピ...
ナンバー23 (なんちゃかんちゃ)
小説に登場する刑事と自分の半生を重ねた男が、次々と不気味な事件に巻き込まれるミステリー。ジム・キャリー扮する夫が、家族の運命をも狂わせるさまをスリリングに描出。
ナンバー23 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
あんな薄っぺらい本、すぐ読み終わるだろ ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディションposted with amazlet at 08.05.15角川エンタテインメ...
<ナンバー23>  (楽蜻庵別館)
2007年 アメリカ 99分 原題 The Number 23 監督 ジョエル・シュマッカー 脚本 ファーンリー・フィリップス 撮影 マシュー・リバティーク 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 ジム・キャリー  ヴァージニア・マドセン  ローガン・ラーマン ...
ナンバー23 (mama)
The Number 23 2007年:アメリカ 監督:ジョエル・シューマカー 出演:ジム・キャリー 、バージニア・マドセン、ダニー・ヒューストン、ローナ・ミトラ、リン・コリンズ、ローガン・ラーマン 動物管理局に勤めるウォルターは、誕生日に妻から「ナンバー23」という...
ナンバー23 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2007年11月23日 公開作品 2008年4月3日 DVDリリース ★☆☆☆☆ こりゃダメだぁ~星1つです! 3のつく数字と、3の倍数の時だけアホにna・・・。 ったぁーっ! こっれは・・・こっれは、どぉなんでしょ。 ...
ナンバー23 (あず沙の映画レビュー・ノート)
2007 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:ドキドキ・ハラハラ、ためになる 出演:ジム・キャリー、ヴァージニア・マドセン、ローガン・ラーマン、ダニー・ヒューストン 本作は、ミステリーではなく完全なサイコ・サスペンス。妻から「ナンバー23...
【映画】ナンバー23 (★紅茶屋ロンド★)
<ナンバー23 を観ました> 原題:The Number 23 製作:2007年アメリカ ランキング参加中 ジム・キャリー主演のサスペンス・ミステリー!気になりつつも、ずっと観るタイミングを逃してしまっていましたが、やっと鑑賞です。 コメディ映画が印象強いジム・キ...