心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「トランスアメリカ」

2007-04-13 | 映画「た」行
トランスアメリカ

松竹

このアイテムの詳細を見る

若い頃から男性であることに違和感を抱き、いまは女性として独りLAで慎ましい
生活を送るブリー(フェリシティ・ハフマン)。ようやく肉体的にも女性になるための最後の
手術に許可が下りた矢先、彼女のもとにニューヨークの拘置所から1本の電話が掛かってくる。
トビー(ケヴィン・ゼガーズ)という17歳の少年が実の父親“スタンリー”を探しているというのだ。
トビーは、ブリーがまだスタンリーという男性だった時代に、ただ一度女性と
関係を持ったときに出来た子どもだったのだ・・・。



驚きました、フェリシティ・ハフマンが男性の役・・というか性同一性障害に
悩む男性の役で、どうみても女性になりたい「男性」でした。上手い!!!
ほとんど予習無しで見たので(性同一性障害の男性が出てきて・・くらいしか
予備知識を入れないようにして見たので(^^ゞ)最初誰だかわからなかったし
男性がやってるものとばかり思ってました。
細かいところも、本当に素晴らしい演技♪
あまり彼女の出てる映画を見てないですが、たまに見てる「デスパレードな妻たち」
のリネット役の彼女。最初ほんとにわからなかったです~。

大半の部分がロードムービーとなってたんですが、ちょっとした事件や出来事が
起こるものの、わりと淡々と描かれていくブリーとトビーの道中。
それがまた良かったんですよね~。 心通わせることができたり、反発もしあったり
2人の複雑な心境や感情がなんだか心にじんわりと響いて来ました。

ある意味とても重いテーマなのに、その重さを感じさせず、かといって
軽すぎず、ちょっと笑えるところもあり、最後まで見て、なんだかほんわかいい気分に
なれました。

ブリーが実は男性だとトビーに知れるシーンはちょっと衝撃でしたし
キアヌ1、キアヌ2、キアヌ3・・・とか笑っちゃえるシーンもありましたし
ブリーの実家があまりにもすごい豪邸でビックリしたり
道中のアメリカの田舎の風景もなかなか良かったし、
いろんなところで映画的に楽しめるように作ってあったと思います。

性別・宗教・先住民族など、問題提起のような部分もあって
なかなか面白かったです。
人間、何が幸せなのか・・・常識にとらわれないで自分の信じる道を
行くのが一番なんだよな、と感じましたし(それはとても難しいことですが)
この映画のような自分探しの旅というか、自分のことをじっくり見つめなおす
ことができるような旅をしてみたいなぁ、とも思いました。

個人的お気に入り度3/5

コメント (16)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« machine factory(機械工場) | トップ | 「ゲット・ショーティ」 »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (こでまり)
2007-04-13 08:49:27
ほんとうに彼・・・いや彼女フェリシティ・ハフマンは凄かったですよね!
それに尽きると言っちゃなんですけど

作品紹介文を読んだ時には重そうだから
見るのちょっとためらってたけど、
実際見てみたら、どっちかと言えば面白い映画でした。
重いテーマを重厚に見せるのもいいけれど、
こうやってカラッと見せてくれるのもいいですよね!

TB&コメントありがとうございました
はるはる (早く観たいです~)
2007-04-13 09:12:39
もう(と言ってもレンタル開始になってずいぶん経ちますが)ご覧になったんですね~。私も優先順位を上にしているんですが、まだまだ順番がやってきません。やはり、期待を裏切らない作品のようで楽しみです。

ちなみに「マッチポイント」「ブロークン・フラワーズ」の上位なんですが、いつのことやら‥。
昨日 (ばっちもんがら)
2007-04-13 09:31:05
はレンタル半額の日だったので、当然行って来ましたが、この映画は2本ともレンタル中でした。残念、来週に期待します。
こでまりさんへ♪ (メル)
2007-04-13 18:28:53
ほ~んと、彼女の演技には脱帽ものでしたよね。
私も前知識なく見たので、誰がやってるかなんて
全然知らなくて、ずっと男性がやってるのかと
思ったくらいです。知ってビックリ!でした。

そうですよね、私も前知識なく・・とはいえ
一応性同一性障害で、性転換したくて・・という
ようなことだけは知ってたので、重いかな、と思ったんですが
確かに重い部分もありましたが、見終わったときの
爽快感はなんとも言えなく良い感じでした♪

こちらこそTB&コメント、どうもありがとうございました♪^^
はるはるさんへ♪ (メル)
2007-04-13 18:42:07
私もこれ一番にして1ヶ月半してから、やっとでした(^^;;)
レンタルが始まってすぐに一番上にしておいて、10日ほど前にやっとだったんです。
(なので、見たのは10日ほど前なんですけどね(^^ゞ)
最近あまりにもまた新作が借りられない状況が
続いてますよね~。
新システムになれば本当に新作もバンバン借りられるようになるんでしょうかね~・・・
この新システムについて、ちょっとわからないところがあるので、はるはるさんにまたお尋ねしなくては・・と思っていたので、また連絡させていただくかも^^
そうそう、明日も2枚届く予定ですが、その2枚なんて、50番目以降に載せてたやつなんですよ~!
あんまりです~(涙)
私も「マッチポイント」「ブロークン・フラワーズ」も載せてるんですけどね~・・・いったいいつになることやら、です。
この「トランスアメリカ」が10日ほど前にきてからは、ずっと「カリートの道」が一番なんですが、それもなかなか来ません。
でも、いつかはるはるさんが言ってくださったように
良い映画は逃げませんもんね^^ 根性据えて?待つとします(^ー^* )
ばっちもんがらさんへ♪ (メル)
2007-04-13 18:44:06
そうですか~、残念でしたね~。
でも、来週はきっと!ですね^^
こちらも木曜はレンタル半額の日なんですが
旧作のみなので、これはまだ半額になってなかったと
思います。そちらは新作でも半額にしてくれるんですね~♪いいなぁ~。
今日から旧作5本1000円のチラシがはいってたので、何か借りてこようかな、と思っています♪
これも (ばっちもんがら)
2007-04-14 09:44:25
もう旧作になってました。店によって新作期間が違うのかな。

いきつけのレンタル店はカード会員になると旧作が5本で580円です。
そのせいで木曜日はいつも賑わってます。
当然5本借りてきました。
キアヌ1 (lilly-mama)
2007-04-15 08:01:05
2,3って、気になるなー。

なんとか、探してみようかしら。

そういえば、夕べ、スターリングラードを
見ました。
というか、最初の15分くらいで、挫折しました。

↑全然、記事へのコメントでないわね。。。。汗。
ばっちもがんらさんへ♪ (メル)
2007-04-15 09:11:21
そうですか~!すでに旧作に!
良いですね~♪こちらのは新作じゃなかったんですが
準新作とかで、旧作ではないので5本一組には
入れてはいけないようでした。
それにしても羨ましい!!!
旧作5本で580円って、すご~~~~い!!!
うちの近所にもそういうレンタル屋さんができると
良いんだけど・・・。
どんな5本を借りて来られたんでしょうか?^^
これから徐々にばっちもんがらさんのブログに
その記事が載るのを楽しみにしてます♪
lilly-mamaさんへ♪ (メル)
2007-04-15 09:14:48
キアヌ1・2・3・・・は「もの」はなくて
ただ彼女?たちが言葉で言うだけなので
想像するのみ・・です(^^ゞ
でも、それが笑っちゃうんです(^ー^* )フフ♪

キアヌ・・で思い出しましたが、先日例のスペインの友達から、面白いメールが来ました(^^ゞ
lilly-mamaさんのパソコンってパワーポイントの
ソフト入ってるかしら??
ちょっとそのあたりもうかがいに、そちらのゲスブに
後で伺いますわ(^ー^* )♪

コメントを投稿

映画「た」行」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

トランスアメリカ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
トランスアメリカとは,アメリカ大陸横断のこと。これは、トランスジェンダーのブリーと、彼の息子トビーの二人の魂の旅路の物語だ。 念願の性転換手術を目前にしたブリーの前に突然,警察からの問い合わせという形で 出現したトビー。彼は、ブリーがスタンリーという名...
トランスアメリカ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】男性であることに違和感を持つブリー(フェリシティ・ハフマン)は、肉体的にも女性になるための最後の手術を控えていた。そんな彼女の前に、トビー(ケヴィン・セガーズ)という17才の少年が出現する。彼はブリーが男性だった頃に出来た息子で...
トランスアメリカ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ァレだと思うよ。きっとココの保険に入ってたと思う。 http://www.transamerica.com/ トランスアメリカposted with amazlet on 08.01.13松竹 (2007/01/27)売り上げ...
トランスアメリカ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『スカートの下に何があるかより もっとだいじなこと。』  コチラの「トランスアメリカ」は、7/22公開のちょっぴり複雑な父子のハートフルなロードムービーで、製作総指揮のウィリアム・H・メイシーの妻のフェリシティ・ハフマンが性同一性障害(トランスセクシャル...
「トランスアメリカ / Transamerica」 (★清瀬の森映画館★)
2005年・アメリカ(ドラマ)・103分お薦め度: ★★★★★監督: ダンカン・