心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「幸せの1ページ」

2009-02-25 | 映画「さ」行
冒険小説家のアレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)は極度の潔癖症で引きこもり。
家から一歩も出られない彼女は、孤島に住む海洋生物学者ジャック(ジェラルド・バトラー)の
記事に興味を持ち、メールで連絡を取る。そのジャックを父に持つ少女ニム(アビゲイル・ブリスリン)は、
島で豊かな自然と動物たちに囲まれ元気いっぱいに暮らしていた。ニムは、アレクサンドラの
冒険小説に出てくる主人公アレックス・ローバーの大ファン。海洋調査の旅に出た父の留守中に
アレクサンドラからのメールを受け取ったニムは、“アレックス・ローバー”という送信者名から
小説の主人公アレックス本人と思い込み大興奮。そんな時、島を嵐が襲い、船が難破した
ジャックとの連絡が取れなくなってしまったニム。そこで彼女は、頼もしい憧れのヒーロー、
アレックスに助けを求めるのだったが・・。



ジョディ・フォスターがこういう役というのは、とても珍しくて
なかなかユニークで面白かったです。
ここまで潔癖症で、ここまで引きこもりの女性が、あの状況で
とうていニムを助けにいけるとは思えませんでしたが(^_^;) でもなんだか
楽しかったです♪ 知的で硬質な感じの彼女がこういうコメディっぽい
演技をするのが見れたのも嬉しかったです。
大冒険をしてニムを助けに行くんだけど、こういう役をする
ジョディ自身、冒険だったのかも^^

ジェラルド・バトラーもこれまで見たことない役柄で、優しい父親なんだけど
普通と違う人、それにアレクサンドラが書く冒険小説の主人公も
(アレクサンドラの幻覚?ですが)演じていて、その役柄も
ちょっとお茶目。その二人の人物の二役。

そんなわけで、ジョディとジェラルド・バトラーは今までにないような役で
そのあたりを楽しめる映画だったかな、と思いました。


元気溌剌、“らしく”頑張ってたのがアビゲイルちゃん。
見るたびに大きくなってるけど、彼女の演技がとても光って見えた映画でした。
主演はどう考えても彼女ですね。
なんとなくジョディとジェラルド・バトラーのラブストーリーかな、
なんて思って見始めたんですが、そうじゃなかったです。
アビゲイル嬢の映画、といっても良い感じ。
助けに行ったはずのアレクサンドラも、島に着いたら、ほとんどなんの役にも
たたなかったし(^_^;) ニムの頑張りと奮闘が可愛らしくて良かったなぁ。

電話とネットが通じてる無人島・・というのもなんだか不思議でしたし
その他もろもろ突っ込めばいろいろありましたが、そこはファンタジー系の
映画ってことで目をつぶれるかな、と^^。

全体的にちょっとあっさり気味かな~・・という感じがしたんですが
(アレクサンドラが島にたどり着くまでは冒険もあって楽しかったんですが
着いてからがいかんせん、あっさりし過ぎ、さらにラストもあっさり目
だったかな~と)シリアスに考えれば結構大変な状況に陥ってる3人
なんだけど、そこをちょっぴり笑いながら楽しく見えるように
作られてたところに好感が持てたし、なんだか絵本の中に入った
みたいな感じで楽しめました。

個人的お気に入り度3/5

幸せの1ページ [DVD]

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 「蛇イチゴ」 | トップ | 「ストップ・ロス 戦火の逃... »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (アイマック)
2009-02-25 22:46:20
これはねえ、ちとがっかりした映画でしたよ。
てっきり女性の自立物語と思ったら、冒険ものとは・・
ジョディのこういう役も痛くて・・・
なんかいいこと書けないけど(笑)
観光気分は味わいました。
どこかお子様向き (ちゃぴちゃぴ)
2009-02-26 01:11:22
これって、主役はジョディというよりはぁ…ですよね。
私もね、まさかこんなにお子様向けとは思わなかったのよね。
ジョディの役も、説得力がちーと薄かった。がんばってたけど。
ジェラルドさんは、見せ場が少なかったし。
初めから、お子様ムードで観ればよかったと思いました。あっさりしてて、後半、もうちょっとなんか欲しかったね。
考えてみれば (ばっちもんがら)
2009-02-26 10:56:47
タイトルは"Nim's Island"。
ニムの孤島物語にジョディ・フォスターとジェラルド・バトラーが共演して花を添えていますと言われれば、楽しい家族向け映画だったとめでたし、めでたしだったのに。
幸せの1ページという例によってわけのわからない邦題と潔癖症のジョディと二役のジェラルドの予告に思い切り期待しちゃいました。
こういう宣伝はまずいですよね。
でもそういいつつ、あのシーンと、あのシーンは面白かったな、もう1回見ちゃおうかな、なんてまたレンタルしそうな気もしますが。
(とかげ大好き)
アイマックさんへ♪ (メル)
2009-02-26 12:53:21
私もジョディとバトラー様のラブストーリーか?と思ってたんですが、違ってました~(^_^;)
それでもジョディの珍しい役柄、ジェラルド・バトラーも珍しい役柄ってことで、そのあたりで、へぇ~こういう役もやるのね、とちょっとユニークさでウケましたが(私は^^)、お子ちゃま向きのお話になってましたよね。

アビゲイルちゃんが頑張ってたので、そのあたりで面白かったんですが。
この原題から行けば、こういう話になってても
おかしくなかったんですが、すっかり予告編と
邦題に欺されましたわ(^_^;)
こんにちは (masala)
2009-02-26 15:25:12
この映画はジョディの息子が原作を愛読していて、息子のために出演したそうです。

日本で言うと映画「アンパンマン」の吹き替えを、子持ちの人気タレントがこぞって吹き替えしたがるパターンと、ジョディの心理が同じだったのかな?
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2009-02-26 18:05:47
そうそう、これ、ジョディは主役ではなかったですよね~。
やっぱりアビゲイルちゃんですよね。
予告編の感じだと、ジョディとジェラルド・バトラーがラブラブになって~・・・と思ってたんですが、あの後は多分・・という感じでしたが、全然本編ではそんな部分もなく(^_^;)
ジェラルド・バトラーは、仰るとおり
出番が少なかったですしね~。
彼のファンとしてはもうちょっと見てたかったけど、でも、まぁ彼のこういう役が見れたのも嬉しかったので、それはそれでいいか、と(^^ゞ

そうそう、後半にもうちょっと何か欲しかったですよね。
彼女があの島にたどり着いてからが、ほんとにあっさりしたもんだったので。
二人の交流がもうちょっと見たかったです。

でも、明るめに描いてあったので、今の私には良かったですわ(^ー^* )フフ♪

ばっちもんがらさんへ♪ (メル)
2009-02-26 18:32:53
そうなんですよね~!
これ原題はNim's Islandなんですよね~。
見る前は、そういうこともチェックせず(^_^;)
ジェラルド・バトラー様とジョディのラブストーリーか・・・と思ってました(^^ゞ
二人とも珍しい役どころだったので、その点楽しめましたが、思ってたのとは違ってました~。
あの予告編とこの邦題・・欺されますよね~。

あのベッドでニムが本を読んでて、周りで
ジェラルドたちが戦ってる絵本の世界が添加いてて・・というシーンで、あ、これはもうこういう映画かな・・と頭を切り換えたので、そこそこ楽しめましたが、それでも島にジョディが
着いてからがもっとなにかあると思ってたし、
お父さんが帰ってきてからも、もうちょっとなにかあるかな・・と思ってたのになかったし
後半からラストにかけて、もう一つ何か欲しかったなぁ、と感じました。

そうそう、アビゲイルちゃんは頑張ってましたよね~♪
彼女のお陰で楽しめました^^
明るい女の子、頑張り屋の女の子、でもやっぱりまだ幼いところもあって・・という彼女のキャラクターが光ってた映画でしたね♪
masalaさんへ♪ (メル)
2009-02-26 18:44:16
masalaさん、こんにちは~♪

>この映画はジョディの息子が原作を愛読していて、息子のために出演したそうです。

そうだったんですね~!
知らなかったです~。
ありますよね、日本でも^^
なんだかこの話を聞かせてもらって、嬉しくなっちゃいました♪
ジョディもやっぱり人の親なんだな、と^^
彼女に対するポイントアップです♪

子供向きかな、という映画でしたが
家族みんなで楽しめるような、そういう映画に
仕上がってたし、明るい雰囲気がずっとあったので、心身ともに健全とは言えない最近の私には(?)とても向いていた映画でした^^
絵本の中ですね! (小米花)
2009-02-27 13:36:10
メルさんが書かれているように、
絵本に中にいる気分で見ると楽しめますよね。

でも、絵本や童話はあまり好みでない私は、
ジョディだから見たっというのが本音です。
なので、コミカルなジョディを見られたことで
ヨシ!としました(笑)。
小米花さんへ♪ (メル)
2009-02-27 19:24:58
絵本の中にいる・・と言うふうに思ってしまえば
それなりに楽しめますよね^^
が、私も絵本や童話の世界の映画って
そんなに大好きな分けじゃないので
ちょっと・・でした(^_^;)

が、小米花さんがジョディ見たさということなら、私はどっちかっていうとジェラルド・バトラー見たさ、という感じだったので^^
(勿論ジョディも好きです♪)コミカルな
バトラー様が見れたのは嬉しかったので
ちょっとオマケの点数ですわ(笑)
それにジョディも珍しい役どころでしたよね。
この二人の珍しさと、アビゲイルちゃんの頑張りでヨシ!とします~(笑)

コメントを投稿

映画「さ」行」カテゴリの最新記事