心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「プレステージ」

2008-01-06 | 映画「は」行
プレステージ コレクターズ・エディション

ギャガ・コミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る

19世紀末ロンドン。華麗で洗練されたパフォーマンスで魅せるロバート・アンジャー(ヒュー・
ジャックマン)と、天才的なトリックメイカー、アルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)。
2人は、修業時代から互いのマジックの腕を競い合っていた。しかし、アンジャーの妻が
脱出マジックに失敗して命を落とすと、その原因がボーデンにあったことから、アンジャーは
彼への復讐に取り憑かれていく。そんな中、ボーデンはサラ(レベッカ・ホール)と出会い
幸せな家庭を築く。一方のアンジャーも、美しく優秀なアシスタント、オリヴィア(スカーレット・
ヨハンソン)を得て、その華麗なステージが評判となるが・・。



どうなっていくんだろう?って引き込まれて最後まで見ました。
確かにこの時代のマジックってこうだったんだろう、って思ったし
(”あれ”を除いて(^^ゞ)、なかなか興味深く見れましたし
復讐が復讐を呼び、この2人は一体??と楽しめました。



が・・・う~~~~ん・・・
これ、ネタばれなしに書くのは非常~に難しい(^^;;)
単純に感想書いちゃうと、ばればれだしなぁ~(^^ゞ


あのオチ
(激しくネタばれしますので、もうご覧になった方だけ、よろしければ反転させてどうぞ~^^)
 ボーデンのは、推理小説では絶対にやっちゃいけないトリックだし
(あれだったらアリバイトリックもなにもなくなっちゃうので(^^ゞ)

さらにあのマシンは・・・あの帽子の山とたくさんの猫を見た時から
これはやるたびにこれ・・ということは えっ~~~!って思ったし
一体いくつ死体ができたやら(^^;;) と思ってたら、  
ラストチラッと
写りましたね。
ひえぇ~~~(^^;;)

これはファンタジー&SF交じりのミステリーですね。
なかなか考えられてたとは思いますが・・・。



でも、これはオチとかトリックとか言うよりも、この2人のマジシャンの
心の確執というか、決して相手には負けないぞと言うすごい執念と
努力のすごさに目を見張るべきなのかも。



あと、デヴィッド・ボウイが・・ボウイが・・・あ~~~~なんだか
誰だかわからなかった(^^;;)
出てることも知らなかったので、見終わってから知ったんですが
あ~、そうだったんだ~!と(^^;;)
でも、素敵な紳士だわ、とは思ってたんですが、あれがボウイ・・となると
やっぱりちょっとショック~(^^;;)

ちょっとスカーレット・ヨハンソンの役どころが彼女らしくないと言うか・・
あれは彼女じゃなくても、ちょっと綺麗で、ちょっと聡明そうな
女性だったら、他の女優さんでも良かったのになぁ、と思いました。
もちろん相変わらす綺麗で素敵でしたが♪^^
それとマイケル・ケインも見れて嬉しかったです♪
彼の場合も、もうちょっと違う役だったらなぁ~・・と思ちゃった。
でも彼の持つ穏やかな感じは、今回も良く出てました。

とにかく最後まで飽きずには見れました。楽しめました。
でも・・・・ と言う映画でした。
この映画は絶対ネタばれ禁止なのに、どうしてもネタばれじゃないと
上手く書けないのでこの辺で(^^ゞ

個人的お気に入り度3.5/5
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« The Month After Christmas(... | トップ | A horse and a rabbit(馬とウ... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かなり苦労されたような‥ (はるはる)
2008-01-06 12:19:36
未見ですが、興味シンシンで反転してみました(笑)。全然何のことやら判りませんでしたので、ご安心ください。ポロッとネタばれしないように、細心の注意を払って書かれた記事だということが、ひしひしと伝わってきます。でも、総合評価としては、ちょっとねぇ、なんですね‥。
色んな要素がてんこ盛り (トリみどり)
2008-01-06 12:40:24
メルさんこんにちは!私は最後のオチも驚いたし(オープニングのたくさんのシルクハットの描写が活きてますよね)、SF、ミステリ、ちょっとホラー?と、いろんな要素が詰まってて楽しみました。

TBさせて頂きました。
あのオチ (なな)
2008-01-06 15:41:16
手品のタネって,実際はほんとしょーもないもので
「聞かぬが花」なんだなあ,と思いました。
私はアンジャーの装置の方が,「SFだったのかい」とあきれましたが・・・

たしかに,これの見所はオチではなく,人間ドラマかもしれませんねー。
マジシャン同士の執念やライバル意識の凄さを,
寒気を感じながらも堪能できました。

あの~,マジシャンって,今も基本的にはあんなに取り付かれてるんですかねぇ。
あけましておめでとうございます♪ (こでまり)
2008-01-07 09:14:06
昨年中は大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願い致します

ホントこれはネタバレなしでは何も感想を書けない映画でしたねっ!
私はトリックそのものより、2人のイケメン目当てで見たクチなので結構満足して帰って来ました。
でもあの●子のトリックはわかりませんでした・・・唖然としちゃった。

私もあれがボウイだとは気づかなかったんです
昔の面影、全然無いですよねぇ・・・
醜くなったってワケではないのに、何故か彼だとわかりませんでした。

映画館で2回目を鑑賞しようと思っていたのに結局出来なかったので、
早速レンタルするつもりです。
(もちろんイケメン見たさ・・・
TB&コメントありがとうございました
はるはるさんへ♪ (メル)
2008-01-07 09:25:42
おぉ、反転させて!(^^;;)
でも、わからなかったってことで安心(^ー^* )フフ♪
反転させても丸っきりわかるようには、確かに
書いてなかったかな、と(^^ゞ

最後の最後まで楽しんで見れました♪
みんな出てくる人たちがかっこよかったし(^ー^* )フフ♪
でも、トリックの方は、まぁこんなもん??って
感じで、納得できるようなできないような
許せるけど、これだったのか~・・と(^^ゞ
でも、それがわかるのがほんと~~~~~に
最後の最後なので、それまでかなり楽しめます♪^^

上の↑こでまりさんも書いてらっしゃいますが
イケメン見たさ、というのもあり!ですよ~(^▽^)V
みんな素敵でしたから^^
トリみどりさんへ♪ (メル)
2008-01-07 09:37:43
ほんとにこれすごくいろんなトリックというか
要素が入り込んでましたよね~。
それでも知らなかったこと、わからなかったことが
あったんですが、先ほどトリみどりさんの記事を読ませて頂いて、例のリンク先に行って見たら
まぁわかることわかること~!
そうか~、そうだったんだよね~・・・というのが
たくさんありました。
紹介してくださって、ありがとうございます♪

最後まで楽しんで見ることができて、なかなか
好きなタイプの映画でした♪
素敵な俳優さんたちもいっぱいでしたし(^ー^* )フフ♪

TB&コメント、どうもありがとうございました~
ななさんへ♪ (メル)
2008-01-07 09:47:12
ほんとほんと~!手品の仕掛けって
わかって見れば、な~んだそうだったの~?!!って
ことが多いんですね(^^;;)
でも、それをどれだけ観客にわからないように
見せるか(魅せるか)ってことがプロの方たちの
腕前なんですね~。

アンジャーのはあの博士の所に行った時から
きっとあれだろうと思っていたので、驚きが
なかったので、もう映画なんだからあれで
ありか??って思っちゃった(笑)ずるいけど(笑)

もう一方もずるいと言えばずるいですが、まぁ
彼は(彼らは)自分の人生犠牲にしてますもんね~・・信じられないけど、あれもありかな~。

恐るべきライバル心。恐るべき嫉妬心でしたね~!

最後の最後まで楽しんでワクワクドキドキ見ました~(^▽^)V

>あの~,マジシャンって,今も基本的にはあんなに取り付かれてるんですかねぇ
どうなんでしょうね~(^^;;)
これからちょっとマジシャンの方々への見方が
変わっちゃうかも、って思いました、私も(^^ゞ

TB&コメント、どうもありがとうございました~
こでまりさんへ♪ (メル)
2008-01-07 09:55:04
こちらこそ、今年もまたどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

そうそう、この映画、どうやってネタばれなしに
感想書くの??って感じですよね~!
書くの難しすぎる(^^;;)

イケメン目当て・・わかるわ~(^ー^* )フフ♪
みんな素敵な方たちばかりでしたもんね。
主演の2人は勿論、周りを固める人たちも
素敵な人ばかり。女優さんも2人とも素敵でしたし^^

ボーデンのトリックは最後の最後まで
わたしもわかりませんした。え~~~!そうだったの~???って(^^;;)
でも、それ反則ジャン、って思っちゃったんですけどね(^^ゞ
でも、とにかく最後の最後まで楽しめました♪
面白かったわ~^^

ボウイですが、こでまりさんもわからなかったんですね~(^^;;)
あれ、わかりませんよね~!
そう、決して醜くなったわけじゃなかったし
素敵な紳士だな、と思って見てたんですけど
あれがボウイだとは・・・・!!!

予告にあるように、確かにすべてのシーンに仕掛けが
あったかな、と思うので、私ももう一回見てみたいです^^♪

TB&コメント、どうもありがとうございました~
こんばんわー (ななな)
2008-01-07 23:09:34
メルさん♪
あのオチは「あぁー、そっかー」ってなりますよね。
すごいんだけど、すごいのよ!でもでも・・・って(笑

この映画ものすごい複線が張られているらしいです。
一番最初っから、シルクハットがいっぱいでもうその時点で後半への複線になっていたりなどなど、色んな人の意見から色々学びました(笑
ありえないことだと最初っから決め付けてしまって、観たほうがいいみたいです。
そういう風に色んなところで色んな発見をしていくうちに、これはもう一度気をつけて観たほうがいいなーっと思った作品ですが、未だに再観賞に至っていませんー。

なななさんへ♪ (メル)
2008-01-08 08:45:34
そう、あのオチは、おぉぉ~~そうなの~?そうだったんだ~、すごい!でもでも・・でしたよね(^^;;)

複線、ほんとにたくさん張られてるようですね~。
トリみどりさんの所の記事で、ネタ明かしのような
サイトを紹介してくださってて、そこを読んだら
ほぉ~~~~~!そうだったんだ~!ということ
満載でした^^
http://www.walkerplus.com/movie/report/report4897.html?identifier=pickup2

テスラも実在の人物だったらしくて、それすら
知りませんでした(^^;;)

再鑑賞、私もしたいです。
いろんなこと知った上で、もう一回見てみたいですよね~♪

TB&コメント、どうもありがとうございました~

コメントを投稿

映画「は」行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

22 トラックバック

人生をかけて騙しあい (プレステージ) (cinemaholic)
The Prestige (2006) マジックにはタネが必ずある。それを観客は知りたがるけど、同業者はもっと知りたがる、ってのが感想でした。 それゆえ、単純な仕掛けこそプロはネタを考えすぎてしまう、という心理をうまく使った映画でしたねー。 クリストファー・ノーランの映画...
【映画】プレステージ (新!やさぐれ日記)
■状況 イオンシネマ太田店にてレイトショウで観賞 ■動機 劇場用の新聞広告をみて ■感想 推理する楽しみと、それがはまった時の快感 ■あらすじ 19世紀のロンドン。二人のマジシャン、アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とボーデン(クリスチャン・ベール)は...
プレステージ (C'est Joli)
プレステージ’06:米 ◆監督:クリストファー・ノーラン「バットマン ビギンズ」「メメント」◆出演:ヒュー・ジャックマン、 クリスチャン・ベール、 マイケル・ケイン、 スカーレット・ヨハンソン、 パイパー・ペラーボ◆STORY◆19世紀末のロン...
プレステージ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
DVDで鑑賞。プリーストの人気小説「奇術師」の映画化で,監督は「メメント」のクリストファー・ノーラン。19世紀末の英国で繰り広げられる,二人の天才マジシャンの,イリュージョン対決の物語。互いにしのぎを削る,二人のマジシャンに扮したのは,ヒュー・ジャックマ...
プレステージ(映画館) (ひるめし。)
運命さえトリック
プレステージ(2006年) (勝手に映画評)
舞台は19世紀のロンドン。ガス灯から電気灯へ移り変わりつつある時代。二人の手品師「グレート・ダントン」ことロバート・アンジャー(ヒュー・ジャックマン)と「プロフェッサー」ことアルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)が、互いをライバルとして研鑽しあっ...
「プレステージ」 ネタバレのしようもなく… (ハピネス道)
クリスチャン・ベール VS ヒュー・ジャックマン 素晴らしい俳優対決に満足の一本でした。 宣伝等で煽っているストーリーそのもののトリックは、 正直言って「?」です。 むしろマジックに情熱を燃やす二人の天才マジシャンの人間ドラマこそが、この作品の見...
プレステージ (O塚政晴と愉快な仲間達)
Mr.マリックもビックリな作品(確かにもう1回観たくなる)。 プレステージ ★★★☆☆ 舞台での事故(?)により、妻が亡くなったことが原因で、敵対するようになった2人のマジシャンの争いを描いたヒューマンドラマ。 んー正直ビミョーなんだ...
プレステージ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『運命さえトリック』  コチラの「プレステージ」は、6/9公開になったヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイルがイリュージョン対決!そして、そこにスカーレット・ヨハンソンが華を沿える世紀のイリュージョン・エンターテインメントなのですが、早速観て来ち...
「プレステージ」(94) (映画とワンピースのこでまり日記)
マジシャンて大変なのねぇ(-。-;)
プレステージ (映画を観たよ)
結末はしゃべっていけません。
映画「プレステージ」 (<花>の本と映画の感想)
プレステージ 監督 クリストファー・ノーラン 出演 ヒュー・ジャックマン クリスチャン・ベイル マイケル・ケイン スカーレット・ヨハンソン パイパー・ペラーボ レベッカ・ホール 2006年 マジシャンの助手をしていたロバートとアルフレッドだったが、...
049)プレステージ (「映画でお勉強!映画検定式1問1答映画クイズ」)
「プレステージ」の前売りについてくるおまけは次のうちどれ? 1)コイン 2)リング 3)トランプ 4)鳩 正解は次号にて。。 by織田 拳
『プレステージ』【 THE PRESTIGE 】(2006年) (きょうの子牛)
注)ネタバレに触れる記載があるかもしれませんので気になる方は読まないでください。 プレステージ コレクターズ・エディションギャガ・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る 『プレステージ』【 THE PRESTIGE 】(2006年 アメリカ) 監督:クリストファー・...
プレステージ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
私は悩んでいた―自分の中で築きあげた『いい男ピラミッド』の上位に位置する二人が、ライバル同士として出演する映画があると知った瞬間から―           どっちに肩入れして観ればいいのよー【story】19世紀のロンドン。人気のマジシャン、グレート・ダント...
プレステージ (小部屋日記)
The Prestige(2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督・脚本:クリストファー・ノーラン 出演:ヒュー・ジャックマン/クリスチャン・ベール/スカーレット・ヨハンソン/マイケル・ケイン/デヴィッド・ボウイ 一流のマジックは3つのパートからなる。 最初はプレッジ(...
『プレステージ』 (映画館で観ましょ♪)
感想…難しい。 ドコをどう書いてもネタバレしそう。 ワタシ、基本的に、ネタバレはしない主義なので... この2人が ↓ マジックで競う...
プレステージ (ひでの徒然『映画』日記)
監督:クリストファー・ノーラン キャスト: ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、パイパー・ペラーボ、アンディ・サーキス、デヴィッド・ボウイ 製作:2006年、アメリカ 19世紀末。ロン
プレステージ (こんな映画見ました~)
『プレステージ』 ---THE PRESTIGE--- 2006年(アメリカ) 監督:クリストファー・ノーラン 出演: ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール  19世紀末のロンドン。華麗かつ洗練されたパフォー...
『プレステージ』06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじロバート(ヒュー・ジャックマン)とアルフレッド(クリスチャン・ベイル)は、マジシャン(マイケル・ケイン)の助手をしていた。ある晩、舞台の事故でロバートの妻が亡くなったことが原因で二人は敵対するようになる・・・。感想アカデミー賞2部門(撮影賞、美...
【映画】プレステージ…マーベルVSDC場外対決 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/hiyoko_cloud/}は「3年B組金八先生」の最終回でしたが、今回は2時間スペシャルとかじゃなかったんですねぇ。 視聴率が低迷していたみたいだから…そういうことなんでしょうねぇ。 自称「金八の生徒」な私もビデオ(ハードディスク)に録画しているだけで、殆ど観て...
プレステージ (唐茄子はカボチャ)
ライバルの足の引っ張り合いは命がけということでしょうか。 ダークサイドに引き込まれると、こうなっちゃうんですね。アメリカとソ連、北朝鮮と日本みたいに、際限なくあおってあおって破滅するまで続きます。もう、止められません。 親子の再会と「プレステージ」を重ね...