心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「サガン ー悲しみよ こんにちは-」

2010-03-04 | 映画「さ」行
デビュー作『悲しみよ こんにちは』が世界的なベストセラーとなり、わずか18歳にして
時代の寵児となったサガン(シルヴィー・テステュー)。以後、次々と小説を発表する一方、
その華麗な交友録で私生活にも注目が集まっていた。あり余るほどの富を手にした彼女は
桁外れの金額でギャンブルに興じ、奔放な恋を謳歌する。そんなある日、スポーツカーを
運転していて事故に遭い九死に一生を得たサガン。その後22歳で編集者のギイ・シェレール
(ドゥニ・ポダリデス)と結婚するが、それはほどなく失敗に終わってしまう・・。


このサガンを演じたシルヴィー・テステューというと、紹介文とかには
「ビヨンド・サイレンス」とか「エディット・ピアフ~愛の賛歌~」が
書いてありますが、わたし的には、なんといっても一番インパクトがある
映画だったのが「迷宮の女」。

この映画での彼女は、ものすごく印象的だったんですよね~。
それは偏にストーリー展開の“うわっ!”にあったとも言えますが、
この少年のような少女は誰?と当時思ったものです。でも、その時にすでに
25歳くらいだったんですよね。少年のような少女と思ったけど、
すっかり大人の女性だったわけですが、そういうちょっと中世的な
美しさがある女優さんで好きです。

で、この映画ではフランソワーズ・サガンという実在の人物を演じてた
わけですが、サガンご本人と、なんとなく雰囲気が似ているところがある上に、
しっかり役作りをなさっていて、演技は巧いわ~と思いました。
ちょっと変った歩き方をする部分、人の目をしっかり見ないで
上目使いだったり、我が儘邦題だったりするところ、巧く演じてたなぁって
感心しきり。

でも、映画のストーリー自体は、そうか、サガンってこういう人
だったのね・・ということに尽きるものでした。彼女のデビュー後の人生は、
こんな風に充分映画になるようなものでしたし、へぇ~・・と思うところも
多々ありましたが、それだけだったかなぁと。

18歳とおいう若さで、文壇にデビューできて、その後も次々と作品を書き、
ベストセラーにもなり、どんどんお金が入ってくるけど、とにかく使う、
使って使って使いまくる彼女。映画の中にも何度か台詞で出てきますが、
“お金なんて嫌い”とか、“お金のことは言わないで”とか言う。
でも、彼女の語録みたいなのを、見終わって調べてみたら、その言葉とは
裏腹に、お金のことを何度も言う彼女に、お金というものの存在をすごく
意識していたことがわかりました。

2度の離婚、子供ももうけるけど、普通に子供を育てるなんてことは
到底出来ない彼女。そして、ドラッグにおぼれ、お酒におぼれ・・・。 

映画の前半は(後半もその傾向はありましたが)どんどんお話が
進んで行って、ついていくのがやっとの部分もありましたし、
こんなにサラッと進んでいってしまったら、あまりにも通り一遍の
サガン像になるんじゃ・・と思ってたんですが、後半も進んでくると、
それなりにじっくり彼女の生活(人生)を見せてもらえました。

自業自得的なところもあるんですが、最期はとても孤独だった彼女。
69歳で亡くなられてますが、映画での最期を迎えた彼女は、80を越えた
老婆のようでもあり、その自堕落な生活と孤独が顔に表れているようでした。

個人的お気に入り度2.5/5

サガン-悲しみよ こんにちは- [DVD]

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

コメント (2)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 「チョイス!」 | トップ | 「サブウェイ123 激突」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに (miyu)
2010-03-04 13:32:05
いい年の重ね方とはとてもいえないような人生でしたよね。
ドラッグにしても、酒やタバコって必要以上に老けて
しまうといいますから、気をつけたいですねw
miyuさんへ♪ (メル)
2010-03-05 07:57:36
miyuさん、こんにちは☆

ほんとにねぇ~・・いい歳重ねてとは
到底言えない人生でしたよね。
才能はすごいものがあったとは思いますが、若くして成功して、すっかりその生活に溺れちゃったという感じでしたね~。

そうそう、ドラッグ・酒・たばこ、やりまくりでしたもんね。
あのラストの老けたお顔は、まだ70にいってなかったはずなのに、きっと実際もあんな感じだったのかなぁって思いましたわ。

コメントを投稿

映画「さ」行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

09-193「サガン -悲しみよ こんにちは-」(フランス) (CINECHANの映画感想)
その死は私だけの事件  デビュー作『悲しみよ こんにちは』が世界的なベストセラーとなり、わずか18歳にして時代の寵児となったサガン。以後、次々と小説を発表する一方、その華麗な交友録で私生活にも注目が集まっていた。あり余るほどの富を手にした彼女は桁外れの金...
サガンー悲しみよこんにちはー(’08) (Something Impressive(KYOKO?))
今年初頭、渋谷Bunkamuraル・シネマで「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」を見た時、ロビーの予告ボードでこのサガンの伝記作を知って、サガンは手元の外人作家の在庫で一番本が多く、好きな作家の1人で、これは気になるし楽しみ、と思いました。先週末公開にな...
サガン 悲しみよ こんにちは (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛も、名声も、贅沢も─ ぜんぶ手に入れて、失って。』  コチラの「サガン 悲しみよ こんにちは」は、そのタイトルの通りわずか18歳のデビュー作「悲しみよ こんにちは」で一躍人気作家となり、スキャンダラスな生涯を送ったとされるフランソワーズ・サガン(シ...
★★★☆「サガン悲しみよこんにちは」シルヴィ・テステュー、ピ... (こぶたのベイブウ映画日記)
「娘は、自由に育てるわ」「どんな風に?」「それを定義したら自由じゃないでしょ」さりげないセリフが面白い伝記ドラマだった。華やかでいて、そして孤独な、サガンってこんな女性だったのねと、淋しい晩年だった。心に雪が降り積もるような音楽もステキだし、フランスの...
サガン -悲しみよ こんにちは- (Blossom)
サガン -悲しみよ こんにちは- SAGAN 監督 ディアーヌ・キュリス 出演 シルヴィー・テステュー ピエール・パルマード フランス 2008
サガン 悲しみよこんにちわ (シネマ大好き)
18歳でのデビューから死までの、フランスワーズ・サガンの人生。 サガンの作品はほとんど読んだと思うが、「悲しみよこんにちわ」が一番心に残っている。映画の中での周りの反応に、1950年代には、この小説の主人公のような生き方は、普通の”良識ある”人々の眉ひそめ...
サガンー悲しみよ こんにちはー (銅版画制作の日々)
18歳で鮮烈なデビューを果たし、数々のスキャンダルに彩られた伝説的な作家フランソア・サガン。その愛と孤独とはーーーー。 「ノウイング」の前に、京都シネマにて鑑賞しました。「ディア・ドクター」は連日満員状態です。京都ではミニシアターのみの上映ということで...
サガン-悲しみよこんにちは- (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
サガン-悲しみよ こんにちは- [DVD]劇中でサガンは「私には書くことしかできない」と言う。その言葉通り小説家としての才能はあるが、若くして手に入れた富と名声に翻弄された破滅型の作家サガンの波乱の人生を描く物語だ。映画を見て驚くのは、主演のシルヴィ・テステュ...
「サガン-悲しみよこんにちは-」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Sagan」2008 フランス スキャンダラスで波瀾万丈の人生を送ったフランスの小説家フランソワーズ・サガン。愛と孤独を描いた自伝的ヒューマン・ドラマ。 フランソワーズ・サガンに「エディット・ピアフ~愛の讃歌~/2007」のシルヴィー・テステュー。 ジャックにピ...
~『サガン -悲しみよ こんにちは-』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:フランス映画、ディアーヌ・キュリス監督、シルヴィー・テステュー主演。
サガン 悲しみよこんにちは (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
デビュー作「悲しみよ こんにちは」が世界的ベストセラーとなり、わずか18歳で有り余る富と名声を手に入れた作家、フランソワーズ・サガン。 しかし、作品以上に注目されたのは、サガン本人の人生だった。ゴシップ誌を賑わすセレブとのパーティ三昧。生死をさまよった...
サガン -悲しみよこんにちは- (Diarydiary! )
《サガン -悲しみよこんにちは-》 2008年 フランス映画 - 原題 - SA
サガン 悲しみよ こんにちは (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:フランス 監 督:ディアーヌ・キ
『サガン-悲しみよ こんにちは-』 (CHAOS(カオス))
破滅するのは私の自由 破滅志向のようでいて、人の愛に飢えている。 それは若くして富と名声を得たことに由来するのだろうか。 サガンを取り巻く人々はそんな危うさに惹きつけられたのかもしれない。 最後の息子との対話シーンは何とも切ない。 ちょっと長いけど、...
映画[ サガン ―悲しみよこんにちは― ]天賦の才能が、人生を狂わせる (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ サガン ―悲しみよこんにちは― ]を渋谷Bunkamuraル・シネマで鑑賞。 18歳の若さでセンセーショナルな作家デビューをはたした フランソワーズ・サガンの破天荒な半生を描いたドラマ。 人気の作家ですが、実はわたくし、今まで一冊も読んだことがない。 ...
サガン 悲しみよこんにちは ▲88 (レザボアCATs)
'08年、フランス原題:Sagan監督:ディアーヌ・キュリス脚本:ディアーヌ・キュリス、マルティンヌ・モリコニ、クレール・ルマレシャル撮影:ミシェル・アブラモビッチ音楽:アルマンド・アマール美術:マキシム・ルビエール編集:シルビー・ガドゥメールシルヴィー・テス...
映画評「サガン -悲しみよ こんにちは-」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2008年フランス映画 監督ディアーヌ・キュリス ネタバレあり
mini review 10486「サガン -悲しみよ こんにちは-」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
18歳で文壇に華々しいデビューを飾り、生涯を通して自由人であった小説家の人生を追う人間ドラマ。破天荒な言動で世間を騒がせつつも、実は孤独で繊細(せんさい)な彼女の真の姿に迫る。まるでサガンの生き写しのような主人公を演じるのは『エディット・ピアフ~愛の讃歌...