心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「みえない雲」

2008-04-17 | 映画「ま」行
みえない雲

ハピネット

このアイテムの詳細を見る

高校生のハンナ(パウラ・カレンベルグ)は、母親と幼い弟ウリー(ハンス=ラウリン・バイヤーリンク)の
3人暮らし。ある日、授業中に先生の質問に窮したハンナを転校生のエルマー(フランツ・ディンダ)が
助けてくれる。以来、エルマーのことが気になり始めるハンナ。後日、ハンナはエルマーに呼び出され、
誰もいない教室で愛の告白を受ける。そして突然のキス。初めての恋に喜びを感じるハンナだったが、
その直後、原発事故を伝える警報が校内に鳴り響く。ハンナはエルマーと一旦別れ、母が出張のため
家に一人でいるウリーのもとへと駆けつける。やがて放射能を帯びた雲が迫り、街はパニックに陥る・・・。


最近なんか良いな~と思ってるドイツ映画。そしてこれもドイツ映画、
良かったです!何が違うと言われても困るんですが(^^;;)
なんか新鮮で、これもまたこれまで見たことのないような映画でした。


最初はまるっきり青春学園恋愛物っぽい映画で、これだけでも
充分一本になるんじゃ・・と思える展開だったんですが
警報が鳴り響いてからというもの、いきなりパニック映画になって、
そこでの迫り来る見えない恐怖がまたすごくよく描かれてて、
こんな状態になると人はこんな風になるんだなぁ、と改めて思ったし、
人々の恐怖とパニックの心理も良く出てました。


で、緊急事態が過ぎ去ってからは、今度はしっとりとしたドラマが
展開されて、感動系ドラマ+ラブストーリーに。
都合3度楽しめた感じがしました。
・・と、楽しめて、とか面白くてなんて書いたら語弊がありますね。
原発の大事故だったわけですから。
でも、見てるこちらを飽きさせない展開でした。


原発の事故の恐ろしさがたっぷり描かれていて、それはもう本当に恐怖で、
他人事じゃないなぁ、とつくづく思いました。事故後の街の様子や、
人々の反応なども、この主人公の女の子の目線で描いてあって、
わかりやすかったし、この主演女優の演技がとても良かったです。
でも、実際こんな事故が起きたら、こんなもんじゃ済まないだろうなぁ・・。

ちょっと場面の切り替えのところとか、安っぽい印象もあったし
もうちょっと掘り下げた方が良いのかな、と思う部分も多々ありましたが
それでも見る価値ありの作品だと思いました。

隔離病院に入院中、ハンナの隣のベッドの女の子が「彼、イケメンでしょ^^」っていう
場面があるんですが、現実の恐怖と悲しさの中に、ぱっと出てきた医者の彼。
私も見ながら、”おっ!素敵じゃん♪”って思ってしまった。
トマス・ヴラシア・・・よし、覚えとこうって(^^ゞ
ハンナの彼、エルマーも素敵だったし^^


ドイツでベストセラーとなった小説の完全映画化・・とのことで原作も読みたいです。

個人的お気に入り度3.5/5

コメント (7)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 「サルバドールの朝」 | トップ | What a shot!(なんてすごい... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (アイマック)
2008-04-17 12:50:07
パニックもの+純愛物でしたねえ。

日本も原発の国なので他人事ではないですね。
弟くんの事故は観ていられなかった・・・。。
骨太の作品で見応えありました。
主演女優の方は、実際チェルノブイリの被害に遭われている方らしいよ。

アイマックさんへ♪ (メル)
2008-04-17 17:47:47
そうそう、パニックもの+純愛ものでしたね~。
なかなか上手い作りだな、って思いました。
なんか新鮮で。
内容は軽いものではありませんでしたが、面白かったです。

>日本も原発の国なので他人事ではないですね
ほんとそうですよね~。
恐いです。この狭い国土の中にあんなにたくさんの
原発が・・・。
とても他人事ではないですよね。

それにあの弟くん。本当に可哀想で・・・
待って~、と彼女が言ってた時から、きっと・・と
思ったけど、本当になっちゃって・・

>主演女優の方は、実際チェルノブイリの被害に遭われている方らしいよ
そうなんですか~!
ご病気だというのは今回他の方のブログで知ったんですが、チェルノブイリの被害者の方だったんですね~!
だから余計に・・だったでしょうね~。
とても綺麗なキュートな女の子でしたよね。
彼も素敵だったし(^ー^* )フフ♪
いろいろな発見があった、見て良かったなぁ、と
思えた映画でした♪

TBエコーどうもありがとうございました~
青春パニック社会派感動映画?? (ちゃぴちゃぴ)
2008-04-17 21:10:25
こんばんは~
色んなジャンルの映画が、うまくかみあって
最後は希望を匂わせて、よかったですねえ。
多くの若者に観てもらいたい映画。
(おばさん・おじさんも…笑)
ドイツ映画は、私もこの頃好きで、よく観ますねぇ。

TB攻撃をしてしまいました…。ほんとは、もっと攻撃したいのですが…ふふ
ドイツ映画 (firefly)
2008-04-18 00:37:37
自分もメルさんと同じく妙にドイツ映画と相性が
いいような気がしてなりません。でもって同じよ
うにそう感じる根拠がいまいちわかりません(^^;

第二次大戦や東西冷戦を舞台にしたドイツ映画に
佳作が多いのは何となくわかるんです。それだけ
の歴史を経験してきた国ですから。でも現代劇の
ドイツ映画もすごく面白い。「レヴォリューション
6」なんか凄く好きな映画です。もしメルさんが
まだ未見でしたら騙されたと思って是非☆

あ…「みえない雲」についてなにも書いてない…★


TB&コメントありがとうございましたm(_ _;)m
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2008-04-18 01:44:45
>青春パニック社会派感動映画??
そうそう!^^そんな感じでしたね~!
いろんな要素がごっちゃ混ぜだったけど
それぞれがうま~く絡み合っていい映画に
なってましたよね。

主演の数人はもちろんのこと、
彼女を引き取ったおばさんも、なんだかすごく
印象に残ってるし、あの医者も素敵だったし
ドイツにはまだまだ知らないけど素敵な俳優さんたちもいっぱいいるんだろうなぁ、と思わせてもくれました♪^^

おっしゃる通り、最後は希望もあって良かったです。

TB&TB攻撃^^ありがとうございました~
すっごく嬉しいです(^▽^)
fireflyさんへ♪ (メル)
2008-04-18 01:48:40
おぉ♪fireflyさんもドイツ映画と相性がいいと
感じられてるんですね~♪一緒一緒~(^▽^)V
どこが堂違うか、うまく説明できないんですが
見やすい(?)し、どっかハリウッドの映画や
他の国の映画を違うなにかがありますよね。

おっ?!「レボリューション6」ですか。
知りませんでした~!
是非是非是非是非見てみます^^♪
問題は近所のレンタル屋さんにあるかどうか・・ですが(^^;;) これから調べてみますね~♪
教えてくださって、どうもありがとうございます♪
これも、あれも、どれもこれも^^、たくさん教えて頂いて、感謝!!!
はじめまして(>_<) (ポッキー)
2012-05-24 23:59:40
家族が死んだり髪を失ったり「雲」のせいで悲しい事塗れですね。冒頭で仲の良かった友達とも、あのバスのシーンで「お別れ」って感じでしたね。多分そのシーンは、そういう意味が込められているのでしょう。エルマーは、愛のある青年なようで、そこが救われる部分ですね。髪が生え始めハッピーエンドって感じでホッとしましたね。弟が死ぬシーンは、あれは轢き逃げって事ですが、DVDを観ているこっちも吃驚しましたね。一瞬で弟が死んでハンナおかしくなってましたね。次の車の一家は、親切でハンナをほっとけないと... 人々が列車に乗り込む様は、タイタニックのボートシーンのようで好みです!(^^)! しかしハンナは、列車に乗る事よりも空に向かって憎しみがあるかの様な感じでしたね。実話ではないけどロシアのチェルノブイリ事件がドイツで起こったらっていうだいぶ昔に発売された小説ですね。映画公開では黒い雲ってタイトルだったらしいけど黒い雲は広島の原子爆弾の事として定着してますよね。私も「みえない雲」の方がいいと思いました。

コメントを投稿

映画「ま」行」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

みえない雲(DVD) (ひるめし。)
製作年:2006年 製作国:ドイツ 監 督:グレゴール・シュニッツラー 出演者:パウラ・カレンベルク/フランツ・ディンダ/ハンス=ラウリン・バイヤーリンク/トマス・ヴラシア 時 間:103分 No.1042 [感想] 女子高生の目線からみた原爆事故のパニック映画。 日本は...
みえない雲 67点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
こんな夢を見た 公式サイト 1986年に起こったチェルノブイリ原発事故の翌年に書かれた、ドイツ人作家グードルン・パウゼヴァングの小説を映画化。 原発事故を題材とし、その恐怖を描く事が目的ではあるが、それを主人公の恋愛の障害として扱い、作品自体を恋愛ドラ...
みえない雲 (小部屋日記)
DIE WOLKE(2006/ドイツ)【DVD】 監督:グレゴール・シュニッツラー 出演:パウラ・カレンベルク/フランツ・ディンダ/ハンス=ラウリン・バイヤーリンク/トマス・ヴラシア/カリーナ・ヴィーゼ/リッキー・ミューラー レンタル屋さんで一番下の棚においてあった...
「みえない雲」(ドイツ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
サイレンが鳴り響いたその時から、 恋も家族も友情も・・・日常の全てが奪れ崩れ落ちていく。 「みえない雲」
みえない雲 (晴れたらいいね~)
やーっと借りられましたよ。観たかったのに、見つけられなくって、見つけたときは、重いテーマのはみたくなかったり…また、見つからなくって、ぜぃぜぃ…。日本でも、起こりうる可能性の大きい原発による放射能もれ大事故。みえない雲監督:グレゴール・シュニッツラ...
みえない雲 (about cinema to shibajun)
DIE WOLKE 06年
みえない雲 (シャーロットの涙)
30日公開の独映画「みえない雲」・・・実はドイツ映画祭にて「黒い雲」という邦題名で7月に鑑賞済み 題名が変わったので、タイトルを変えて記事はその時にUpしたものを 以下コピペ{/note/}{/pen/} 「みえない雲」・・・ドイツ公式サイト 国内公式サイト ドイツのフ...