心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「狼の死刑宣告」

2010-03-22 | 映画「あ」行
投資会社に勤めるごく普通の男、ニック・ヒューム(ケヴィン・ベーコン)はある日、愛する息子を
目の前でギャングたちによって殺されてしまう。やがて犯人は捕まるもののギャングたちには
微塵も反省の色が見られず、しかも裁判ではとうてい納得できる刑罰が科せられることはないと
知ってしまったニック。もはや息子の仇は自らの手で行うしかないと決意するニックだったが・・。



家族を目の前で殺されて、復讐に走るケヴィン・ベーコン・・という
前知識のみ入れての鑑賞だったんですが、冒頭しばらくは楽しそうに過ごす
家族の映像の数々でした。
子供たちがまだ幼い頃から、だいぶ大きくなってから、そして今に近いもの
まで。こうやって幸せそうな家族の様子を、私たち観客に見せておいて、
しっかり家族への感情移入をさせておいて、父親ニックの気持ちになっての
復讐劇を見せてくれるんだなと思いました。

でも、結論から言うと、復讐ってやっぱり空しい・・というものだったかなぁ。
先日見た「96時間」の主人公みたいに、なりふり構わず、そして深い事なんて
こっちに考えさせる間もなく、物語が進んで行くものではなくて、
話しが進んでいけば行くほど、復讐って・・といろいろ考えさせられました。
実はそういったものではなくて、仕置き人みたいに、バンバン家族の
復讐をするだけの、ある種、スッキリするお話なのかなぁと思って
見たので、予想外ではありました。ちゃんと復讐することはするんですけどね。

彼は普通の会社員のはずなのに、途中、なぜか突然敵の気配を感じたり、
腕力が異様に強かったりというのがあったのが不思議ではありましたが、
もっとやってくれ~!という気持ちになりました。撃たれても弾は
当たらないし(^_^;) どんどん彼は目つきが鋭くなってくるんですよね。
そのあたり、さすがケヴィン・ベーコン♪バッチリ演じてました。
あの顔は良いわ~~~♡

たったあれだけの練習で、あのように銃が使えるようになるのか?とか、
突っ込みどころもありました。でも、後半も最後の方になると、
ニックはもう完全にキレちゃってる・・。気持ちはわかるけど、
これで良かったのか、と考えさせられました。あんなになって、
残された○○はどうなるんだろう?・・と、虚しさもありましたし。

ただ、全体的にB級っぽいと言うか、物語が薄っぺらかったかなぁ。
警察もそれで良いのか?ってもんで、危機管理なさ過ぎじゃん・・と
突っ込みたくなりました。でも、そんな風に警察が当てにならないから、
個人的に私刑に走るってわけだったんですが。

こういった一般人が家族を殺され、復讐に走るというのは、良くある
テーマなので、どこに他の作品と違うところを持ってくるのか、どこに
特徴的なところがあるのか、ってことが重要だと思うんですが、それが
今ひとつ描ききれてなかったかなぁと感じました。
親子のあり方みたいなものと、復讐をすることの是非みたいなものが
あるにはあったんですが、少々弱かったです。どうせなら、そんなことを
感じさせないくらい、爽快に復讐をやってもらった方が嬉しかったかなぁ。
映画の中の世界として、そのあたりをもっと楽しみたかったという感じ。

というわけで、やはり見どころはケヴィン・ベーコンのアクションと演技、
ガンアクションだったでしょうか。やはり彼が出てなかったらこの映画は
もっとつまらないものになったかも。ケヴィン・ベーコン大好きな
私としては、彼のこういう演技が見れたということだけでも満足感がありましたから。
彼が自分で丸刈りにするシーンにも痺れましたわ~(*^^)v

それと、ギャングのボスのお父さん役(こいつもどうしようもないやつ
だったりもしたんですが)を、これまた私の好きなジョン・グッドマンが
演じてくれてたことも嬉しかったです。

個人的お気に入り度3/5

狼の死刑宣告 [DVD]

Happinet(SB)(D)

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« 「サマーウォーズ」 | トップ | 「ライヤーゲーム Cash」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ケビン・ベーコン (ヒロ之)
2010-03-24 00:58:34
メルさん、ベーコンさんべた褒めですね^^

いやぁそれも納得の熱演だったと思います。

普通の家庭人が、なんであんなに銃さばきが上手いのか!!

というツッコミなんか吹っ飛ぶ位の、形ある復讐劇に、胸の高鳴りと共に感動すらも抱きました。

ラストシーンでのベーコンの姿がまた切なくて良いんですよね~。

PS:『エスター』観ました。
物凄く面白かったです。
オチには驚きましたよ~。
いや~てっきり「オーメン」みたいなオカルトものなのかと思ってたんですが、違うんですもん。
そちらの方に驚きました^^
ヒロ之さんへ♪ (メル)
2010-03-24 08:18:07
ヒロ之さん、こんにちは☆^^

そうなんですよ~、ケヴィン・ベーコン様々(*^^)v 大好きなので、ついついべた褒めになっちゃいます~(^^ゞ

それに、仰る通り、この作品での彼は熱演でしたもんね♪
首を速めに振るという、彼独特の演技(?)があって、それがこの映画では1回だけだったと思われますが、それが見れたのも嬉しかったですし、あの苦悩の表情とか、怒りに燃えた目とか、やっぱり上手いわ~~~と思ってウットリしつつ見てました^^

そうそう、家庭人なのに、なんであんなにガンさばきが上手いのか、不思議でしたわ~(笑)
路上で後ろから付けられてるのも、普通の人は気づかないでしょ、って思ったけど、彼の場合はしっかり気づいて、振り向きざまに格闘でやっつけちゃいましたからね~(^^ゞ

でも、そのあたりの突っ込みは、全体的に見てると、もうどうでも良くなって来ちゃいましたよね(^^ゞ

ラスト、私もとっても切ない気持ちになりました。残された○○も可哀想でしたし・・。

エスター、ご覧になったんですね♪
先ほど、ヒロ之さんの記事も読ませてもらいましたが、私も実は見たんですよ~^^
で、たまたま今日アップする予定だったので、これからアップします^^♪
オカルトじゃなかったですね~・・・怖かったですよね~・・・
もう一つのエンディングの方が後味悪くて、本編のエンディングで良かった・・と思いました(^^ゞ
こんにちは~♪ (junjunf)
2010-03-24 10:31:44
初めてお邪魔します~
いつもTBさせていただいてます♪
これからもよろしくお願いします。

私もケヴィン・ベーコンの昔ながらのファンでして、もう何の役をやってもホントに大好きなので、
この映画にはどっぷりハマりました。

復讐のある意味正当性と、その連鎖の虚しさみたいなのが、
表情で伝わってくるのにやられたというか……

特にラスト近くの、思いを遂げようとするまさにそのときの、達成感と哀しさがないまぜになった笑みが、すごく好きでした。

アクションもカッコよくて~~

満足な一本でした♪
junjunfさんへ♪ (メル)
2010-03-25 07:28:54
junjunfさん、初めまして♪

。。とはいえ、いつもTBではお世話になりっぱなしで、どうもありがとうございますm(__)m
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願い致します。

junjunfさんも、ケヴィン・ベーコンのファンなんですね~♪
良いですよね~、彼(*^^)v
大好きです!
そうそう、同じく私も、彼ならどんな役をやっても、みんな好きです。
優しい役も(って、少ないですが(^^ゞ)、ワルの役も、クセのある人物の役も、なにをやらせても素晴らしいですよね♪

>復讐のある意味正当性と、その連鎖の虚しさみたいなのが、
表情で伝わってくるのにやられたというか……

まさしく!
苦悩の表情も虚しさも、ギラギラ光る復讐の炎も、バッチリ表情と目力で表してましたよね~。
私もあのラストの虚無感と達成感と虚しさが合わさったような表情、忘れられません。
それにアクションもかっこよかったですよね(*^^)v

コメントを投稿

映画「あ」行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

20 トラックバック

「狼の死刑宣告」 ケヴィン・ベーコンファン、必見! (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
{/映画/}たまたまそのガソリンスタンドに居合わせたが為に殺された息子。相手はギャングでただの通過儀礼でしかなかった。彼らが大した罪に問われないと弁護士に言われ、父親のニックは……{/映画/}  
「狼の死刑宣告」 (古今東西座)
チャールズ・ブロンソン主演の『狼よさらば』(1974年)がヒットした後、家族を殺された男の復讐劇は、低予算で単純な内容ながらヒットが見込めるため、それからしばらくB級映画の定番となり、いくつもの後追い作品を生み出した。しかし二番煎じがいつまでも通用するでも...
09-289「狼の死刑宣告」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
俺からお前たちへのデス・センテンス  投資会社に勤めるごく普通の男、ニック・ヒュームはある日、愛する息子を目の前でギャングたちによって殺されてしまう。  やがて犯人は捕まるもののギャングたちには微塵も反省の色が見られず、しかも裁判ではとうてい納得できる...
映画「狼の死刑宣告」@渋谷シアターTSUTAYA (masalaの辛口映画館)
 客入りはほぼ満席だ。作品柄か男性客も多く来場している。  【21%OFF!】狼の死刑宣告(DVD)【発売日お届け!2010年3月19日発売】 映画の話 家族と幸せな生活を送るニック(ケヴィン・ベーコン)はある日ギャングの襲撃に遭い、目の前で長男(スチュアート・ラファテ...
狼の死刑宣告 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 『さまよう刃』のフラストレーションは、これで解消!
『狼の死刑宣告』 (しゃべりの王国)
「こちら」から「あちら」へ行ってしまう男の話である。普通のサラリーマンである主人公ニックは、ある日長男をチンピラどもの手で殺されてしまう。裁判では犯人に極刑を与えることができないと知ったニックは、自らの手で復讐することを決意するが・・・。というのが、あ...
狼の死刑宣告 (だらだら無気力ブログ)
大ヒットしてシリーズ化された『ソウ』の生みの親であるジェームズ・ワン 監督がブライアン・ガーフィールドの『狼よさらば』をもとに映画化。 大切な家族を理不尽な暴力で殺害されたことで、復讐の鬼と化した男の姿を 描く。妻と二人の息子と幸せな家庭を営んできた投...
狼の死刑宣告 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
狼の死刑宣告 [DVD]司法や警察に頼らず、自らの意志と圧倒的な暴力によって裁きを与える復讐劇を、ヴィジランテ(自警)映画と呼ぶ。“自分のことは自分でカタをつける”という自立自助の精神はアメリカ建国以来の理念だ。それが負の沸点に達した時、法を無視し...
狼の死刑宣告 (デス・センテンス) / Death Sentence (我想一個人映画美的女人blog)
                      『SAW』のジェームズ・ワン監督最新作はケウ゛ィン・ベーコン主演{/atten/}今さらっていっちゃダメ 『狼よさらば』原作者の小説を映画化したバイオレンス・サスペンス風スリラー{/kaminari/} シチュエーションサスペンスム...
狼の死刑宣告(2007)◆DEATH SENTENCE (銅版画制作の日々)
愛する家族を守るために街のダニども 全員死刑に 処す 帰国早々観た作品は疲れをぶっ飛ばすというよりも、ちょっと疲れを倍増するようなものだったかもしれないかな?でもこういう作品は嫌いじゃない。 ドイツに行く前から気になっていたので、上映終了にならないで!と...
狼の死刑宣告 (映画鑑賞★日記・・・)
【DEATH SENTENCE】 2009/10/10公開 アメリカR15+ 106分監督:ジェームズ・ワン出演:ケヴィン・ベーコン、ケリー・プレストン、ジョン・グッドマン、ジョーダン・ギャレット、スチュアート・ラファティ愛する家族を守るために街のダニども 全員死刑に 処すStory:投資...
狼の死刑宣告 (2010 映画観てきましたっ!)
2007年 アメリカ公開 札幌では札幌劇場さんで公開中(27日で公開終了)
狼の死刑宣告 (銀幕大帝α)
DEATH SENTENCE/07年/米/106分/劇場公開 監督:ジェームズ・ワン 出演:ケヴィン・ベーコン、ケリー・プレストン、ジョン・グッドマン <ストーリー> 息子をギャングに殺された男が法の裁きに満足せず、自ら犯人に復讐。だが、それがギャングのボスの怒りを買...
狼の死刑宣告 (映画三昧、活字中毒)
■ シアターN渋谷にて鑑賞狼の死刑宣告/DEATH SENTENCE 2007年/アメリカ/106分 監督: ジェームズ・ワン 出演: ケヴィン・ベーコン/ケリー・...
狼の死刑宣告 ▲146 (レザボアCATs)
'07年、アメリカ原題:Death Sentence監督:ジェームズ・ワン製作総指揮:アンドリュー・シュガーマン、ニック・モートン、ニック・ハムソン、ラース・シルヴェスト製作:アショク・アムリトラジ、ハワード・ボールドウィン、カレン・ボールドウィン原作:ブライアン・ガ...
狼の死刑宣告 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年4月4日(日) 12:45~ 三軒茶屋中央劇場 料金:1300円 パンフレット:非売 狼の死刑宣告 [DVD]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)メディア: DVD 『狼の死刑宣告』公式サイト Death Wish「狼よさらば」な話。原題はDeath Sentenceで、原作者同じ。 家族をチ...
狼の死刑宣告 (Death Sentence) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジェームズ・ワン 主演 ケヴィン・ベーコン 2007年 アメリカ映画 106分 アクション 採点★★ 「あんまり怒らなさそう」「すぐ怒りそう」と、両極端な印象を他人に与えてるらしいたおです。実際は、短気です。筋金入りです。で、こうも短気だと日々腹が立つことも多...
狼の死刑宣告 (RISING STEEL)
狼の死刑宣告 / DEATH SENTENCE 青年ギャングに息子を殺された父親が、たった一人で復讐する。 たったそれだけのストーリーで、今まで何回も作られてきたような作品ではありますが 結構見入って、面白...
狼の死刑宣告(78点)評価:○ (映画批評OX)
総論:煮え滾る怒り!鳴り響く銃声!エンディングで流すのは・・・熱い涙!大ヒットシリーズ「ソウ」の生みの親であるジェームズ・ワン監督が、「狼よさらば」の原作者ブライアン・....
Life's a bitch (SdV)