心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「第一容疑者4 消えた幼児」

2010-01-21 | 映画「た」行
生後14ヶ月のヴィッキーは、20代のキャリアウーマン、スーザン(ビーティ・エドニー)が
一人で育てていた。父親は妻子を捨てて農場暮らし。昼間面倒をみている保母の
キャロラインが、朝彼女の家を訪ねてみると頭から血を流して倒れているスーザンを
発見。ヴィッキーのベッドは空だった。身代金の要求はなく、テニスン警部(ヘレン・ミレン)は
犯人の動機は子供欲しさ、もしくはいたずら目的とみて捜査を開始するが・・。


これまで見た1~3と8は3時間の長いものでしたが、これは普通に
104分の作品になっていました。なので、“よ~し、見るぞ~!”と
気合いを入れなくともすんなり見れる長さで、そういう意味では
良かったんですが、今回は犯人捜しだけで(とはいっても、そこには
いろいろあるわけですが)、警察内部のもめ事とか、反目とか、
内部になにかが?という部分がなかったのが、ちょっと面白さを減らしてたかも。
ちょっと部下に○○があったりはしたんですけどね。

ちゃんと私の大好きなハスコンズ刑事は出てきてくれて嬉しかった♪
でも、それ以外に以前の部下だとか、上司だとか、反目し合う方たち等々が
出てきてくれなかったのが残念でした。でも、この長さならそんなことに
時間をかけてる間がなかったのかなぁとは思いましたし、充分犯人捜しの
部分で水準以上の面白さはキープされてました。

そうそう、それに今回は、前回の第一容疑者3で起こった(というよりも、
テニスンが自分でした決断)出来事の気持ちが彼女に残っていたところへ
もってきて、この幼児誘拐事件だったので、彼女の心がいつもよりも
揺れるのを感じられる作品でした。彼女もやはり女なんですよね~。

ラスト、犯人に彼女がかける言葉も、彼女の心がこもっていたし、
私自身も彼女の言葉に頷きました。でも、その以前の傷が癒えてなかったのか、
テニスンはこれまで見た作品では、全てにおいて恋人というか夜を共にする男性が
出てきてたんですが、今回は男なしでした。珍しいなぁって思いましたわ。
今回はどんな男性と?というところも、ちょっと楽しみだったりしてるので、
少し残念だったかなぁ。でも、彼女の気持ちを考えると、そうそう簡単に
次の男を・・というわけにはいかなかっただろうことも、よ~くわかりますが。

幼児誘拐という悪質な事件、そこに浮かび上がる容疑者たち。
小児性愛者。小児虐待。いろいろな問題が今回も出てきます。
でも、犯人捜しにおいては、今回は“カン”ではありますが、最初っから
あの人が・・と思っていた人物が犯人だったので、理由も何故か今回は
カンが働きましたので、意外性という面では、わたし的には
なかったのが残念でした。シリーズ見続けた中で、この作品はちょっと
トーンダウン気味だったかなぁと。

でも、いつものように男性社会の中で頑張るテニスン。
もろさもありながら、男性部下をしっかり使い、昇進のためには取引もする、
みんなから好かれる素晴らしい人物・・という風に描かれてないところが
良いんですよね。やっぱりテニスン警部とこのシリーズは見るのを
止められないですねぇ(*^^)v

個人的お気に入り度3/5

第一容疑者 4 [DVD]

ハピネット・ピクチャーズ

このアイテムの詳細を見る

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「忘れられない人」 | トップ | 「第一容疑者5 死のゲーム」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
テーマが重い‥ (はるはる)
2010-01-21 10:06:53
いつものことながら取り上げるテーマが重いですよね‥。でも、私個人としては興味深い分野の話だったので、小児性愛者の心理ってこうなのか~、といろいろ勉強させて貰いました。

イギリスってシングルマザーに優しい国だと思っていたけど、あくまでも財政面だけのことで、実際の子育てサポートは足りないのかなぁ‥なんて思いました。

ハスコンズ刑事の画像、いつもありがとうございます~♪
はるはるさんへ♪ (メル)
2010-01-22 08:08:12
はるはるさん、こんにちは☆^^

ほんと、思いテーマでしたねぇ~。
私も取り上げられたテーマは興味深かったです、ほんとに。
小児性愛者って実はこうなんだ・・ってところ、ドクターも出てきて説明してくれたり、様々な描写で教えてくれて、いろいろ知ることが出来ました。

シングルマザーに対してとても優しいというのは、今となればどの国でも必要な対策ですよね。
少し前に見たテレビで、フランスって凄い!!!って感激したんですが、イギリスのことはあまり知らなくて(^_^;)
でも、この当時と今じゃ随分変ったでしょうね。
この10年ほどで、どんどん良い方に(たぶん)変ってると思うんですが・・どうなんでしょう?

ハスコンズ刑事の画像、載せられるのも
あと少しかなぁ~・・と最近やっと気づきました。
だって7とか8とか、リチャード・ホーレイの名前がクレジットにない・・・
ということは出ないのかなぁ~・・と。
でも、出ないだけだったらいいけど、もしかして殉職??と不安が募ってます(^_^;)
ただ出ないだけっってことで、よろしく!と思ってますが、すでに創られてますからねぇ~(^_^;)
どうなるのか・・・これから楽しみに(?)見たいと思います。
良かった! (蒼い影)
2010-01-30 22:06:29
 前・後編ではなく、一本ものでしたね。中身の充実した良い作品です。仲間の刑事が異常に容疑者に接した理由、捜査人員の増員を拒まれた警視、犯人が分かった最後のどんでん返し、などなかなか良く出来た作品で、とっても満足しました。
蒼い影さんへ♪ (メル)
2010-01-31 08:59:44
蒼い影さん、こんにちは☆^^

そうでしたね~、これは前・後編にわかれてませんでしたね^^
仰る通り、短い割には内容も濃かったですし。
このシリーズは、今まで見たもの全て
標準を越えてるなぁって思いましたわ。
1月はずっとバタバタしていたので、時間がもうなくて、6に進めてないんですが、そろそろ長時間の6を見てみたいなぁと思っているところです♪
と~っても楽しみです(*^^)v

コメントを投稿

映画「た」行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事