心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ラフマニノフ ある愛の調べ」

2009-07-18 | 映画「ら・わ」行
1918年、ロシア革命に反対の立場をとるラフマニノフ(エフゲニー・ツィガノフ)は
アメリカに亡命、その後、全米各地を演奏ツアーで巡り大成功を収める。その一方で、
作曲活動はまるで進まず、焦燥感に苛まれる。祖国への望郷の念も募るばかりで、
妻ナターシャ(ビクトリア・トルガノヴァ)の支えもむなしく、彼の精神は安定を
欠いてしまう。そんな時、彼のもとに、送り主不明のライラックの花束が届く。その
花の香りは、彼の故郷の思い出と深く結びついていた・・。


ラフマニノフの曲と共に、彼の生涯をたっぷり堪能できるんだろうなぁと
思って見たんですが(なんとなく予告編はそんな感じで良さそうだった)、
なんだかねぇ~という映画でしたわ。
出だしのカーネギーホールでの演奏の部分は、良い感じだったので
面白くなりそうだったんですが・・。

彼の曲を楽章全部聴けるシーンはなく、彼の名曲が聴けるだろうと
思ってたので、ちょっとガッカリ。
彼がアメリカに亡命してからと、ロシア時代が交互に映し出され、
それがなんだか分かり難かったですし、彼が関わった3人の女性の
エピソードが、みんな中途半端で、ただただ上っ面をなでた感じだったのも残念。

アメリカに行ってからも、皆さんロシア語しか話さないっていうのも
なんかね~・・でした。明らかに英語を話してないとおかしいんじゃ?と
思う人たちもみんなロシア語だったので。

本当は作曲したくて作曲したくて・・でもなかなか出来なくて・・という
ところはわかったんですが(へぇ~と思いました)、その苦悩のほども
今ひとつ良く伝わってこない。彼がとても淡々としていたという風に
感じてしまったからかなぁ。彼の演技なのか、それとも実際こういう人
だったのか、演出なのか脚本なのか、よくわかりませんが、映画なんだから
それなりに苦悩の演出・演技を見せてもらわないと伝わって来なかったです。

過去のトラウマ云々・・・のところがあるんですが、そこんところも
結局最後までよくわかりませんでした。彼の苦悩が今ひとつ伝わってこない
演出だったせいで、彼がただただ甘ったれた人みたいに映って
しまっていたのも残念。全体的にさら~っと見れるというのは
良かったのかなぁ?!(^^ゞ
でも、訴えるもの、伝わってくるものが少ない映画でした。

それでも彼の生きた時代や、思ったように芸術活動が出来なかった
ということなどは、それなりにですが伝わって来ましたし、
興味深い部分もあるにはありました。
で、原題のライラックが重要なアイテムで、この映画ではラフマニノフよりも
そっち?と思うくらいでしたわ(^_^;)

個人的お気に入り度1.5/5

ラフマニノフ ある愛の調べ [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

コメント (8)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 「トウキョウソナタ」 | トップ | Lipstick(口紅) »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
☆1.5ですか‥ (はるはる)
2009-07-18 09:35:42
予告編がとっても良く出来てましたよね~。私も思わず、観たい!と思って観ちゃいましたから。で、騙されたことに気づく‥というパターン(笑)。☆1.5とはずいぶん厳しいですね~。私も大いに納得ですが。
ロシアのお屋敷やライラックシーンは素敵だったから、余計にもったいないなぁと残念。
はるはるさんへ♪ (メル)
2009-07-18 16:29:38
ほんとですよ~!予告編が上手く出来すぎですよねぇ(^_^;)
すっかり騙されました。
ものすごく期待して観ちゃったのがいけなかったんだと思います(^^ゞ
☆1.5はちょっと惨すぎかなぁと思いつつ(^_^;)
せめて彼の曲だけでも、もうちょっとじっくり聞けるシーンがあったらなぁって思いました。
最初のあのカーネギーホールでの演奏のところとか(短かったけど)、はるはるさんも書いてくださってるお屋敷とかライラックのシーンは素敵だったんですけどね~。ラストも、もうこれで終わり??って感じで物足りなかったし・・。
でも、せめて☆2こにするべきだったかな、と今は思ってます(笑)
ピアノ曲 (小米花)
2009-10-22 13:50:10
私はピアノ曲ってあまり知らないのです。
流れてきても、これは何の曲って分かるのは、
エリーゼのために、くらい・・・。(^_^;)
なので、この映画があまり感情移入出来なかったと思ってましたが、どうも映画の方に問題あり~?(^_^;)

なんだか、政治、恋愛、音楽とみんな中途半端でしたね~。
小米花さんへ♪ (メル)
2009-10-23 18:11:34
小米花さん、こんばんは~☆^^

私もピアノ曲って(というかクラシック自体にあまり詳しくないんですけど(^^ゞ)知らないので、特に有名な曲のみしかわかりません(^_^;)
でも、この映画は楽しみにして見たんですよ~。
予告編も面白そうだったし、もっとラフマニノフのピアノ演奏が聴けるのかな~って思ってたんですが、かな~り裏切られました(^_^;)

そう、小米花さんも書いてくださってるように、全ての要素において中途半端でしたよね~。
ただただ流れるようにお話が進んでいって、印象に残る部分が何もなかったような・・(^_^;) ライラックは綺麗でしたけど、それだけでしたでしょうか(^^ゞ
思ってたのと違ってた (kino)
2009-10-30 00:56:31
ラフマニノフも描かれないし、三人の女性も描かれないし、
ふわーっと、うわっつらをなぞったような映画でしたね。
参考資料だけ見て、組み立てたような映画。
天才であれば天才であるほど、芸術家の方って、
創作に苦悩はするだろうし、
こういうのは、ラフマニノフに限ったものではないような気がしました。

まぁ、そもそも、ラフマニノフをよく知らなかった (^_^;) ので、見てみようという発想だけだったんですが、ちょっと、あれ?という感じでした。
映像は、ロマンチックだったと思います。
kinoさんへ♪ (メル)
2009-10-30 09:01:18
kinoさん、こんにちは~☆^^

そうなんですよね~、ラフマニノフもしっかり描かれてないし、女性たちのこともまともに描かれてないし、さら~~っとこういうことがありました、終わり・・みたいな感じでしたよね。

これ、予告編がかなり良かったので、そうとう期待して見ちゃったこともあり、すごくガッカリしちゃったんです。
予告編、上手すぎ!(^_^;)

>・・創作に苦悩はするだろうし、
こういうのは、ラフマニノフに限ったものではないような気がしました。

ほんとですね。
彼だけの物語を期待してたのに・・。
私もラフマニノフのこと、ほぼ何も知らなかったので、いろいろ知ることが出来て、さらには演奏も聴けて・・と楽しみだったんですが、あれ???でした。
これだったら、wikiとかで調べて、それを読んだ方が楽しめたりして?!(^^ゞ

そうそう、映像は綺麗でしたね。
雰囲気だけは良いなぁって思えるところもありました。
真央ちゃんの (菊千代)
2010-03-30 13:39:05
真央ちゃんのために
我慢して(笑)最後まで。

確かに星の数はそれぐらいかな‥(苦笑)
聞いてみたいなと思いました。 (メロンパン)
2019-05-19 07:27:16
どんな映画なのかなと興味を持ちました。
ラフマニノフの音楽は、興味を持ちました。

コメントを投稿

映画「ら・わ」行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

「ラフマニノフ ある愛の調べ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Lilacs」2007 ロシア ラフマニノフと彼にまつわる三人の女性たちによる愛と憎悪のラヴ・ストーリー。 セルゲイ・ラフマニノフにエフゲニー・ツィガノフ。 後に彼の妻となる従姉のナターシャにビクトリア・トルガノヴァ。 セルゲイが出会う二人の女性アンナにヴィ...
106「ラフマニノフ ある愛の調べ」(ロシア) (CINECHANの映画感想)
ライラックの香りに導かれ  1918年、ロシア革命に反対の立場をとるピアニスト・ラフマニノフはアメリカに亡命する。その後全米各地を演奏ツアーで回り、人々は目の前で繰り広げられる奇跡の音楽に、賛辞を送り続ける。ツアーの大成功とは裏腹に、ラフマニノフは日々...
ラフマニノフ ある愛の調べ (こんな映画見ました~)
『ラフマニノフ ある愛の調べ』 ---LILACS--- 2007年(ロシア) 監督:パーヴェル・ルンギン 出演: エフゲニー・ツィガノフ、ヴィクトリア・トルストガノヴァ、ヴィクトリア・イサコヴァ、ミリアム・セホン 1918年、ロシア革命に反対の立場をとるラフマニノフ(エ...
ラフマニノフ ある愛の調べ (映画通信みるみる)
ロシアの作曲家ラフマニノフと三人の女性たちにより奏でられる愛の協奏曲。 1918年、ロシア革命に反対の立場をとるラフマニノフはアメリ...
映画評「ラフマニノフ ある愛の調べ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2008年ロシア映画 監督パーヴェル・ルンギン ネタバレあり
「ラフマニノフ」、「浅田真央ちゃん」、「水谷実喜さん」、「カナエワさん」 (菊千代の部屋)
[[attached(1,center)]] 真央ちゃん、選手権の金メダル奪還記念に観ておいた 映画「ラフマニノフ ある愛の調べ」。 ロシア映画なので映像は美しいです。 でもちょっと違う方向で製作して欲しかったな、個人的には。 「ラフマニノフ」→「鐘」→「真央ちゃん」...