心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「Sweet Rain 死神の精度」

2008-10-13 | 映画「さ」行
不慮の死が予定されている人間のもとに現われ、行動を共にして7日後に、“実行=死”か
“見送り=生かす”かを決める死神。その一人、千葉(金城武)は“ミュージック”をこよなく愛する
一風変わった死神。そんな千葉の今回のターゲットは電器メーカーに勤める苦情処理係のOL、
藤木一恵(小西真奈美)。愛する人がいつも早死にしてしまう薄幸の彼女だったが、それでも
懸命に生きていた。とはいえ、いつも“実行”の判定ばかりをしている千葉にとっては、今回も
それは既定の事実のはずだったが・・・。


死神の話しだけど、妙な爽快感がある映画でした。
”死は誰にでも訪れる・・”確かにそう。”特別な事じゃないけど
大切な事・・”うんうん・・と頷きながら見ました。

なぜかこの死神さんの行くところ行くところ、いつも雨。
そしていつも黒い犬を連れているんだけど
そのワンちゃんの”声”が文字なんですが、
こういう設定だし、声として声が聞けても良かったかなぁ。

1話目が終わり、2話目と進んでいって、あ、これはオムニバスなのね、と
思ってたんですが、あれ?これは微妙に繋がったお話なのか?と
わかり、3話目でしっかりわかる、と、そんな感じでした。
でも、3話目の美容師さん、かずえ(冨司純子)のエピソードでは
ちょっと無理あるかな~・・と感じる部分も。
彼女の気風のいい話方とか、好きだったんですが
つながり的に、ああなるものか・・・?!とちょっと疑問もありました。

それぞれのお話に出てくる死神・千葉さんが、それぞれ髪型が
違っていて、そんなところも楽しめたし、他の死神さんたちも
現れて、なんだか楽しい雰囲気。
”ミュージック”をこよなく愛する死神千葉さんが、ちょっとおとぼけな
ところも、これまたいい感じ。あのおとぼけぶりは、ちょっとだけ
「ジョーブラックをよろしく」に似てるところもあったかな^^

同じファンタジー系でも、人間が創り出した”想像物”が出てこない、
それに時をかける・・という、こんなタイプのファンタジーは大好き♪
それにしても、この設定で行くと、1話目のCDを試聴するっていう場面が
ありなの?ってちょっと疑問も出てきたりしましたが、自分が忘れてるだけ
もうあったのかな?(^^ゞ

なにはともあれ、ラストが、ほぉ~・・・という良い雰囲気で、爽やか~な
気持ちにはなれました。でも、あの続きももうちょっ見ていたかったなぁ。

個人的お気に入り度3/5

Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション

VAP,INC(VAP)(D)

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« 「魔法にかけられて」 | トップ | 「ナッシング・トゥ・ルーズ」 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
金城武~~ (ちゃぴちゃぴ)
2008-10-13 15:36:27
彼の魅力につきますわぁ。
つかみどころのないような不思議な雰囲気が、似合ってました。
邦画らしくない雰囲気とファンタジーくささがなくって、よかったなぁ。
やくざさんのエピが、好き。
そうそう緋牡丹お竜(古っ)寺島さんのあの気っぷのいいしゃべりかたと小西真奈美のぶりぶりでは違うような気がするもん。
私もあそこは、おおいに違和感がありました。
人間、変わるものといえばそうですが。
私も、自分の毒舌は姑に鍛えられたものと信じてます。(^凹^)
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2008-10-14 08:34:09
そうですね~、この映画は金城武の魅力発揮!という作品でしたね。
そうそう変に邦画らしくなく、ファンタジー臭さもなく、時間だけが飛んで・・と言う感じだったので
ファンタジー苦手な私も楽しめましたわ(笑)

私もあのヤクザやさんたちのエピソードが好きでした。
次の日に交○○故っていうのは、ちょっと可哀想だったりもしましたが(^^ゞなかなか楽しめました。
金城くんのヤクザっぽい風体も良かったし^^

>そうそう緋牡丹お竜(古っ)寺島さんの

(≧∇≦)/ ハハハ 私も知ってますとも~!(笑9

>寺島さんのあの気っぷのいいしゃべりかたと小西真奈美のぶりぶりでは違うような気がするもん。

そうなんですよね~。あの小西が、あの寺島さんになる?ってあまりにも違和感が(^^;;)
いくらその間いろんなことがあったとしても、あの違いはあんまりでしょ~、と思っちゃいました。

>私も、自分の毒舌は姑に鍛えられたものと信じてます。(^凹^)

(≧∇≦)/ ハハハ 女はいろんな場面で鍛えられますからね~(笑)
結婚して、子供産んで、そうこうしてるうちに
つよ~くなりますよね(笑)
そうならないと生きて行けなし~。
と、おばさんは自分の事を正当化するのでした(爆)
気になっていた作品☆ (らんまる)
2008-10-14 10:47:39
コレはCMですごく気になっていた作品でした☆
もうレンタルでてるのですね~~!
ここに来ると見たいと思ってた!でもすっかり忘れてた~(><)
なものを思い出させてもらえるので助かります☆
でしょ・・ (sakurai)
2008-10-14 20:35:17
渡辺美佐子に御賛同いただきまして、ありがとうございます。
でしょ、でしょ。
予告で何度も富司純子を見せられたのですが、どうしてもコニタンとは、結びつきませんよね。
伊坂さんの作品は、超常現象を扱わないのが好きです。
超常現象ものとか、霊とか、そういうのはちょっと安易に感じてしまいます。
なるほど、ジョー・ブラックなんてのもありましたね。懐かしい。ピーナッツバターがなんだか舐めたくなりました。
こんばんは! (アイマック)
2008-10-14 23:29:10
爽快な気分になる映画だよね。
設定が変わっていて、おもしろかった。
3話目のロボットはあまりにかけ離れててひいたけども^^;
死神役の金城武がキュートで魅力的でした。
ブラピのジョー・ブラック、未見なんですよ。
この度チェックしてみよっ。
sakuraiさんへ♪ (メル)
2008-10-15 08:49:39
ですよ~!大賛成、大賛同です♪
ピッタリ、渡辺美佐子!
あれじゃあまりにも違い過ぎますもんね~。

伊坂さんの作品は、本は一冊も読んでないし(^^;;)
映画化されたのも、この映画と”アヒルと鴨・・”しか見たことが無くて(”アヒル・・”は途中睡魔が襲い(^^;;) 記憶が曖昧なので、記事にしてません(^^;;) )
初と言ってもいいんですが、そうですか、超常ものじゃなくて、普通のお話の方がいいわけですね。
来年もまた一本決まってるようですが、楽しみに待つとします^^

>ジョー・ブラックなんてのもありましたね。懐かしい。ピーナッツバターがなんだか舐めたくなりました。

そうだったですね~、ピーナッツバター^^
重要な(?)アイテムだったですね。
初めてあれを食べれば美味しかったんでしょうね~^^
あちらの方にとっては味噌汁くらい日常的で
なくてはならないもののようですし。
わたしはあまり好きじゃないんですけど、あの映画を
見てたら無性に食べたく・舐めたく^^なりましたもん(^ー^* )フフ♪
らんまるさんへ♪ (メル)
2008-10-15 08:51:53
そうなんですよ~、すでにレンタルされておりますです^^♪
なかなか面白いですよ。ワンも出るし(^ー^* )フフ♪
といっても、すごく出番は少ないですけど(^^ゞ
ちょっと違和感ある部分もあったんですが、
なかなか楽しめるところもあって、これまた時間が
ございましたら、是非見てみて下さいませ^^
アイマックさんへ♪ (メル)
2008-10-15 08:56:12
そうそう、あのロボットには参りましたが(^^;;)
死神さんの話なのに、思いがけず爽快な気分になれる映画でしたよね~♪

金城さんのちょっとお惚けなところとか、似合ってたし、素敵な死神さんでしたよね^^
ジョー・ブラックもかなり天然というか、世間ずれ
してるわけですが、これまたすっごく魅力的でしたよ~♪
あれを見て、普通に好きくらいだった私が
ブラピって素敵~~~~!に変わりましたから(笑)
こんばんは! (由香)
2008-10-19 22:15:06
お邪魔します♪
TB&コメントありがとうございました。
お返事が遅れて申し訳ありません!

最近伊坂さんの作品がお気に入りなので、コチラの原作も読んでいましたが、映画は原作よりも雰囲気が良くって好きでした。
きっと金城さんの魅力も大きいでしょうねぇ~テーマ曲もなかなか良かったですし。
金城さんのちょっと人間離れした雰囲気が(笑)物語に合っていたと思います。
時々テンポの悪さは感じましたし、ロボットには引いてしまいましたが(汗)、、、爽やかな終わり方が良かったです!
由香さんへ♪ (メル)
2008-10-20 08:32:45
原作よりも雰囲気が良かったんですね~。
確かにそれは金城さんのあの魅力によるものが
大きいのかも・・ですね^^
ぬ~ぼ~とした(失礼m(_ _)m)あのつかみ所のない雰囲気が死神さんにあってたし、おっしゃる通り
人間離れした(^^ゞ彼の雰囲気がピッタリだったかも♪

そうそう、ロボットにはちょっと引いちゃいましたが、ラストは爽やかでなかなか良かったですよね~♪
もうちょっと大げさに感動したかったけど、それは
望みすぎかな(=^_^=) ヘヘヘ

コメントを投稿

映画「さ」行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

27 トラックバック

Sweet Rain 死神の精度 (晴れたらいいね~)
邦画にしては、毛色の違った雰囲気が気になってた映画。金城武の職業は、死神です。原作は、伊坂幸太郎の「死神の精度」で、こちらは6つ人生の物語があり、映画ではこの中の3つから、らしい。でもちょっと、雰囲気が違うらしい??読んでないから知らないけどね。Swee...
「Sweet Rain 死神の精度」 (the borderland )
【ネタバレです】 原作を読んで鑑賞しました。 伊坂幸太郎にしては平凡な(失礼だけど)作品やったと思うので、たいして期待もしてなかったんですよ。それでも、映画とは別物とは言え、半分はただのグチです(^^; 死神だけで繋がってるの3人の物語を、1人の女...
Sweet Rain 死神の精度 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。伊坂幸太郎原作、筧昌也監督、金城武、小西真奈美、富司純子。不幸な運命を生きる自分を唯一理解し、愛してくれた男性を人生の最後まで拠り所にした女性の半生を描いた悲恋――と表現するよりも、死神を介してカムフラージュしなければ、その悲しみは伝わらな...
Sweet Rain 死神の精度 (映画鑑賞★日記・・・)
【Sweet Rain 死神の精度】2008/03/22年公開(03/22鑑賞)製作国:日本監督:筧昌也原作:伊坂幸太郎  『死神の精度』(文藝春秋刊) 出演:金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満 今時の死神は、ミュージック大好き天然...
Sweet Rain 死神の精度 (花ごよみ)
伊坂幸太郎の連作短編集の映画化。 主役の死神は金城武 。 小西真奈美 、富司純子 、 光石研 、石田卓也等が出演。 本は読んでいます。 でも、読んでからかなり経っているので おおまかな内容しか憶えていません。 映画を見て徐々に 記憶が甦ってきました。 死神...
『SweetRain 死神の精度』 (2008) / 日本 (NiceOne!!)
監督:筧昌也原作:伊坂幸太郎出演:金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満公式サイトはこちら。<Story>死神(金城武)が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。観察期間の後、「実行」か「見送り」かを判断するのが仕事....
Sweet Rain 死神の精度 (映画のメモ帳+α)
Sweet Rain 死神の精度(2007 日本) 監督   筧昌也    原作   伊坂幸太郎 『死神の精度』    脚色   筧昌也  小林弘利       撮影   柴主高秀                   音楽   ゲイリー芦屋 主題歌  藤木一恵 『Sunny ...
Sweet Rain 死神の精度 (迷宮映画館)
あんなボケてる奴に生死を握られてるんだろうか・・・・。
死神の精度 ( Art- Mill  あーとみる)
死神の精度 http://www.shinigaminoseido.jp/ 人気作家の作品の映画化にあたり、製作チームは、イメージをどの方向に広げ、原作にない、あるいは足りない何を加えようとしたのか。 原作
【Sweet Rain 死神の精度】 (+++ Candy Cinema +++)
監督・脚本/ 筧昌也    原作/ 伊坂幸太郎    製作年度/ 2008年    公開/ 2008年3月22日   上映時間/ 1時間53分   配給/ ワーナー・ブ...
【映画】Sweet Rain 死神の精度 (新!やさぐれ日記)
■動機 石田卓也の様子見に・・・ ■感想 なにやらうまーくまとめ過ぎてちょっと変? ■満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ■あらすじ 死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに7日前に現れ、その人を1週間観察し、その生死を判断...
Sweet Rain 死神の精度 (小部屋日記)
(2008/日本)【DVD】 監督・脚本:筧昌也 出演:金城武/小西真奈美/富司純子/光石研/石田卓也/村上淳 雨男、しかも死神。 人間の最期をプロデュースする、それが、死神の仕事です。 原作は、伊坂幸太郎の同名小説。 哲学めいていてコミカル。過去、現在、未来の...
【Sweet Rain 死神の精度】 (日々のつぶやき)
監督:筧昌也 出演:金城武、小西真奈美、石田卓也、光石研、富司純子、吹越満 「死神の千葉は、担当する人間の不慮の死を『実行』か『見送り』かを判定する。彼は青空を見たことがない、彼が現われる時はいつも雨。 ある日の担当は、電器メーカーの苦情処理係の藤
Sweet Rain 死神の精度 (スワロが映画を見た)
製作年度:2007年 製作国:日本 上映時間:113分 監督:筧昌也 原作:伊崎幸太郎 脚本:筧昌也/小林弘利 出演:金城武/小西真奈美/光石研/...
「Sweet Rain  死神の精度」 (てんびんthe LIFE)
「Sweet Rain  死神の精度」試写会 ニッショーホールで鑑賞 死神ってコトバは怖いですが、この死神さん、天然というか無知というかとぼけております。 私の死神といえばジョー・ブラックなのですが、どこと無く雰囲気が似てるなあなんて思いながらみていました。 ...
Sweet Rain 死神の精度 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
幾千万の命のそばに7日間だけ寄り添う気まぐれなその死神は、あなたの最後の日にもきっと、この世で一番優しい雨を降らせてくれる。 死神=千葉が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。7日間の観察期間の後、「実行」=「死」か「見送り」=「生かす」かを判断す...
Sweet Rain 死神の精度 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
原作の伊坂幸太郎の小説『死神の精度』はまずまず面白かった。映画はどうかなぁ~    コチラが本の感想です【story】死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに現れ、その人を7日間観察し、その生死を判断することだ。雨男の彼は、...
Sweet Rain 死神の精度 (Some Like It Hot)
2007年・日本 監督=筧昌也 主演=金城武 小西真奈美 富司純子 光石研 ※注・結末に触れている部分があります  伊坂幸太郎の小説を映画化したファンタジー。金城武扮する死神”千葉”は、人の最期の7日間につきそい、そのまま死を「実行」にうつすか、「見送る...
Sweet Rain 死神の精度 42点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
サラリーマン死神 公式サイト えんどコイチの名作漫画『死神くん』を彷彿とさせる、伊坂幸太郎の短編連作小説『死神の精度』を映画化。監督は『美女缶』の筧昌也。 上述の『美女缶』や近作ではTVドラマ『ロス:タイム:ライフ』など、現実世界に一つだけ有り得ない...
「死神の精度」「陰日向に咲く」原作比較感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
両方とも小説のイメージよりもカッコイイorカワイイ役者さんが演じてた(^^;) そして人物のリンクの仕方がちょっとタイプが似てるかな~と思い...
DVD『Sweet Rain死神の精度』 (オタマ・レベルアップ)
DVD『Sweet Rain死神の精度』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 113分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2008/03/22 ジャンル ファンタジー/ドラマ 解説・・・ 人気ミステリー作家・伊坂幸太郎のベストセラーを金...
『Sweet Rain 死神の精度』 @丸の内プラゼール (映画な日々。読書な日々。)
死神が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。観察期間の後、「実行」か「見送り」かを判断するのが仕事だ。楽しみは、CDショップで、“ミュージック”を聴く事である。今日の「ターゲット」は、27歳の一恵。家族を亡くし、恋人にも先立たれた薄幸の女性だ。しかし、ひ...
Sweet Rain 死神の精度 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 3回目の鑑賞です...正確に言うと2.5回目の鑑賞な感じ(笑)詳しくは 初日舞台挨拶の日記へ  1回目  2回目伊坂幸太郎さんの原作が60万部突破の売上 内、一冊にワタクシも貢献武ちゃん らぶぅなワタクシですが、そんなワタクシでも 過去、リターナーを...
特別じゃないけど大切なもの。~「SweetRain 死神の精度」~ (ペパーミントの魔術師)
CDshopにこんなんがうじゃうじゃいるとしたら TSUTAYAみたいなとこには・・・ギャ~~~~!!! でもこんなカッコイイ死神なら 会ってみたいかもしんない。m(~ー~m)~ ミーハーな話ですが 22日の初回上映に間に合えば ポスターがもらえるというので いそいそ行っち...
死神を応援 (Akira's VOICE)
「フレフレ少女」 「Sweet Rain 死神の精度」 
Sweet Rain 死神の精度 (単館系)
人間の最期をプロデュースする、それが、死神の仕事です。 この男は、ミュージック大好き、な死神 そして雨男。 物語は大きく3つに分かれ...
映画評「Sweet Rain 死神の精度」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・筧昌也 重要なネタバレあり。未見の方は要注意。