心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「キャデラック・レコード~音楽でアメリカを変えた人々の物語~」

2010-03-12 | 映画「か」行
1947年、シカゴ。ポーランド系移民の若き野心家レナード・チェス(エイドリアン・ブロディ)の
経営するクラブでは黒人ミュージシャンたちがライブ演奏を行っていた。その中の一 人、
ギタリストのマディ・ウォーターズ(ジェフリー・ライト)は陽気なハーモニカ奏者リトル・ウォルター
(コロンバス・ショート)と組んだ新しいバンド・スタイルで評判を呼んでいた。チェスはさっそく
マ ディにレコーディングの話を持ちかける。やがて彼らの歌声は人種の壁を突き崩し、ついに
ラジオからも流れ始める。その後も、チャック・ベリー(モス・デフ)やエタ・ジェ イムズ
(ビヨンセ・ウルズ)ら所属アーティストがヒットを飛ばし、その度にチェスは彼らに成功の証として
キャデラックをプレゼントする・・。



見応え、というか聴き応えのある映画でした~!
みなさんの熱演がびしびしと響いてきました。
やはり特に演奏と歌ですかね~。本当に素晴らしかったです。

この映画の主人公であるチェスという方、恥ずかしながら全く知らず(^_^;) 
彼が育て上げた・・というか、発掘したミュージシャンたちは知ってる方も
勿論いらっしゃいましたが、チェス・レコードを立ち上げた、そして
この映画のサブタイトルにもなってるように、音楽でアメリカを変えた
レナード・チェスという人物について、何も知らなかったので、その部分も
とても興味深く見ることが出来ました。
 
当時、黒人差別は当然で、差別まみれの社会と言っても良い時代に、
よくぞこのように黒人を偏見なく、実力主義で(お金が目的というのも
あったでしょうが)発掘したなぁと思ったし、しっかりサポートして
デビューさせていたチェス。素晴らしい、先見の明がある人だったんですね~。
このチェスを演じていたのがエイドリアン・ブロディだったんですが、
これまで見た映画での彼よりもずっと魅力的に映ったから不思議(^^ゞ 
妙に素敵だったんですよね~。

こういう音楽映画はやはり良い、と思いましたし、最近の人ではありますが、
やはり伝記物でもあるので、手堅く面白かったです。当時、どのように
ブルースが表に出てきて、そこからロックンロールが生まれてきたのか。
どのように今に続いているのか、ということを知る上でも、とても興味深い
内容でした。ストーンズも出てきましたし(チラッと)、ラスト流れる
テロップで、知らなかった事実もたくさん知ることが出来ました。
そこでもまたポイントアップでしたわ。
 
それになんといっても出演者たちが逸品!
ビヨンセの歌声には痺れましたし、涙が出てきそうなくらいの歌詞と歌声に
聞き惚れました。でも、ビヨンセはある意味、出来て当然みたいなところが
ありますが、その他の役者さんたちは、文字通り役者さんなのに、本当に
素晴らしい演奏と歌声を披露してくれて、ビックリ。
吹き替えか?と思ったんですが、ほとんど全部役者さんたちが演奏して
歌も歌ってらしたとのことで、ビックリです。
特にジェフリー・ライトの演奏の巧さに驚き&ウットリ。
 
そのジェフリー・ライト演じたマディ・ウォーターズのギターも歌声も
素晴らしかったですし、リトル・ウォルターのハーモニカの巧さにも
聞き惚れましたし、チャック・ベリーの演奏&曲はやっぱり良かったし、
やはりこの映画の半分以上は皆さんの演奏と歌の素晴らしさだったのかも
しれません。それにしても、あちらの俳優さんたちのタレントの奥深さには
感心します。俳優さんなのに、充分音楽家としてもいけるんじゃ?と
思わせてくれました。
 
実話を基に作ってあるので、展開的にすごく盛上がる部分は少なめでしたし、
淡々とといってもいいくらいでもありました。あと、ビヨンセ演じるエタが
ドラッグ中毒になって・・という部分では、あまりにも彼女が綺麗なまま
だったのがちょっとねぇ~・・と思いました。
もうちょっとボロボロな感じでも良かったのでは?と。
でも、歌と演奏、歴史を知る。そこは充分楽しめるものでした。

個人的お気に入り度4/5

キャデラック・レコード コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 「GOEMON」 | トップ | 「僕がいない場所」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これ好き~ (rose_chocolat)
2010-03-12 14:02:19
この作品去年公開の中でもかなり好きな方でした。
音楽がいいよねえ。
あと人物も。
ビヨちゃんには毎回やられちゃいますねー。 こういうのにピッタリです。
rose_chocolatさんへ♪ (メル)
2010-03-13 07:30:08
rose_chocolatさん、こんにちは☆^^

これ、良かったですよね~!!!
私も好き(*^^)v
仰る通り、なによりも音楽が良かった♪
それに人物も。
こういう人たちがいて、こういう風に音楽の歴史を作っていったんだなぁって、とても感慨深いものがありました。
この短時間の間に、よくぞこれまで魅せてくれた、と思いました。

>ビヨちゃんには毎回やられちゃいますねー。 こういうのにピッタリです。

ほんとですね~。やっぱり上手いわ~~~♪と思いました。

コメントを投稿

映画「か」行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

15 トラックバック

キャデラック・レコード♪~音楽でアメリカを変えた人々の物語~ (銅版画制作の日々)
 CADILLAC RECORDS 時代は変わっても、僕らの愛と友情はブルースに生き続ける 歌姫エタを演じるビヨンセ、何でもこの作品の製作総指揮も自らやっているという。かなり入れ込んでいるのかな?あのオバマ大統領の就任祝賀パーティでは本作の中で歌ったエタ・ジェイムズ...
『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』 (マガジンひとり)
Cadillac Records@日比谷・東商ホール、ダーネル・マーティン監督(2008年アメリカ) 2009年1月20日、オバマ大統領が就任した夜に開催された祝賀パーティーで、新大統領夫妻が披露するダンスは、ビヨンセが生で歌う「At Last」=エタ・ジェイムズの名唱で知られる=で始...
『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』(... (NiceOne!!)
原題:CADILLACRECORDS監督・脚本:ダーネル・マーティン出演:エイドリアン・ブロディ、ジェフリー・ライト、ビヨンセ・ノウルズ、コロンバス・ショート、モス・デフ鑑賞劇場 : 恵比寿ガーデンシネマ公式サイトはこちら。<Story>1947年のシカゴ。バーのオーナ....
キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語 (カノンな日々)
1950年代の伝説的なレコード・レーベルであるチェス・レコードと所属アーティストたちの盛衰を実話に基づいて描いた作品だそうです。私は音楽的にはチャック・ベリーくらいしか親しみがなく詳しくないのですが、予告編での音楽や映像がとてもいい感じだったの観に行こうと...
『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----もう、ほんとビックリ!。 ニャんと、あのマイケル・ジャクソンの娘の父親は自分だと、 とんでもない人が名乗りをあげちゃった。 その人の名はマーク・レスター。 えっ、そんな人知らないよだって!? マーク・レスターというのは『小さな恋のメロディ』で 主役の男...
キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:ダーネル・マー
「キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Cadillac Records」 2008 USA レナード・チェスに「ハリウッドランド/2006」「ダージリン急行/2007」のエイドリアン・ブロディ。 マディ・ウォーターズに「007/カジノ・ロワイヤル/2006」「インベージョン/2007」「ブッシュ/2008」「007/慰めの報酬/2008」...
09-250「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
ブルースは不条理から生まれたんだ  1947年、シカゴ。ポーランド系移民の若き野心家レナード・チェスの経営するクラブでは黒人ミュージシャンたちがライブ演奏を行っていた。その中の一人、ギタリストのマディ・ウォーターズは陽気なハーモニカ奏者リトル・ウォルターと...
「キャデラック・レコード」 (古今東西座)
黒人の民俗的な音楽であったブルースを大衆化し、現代のポピュラー音楽の原点になったチェス・レコード。この映画『キャデラック・レコード』は、チェス・レコードの創設者で社長のレナード・チェス(エイドリアン・ブロディ)と創設時からレーベルを支えた伝説的なブルー...
キャデラック・レコード~音楽でアメリカを変えた人々の物語~ (心のままに映画の風景)
1947年、シカゴ。 ポーランド系移民の若き野心家レナード・チェス(エイドリアン・ブロディ)は、 天才ギタリスト、マディ・ウォーターズ(...
キャデラック・レコード (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] エタ・ジェイムズ(ビヨンセ)の唄う「アットラスト」が好きで・・
キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年8月29日(土) 20:50~ チネグランデ 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』公式サイト キャデラック・レコードという会社ではない。チェス・レコードという...
キャデラック・レコード (cochi の blog)
http://www.sonypictures.jp/movies/cadillacrecords/ 「キャデラック・レコード」 アメリカ、シカゴのチェス・レコードの誕生から幕を閉じるまでの「ブルースと生きた人間たち」ドキュメントで
キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語 (手のひらの地球儀)
Cadillac Records 監督: ダーネル・マーティン(Darnell Martin) 出演: エイドリアン・ブロディ(Adrien Brody)/ジェフリー・ライト(Jeffrey Wright)/ビヨンセ・ノウルズ(Beyonce Knowles)/コロンバス・ショート(Columbus Short) 2008年 アメリカ  ポーランド移...
mini review 10449「キャデラック・レコード」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
1950年代のシカゴを中心に、伝説的なレコード・レーベル、チェス・レコードと所属アーティストたちの盛衰を描く実話ドラマ。監督は『彼らの目は神を見ていた』のダーネル・マーティン。チェス・レコードを立ち上げたレナード・チェスをエイドリアン・ブロディ、グラミー賞...