柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

胡乱

2007-08-28 08:43:37 | Weblog
朝青龍帰っていきます。ゴネ得でしたか。病気の陰に隠れて、二場所休んで、収入が途絶えたところで向こうじゃ英雄だそうですからね。どこかの政治家が入院という逃げを打つのと全く同じことです。誰が入れ知恵したんでしょうね、まんまと協会の間抜け達を黙らせることができました。
 世界陸上、ボロボロ、ボロボロです。あの女幅跳び、どうしたんです?あれだけ露出して(アスリートにしてはかわいい系ですか)看板娘的な扱いされてあれですか(予選落ち)。はぁ・・。男高飛びもそう。怪我?何年前から準備してたのよ、昨日聞いたの?そして室伏。そうかい、五輪で勝てばいいんだ。勝てよこの野郎!チヤホヤされて、舞い上がってるのがわからんのでしょうね、こういう連中は。
 当地の高校生祖父殺人事件の後始末、例によって在校生への心のケアだそうです。いらん世話だって言うのに。アンケートを採って対応考えるんだそうです。馬鹿馬鹿しい。なんちゃらいう専門家を呼んできて、聞いたことのない専門用語ふりかけられて治った気でいる馬鹿馬鹿しさです。DDTじゃない(些か例が古うございますか)って言うの。粉かけられてハイ次!です。連中はちゃんとそれぞれに消化します、周りが手を出す事じゃありません。ストレスじゃぁ、PTSDじゃぁ、うんのかんのとご大層な病名は要らぬことなんです。専門家達、そしてその筋を辿っていけば大元にいる精神科医達こそが胡散臭い。うむ、そうかも知れませんぞ。
 安倍改造内閣、いかがですか。媚中自称リベラル(実は左翼)加藤紘一議員が言います、これでは安倍色が無い、10年15年前の組閣だ、と。何ーにを言うとるか、安倍色(戦後レジームからの脱却で象徴される脱左翼思想)を出したら出したで中国やら韓国の顔色を窺うような物言いで袖を引っ張っておきながら、今度はこうです。この男もどうにもならんですわ。新聞の見出しです、派閥均衡(毎日)重鎮起用(日経)延命型(朝日)重厚布陣(読売)。前回で失敗したから今度はこうする。私は良い選択と思います、今は自民党の足場を固めるのが先決でしょう、憲法やら教育やら安倍さんのやりたいことが少し後送りにはなるかも知れませんが。あれだけ大文句言い続けて、辞めろ辞めろと吠え続けた舛添を年金大臣に当てる、やれるならやってご覧なさい、ですか。菅総務相は固くやっていた印象ですが、最後に領収書がどうのこうのとやられて切られました、この人は無念でしょうね、端から見ていてもこの人はもったいない感じがします。代わりが前岩手県知事、民間登用です。さてこの人も今までせんぞ言ってきた改革論を実行できるかどうかです。この二人が楽しみですか。町村、高村の二人はそれなりに無難にやっていくんでしょう、波風を立てるほどに若くもない人達ですから。伊吹さんと山谷さんを動かさなかったのは安倍さんの強い意志でしょうね、教育現場から左翼思想を抜くにはこの二人が要ると思っているのでしょう、私も賛成です。社民党女党首は安倍首相PTA内閣と言いました、うむ、これは上手いかな。どうか安倍さん、もう少し踏ん張ってくれ、という思いです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« とんちんかん | トップ | 溜息 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事