柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

神話

2019-04-18 08:23:33 | Weblog
天皇皇后両陛下が天照大御神に譲位の報告をされに特別列車を仕立てて伊勢神宮にお出ましになる(これも行幸ですよね)、三種の神器のうち剣と勾玉を行員が恭しく捧げ随行している光景です。言葉をなくして見入る、その後遅れて厳粛な気持ちが沸き上がったことでした。天照大御神ですよ。失礼ながら大の大人が大真面目に大人数で、です。天皇様の仕事は神話(伝統)を守ること、それは国民の安寧のために祈ることとよく解説されますが、三種の神器を持参されるところフィクションがどうのこうのの批判をすっかり抑え込んで見つめてしまいます。もう一つの八咫鏡は伊勢神宮に鎮座ましますわけで、そこに行かれることで万世一系の正統の証明にもなるという大物語です。いいですねぇ。草薙の剣は熱田神宮にあって、皇居にあるのはその形代だとググって知りました。八尺瓊勾玉は本物が皇居にあるのだそうです。何と神話の世界よ。古事記を読み返しましょう。そういう気分になります。この科学全盛の時代に神話は歴と生きています。何と嬉しいことです。背筋が伸びる気分です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 損賠 | トップ | 帰化 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事