柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

需要

2019-04-13 08:28:38 | Weblog
コンビニは24時間営業こそが命綱、生命線だとするのがマスコミ(つまり学者たち)の前提ですが、そもそもそうなのか?です。需要に応えて供給が生まれるのかその逆なのか。もちろんそこは商機への鼻の利きです、夜の営業で儲かると踏んだんですね当初は。マーケットリサーチ、なんて言葉が当時からあったのかどうかですが、あれこれの調査の末のGOだったのでしょう。で、文字通りの7時11時で始めて、客がついての顛末。夜間に需要があったのは確かでしょうが、開いてるから行くの順でしょう?供給を作っておいて需要を掘り出す。小林一三が線路を敷いてから街を作った(宝塚を作った)如く。足(アクセス)を整備して人を呼ぶ。この順。人の多いところにアクセスが出来ていくってのも順ではあるのですが、それはえ拡大していく時の現象です。まずは作って人を呼ぶ。だから閉めれば閉めたで行く所がなくなるだけで、人は我慢するだけです。やめればいいですねぇ24時間営業を。夜は寝なさいよと。TVも12時で消す(砂嵐にする)。いいですよねぇ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 宇宙 | トップ | 実験 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事