柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

吐露

2019-06-20 08:27:53 | Weblog
当県上関は原発建設予定が中断されて長い(ご察しの通り 3.11 事件が理由ですが)のですが、長く推進派として町長を張ってきた柏原さんが次の選挙には出ないと表明して、新聞にインタビュー記事が載ってました。あの地震さえなければ建設は進んでいただろうとの思い、そして町の財政が豊かであれば原発など要らないとまで言うてました。山口県の中でも人口減少と過疎の激しく進む地域です、税収が増えるはずがないのです。何十年も前から中国電力の周辺地域への買収施策は進み、漁業権やなにやらで周辺住民も原発マネーにまみれてきた歴史です。町長選は常に推進派と反対派の一騎打ちになり、その都度推進派が勝ってきた中で、唯一祝島の住民が猛烈な反対運動を続けて膠着状態を抜けられなかった、そこにあの大地震が襲ってすっかり沙汰止みになっているのが現状です。それでも中国電力から町への原発関連の寄付金は送り(贈り)続けられています。4期続けた町長をやめると決めて心情の吐露という内容です。一方で世耕担当大臣は、国が指定を解除する事情はないとまだ含みを持たせた発言をしていると別の記事にありました。自然にあふれた地域です、壊す意味があるのかなぁと私は単純に思ってますが。でも財政ですねぇ、金が絡むと・・です。
コメント   この記事についてブログを書く
« 管理 | トップ | 不足 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事