柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

偽陽性

2009-04-05 07:59:17 | Weblog
北朝鮮やりますねぇ。じゃなくて日本のドタバタ。まぁ叩くわ叩くわ。どっちが悪いのかと見紛うほどの非難の嵐。北朝鮮の狙いはここにあったんじゃないかってしたり顔の論評するタコが出てきそうです。こうやって日本の国防能力を測っているのだ、後ろにロシアがいて中国がいるのだ、なんてね。新聞には劇画調に「首相を呼び戻せ」なんて見出しです、北朝鮮への非難抗議のコメントを出す場に麻生さん向かっていたんだそうです、誤報とわかっておらが国さの地味系官房長官が慌てて袖を引っ張って。コメント出した後に間違いとわかった日には大変なことだったんでしょうから、まだここには運がありましたか。誤探知なんだそうです。この辺りに言い訳が見えて面白いです。探知できたんだ、何かが写ったんだ、でもミサイルじゃなかっただけなんだと。そこをマスコミは叩きます、どうして間違ったんだ?じゃぁ何が写ったんだ?狼少年の寓話を持ち出すわけです。そんな曖昧な情報では困るじゃないか!事実そうなんですし、探知したものは何なんだったのかこれは説明しなければならぬでしょう。でも探知システムは非常に感度よく機能していたとは考えられないのでしょうか。専門用語に false positive 偽陽性なんて言葉があります。陽性、つまりクロと結果は出たけれど実はシロだったという間違いを言います。事の判断には灰色の部分が必ずあって、そこをいちいち拾い上げるか知らん顔するかはその物事の重要性緊急性や慣習やらに左右されるのです。感度よく保つことが要求される事柄なら偽陽性例は避けられません。もちろんそうなると狼少年状態に陥る危険もどんどん大きくなるわけで、感度と精度とを近づける修正を常に行なわなければなりません。何でもかんでもピーピー鳴ってしまう煙探知機や、感度の良すぎる自動ドアも困ったことです、あれです。今回は人じゃなくねずみや葉っぱに反応して自動ドアが開いちゃった状態です。びっくりするじゃないか!!と中にいる人が怒っています、そういう図です。ではこの逆であったらどうだったか。ミサイルは飛ばなかった、けれど何だかわからないモノが飛んできて近海に落ちた、落ちてから分かった、なんて事態だったらどうであったか。こっちの方が事態は深刻ですよね。それこそ世界中に笑われます。なによりロシアや中国が膝を乗り出してきますよ、ああ、そんなもん?って。政府筋は言い訳するでしょう、ミサイルと認識しなかっただけだと。このシステムは対ミサイル探索用のものだなんてね。誤探知ではなくて正探知です。網にかからなかったのですから。でもその程度の網の目だと晒してしまいます。日本の防衛網は恢恢、疎にして大漏らしと公表してしまいます。こうじゃなくてよかったですね。もう一つは偽陽性の逆、偽陰性だったら。これは大変です、探知できないうちに本物のミサイルが飛んできて北朝鮮の言う通りの海域に落ちると言うケースです。シロと思っていたものが実はクロだった。こっちが最悪ですね。普通に考えればそうです。ならば、今回の騒動(まだ終わってません、敵さんの予告期間はまだあります)、安全を優先した勇み足という、現在の日本を象徴する過保護、安全至上人命至上主義に沿った通常の反応とは言えないですかね。いつもの地震情報、とりわけ津波情報。あれと同じですよ。でも、何故かマスコミしつこいですねぇ。どうすればよかったんでしょうか。何物かを探知したけれどミサイルではないと判断した、ミサイルは飛ばなかったとはっきり言えば最善でしたか。探知した時に、飛んだ!という緊急通告ではなくて、かもしれないから準備しておいてくれという通達に留めておけばよかったのか。でも、何だか分からないからああいう通達になったんでしょうし、何より本物だったらそれこそ何分のうちに届く代物です、どうだかなぁ・・なんて悠長さが許される場面でもないです。結果としてドタバタで、北朝鮮を利したようにも思いますが(今朝のTBSの番組では北朝鮮は大笑いしているだろうというコメントもあり、日本は防衛じゃなくて防災程度の構えしかできないのだなんて批判もありました)マスコミの声の大きさに惑わされずによく考えれば、今回の日本の対応は少なくとも次善のものだったと思います。官房長官も防衛大臣も謝ってますが、飛んでこなかったから被害がなかったからこれで済んでいるわけですし、ああいうシステムが動くんだと、失礼ながら真剣な予行演習、防災訓練(防衛訓練なんて言葉がないですから敢えて使いますが)になったんじゃないですか、こういう風に構えてるんですよと国民に知らしめた意義は大きいと思うのです。偽陽性はシステム機能を測る意味で、事例の少ないうちは歓迎すべきことと思います。初めてのことですよ。このオーバーさでよかったんじゃないんでしょうかね。私はそう思います。いかがですか。
コメント