~irowanami~湘南 寧音の「いろのは、おとのは」

パステルで描く曼荼羅や絵、いろ、おと、なみ。
ねこ、ヨーガ、暮らしのなかの癒やしのことetc.

パステルアート。

2018-06-18 09:58:17 | パステルアート

今日もご覧いただきありがとうございます。
湘南irowanami いろのはおとのは の寧音です。


光陰矢のごとし。


…( ;∀;)💦チョッピリゴブサタシテシマイマシタ…
あっという間に6月も新月を過ぎ、半ばを過ぎ…もう今週中には夏至を迎えます。
「夏至を迎える」ということは… それ以降は徐々に昼が短くなる、ということですょね。
その昔、頻繁に海に入っていた頃(一応、長い板に乗っているサーファーです、いや、でした!?笑)
朝もはよから、夕闇迫る暮れる波間に浮かんでいたときまで…。
日の長さがとてもありがたかった、ということを思い出す…。
日が短くなるのは、なんとも…切ない感じがします。
皆さんにとって「夏至」は どんな?イメージでしょうか。


そんな6月も半分を過ぎたワケですが、
前述のブログに取り上げた「6月病」とやらに かかるヒマもないほど、やること満載。
おかげさまで、毎日充実120%、睡眠がとっても深い毎日です。( ;∀;)💦

まずは
…6月2日まで少しの間、<わけあって>封印していたパステル、を手に取ってみました…。
 

  「おかえり

なんだか、そんな声が聴こえたような氣になりながら、
6月2日から15日のあいだに、曼荼羅アートを4枚描きました。
※テーマの本文が長いので…(^^:曼荼羅アートはまた後日アップします。


そして「和みアート」としておなじみの、JPHAA準インストラクター講座のモチーフを
復習したり、あれやこれやと、描いてみたりして。

    

   JPHAA準インストラクター講座モチーフの「花瓶」と「オーロラ」
   復習がてら、描いてみました。やっぱり楽しいっ
   そしてベースとなる技法によるJPHAA代表、細谷氏作の各モチーフは、驚くほど簡単に描ける。
   それが、和みアートの特徴です。



    instagram で遊んでみました。
    (※よろしければフォローください iro_wa_nami)
   

   今年2月に準インストラクターに。
   ”E.T.”のあの有名なシーンを描きました。懐かしいです。
   (こちらは提出課題で描いたもののうち、ボツとして手元にある作品です)


和みアートを学んだ先生から、さらに教わった「オーロラ」
進化バージョンのモチーフがとてもすてきでした! こちらもさらに描き続けたい一枚です。

   



そして、ジャンプしている(!?つもりの…笑) イルカさんたちと、
中途半端に リアルさをもち?可愛さからは逸脱してしまった ホヌ(=ウミガメ)。
お子ちゃまがみたら?泣くかも…⁉( ;∀;)💦

    
 
  これら2枚のモチーフは私のオリジナルです。 実は、イルカも、ホヌ(honu=ウミガメ) も初めて描きました。
  うまくはないけれど、味がある…そんな2枚だと自分ではまずまずの出来栄えに満足しています、笑。
  (※表現しきれないもどかしい箇所も多々ありますが、現時点での自分の力量として受け入れています。)
  

絵としての技術力は相変わらず、「ある」とはいえない私ですが、友人や相棒に

 「なんだか味ある。ほっこりする。


と言われると、内心嬉しく思います。(*´▽`*)
そして「うまい下手」ではないところの、ほっこり、味ある、安心するといった感を
観た人たちに味わってもらえると、それが自分の喜びとなって還ってくるのだなぁと実感している自分に氣づきます、笑。

アートには自分の意識下に埋もれて氣づかなかったモヤモヤした感じや、自覚していなかった感覚が
ポンッ、と意識上にあらわれ、絵であらわしたり、言葉などで言い表したりと、
その感情や考えを表出する瞬間がやってきたりすることがあります。


そして描くことが楽しい!ということに氣づいた場合は、子どもの言動から学ぶように

 「もっとうまくなりたい

といった考えも自然と生まれてくることがあります。
表現したい想いをより近い状態であらわしたい…と思うのは、なんであれ自然な心の流れかもしれません。
自己表現が自身の満足のいくように成されると、心がスッキリしたりします。

たとえば「さらに絵がうまくなりたい!」
という思いがある場合ならば、練習あるのみ。
時には、ご縁がつながった氣になる諸先輩方からの教えをいただき、
コツを少しずつ、腑に落としていって、自分のモノにしていく…。

絵のたとえ話で、お伝えしましたが、実は競技スポーツでも、ダンスでも、料理でも、音楽でも、ヨーガでも。
それは・・・よきコーチ、偉大なる師、師から弟子へ、そのまた弟子へ…と。
(大きな源からみた深い所では師も弟子も上下の関係ではないと思いますが互いにリスペクトしあう関係性だと思います)


  なんにでもいえる、共通の真理だと、私は思います。



現在は(仕事としてのメインはヨーガ講師ですが)
曼荼羅ワーク®の各種講座
エンジェルブレッシング講座
※和みアート(準インストラクター内容または同等のモチーフで当方発信による作品ほか)日程はリクエスト開催です。
※エンジェルブレッシングは「天使の羽根」「ゆるかわ天使ちゃん~聖なる夜に~」の二つが開催可能です。


【和みアートの講座】や、パステルアートの講座も開催できるといいな、と思案中です。
さらなる変容を遂げ、そして  ~ irowanami ~ としての特性も活かした内容も加えて、いずれご案内したいと思います。

 

絵心がないところからスタートした私にも描ける曼荼羅アートや、和みアート。

描けないわたし=寧音 だったからこそ、描けない(と思いこんでいる人の)気持ちがよく分かる…
そんな「スッキリわかる(描ける)講座」を心がけ、皆さんに寄り添います。


 ~ アートを通して、安心できる空間で、時には集う仲間と一緒に 心を解放する…
  そんな時間を ご一緒しませんか ~

 

リクエスト開催 ご希望をいただいています。(現在開催予定の講座のページはこちらへ★★★)
【リクエスト開催の流れ】
①最初にご予約お問い合わせをいただいた方とお日にちと、ご希望講座を決定し
HPや、ブログにてご案内します。
③同じ日程でご希望される他皆さまと、該当講座をご一緒できましたらと思います。

 (ほかにご希望該当の方がいない場合、マンツーマンであっても、原則として開催決定いたします)

曼荼羅ワーク®の体験レッスン会や、シェアリング会ほか、
ワンデー講座【基礎マスター講座】や【アドバンスプレゼンター養成講座】も可能です。

講座内容・出張等もご相談に応じます。

不明な点はお気軽にご相談ください。⇒ 「お問い合わせ

 

いつもありがとうございます

 


   
 
     寧 音
      ね   ね

 

 

 

  





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 6月になりました。 | トップ | 6月30日(土)15:00~シェアリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。