銀の人魚の海

日々の思いを好きに書いています。映画、DVD、音楽、本。
スヌーピー、NICI、雑貨グッズ画像も。


スヌーピーストリート、象さん

2015-07-31 | アプリ スヌーピーストリート スヌーピー関連
 

ゆっくり、のしのし歩き、鳴いてお水をシュシュっと出すよ~~
ゆっくり行きたいな、生きたいな~~
コメント

49年前のビートルズ来日

2015-07-30 | 音楽・アルトリコーダー・ピアノ
NHK、「ビートルズ来日、アナザーストーリー」を録画して見た。
司会、今はMCと言うのね、真木よう子だったが彼女の声は聞き取りにくい。

49年前。
ビートルズ側から日本でライブをしたい!と言ってきたこと、
当時呼び屋、今のプロモーターが、いろいろ考え、
来日を決定、場所はどこで?など細かい話がわかる。

警備が一番難題で、不良の音楽と言われたビートルズが来るので、
警視庁は最高の厳戒体制で臨んだ。

警視庁指揮官、当時34歳、今も健在で武道館を歩き当時を振り返る。
その後警視庁でトップになり、ダイアナ妃来日時など、大きな警備を成功させたかた。

ライブは、三日で五回、それも三十分!短いかったんだ!
初の音楽ライブ使用の武道館には、アルバイトも含め五人に一人は警備員だったと。

曲は11曲、ロックアンドロールミュージックからイエスタデイなど、
ラストは、アイムダウン。

彼らの曲は短いから11なら三十分くらいで終わるよね。納得。

軍隊のように厳しい警備体制で、彼らは何処へもでられず、
赤坂、今はないキャピタル?ホテルだと思うが、
200m2の部屋に監禁のような三日間。
それほど来たかったのか?やや疑問。
アジアに興味があったのかな~

ポールが警備の隙をみ、脱出、皇居を見たかった!すぐつれ戻される。

ジョンは、表参道の今もある謎(^_^)の外国人向けショップ、
赤い屋根のオリエンタルバザールへ。

どこへも行けなかったが観光で来たのではないからと語った。

ビートルズの写真を担当したのは、新鋭カメラマン、浅井慎平、28歳、
台風で来日時刻が遅れたり、どの空港に着くかもわからなかった。

ずっと同じくホテルに泊まりシャッターチャンスを狙った。
写真集、「ビートルズ東京100時間のロマン」を出版。
その写真、TV画面画像からアップ。

  

相当貴重お宝本だと思った。
初めて見た。

当時、私は中学生、都心の中高一貫女子校へ通っていて、
学校から保護者同伴でないと禁止というお便りが来た。
ビートルズ、好きではあったが、レコードを買うようになったのは、
高校生になってから。
そのLPレコード、今もまだ三枚くらいはとってある。

後半は、ライブに実際行った人たちが映る。

宇崎竜童、二十歳、芸能関係者がいたのでチケットが手に入り行ったが、
キャーキャー声援で音楽はほとんど聞こえなかったと。
彼らを聞かなければミュージシャンにはならなかったと語る。

ビートルズのレコード発売を担当した高嶋氏。
バイオリニスト、高嶋さちこ、の父。

当時、ビートルズのレコードが売れるか?を検討し、
「抱きしめたい」など、邦題を考えたエピソードを話す80代、とてもお元気。

現在イラストレーターとして活躍しているある女性は、17歳の時ライブへ。
のちにライブが縁で出会った男性と結婚。

ジョンがアート系学校へ行っていたので、イラストレーターを目指し仕事につく。

離婚したが、今も良き大きな思い出だそう。

1966年、六月十日、無事ライブを終え日本を離陸、
マニラへ向かうビートルズは、マニラの空港でもみくちゃにされ大変だった、
日本は良かった、と語っていた。

ビートルズ、ジョンは射殺され不幸な最後だったが、
薬系、アルコール系の大きなスキャンダルはなかったグループではないか。

私が知らないだけかもしれないが、
イギリスの小さな町から、燃え盛る炎のようなロック音で飛び出した彼らのライブは
永遠に伝説だと感じた。


コメント (2)

若い人も気をつけて

2015-07-29 | 日々の雑感
子供が学校、クラブなどで熱中症になるは、かなり教師の責任かもしれない。

我が家へ配達、パルシステムの宅配の25歳、元気男性、
先週、配達中、気分が悪くなったと~

なので、仕事で外を回り汗をかく方も注意だと思った。
20代でも。

配達の方は汗もかなりだろうから、とくに注意が必要。

木陰に入ることも少ないだろう。
サラリーマンの外まわりの方は、ビルに入ればいいが、

配達はずっと外が仕事だから、この季節、
体調に気をつけて、まだまだ、夏はこれからだけど、
毎日、お疲れ様~~
コメント

小林信彦と葬儀観

2015-07-28 | 本、雑誌
小林信彦の本についてかいた。ウィキだったかに

美空ひばりの死去の直後には、非常に批判色の濃い文章を発表した、と。

以前から抱いていた、著名人死去の際に賛辞一色で埋め尽くされる
マスコミの軽躁への苦々しい思いによるものであるが、
日本的慣習に反する行為でもあり話題を呼んだ。とある。

小林は、元々ひばり批判派の急先鋒であった服部良一の仕事を高く評価する立場でもあり、
歌手としての資質は認めつつもその業績には批判的であった。

死去のあたり、同感。
これは芸能人だけでなく一般人も同様。
いい人だった、優しかった、美化する参列者。

まあ、悪い人だったとはいえないが、だったら無言でいいのに。
人は誰でも、良い面、悪い面がある。

そうでなければロボットと変わりない。
人の性格は複雑だ。

葬儀は形式的、お祭りと思えばいいのだが。
美辞麗句で埋め尽くされた演劇でもいいか。

大島渚「儀式」を今、おもう。
私はもちろん葬儀なし。
都心大学病院へ40代で献体登録している。
コメント

アベンジャーズ~エイジオブウルトロン、豪雨と鰻

2015-07-27 | 2018、17、16、15年新作映画観賞
アベンジャーズ、エイジオブウルトロン。

時間ができたので三ヶ月ぶりに映画を見よう、何を?
現実感がないもの。午前中、新宿、近い映画館で探したら、これになった。

ダウニー、ラファロが好き、ざっと見た評は良くなかったが、
気軽なエンターテイメントでいいかと。

同じ監督で二作目になる。
多分アメコミそのまま、特に良くもないし悪くもないが、長い!
140分、予告が15分、

長過ぎて寝るかな~~ぼんやりしてみたが寝なかった。

お話は六人がゴチャゴチャ悪と戦う、お馴染みでどうってことはない。
どちらかというと暗め色彩。

ハルクのラファロが豪快で楽しい。私も変身したい!リフレッシュできそう。

でも切ないな。怒り心でモンスターなってしまうなんて。

富豪理系頭ダウニーは変わらず、あの役。

新しい二人が、トニーサイドに加わる、男女双子みたい。
女性役、コビー・スマルダーズ、綺麗だった。

Sヨハンソンはハルクと恋に落ちるか~でもね、ハルクだから~~。

エンドクレジットにJスペイダーとあったので、どの役?

雑誌でウルトロン役だった。
Pベタニーもクレジットにあったような?そうだとしたら、あの赤い役?
これはわからなかった。見間違いかも。

追記、今月スクリーン、好きな男優、一位がダウニー!びっくり。
そんなに人気なんだ。
ベタニーも出演しているよう。どの役かは?

エンターテイメントとしては、普通のでき。

用をすませ、2時頃帰宅時、急に雨からゲリラ豪雨に。
アベンジャーズの誰かに助けてもらいたかった。

小田急線、大幅遅延。下北沢駅に落雷で停電だって。

夜、渋谷東横線駅も浸水をニュースでみた。

あんな地下深い駅だと、谷の駅、渋谷はこうなってしまうのね、設計不良かも。
という、鰻を食べる日だった。

私は鰻、あまり好きではないので、鰻価格ならお肉がいいな~

コメント

北の丸公園へ?

2015-07-27 | 日々の雑感
今年の気温測定、東京はどこか都心街中から北の丸公園へ移ったせいか、
やや低めで出るような~気のせいか。

東京、0.5~1度くらい低く出ている気がする。

猛暑日が例年より、少し少なくなるか?
暑いのは変わりないが~
これで5年後、オリンピック出来るのか(;一_一)
連日、熱中症続出なのに~
コメント

スヌーピーストリート、アメリカンベア

2015-07-27 | アプリ スヌーピーストリート スヌーピー関連


少し太めのベア君。タップするとはね、旗を振るよ!
コメント

小林信彦

2015-07-26 | 本、雑誌
小林信彦の古いエッセイを読み、元々気になる方なので、Wikipediaで調べてみたら
かなりの情報があった。

古い和菓子屋さんの息子は知っていた。
江戸から続く日本橋のお店。自分は継がず父の代で終わったらしい。

小説を二冊か読んだことがある。
数えてないが、八十さつ位、もっとか!の作品があり、
芥川賞、直木賞に六回候補なっていたんだ。

芥川賞系も書いていたのね。

東京生まれ83歳、原宿のキディランドの昔の様子がエッセイにあった。

独身の頃近くに住んでいたと、当時、倉庫のような平屋だったとあり、
私が小学校の時は二階建てで二階にレコード売り場があり、
そこで買ったベンチャーズのシングルが初めてのレコードだった。
そのころ、二階建てになったのだろう。

渥美清が近くに住んでいて、一緒に食事へ行く話など、かなり前だが
私にとっても当時の原宿を思う光景だった。
コメント

塩分タブレット

2015-07-25 | ペコ お菓子 グッズ なめこ ベアブリック
連日、熱中症ニュース。
これほど云っているのにね~
ことしは、一気に気温があがったせいか~

水分は元々、在宅でも、いろいろがぶがぶ飲んでいるので、心配していないが
塩分、ポカリなどは味が嫌い。

変わりにはならないが、
この2つの飴、どちらもタブレットタイプなので、べたべたしない。
外出時は持ってでる。

左はスーパーで売っている、古くからあるカバやの。個包装なので便利。
右は、パルシステム。

これでなくてもお塩を持ち、なめればいいかもね。(^_^)

コメント (2)

ウィーンフィルのコンサートマスター

2015-07-24 | 音楽・アルトリコーダー・ピアノ
夕刊、「人生の贈りもの」にウィーンフィルのコンサートマスター
ライナー氏64歳、のインタビューが10回連載された。

ウィーンフィルは毎年元旦にライブ放映がある。
練習あまりしなくても合う楽団、自由で伸びやかな演奏と言われていると思う。
ウィーンフィルのCD何枚か持っている。

驚いたのは、44年間、コンサートマスターでいるライナー氏の妻が、日本人だということ!

75年京王プラザホテルで同僚と一緒にいた後に妻となる彼女。
偶然の出会いで一目惚れし、お見合いの形で正式に会い、
一ヶ月後にはウィーンに来てもらった!

まさに運命の男女!出会いは5月、結婚12月!

当時、国際結婚、それほどは多くはなかったのでは?
あ、でも私のいとこは、もっと前に国際結婚したんだ、

国際結婚があっても、これほど早いのって、そうはないかも。

結婚四十周年。妻は出会いなどを本にまとめた「青い目の夫」を出版。

ライナー氏、来年はウィーンフィルを退職。
後任となるコンマスのオーディションが開かれたそうで~

次はどんな方なのか~
さ来年のお正月には、新しい方がTVで見られる?

ウィーンフィルが身近に感じる写真つき、日本人奥様だった。

コメント

アーティスト

2015-07-23 | あ行~さ行 旧作映画観賞
アーティスト。11年仏。
オスカー五部門受賞、サイレント映画。

もう少しは面白いかと思っていたが、パッとしないので半分で見るの終了。
サイレント映画からトーキーへの移行に興味ある映画ファンは、面白く見られる?
ぴんとこなかったな~

コメント

スヌーピー、フラダンス

2015-07-23 | アプリ スヌーピーストリート スヌーピー関連
コメント

若手?ちょっと変わった日本の小説

2015-07-22 | 本、雑誌
先日、脳科学者、中野信子の記事でここへ書いたが、
男も出産ができる小説の事が雑誌に出ていた。

世界を見る目が変わる日本文学とあり、

「殺人出産」
怖いタイトルの小説。村田沙耶香。知らない作家。

子供を10人産めば一人を指名して殺す権利が与えられる!社会。
わ~~~

人工を考えれば発想はなるほどと思う。

アフリカなどで、災害、病気での餓死も、自然が人口調整のためにおこっていると思うので。

悲しい現実だが、そうでないと食糧が到底足りない地域だから。

小説では人口子宮で男も産めるとあり、殺人が合法化された日本を描く価値観が違う短編集。
映画化できそう。

「金を払うから素手で殴らせてくれないか?」木下古栗。こちらも短編集。
若手だと思うが、今は、こんな小説もでているのね。

日本の小説は近年、ほとんど読んでいないので、知らなかった。
どちらも講談社刊。

コメント

早く8月、そして9月に

2015-07-21 | 日々の雑感
暑さにすっかり弱くなった。

40代前半、子供と毎日プールに行ったりしても、
若さか、夏の暑さはそれほど気にならなかった。
それから20年経過しているし、東京がさらに暑くなっているからもある。

朝から、3Fの室温30度、窓をあけても熱い空気しかこない。
だから、夕方まで閉めてる部屋もある。

38、9度の地域でも、窓を昼間しめてる家はあまりないのでは~
都心、一戸建ならではの暑さだと思う。

こしてきた18年前はもっとましだった。
高いビル、住宅が増え、お店からのエアコン熱気が
道路に来ている。
アスファルトが暑い。

夕方、少し陽が落ち、やっと窓を開ける部屋。

夏至からまだ1か月、陽も長く疲れる季節だと毎年実感。
6月から忙しくなり、といってもブログ、けっこう書いてるが
よけいに、きついこの夏。

日本は、今後、どこまで気温があがるのかな~~
きれば、体感温度が20度になる服でも開発して~~
高価でも買うと思う。
コメント

ネブラスカ~高速道路歩行老人

2015-07-20 | た行~は行  旧作映画鑑賞 
ネブラスカ。13年、何と無くレンタル。
アレクサンダー・ペイン監督。

全編モノクロ!途中でパッと変わると思ったがラストまで同じ。
米は広い。

モンタナからリンカーンまでの父息子のロードムービー。
Bダーンが父、高速道路を歩行シーンから開始 笑

日本でも高速道路逆走があるが、歩いてしまうって!アリカイ(^_^)

若い頃からアルコール依存の父、今は認知症、徘徊。
日本にもつながる老人困ったちゃん物語、
でもくすくす笑える、とぼけた味わい。

出演者も個性ありだらりとした感じで見てしまう。

宝くじに当たったと思い込む父とともに車で何千キロも走る息子。
Bダーン、女優ローラの父。

脇で多数出ている俳優だが、作品を思い出さず調べた。
「ひとりぼっちの青春」、「華麗なるギャツビー」、「すべての美しい馬」など。

息子が優等生息子すぎるのがちょっとでききすぎ。
現実、なかなかこうはいかないだろう。
コメント (2)