銀の人魚の海

日々の思いを好きに書いています。映画、DVD、音楽、本。
スヌーピー、NICI、雑貨グッズ画像も。


モーパッサン 古典百名山 女の一生

2017-12-13 | 本、雑誌
新聞の古典百名山にモーパッサンの小説の事が載った。

作家、桜庭一樹が書いている。
モーパッサンの女の一生、から想う、教えられること。

若い時期は、人生は自分の力で切り開くもの、と思う方も多いだろう。

モーパッサンの小説には、人生は、不運があり、
それは避けられるもの、どうしようないものが混在する。自分で解決可能な
不運不幸だけで人生はできていない。

ホント、全くその通り。

女の一生、は主人公の女性が自我がないと批判されることもあるといわれる。

何もかも努力でうまくいきっこない。
それが人生というもの。

良いこと、幸運、しかなければ、その人は成長幅が狭いかもしれない。

だからと言って、人は不幸を選ぶわけはないが、この世にはどうにもならない事がある。

好きなドラマ、NCISを見ていても、個人、チームが、どう頑張っても不可能なこともある。

私は五十代で、人生が劇的に変化する出来事に遭遇した。
普通はないこと、それは誰にもふせげないことだった。

なので、今は平穏な日々を祈り、それ以上は多くは望まない。

人には力の限界もある。
幸運が続き人生あまり波がない方は、それが、その方の道なっていると思う。

白菜のあと、まじめに書いて見たよ。^ ^
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 白菜が今日は高かったよ | トップ | 白菜の価格 川崎ゆきお氏の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本、雑誌」カテゴリの最新記事